映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『憑神』観た~
2007年06月29日 (金) | 編集 |
憑神336.jpg

変なお稲荷様に拝んだばかりに、三人のとんでもない神に取り憑かれる男、彦四郎(妻夫木聡)
貧乏神と疫病神は”宿替え”して、難を逃れたものの、最後の死神は自分で運命を引き受ける...。


いや~、私も、ついこの間、疫病神を押し付けられた彦四郎の兄(佐々木蔵之介)のように、咳と熱と、空きっ腹に薬を飲むのでお腹をこわしてしまい、括約筋が活躍しない状態で、えらい難儀しましたわ。

この佐々木蔵之介演じる能天気な兄は、良い出来でした。
家宝の刀を抜く所は、原作でもかなり笑えるところですが、情けなくて涙が出そうな兄でござりました。

あと”ちびまるこちゃん”の森迫永依ちゃん!可愛い!小悪魔ですなぁ。
きっと大人になっても、美人顔じゃない気がするんですが(ごめん)どんな女の子も持っているだんだん華やいで来る生命力の輝きを感じ、見とれました。
前の2人が、おっさん憑神というせいもあるんですが。

さて、かんじんの映画のほうは...かなり原作に忠実なんですよ...。

う~ん、妻夫木君も浅田次郎も好きなのに、満足感が無い映画...でしたね...。


今、本屋で文庫本1位か2位の売り上げなんで、平積みになってるし、内容もブ厚さも手頃なんで、つい買った。

昔から、間が持たない性分でね、文庫本一冊カバンの中に入れるクセがある。

これさえあれば、お一人様でも大丈夫。

店や電車の中で読むのに最適かも知れないけど、この原作、浅田次郎の作品の中では、イマイチのほうじゃないかなぁ、と思う。

映画より原作のほうが、より飄々としたユーモアで笑わせてくれるけど、最後がなぁ...。


本の中では『限りある命が虚しいのではない。限りある命ゆえに輝かしいのだ。武士道はそれに尽きる。生きよ』と彦四郎に言わせ何となく説得されるものの、映画だとまるで妻夫木君がドンキホーテに見えてしまって、もの哀しい...。

エンドクレジットの時、また考える...。米米CLUBの『憑いた~憑いたよ~』の曲を聴いていたら、こんな風にアップテンポでコミカルに、落語っぽく ”面白うて、やがて哀しき”...にしたかったのかなぁ~と。

でも、それほど笑えなくて、少々退屈だった。

あまつさえ、最後に浅田次郎本人まで出て来て、一挙に現代になり”艶消し”である(涙)
山田く~ん、座布団、全部持っていって!

わざわざ、映画館に行かずとも、文庫本で充分でありますね...。


↓人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとよろしく!
人気blogランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
これは観ないなあ<(_ _*)>
妻夫木君ちょいと苦手です。
もみ上げと鼻の下がどうも・・・
ラクダの蔵さんは好きな役者さんです♪

妻夫木君のおでこ、広そうですね(笑)
まさか将来ヤバいことにならなきゃいいけど(>_<)

映画より原作が読みたくなりました(^ ^ゞ
2007/06/30(土) 00:22:37 | URL | ロク #VwWRwSIk[ 編集]
>ロクさん
これはねぇ...観なくてもOKです(笑)
あら、妻夫木君、苦手なんですか?私は好きなんですが、おでこ広過ぎ(涙)
原作は『あっ母上、月代は剃らないでください。総髪にしようと思っているのです』とあったから、ホントはもっと長かったはずデス(また涙)
妻夫木君の可愛さの80%は、前髪ふわっと跳ねる髪型で出来ています。
時代劇のヅラは、似合わないですね~。蔵さんって、どんな役も上手いですね。

あ~原作も、ヒマつぶしにいいです。きゃあ浅田次郎さん、ごめんなさい!
2007/06/30(土) 14:39:33 | URL | 管理人 #-[ 編集]
妻夫木くんというよりも
あんさん、こんばんは。
佐々木さん、良かったですよね、最後までもダメさ加減までw
「刀だけは!」マジ顔で嫌がるから、「お、それでもプライドはあるか?」と見直しかけたけど、手入れしてないだろうな~という考えがよぎり、案の定(笑)
西田さんの笑いより、こちらの笑いが楽しかったかな?

