映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『300』を観た
2007年06月15日 (金) | 編集 |
300327.jpg


観ようか観るまいか、迷ったけど、結局観た。
『シン・シティ』のフランク・ミラーのグラフィック・ノベル(劇画)の実写化。
人気コミック『300』の実写化とあって、全米2億ドルを超える大ヒット!だそうで。
絵的にも興味があって、観る事にした。

ザック・スナイダー監督は、原作に思い入れがある人らしく、原画を再現することに精魂傾ける。
かなりの部分がデジタル加工なので、もはやアニメーションに見える。

ストーリーはいたってシンプルだけど、アニメと思った時点で、まぁいいか(笑)

スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)が動き出して敵と戦っていく様は、血飛沫が舞い残酷なのに、不謹慎にも美しい!と思ってしまった。黒光りする鍛え上げられた胸板と長い足...堂々とした体躯。
あの特徴ある鎧兜をかぶって横から見た画は、世界史の教科書で見たスパルタ戦士の図だ。
スパルタ王の投げた鎗、当たれ!と願ったわ!

王妃(レナ・ヘディ)やクセルクセス王(ロドリゴ・サントロ)や脇役のキャラクターも、好き。
こりゃあ、原作で、きっちり描き分けてあるんだろうね。

ほとんどの画をデジタル加工してあるので、リアルに作った映画より、汗や血が生々しく感じられないはずなのに...。
最初、迷ったとおり、観た後、胸がむかむかして少し気分が悪い...きゃい~ん。

採血の注射や歯医者さんの抜歯で、貧血起こして倒れる奴(←ウチの息子たち)は、観ない方がいいです。
私も、ヘタレの親でしたね...トホホ。『アポカリプト』は、大丈夫でしょうか...心配。


翻訳版が、出ています。
きっと、しっかりしたデッサン力と構図なんでしょうね。
私は、アメコミは一冊も持っていません。
日本のマンガと比べて、表情などや心理描写が、イマイチ物足りないから。

だけど、この『300』興味はあるんです。
映画に出て来たキャラクターを見てみたいし。
でも、ちょっと高価ですね...。誰か、買ったら、貸して!!


↓人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとよろしく!
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
そうきたか、、
まさかナチョとは思いませんでした、、、、
赤マント繫がりですか?となりの親父は三○幸○ですか?
って人事じゃないなぁ、ちょっとは鍛えなきゃ、、、
2007/06/16(土) 00:25:32 | URL | くまんちゅう #TO.QWiMc[ 編集]
>くまんちゅうさん
隣の親父は、カンニングの竹山風に描いたんですが、可愛いから三○幸○でもイイですね。
私も、ビリー・ナントカのDVDでも見て痩せようか...と。夏になるし...。
あ~もう『300』の感想とは、全然違いますが(笑)
2007/06/16(土) 00:43:28 | URL | 管理人 #-[ 編集]
肋骨?
あんさん、こんにちは!
あら、気持ち悪かったですか??
私は全然気持ち悪くなりませんでしたよ。
血が苦手なのに。
反って、プレステージの指の方が・・・(^^;)

何気にいるナチョに笑いましたw
しかし、スパルタン、餓死寸前??(うゎ暴言!)
2007/06/16(土) 08:07:55 | URL | たいむ #-[ 編集]
>たいむさん
あはは、肋骨?!あ~痩せてみえますね(笑)
きっと”やぎの道”をペルシャ軍に塞がれ、食料が乏しくなったきたから...なぁんて。
大真面目な美しい画のマンガになったのは、監督の原作愛があったからでしょうね。

そうなんです。自分でも思いがけなく気持ち悪くなって...情けないデス。
もうちょっと、気合いを入れないとね『えいえいおー!スパルタン!』とか。
2007/06/16(土) 22:06:22 | URL | 管理人 #-[ 編集]
わたしは、はまった!
あんさん、コメントありがとうございました。へたれでダウンだったようですね。反応それぞれかしら。私は映像にうっとりしてしまいました(笑)
TBさせていただきますね。しかし今回の絵も見事!
2007/06/17(日) 09:43:38 | URL | シュエット #vIXFS59k[ 編集]
TB&コメントありがとうございました~
あんさん、こんにちは☆

スパルタ軍は見方の左側を守る戦法なのに、自分の右にナチョ・リブレやら、、メタボなお父さんが混じっていたら、マジ足手まといで不安ですよね隊列の幅もそこだけ変っちゃうし(≧∇≦)ノ彡☆ははっ
サイのクリーチャーを槍の一撃で倒すシーンはマジ鳥肌もののかっこよさでした☆
戦闘シーンはもう呆れるほどよく切れる剣でポロン、バシャー、ドバーって血しぶきも凄いですが、不思議と恐怖感はまったく感じませでした。
お隣に座っていた女性はずーっと手で目を覆いながら観ていらっしゃいましたよぉ~
やっぱり恐いと感じられた方もいらっしゃいますよね・・・
2007/06/17(日) 17:14:11 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 編集]
ビリー・ザ・キャンプ、だっけ??
いやあ~~ん!!
私もそれ、ほすい!!
でも、無いんですよ~何ヶ月待ちらしいデス(泣)

