映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然コケッコー
2007年08月12日 (日) | 編集 |
とても、幸せなほっこりとした気分になる環境ビデオのような夏映画です。
天然3395.jpg

主人公そよちゃん(夏帆)の四季を描き、高校に入るまでを切り取った物語。
原作のコアなファンも、原作を知らない老若男女も、この時期の少女が好きなよこしまな人にも、そよちゃんの可憐なのにボォ~と少し鈍くさい魅力に、まいってしまうことでしょう。
自分のこと『わし』というんですよ(笑)素直で純朴で大胆。驚いている顔も可愛い。
中学生の女子として、完璧!絵になるなぁ~。

↓これが、そよちゃんの世界。
天然394.jpg


特別なストーリーがあるわけではないので、暑い中辿り着いた映画館の中で、心地よく繰り広がる穏やかな風景に、すーすー寝てしまった。あっちゃあ、しまった~(汗)

つい眠りに入ってしまう時も目覚めた時も、映画の中はほっとするような子供たちと風景。
そう、目覚めも爽やかで、幸福感があるんです(笑)

ただ、退屈な人には退屈だし、物足りない人には物足りないかも。

最後に高校の制服を着たそよちゃんは、すっかり違う顔になっていて。
もうぱあっと大人っぽくなっていて、私達を驚かせます。
あの中学生の女の子はもう何処にもいないのだと思うと、切なく胸の奥がきりっと痛くなります。でも、そう思うのはこっちの勝手で、そよちゃんは気にせず、次の扉に駆け出して行くんです。

少女から女に変化してゆく季節を、こうやってゆるうりと変わっていくそよちゃんは、とても贅沢で幸せな時間を過ごしている、と思います。

人気blogランキングへ
banner_03.gif

↓まだ、下に続くよ。読んでね♪

天然4396.jpg原作のくらもちふさこの絵は、私の好みではない分、映画のキャスティングの妙に驚きます。
そよちゃん役の夏帆も、大沢君役の岡田将生も、他の子供たちも凄くいい~!

岡田将生は『アヒルと鴨のコインロッカー』にも出てたのに、覚えてない...。
あの椎名(濱田岳)の隣に居た車の免許も持ってない自称走り屋の彼かな?!


映画は、キャスティングが活きている!
マンガのほうは、やっぱ女の子の気持ちをきめ細やかに描いてある。

私は、くらもちふさこのファンじゃないので、この作品も読んでなかった。
買って読もうと思ったけど9巻もあるのよ...。
コンビニに置いてある『MOVIEセレクト』だけ、読んでみた。

あら~、いいわぁ~。女の子の何気ない日常と気持ちに、ドキドキ。

『坊主の森高なんか行かねぇ』と言う大沢君に、ボタンを付けてあげるそよちゃんの切々とした訴えには、キュ~ンとまいってしまいました。

この情報量と切なさは、マンガにはかないませんねぇ。女学生の頃、このマンガをリアルタイムで読んでいた脚本の渡辺あやさんの気持ちが分かる気がしましたよ。

天然5397.jpg


最後にキスする時も、映画ではそよちゃんも大沢君も、あっさりと動揺してないように見えるかもしれません。でも、マンガでは、何ページも細やかにそよちゃんの気持ちを追っていきます。

こんなはずじゃなかった
うかつに耳まで赤ぉなってしもうた女女した自分にガッカリしたし
わしが照れとるのを知られるんもなんかイヤじゃった
キスなんて、へーちゃらなカオでしたかった

と、そよちゃんは、お世話になった教室に綺麗に掃除して、黒板にキスをする...。
マンガには映画の行間が書かれていて、しかもかくも複雑な女心(いや乙女心)とは思わなくて。
いや~、少女マンガ、恐るべし...。
天然2394.jpg

最後に、パンフに書かれていた脚本の渡辺あやさんが、くらもちふさこさんにあてた手紙の中で
『最高にすてきなことは、最悪に退屈な自分の日常のすぐ隣にひそんでいるのかもしれない、と想像してみる練習を、私はくらもちさんの作品を読むことによって、自然に繰り返させて頂いてきたように思います』と。
私も『天然コケッコー』のマンガを読んで、毎日のたあいもないことが、こんなにドキドキするなんて思いもよりませんでした。最近は特に忘れてしまったことでした。

そういう渡辺あやさんの原作の魅力を極力活かした脚本と『リンダリンダリンダ』の山下敦弘監督が、閉じ込めた優しい甘酸っぱい空気とノスタルジックな田舎の風景と人々。
観たあとは、ゆったりと癒されます。

『それは、日常の細部に夢をみる力、のようなもの』by 渡辺あや



↓人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとよろしく!
人気blogランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
あんさん、こんばんは!