イラストの妻夫木くんは・・ちょいと上品かな?
でもでも、とっても素敵です!
あ~、香川さん、今度お願いします!!
2007/06/30(土) 19:55:32 | URL | たいむ #-[ 編集]
>たいむさん
佐々木さん、だめさ加減良かったですね。家宝の刀も、泣いてますよねぇ(笑)
疫病神もあきれる脳天気で、最後には、避難する元気もありましたね~。
佐々木さん、こういう役も笑えて、いいですね。

妻夫木君、上品でしたか?香川さんのリクエストですかぁ。
”いちご娘”の香川さんでいいですか?
全然っ上品じゃないですが、いいですか?(笑)
2007/06/30(土) 23:44:23 | URL | 管理人 #-[ 編集]
南海キャンディーズのしずちゃん
可愛いと人気ですが、
「そんなのやだ。」
やはりこれが全てなのでしょうか・・・
2007/07/01(日) 00:21:17 | URL | zin #-[ 編集]
死神
昨日は中江真司さんを追悼しながら特撮DVDを見ておりました。

さて「憑神」ですが原作どうりなら見に行くかもしれません、もちろん「期待しないで」行くことにします、私も浅田次郎は好きなので、、、

ところで「少女の姿の死神」と言うと、私は「世にも怪奇な物語」(第三話 悪魔の首飾り」を最初に思い浮かべます、あれは怖かった、、、
2007/07/01(日) 12:26:16 | URL | ざんぶろんぞ #0aUAq9yA[ 編集]
こんばんわ☆彡
>この原作、浅田次郎の作品の中では、イマイチのほうじゃないかなぁ、と思う。

そーなんですか…。
どーにもまとまりのない作品だと思っていましたが、
原作自体もダメダメなんですね(笑)
設定自体は面白いと思ったんですけど。

時代劇の妻夫木は駄目ですか?
着物姿は彼なりの雰囲気があって良いと思いますけど(笑)
しかし、イラストの額の広さには爆笑しました♪

てな感じで、TB&コメントありがとうございました。
2007/07/01(日) 21:28:20 | URL | 耕作 #-[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>zinさん
あっ、企業戦士殿、お久しぶりです!お元気ですか?
だんだん暑くなってくるので、タイでは大変ですね。

>南海キャンディーズのしずちゃんは可愛いと人気ですがーー
えっ、いや、あの、その”タイで可愛いと人気”なのか?zinさんがしずちゃんファンなのか?
わ~ん、つい”しずちゃん”をダシに使っちゃいました。ごめんなさい。
そう、”しずちゃん”は見ようによっては可愛い!?です!

>ざんぶろんぞサン
中江真司さん...私は『トリビアの泉』や『学校へ行こう!』しか分からなかったんですが『仮面ライダー』のナレーションや『ウルトラセブン』のメトロン星人の声もやられていたんですね。
ブレのない低音の魅力でした...合掌。