これ絶対観ようと思ってたのに、
アメコミだから、史実を期待する人にはダメかも~らしいですね…
アメコミも「シン・シティ」も苦手なんで。
DVDかな…

それにしても、ここにナチョが登場とは(大爆)
あのものすごい腹が思い出されます(^^)/

棒アイスは…炭酸苦手なくせに、何故かソーダが好きでーす♪(笑)
2007/06/17(日) 18:39:25 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>シュエットさん
そうなんですよ。ヘタレでダウンしてしまい。何故ー?!(泣く)
映像は美しかったし、男たちの戦う姿は、見とれてしまいました。
ジェラルド・バトラーの体に、酔ってしまった?のかしら(笑)

>rikocchinさん
スパルタの戦法には、ナチョもメタボ父さんもマジ足手まといですか、あはは。
盾でさっと作る防御のフォーメーションも、遅れるだろうしね(笑)
戦闘シーンは、あの鍛え上げられた長身で動くと、見応えがありましたね。
あ...私、お隣の女性タイプかも...。恐がりなのに、観てみたかったんです...。

>オリーブリーさん
『ビリー・ザ・キャンプ』そうそう!わたしもほすい!
もしDVDが手に入ったら、ビリーの似顔絵、描きますよってくらい。
その時、ナチョとメタボ父さんを入れて、体操させます(笑)

『300』は『シン・シティ』より、ぐっとイイ出来かも。

棒アイス...すご~い反応してくれたの、オリーブリーさんだけです。
棒アイスのソーダ、さっぱりしていいですね~♪

2007/06/17(日) 20:06:37 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんにちは
TBさせていただきました。楽しい絵ですね(^^♪
ペルシャ軍の象が何もする間もなく
崖から落ちちゃったり・・そんな細部も楽しめました。
感想にはカタイこと書いてますが(^^ゞ
2007/06/18(月) 17:38:10 | URL | 木蓮 #mQop/nM.[ 編集]
>木蓮さん
ペルシャ軍の象、動くところをもう少し見てみたかったですね。
カタイ感想って、知的で素敵(笑)
げげ、私の『300』の感想なんて、画像と気分が悪くなっている事しか、書いてない...ヤワラカ過ぎだったなぁ~。恥ずかし~デス。
2007/06/18(月) 21:55:44 | URL | 管理人 #-[ 編集]
アメコミでおすすめ「ヘルボーイ」です
友達の勧めで観ましたが気持ち悪くなかったですね。
お金を掛けないようにしているのに、ナカナカ迫力があったように思いました。でも明らかに悪趣味すぎるシーンもありましたね。

自分のお勧めアメコミは「ヘルボーイ」です。意外でしょうが「ヘルボーイ」はアート性もストーリーも独自性も娯楽性も高くお勧めです。
2007/06/23(土) 21:37:46 | URL | クマノス #VFkxEMUo[ 編集]
>クマノスさん
気持ち悪くなかったですか?!私だけ(うぅ)
シンプルなストーリーに、スタイリッシュな男性美がばーんとハマってましたね。
迫力ありましたね~。悪趣味で容赦ない所が、クラクラした原因?!