ほんとほっこりする気持ちになれる映画でしたよね。
僕も普通な日常に素敵なことがあること、これに気づかず過ごしているなあと思っていました。
確かにラストで夏帆さんが高校の制服を着ているときの表情はなんだか大人びて見えましたね。
原作にも興味がでてきました。
こんど読んでみようかと思います。
2007/08/13(月) 00:44:20 | URL | はらやん #-[ 編集]
はじめまして
TBありがとうございます。
こちらからもレビューの記事をTBさせて頂きましたので、宜しくお願い致します。

イラスト付で楽しいサイトですね(^^)
この映画は原作ファンも唸らせる、本当に出来の良い映画だと思います。
機会がございましたら、原作の続きの方も是非!
2007/08/13(月) 01:54:07 | URL | N耳 #40i0zrUw[ 編集]
こんばんは!
イラストにも描いてある、早知子ちゃんが
そよに抱きつくシーン、あそこがすごい好きです。
そっか、あのキスシーンにはそんな細やかな心理描写が隠されていたんですね。
うーんでも原作は少女漫画少女漫画していて
手に取りにくいですね。
2007/08/13(月) 03:17:45 | URL | 咲太郎 #7ScjOPVQ[ 編集]
TBとコメント、ありがとうございました!
>はらやんさん
ホント、なんかいい雰囲気の映画でしたね。
普通の日常の素敵なことをいっぱい描いた映画だったんだなぁ、と思いました。
夏帆ちゃん、この映画でスゴく好きになりました。
できるなら、高校生にならないで~!と思いましたよ(笑)
今だと、原作マンガ、手に入りにくいかもしれませんね。

>N耳さん
こちらこそ、ありがとうございました。
あ、とても『天然コケッコー』のファンでいらしたんですね。
私、絵が好みじゃないとかファンじゃないとか書いて(汗)失礼しました。
映画は、原作の雰囲気をふんわり閉じ込めて素敵でしたね~。
子供たちは、これ以上ないキラキラした配役だと、思いました。
あっ、マンガは近くの書店で見当たらないんですよ。今は無理っぽい...(涙)
ほとぼりさめたら、読みたいです。

>咲太郎さん
さっちゃんがそよに抱きつくシーン!私もスゴい好きです。
さっちゃんの子供らしい愛らしさに、やられました。
あのキスシーンもそうだったんだ、と思うと、よりグっときますね。
猫の”大沢君”のとんとんとん、としっぽを振るとこも本当に可愛いですね。
何気ないシーンが、可愛かったですね。
あはっ、原作のマンガ本、成人のおのこには、買いにくいですよね~(笑)
2007/08/13(月) 23:26:31 | URL | 管理人 #-[ 編集]
・・・寝てしまいましたか。
しかし、心洗われる様な映画だと言うことは
伝わってきました。きっといつの日か見ることでしょう。
2007/08/15(水) 16:15:21 | URL | zin #-[ 編集]
>zinさん
はい...寝てしまいました。
...ってか、そこに反応しないでくださいよ~(汗)
この純朴さは、タイでもあるかも知れませんね。
zinさんトコは、佳境に入ってますね~。夏は、怖い~話が一番です、うひ。
2007/08/15(水) 20:51:53 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ほぉ~寝ちゃいましたかぁ(^o^)
まぁそれ程心地よい映画でしたからね♪♪
この映画も息子と一緒に観に行きました。
息子は中学生なので、この映画には興味があったみたいです。
そよちゃんみたいな彼女を作ってくれたら父としては、嬉しいですね(≧◯≦)ゞ
2007/08/16(木) 18:42:54 | URL | フリーダ #.fR4.oCU[ 編集]
>フリーダさん
はぁ...寝ちゃいました...とほほ。
あぁ、息子さんは中学生!いいですね。思春期ジャストに、この映画を観れて。
いや~息子さん興味あったでしょうね。
息子さんからコメントを貰いたいくらいですわ(笑)