『憑神』...うん、原作に、案外忠実なんですよ。
映画の方が、もたついています。監督の真面目さが出たんでしょうか...。

その『世にも怪奇な物語』の第三話を知りませんが、怖くて面白そうですね。
少女と死神は、似合うかも。少女って、平気で残酷ですから。

>耕作さん
原作はダメダメ...というほどじゃなくて、ちゃんと笑えてそれなりに彦四郎の最後にも説得力もあるんです...。
う~ん、でも、浅田作品の中では、何か、感動があまり無いんですね。ファンタジー入ってるのに”憑神”のせいか、最後までツイてないというか、カタルシスが無いんですね...。
それでも、映画より原作のほうが面白い、と私は感じました...。
うん、設定は面白いし、割と芸達者の役者さんが揃ってますよね...。
あ~なのに何故何故?!期待してたのに...。
妻夫木君の時代劇...はい、着物姿はヨイです。ただ、額の広さが気になって(笑)
2007/07/02(月) 11:19:20 | URL | 管理人 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/07/03(火) 00:04:50 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
チンタラ神ちゃん公式サイト浅田次郎の同名小説を映画化。監督は『鉄道員』にて同じく浅田作品を映画化した降旗康男。秋には中村橋之助の主演で舞台化も予定されている、が、今回の映画版の出来の悪さが、そちらにまで及ばなければいいのだが。内容はほぼ原作通り....
2007/06/30(土) 14:05:13 | (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
神様いったい、何様のつもりですか?
2007/06/30(土) 14:31:33 | ひるめし。
まわりの観客が笑ってるとこちらまでもうれしくなる。とくにご年配のひと。純粋に、なんか良い空間だなと思う。
2007/06/30(土) 19:16:10 | 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
幕末とはいえ、チャンバラらしいチャンバラのまるで登場しないお茶の間時代劇。「武士」などという身分がご破算になろうという過渡期に、「武士の生き甲斐」を見いだすというなんとも皮肉なコメディでもある。可も
2007/06/30(土) 19:50:09 | たいむのひとりごと
妻夫木聡、夏木マリ、佐々木蔵之介、佐藤隆太、香川照之、西田敏之、森迫永依…って、好きな色んな意味で俳優ばっかりやん。という事で、『憑神』を観てきました。★★つまらなかったので最初からネタバレで落語的な話の流れから想像されるその先の展開への期待は、全く適え
2007/06/30(土) 20:10:33 | そーれりぽーと
監督 降旗康男 原作・浅田次郎と監督・降旗康男という「鉄道員(ぽっぽや)」のコンビ復活!って振り仮名いれないとタイトルが読めないところまで前作を踏襲(?) 浅田次郎は好きな作家なのだけど、「鉄道員」も含めて映画化はあまり成功していない(全部観たわけでは..
2007/06/30(土) 21:42:53 | ももたろうサブライ
人気ブログランキングの順位は?あんた、ツイてるね。いいえ、とりツカれてるんです。神頼みのはずが、現れたのは三人の災いの神だった。あなたも、ツイてるよ。神様いったい、何様のつもりですか?
2007/07/01(日) 00:02:16 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
神頼みのはずが、現れたのは三人の災いの神だった・・・人は何のために生きるのか、幸せとは何なのか。災難はもしかして人生からの贈り物!?すべてのツイてない人におくる大型時代活劇!ってコピーやし、米米CLUBが主題歌やし、てんやわんやの人情派コメディとばかり思って
2007/07/01(日) 01:46:15 | 永遠の自分探し  って迷子やん!!
映画「憑神(つきがみ)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:妻夫木聡、夏木マリ、佐々木蔵之介、鈴木砂羽、森迫永依、笛木優子、佐藤隆太、赤井英和、香川照之、西田敏行、江口洋介、他 *監督:降旗康男 *原作:浅田次郎 感想・評価・批評 等、レ
2007/07/01(日) 06:54:10 | 映画レビュー トラックバックセンター
印象に残るのは米米クラブの「御利益」だけ。
2007/07/01(日) 12:19:22 | Akira's VOICE
憑神2007年   降旗康男 監督  浅田次郎 原作妻夫木聡 佐藤隆太 香川照之 夏木マリ 佐々木蔵之介 鈴木砂羽 笛木優子 西田敏行 赤井英和 森迫永依初めてじゃないかなぁ、ぶっきぃが、かっこよく見えたのって、、、ま、落語ですよね。 なかなかおも....