『ヘルボーイ』ですか?あの赤くて変な髪型の、悪魔の申し子?
へぇ~、アート性も独自性も娯楽性も高いですか!あ、興味涌いてきました♪
どんなものか?手に取って見たいんですが、私が普段行く本屋は、アメコミはあまり見かけません。まぁ買う時は、amazonでしょうかね。
2007/06/24(日) 20:23:04 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
まさか当たるとは思ってなかった、試写会が当たったので見てきました。「300<スリ
2007/06/16(土) 00:14:59 | Wilderlandwandar
出演者全員、ビリーズブートキャンプで腹筋を鍛えたに違いない!!■ストーリー紀元前480年、スパルタ王レオニダスのもとにペルシア帝国の遣いが現れ、「土と水」を差し出せ(=服従せよ)と告げる。「服従」という言葉のないスパルタの法に従い、100万のペルシャ軍と戦うこ
2007/06/16(土) 00:26:04 | シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー
”300VS100万” 桁違いもここまで違いすぎると笑えてくる。1人あたりが百人力だったとしても及びも付かない。が、しかし、多勢に無勢で挑む姿。戦う意義には感動すら覚える。(どこかの国のやるに事欠い
2007/06/16(土) 08:10:56 | たいむのひとりごと
「300 スリーハンドレッド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト、ビンセント・リーガン、マイケル・ファスベンダー、トム・ウィズダム、アンドルー・プレビン、
2007/06/16(土) 11:22:30 | 映画レビュー トラックバックセンター
原題:300スパルタといえばスパルタ教育、もしくはスパルタンX、いずれも懐かしくさえある響きなのだが・・この物語は、まるで劇画のように激しく熱いスパルタ戦士・・・ 古代ギリシアは紀元前480年のこと、遂に、千の国の征服者たるペルシャ帝国の覇権の波がスパルタにも
2007/06/16(土) 13:31:18 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
監督:ザック・スナイダー出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト、ミヒャエル・ファスベンダー評価:70点公式サイト(ネタバレあります)紀元前480年の話。スパルタ王レオニダスの元に大帝国ペルシアの...
2007/06/16(土) 14:02:31 | デコ親父はいつも減量中
 試写会で観てきてました。 「 300 スリーハンドレッド 」  これはすごいです。 CG映像に見飽きた感もある昨今、これぞ本当のCGの使い方、映像美かもしれません。 
2007/06/16(土) 20:43:46 | しんのすけの イッツマイライフ
300 スリーハンドレッド 3002006年  ザック・スナイダー 監督・脚本  フランク・ミラー 原作・制作総指揮  リン・バーリー 原作ジェラルド・バトラー レナ・ヘディー デイビッド・ウェナム ドミニク・ウェスト ビンセント・リーガン マイケル・ファ..
2007/06/17(日) 02:25:35 | 猫姫じゃ
2007年/アメリカ/117分at:梅田ブルグ300 スリーハンドレッド観てきました。観たい観たいで、月曜日、仕事終ってから即、劇場に飛び込んで見てきました。17:45からの上映、平日にも関わらず座席は2/3埋まってました。で、記事UPの予定変更して、本日はこれ!良かった!こ
2007/06/17(日) 09:39:43 | 寄り道カフェ
監督・脚本 : ザック・スナイダー 出演 : ジェラルド・バトラー  / レナ・へー
2007/06/17(日) 17:13:51 | MoonDreamWorks★Fc2
 史実を強みに、見応えのある映像が展開される。躍動する身体はCG処理されているとは言え、美しく見える。また「降伏するよりは死を」といった勇ましい言葉は本能的に人を奮い立たせる。レオニダス王が「ただ語り継げ」と望んだ通りに、ギリシャ軍は最終的にペルシャ軍を打
2007/06/18(月) 17:26:32 | 明け方シネマ
スパルタを中心とするギリシア連合軍とペルシア遠征軍とのテルモピュライの戦闘・・・史実によると、ギリシアの軍勢は、スパルタの重装歩兵300人を中心に、総勢5000人余り、対するペルシア軍は200万人以上だったそう。映画の中では、スパルタ兵300人対...
2007/06/18(月) 23:16:33 | 愛猫レオンとシネマな毎日
「シン・シティ」のフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを斬新なビジュアルで映画
2007/06/22(金) 23:44:35 | 映画コンサルタント日記
「スッパルタッ!!!!」と観てきました。いやいや主演のジェラルド・バトラーが「毎日撮影でMAXのテンションを求められ、肉体は極限までいじめまれ、めちゃくちゃ疲れた」といっていたので、そのハイテンションぶりを
2007/06/23(土) 21:27:55 | クマの巣
□作品オフィシャルサイト 『300 スリーハンドレッド』□監督・脚本 ザック・スナイダー □原作 フランク・ミラー、リン・バーリー □脚本 マイケル・B・ゴードン □キャスト ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディー、デイビッド・ウェナム、ドミニク・ウェスト、ビ
2007/06/28(木) 12:06:35 | 京の昼寝~♪
全米で興行収入2億ドルを突破したというヒット作。ギリシャやペルシャの戦士ものはヒットしない・・・という今までの常識を覆したそうで。主人公はスパルタ教育で有名なスパルタの王。300人対100万人の対決・・・というのがウリ・・です。
2007/06/30(土) 02:04:49 | ひらりん的映画ブログ
画面から感じるエネルギーのポテンシャルがすごいです。 原作はフランク・ミラーのグ
2007/06/30(土) 09:08:46 | はらやんの映画徒然草
 『300人VS1,000,000人、真っ向勝負!』 コチラの「300 スリーハンドレッド」は、史上もっとも熾烈な闘いのひとつとも言われる紀元前480年の"テルモピュライの戦い"を基にしたフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを斬新で強烈なヴィジュアルで映画化したR-1
2007/07/22(日) 19:53:48 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
あらすじ紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、ペルシアの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)から服従の証を立てるよう迫られる。そこで、レオニダス王が取った選択肢は一つ。わずか300人の精鋭たちとともにペルシアの大群に立ち向か...
2008/01/09(水) 23:54:20 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
自分のまわりの友達はこの作品を酷評している人が多くて、観るつもりが当初はなかったもののなんとなく気になったんで観てみました。 紀元前480年、大帝国ペルシアが数々の国を征服し、次なる標的に定めたのはスパルタ。ペルシアの王・クセルクセスは服従の証を立てる?...
2008/06/17(火) 21:50:11 | cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー
300(スリーハンドレッド)はWOWOWでし5日に鑑賞して 結論から言えば悪くないが好みに合わず2度目は無いね 内容はスパルタ王がペルシア大王の軍門に下るのを拒否し 100万人VS300人の戦争が起こって闘う展開だったね ペルシア軍100万人は異常
2008/08/14(木) 22:07:54 | 別館ヒガシ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。