>そよちゃんみたいな彼女を作ってくれたら父としたは、嬉しいですね(≧◯≦)ゞ
ぎゃあ、まったくですね(≧◯≦)ゞ
が、そんなことになったら、世のお父さんから嫉妬の嵐ですわ~!!
2007/08/16(木) 23:24:54 | URL | 管理人 #-[ 編集]
はじめまして♪
コメントありがとうございました(^_^)
あんさんのイラストとても素敵ですね。
これからもよろしくお願いします(*^_^*)

私、くらもちふさこのマンガ大好きなんですよ!
最近は読んでませんが…(^^;)
気持ちよさそうな映画ですね。
見たくなりました(*^_^*)
2007/08/17(金) 13:36:29 | URL | ありゆママ #-[ 編集]
>ありゆママさん
こちらこそコメントありがとうございます。
そうですか、くらもちふさこのマンガお好きだったのですか!
あらためて、くらもちふさこって、幅広い根強いファンがいるんだなぁ、と思いました。
気持ちいい映画でしたよ。(*^_^*)
では、これからもよろしくお願いします。
2007/08/17(金) 23:03:21 | URL | 管理人 #-[ 編集]
くらもちファンです。
映画は多分観に行けそうにないです。
若い役者さんは顔と名前が一致しないよ~( ノω-、)

で、くらもちファンであります。
でもこれは読んでないの(恥)
連載が終わって全部コミックになったらまとめて買おうかと思ってます。
まだ連載中じゃなかったでしたっけ?

昔からくらもち作品のきめ細かなストーリーが好きでした。
多分デビュー当時から読んでます(^ ^ゞ
子育て期マンガから離れてたので知らない作品もありますが
結構持ってますよv( ̄ー ̄)v
最近はケチって古本屋に並んでから買うようになりました(笑)

本当に胸キュンキュンの女の子ストーリーが多いです。
いろいろ持ってるけど何度読み直してもいいんですよヽ(*´∀`)ノ

くらもちさんは私より年上のはずだけど
未だに女子高生ものを書いても無理がない感じで
おばちゃんも少女の気持ちにさせてくれるんですよね。

マンガは今でも買うけど大体作者で決めてるから古い人ばかり(笑)
単純だから映画もマンガも小説もハッピーエンドが好きなんです。
特に恋愛ものはハッピーに終わらないと落ち込みます・・・

ちょっと長々語ってしまい話がズレましたが
DVDになったら絶対観ますね(´▽`)
2007/08/18(土) 01:12:05 | URL | ロク #VwWRwSIk[ 編集]
キッス
あんさん、こんにちは。
黒板キッスのほうが、よっぽどアイがこもってましたよね(笑)
さすがにあそこまで田舎な思い出はもっていないので、郷愁というよりは、「うわー」という感じかな。
純な田舎娘の大胆さには笑わせてもらいましたw

おやつのトマト、しっかり塩味(笑)
きれいな海でしたね~
2007/08/18(土) 15:19:07 | URL | たいむ #-[ 編集]
暑いですね~お元気ですかぁ
>ロクさん
この映画も、上映館が少ないんですよ。
夏帆ちゃんは『ガメラ』や『学校へ行こう』に出てますが、岡田将生君は私も知りません(笑)
『花咲かりの君たちへ/イケメン・パラダイス』に出てるそうですが...。
(マンガは読んだが、TVドラマは観てない)
多分、これからの人なんですよ。
『天然コケッコー』は9巻で終わっていますが、品切れ状態みたいです。
今だけ『コーラス』で特別編をやっています。絵が変わりましたね~。
私は『ポケットにショパン』くらいしか覚えてなくて(汗)
くらもちファンって、こんなにも多かったんですね。ん~、カンドー!