2007/07/01(日) 17:06:02 | 猫姫じゃ
製作年度 2007年 製作国・地域 日本 上映時間 107分 監督 降旗康男 原作 浅田次郎 脚本 降旗康男 、小久保利己 、土屋保文 音楽 めいなCo. 出演 妻夫木聡 、夏木マリ 、佐々木蔵之介 、鈴木砂羽 、森迫永依 、笛木優子 、佐藤隆太 、赤井英和 、上田耕....
2007/07/01(日) 21:29:18 | タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
「憑神」★★☆妻夫木聡主演降旗康男 監督、2007年時は幕末、一般のひとより苦労の生活を強いられる下級武士が主人公。人が良く、プラス思考で明るい人柄の主人公に取り憑いたのは「貧乏神」「疫病神」そして「死神」深刻にならず、飄々と...
2007/07/02(月) 09:42:41 | soramove
試写会で観てきました。6月23日公開  「憑神」公式サイトあらすじ:うだつのあがらない下級武士の別所彦四郎(妻夫木聡)は、ささやかな出世を願って神様に懇願するが、祈る稲荷を間違えたために貧乏神・疫病神・死神という3人の災いの神に取り憑かれてしまう。社会...
2007/07/02(月) 21:41:25 | かいコ。の気ままに生活
映画「憑神(つきがみ)」に関するトラックバックを募集しています。
2007/07/06(金) 00:15:24 | 映画専用トラックバックセンター
今回は、妻夫木聡、西田敏行、赤井英和、佐藤隆太、江口洋介、香川照之、佐々木蔵之介、夏木マリ、鈴木砂羽、森迫永依出演の『憑神』の舞台挨拶レポートでございます。会場は丸の内TOEI1。ココで映画見るのは何年ぶりだ?『バトル・ロワイアル』公開時は徹夜で並んだ記憶も
2007/07/07(土) 11:11:51 | |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
今回は、妻夫木聡、西田敏行、赤井英和、佐藤隆太、江口洋介、香川照之、佐々木蔵之介、夏木マリ、鈴木砂羽、森迫永依出演の『憑神』の舞台挨拶レポートでございます。会場は丸の内TOEI1。ココで映画見るのは何年ぶりだ?『バトル・ロワイアル』公開時は徹夜で並んだ記憶も
2007/07/07(土) 11:13:55 | |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
憑いた神 月も嘘突く 願い事  おおお、死神が飯を食ってるよ。しかも何杯もお替りしおって。すげえ食欲。見るからにもう、元気もりもりだあね。育ち盛りなんだろうね。 カメラ・フォーカスは、そんな彼女おつやを演じる森迫永依にピンが来てる。だけどだけど、その背
2007/07/07(土) 19:59:12 | 空想俳人日記
神頼みのはずが、現れたのは三人の災いの神だった・・・人は何のために生きるのか、幸せとは何なのか。災難はもしかして人生からの贈り物!?すべてのツイてない人におくる大型時代活劇!ってコピーやし、米米CLUBが主題歌やし、てんやわんやの人情派コメディとばかり思って
2007/07/09(月) 22:40:28 | 永遠の自分探し  って迷子やん!!
≪ストーリー≫時は幕末。別所彦四郎は、下級武士とはいえ、代々将軍の影武者をつとめてきた由緒ある家柄の出。幼い頃より文武に優れ、秀才の誉れ高かった彦四郎だが、戦もない平和な世においては影武者の出番などあるはずもなく、毎日暇をもてあますばかり。出世はもはや神
2007/07/14(土) 22:30:00 | ナマケモノの穴
今週の平日鑑賞は、今月、妙に気になる作品をリリースしてる「109シネマズ川崎」で2本。その2本目。
2007/08/09(木) 03:44:17 | ひらりん的映画ブログ
憑神はWOWOWで1日に録画して本日の午後から鑑賞したけども 結論から言えば面白かったけども内容が予想通りだし微妙だったね 内容は江戸時代の幕末に出世を逃がした下級武士が稲荷様で祈ったら 災いを発生させる貧乏神&疫病神&死神に取り憑かれ展開だった ...
2008/06/03(火) 20:30:48 | 別館ヒガシ日記
激動の幕末を舞台に、しがない下級武士が3人の災いの神様に取り憑(つ)かれて奮闘する姿を描いた時代劇ドラマ。1999年に公開され大ヒットした『鉄道員』の原作・浅田次郎と監督・降旗康男のコンビが8年ぶりにタッグを組み、時代が移りゆく世相の中で、武士としての本分を...
2008/07/01(火) 13:33:13 | サーカスな日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。