うんうん恋愛ものは、ハッピーエンドがいいですね。
特に、映画はそうですね。癒されますよね。
DVDでぜひ観てください。途中で寝ないようにね(笑)

>たいむさん
お世話になった『黒板』に『スキ』をする...そよちゃんの幸福な中学時代の教室や黒板、アイがたくさんあったでしょうね。
純な田舎娘の大胆さには負けます、負けたいっ(笑)
しかし、あの『ブルゾン』と『ファーストキス』交換してよいものかどうか...(笑)
でも、郵便局のしげちゃんが相手じゃなくて良かった...ほっ。
あ~、トマト、塩味ついてますね~。きっとああいうトコのは甘いんでしょうね。


2007/08/19(日) 16:40:42 | URL | 管理人 #-[ 編集]
はじめまして。
天然コケッコーで検索したらたどり着きました。
好きな漫画や観た映画でとっても親近感を覚えてしまったので書き込みさせていただきました。
私も「のだめ」読んでてKissはずっと買ってます。

天然、いい感じに田舎でかなり和めました。
さっちゃんが「そよちゃん」って抱きつくところで思わず涙。。原作読まずに行ったので、漫画喫茶に走るか大人買いしちゃいそうです笑

リンクさせてください。今後ともよろしくお願いします。
2007/08/26(日) 10:12:43 | URL | makky #-[ 編集]
>makkyさん
ようこそ、はじめまして!
私は『のだめ』は買っていますが、Kissは立ち読みです(汗)
時々ヒモで縛ってある店もあり、もっと”汗”です...。
『天然』真夏に、爽やかで和める映画でしたね。
さっちゃんが『そよちゃん』って抱きつく所は、愛らしくて!!
さっちゃん役のコは、原作以上の魅力です。どっから見つけてきたんでしょう?!
原作マンガ、なかなか見つけられないんですよ~。
リンク、ありがとうございます!
ややもすると、無意味かなぁ~と萎えるブログ製作に、力が涌きます。
こちらこそ、よろしく御願いします。
2007/08/26(日) 13:32:33 | URL | 管理人 #-[ 編集]
まいった
お邪魔します~♪
>可憐なのにボォ~と少し鈍くさい魅力に、まいってしまうことでしょう。
まいってしまいました。そよちゃん、好きです!(激白)さっちゃんも好きです!
エエ時間が流れてましたね、映画の中も映画館も・・・
2007/09/05(水) 07:25:03 | URL | はっち #OTYWUAPw[ 編集]
>はっちさん
そよちゃん、いい!ぼあ~と何と言っていいか分からない魅力でした(笑)
あっ、さっちゃんも大好きです!
ほんま、エエ時間でした。夏休みに観たくなる映画でした。
2007/09/05(水) 12:12:16 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ほんわりして、いい気分になれる映画でした。 先週、仕事で訪れた方のところで麦茶を
2007/08/13(月) 00:33:17 | はらやんの映画徒然草
 ネットで得られる映画『天然コケッコー』関係の情報を集めてみました。
2007/08/13(月) 00:50:44 | 海から始まる!?
まず、石見地方の風景の美しさと、キャスティングの見事さを上げたいと思います。 まぁ若干「伊吹が可愛すぎる」などの不満?(笑)はあった様ですが、私は伊吹ちゃん、と
2007/08/13(月) 01:41:02 | きりぎりすな日々-2
夏帆と『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』出演中の岡田将生が繰り広げる甘酸っぱい初恋の物語『天然コケッコー』の舞台挨拶レポート。汗が噴き出るくらいの暑さの中、日本で1番地価が高い銀座4丁目から1本入った裏通りにあるシネスイッチ銀座 (写真 港町
2007/08/13(月) 01:41:05 | |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまうこの映画の魅力は予告編で御馴染みのこの台詞に尽きる。観終わって一週間が経った今も、この台詞が頭の中を駆け巡る。原作者くらもちふさこをリスペクトする渡辺あやは
2007/08/13(月) 03:18:31 | 世界の中心で、愛をうたう
映画「天然コケッコー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:夏帆、岡田将生、夏川結衣、佐藤浩市、他 *監督:山下敦弘 *原作:くらもちふさこ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽に
2007/08/13(月) 06:25:59 | 映画レビュー トラックバックセンター
文面で何度も言っているような気がするが、山下敦弘監督は関西で映画つくってる若者にとってはやはり特別な存在だ。
2007/08/15(水) 20:40:28 | 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
 『もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、 ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう』 コチラの「天然コケッコー」は、7/28公開のくらもちふさこさんの同名コミックの映画化で、とてもキラキラとした瑞々しい青春の1ページをゆったりとした風景と一緒に切り取...
2007/08/15(水) 22:12:42 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
そよそよ、キラキラッ。愛しい日々。島根県の山間の分校。中2の右田そよをはじめたったの6人の生徒しかいない学校に、東京からの転校生、大沢広海がやってきた。くらもちふさこは大好きでした。くらもちふさこ、いくえみ綾、紡木たくのセンスにハマりました。あの頃の少女漫
2007/08/16(木) 11:52:04 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
28日よりシネスイッチ銀座、渋谷シネ・アミューズ、新宿武蔵野館で公開の始まりまし
2007/08/16(木) 20:54:24 | 映画コンサルタント日記
 日本 青春&ドラマ&ロマンス 監督:山下敦弘 出演:夏帆     岡田将生     夏川結衣     藤村聖子【物語】山と田んぼが広がる木村町。中学2年の右田そよは、小中学生合わせても全校生徒たった6人という小さな分校に通っていた。そん...
2007/08/17(金) 10:25:18 | 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やぁ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう
2007/08/17(金) 13:20:05 | ひるめし。
観てきました。<新宿武蔵野館>監督:山下敦弘原作:くらもちふさこ 『天然コケッコー』(集英社『コーラス』連載) 脚本:渡辺あや くらもちふさこの同名コミックの実写映像化作品。小中あわせて6人しか生徒のいない分校に通う右田そよは中学二年。ある日、同じ学年の東
2007/08/18(土) 11:27:32 | お萌えば遠くに来たもんだ!
テンネン、結構!コケコッコ~!!(ずっと「天然コケコッコー」だと思っていた)原作が”くらもちふさこ”の同タイトルの漫画とのこと。私の記憶にある”くらもちふさこ”といえば、『いつもポケットにショパン』と
2007/08/18(土) 15:23:12 | たいむのひとりごと
毎日暑いですね。リビングのエアコンが効かないので嶺、涼を求めて令映画館へ。 梅田ガーデンシネマでは8月11日(土)から公開の『天然コケッコー』を観てまいりました。小さい劇場とはいえ、決して派手とはいえない作品が満席になって
2007/08/20(月) 00:46:46 | 健康への長い道
人気ブログランキングの順位は?全校生徒たった6人の分校ど田舎の学校に東京から転校生がやってきたもうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまうゆったりと時が流れる
2007/08/20(月) 23:06:56 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]      2007/07/28公開  (公式サイト)感動度[:ハート:]癒し度[:おはな:][:おはな:][:おはな:]青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:]満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】山下敦弘【脚本】
2007/08/20(月) 23:59:02 | アンディの日記 シネマ版
くらもちふさこ原作のコミックの実写映画『天然コケッコー』が公開され、この1週間
2007/08/24(金) 01:06:27 | SMALL TALK
「天然コケッコー」★★★☆夏帆 、 岡田将生主演山下敦弘 監督、2007年、121分全校生徒が6人の山の分校、中学生3人と、小学生3人。ここに東京からの転校生が加わると、今までの生活に新しい風が吹く。のんびりとした田舎の空気や風が映画館...
2007/08/25(土) 16:05:56 | soramove
くらもちふさこ原作の「天然コケッコー」を見た。 主演は「天然コケッコー」で単独発主演となる夏帆。 夏帆の演技は「ケータイ刑事 銭形零」 で愕然としたことがあり かわいいものの、演技という点では全く期待していなかった。 夏帆は、1991年6月30日生まれの16歳。 『三
2007/08/26(日) 12:36:21 | ドラマ!テレビ!言いたい放題
ずっと薦められてたんだけど、なかなか読む機会がなくて、ほったらかしにしといたら映画になった。くらもちふさこ先生の『天然コケッコー』。原作を読む前にフライングして、先に映画を見に行きました。山陰の小さな分校にやってきたのは、東京からきた男子の転校生・大沢広
2007/08/31(金) 18:09:42 | エニカイタ・ブログ
 今年公開された映画と比較するとすれば、片田舎を舞台にした作品ということでは『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を、中学生の淡い恋を描いた作品ということでは『幸福な食卓』を挙げることができるでしょう。
2007/09/05(水) 05:06:10 | シネクリシェ
「天然コケッコー」を観てきました~♪島根県の田舎町、小中学生合わせて6人の学校の最年長そよ(夏帆)の前に、東京から生まれて初めての同級生広海(岡田将生)が転校してくる。広海に、淡い恋心を描くそよ・・・人気Blogランキング     ↑押せば、気になる人が
2007/09/05(水) 07:06:32 | 観たよ~ん~
 山陰の自然がとても美しい。緑に不思議な陰影があり、穏やかだ。それにあわせるように、登場する少年少女が不思議な美しさを放っている。 海水浴へ行くため山を歩くシーン。両耳の脇に手のひらを立てて歩く。「山の音がゴーゴー聞こえる」「歩くと山の音がついてくる」「
2007/09/06(木) 09:03:30 | 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)
 今回もいつもお世話になっているKさんのオススメ作品。しかし、そんなことすっかり忘れていました。Kさん、ごめんなさい。ひょんなことで思い出し、やばいやばい、急いで観に行かなくちゃ。と言うわけで、天然コケッコーを観てきました。
2007/09/06(木) 23:45:49 | よしなしごと
■状況ユナイテッド・シネマ前橋にてサービスデー価格で観賞■動機夏帆と田舎と方言と、予告とくるりと山下監督■感想本当にいい映画。こういう映画が多く増えて欲しいと願う。■あらすじそよ(夏帆)の通う田舎の学校は生徒児童6名しかいない。ある夏の日、東京からの転校
2007/11/04(日) 17:24:12 | 新!やさぐれ日記
「サイドカーに犬」 「天然コケッコー」
2007/12/25(火) 17:04:18 | Akira\'s VOICE
あらすじ山間の分校。小学校と中学校は同じ校舎の中にあり全校生徒はたったの6人!右田そよは唯一の中学二年生。初夏のある日、東京から転校生・大沢広海がやってきた。期待に胸を膨らませるそよだったが・・・。感想コンビニねぇ!美容院ねぇ!全校生徒は、小中合わせて...
2008/03/01(土) 00:35:21 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
知りませんでした。原作が、くらもちふさこの漫画である、というところまでは、なんとな~く分かってたのですが 原作は、漫画雑誌『コーラス』に、1994年から2000年まで連載されて、第20回講談社漫画賞受賞。 映画が公開時。かなり評判ヨカッタので、ずっと興味をも...
2008/09/23(火) 07:19:07 | のほほん便り
全校生徒あわせて6人のド田舎学校に、東京の香りを乗せて、チョイイケメンの 大沢広海が転校してきた!! 原作はくらもちふさこさんの少女まんがということであります。 舞台は島根県の浜田のさらに田舎の方だと考えられます・・一応木村町となっております・・。 主...
2008/12/06(土) 15:22:33 | まっちゃん(ひきばっち)の映画がいっぱい!!
舞台は、島根県の、全校生徒6人の小さな学校だ。 そのうち中学生はたったの3人。右田そよは、一人きりの中学3年生だった。 その夏、東京から、男の子が転校してきた。 大沢広海。右田そよと同じ、中学3年生だ。 右田そよは、初めて接する同世代の男の子に戸惑い、...
2009/02/06(金) 15:59:23 | 映画と写真のブログ
監督:山下敦弘(2年近く、撮ってませんね) 出演:夏帆 岡田将生 佐藤浩市 夏川結衣 大内まり 柳英里沙 藤村聖子 森下翔梧  出演:本間るい 宮澤砂耶(すんばらしい!)斉藤暁 廣末哲万(◎)黒田大輔  小さな村に住む中学生の女の子と、東京から転?...
2009/10/07(水) 18:51:46 | おそらく見聞録
渋谷、シネアミューズで鑑賞。ド田舎のなんでもない日常を女子中学生の視点から描かれている「だけ」の作品・・・しかし、それがまた新鮮...
2009/10/10(土) 01:31:58 | 単館系
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。