映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボラット
2007年06月03日 (日) | 編集 |
『ボラット~栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習~』(R-15)を観た。

ボラット320.jpg『サイテ~!』と笑いながら出て来た観客がいたけど、う~ん、まさにそんな感じ。

私の席の列は、白人が混じった女性グループで、そりゃあもう座席が揺れるほど、笑ってました。
字幕と英語のニュアンスの差もあるし、アメリカ等の英語圏の人にはダイレクトにくるんでしょうね。
こちとら白い字幕が見にくい所もあり、外人さん達の反応の早さとデカ笑いには、負ける...。

横の席であれだけ笑ってられると、こちらは少々醒めてしまって...。

この映画、楽しみにしてたんです。

最初の脱力系OPの曲からして、いいよ~いいよ~、とくすくす笑える感じで、期待したのですが。


もちろん爆笑の所もありましたよ。

イギリスのユダヤ系コメディアンのサシャ・バロン・コーエンの、何となく可笑しいたたずまい。
そして、ロデオ大会のアメリカ国歌をカザフスタン・バージョンで替え歌にして、会場をフリーズさせる...とか、ストリートの黒人少年達とのくだり...とか。
でも、思ったより、私は笑えなかった...。

ただ、アメリカの人達のだんだん感情を露にしてゆく様子や本音がリアルで、興味深かったです。
”モキュメンタリー”(フィクションが加えられたドキュメンタリー)だそうで、どこまで仕込みの人か行きずりの人か、ちょっと分からないんですが。

表面的には ”人権”や”差別意識”に配慮し偏見が無い事をアピールし、行き過ぎた事にも沈黙しなければならないアメリカ保守派の人々をおちょり倒し、そこが彼等の自虐のツボにハマったのでしょうか。

そしてこういうタブーネタ以外でも、下ネタが炸裂!?
凍り付いていく周囲の反応に、ボラットは”フォローなし、オチなし”で、何もキメずにドタバタとおフザケで現場を突破して行くので、私としては...いたたまれない気持ちに...。
観ているこちらも、居心地悪くさせる笑い、毒気と悪意のある笑い...それが、この映画の真骨頂かもしれません。

私には、ちょっと苦手でした...。
半分、笑えて、半分、引きました。
『バカには理解不能のバカです』のリトマス試験紙にかけると、私はバカです(涙)
しかもスノビッシュ(鼻持ちならない俗物)なバカときてる...。

『チームアメリカ/ワールドポリス』(R-18)のほうが上品に見えるから、不思議。
『Mr.ビーン』のほうが、断然可愛い。(Mr.ビーンはイノセントだもんね)
自腹を切って1800円で観るのは、キツイ。
でも、何故か一回は観て欲しい(笑)
サービス・デーでも使うべきか...。
あっ、きっと、DVDでは、ボラットに貼付けられた”味付け海苔”のような黒いのが取れて ”お宝”映像になっているかも(何がお宝映像か?!)
お楽しみは、DVDで観てもいいかなと思う作品です。

ここまで読んでくれて、チンクイエ!!(ありがと)


↓人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
なんと言う映画ザマショ!
「栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」と言う映画であります、なんと言う人種差別!なんと言う男女差別とセクハラ!なんと言うお下劣な内容!まったくもって素晴らしいギャグ映画であります!おそらく本年度のお奨め映画の三本指に入るでありましょう!モンティイパイソンが好きなあなたは見に行くべきであります!
ザッカー兄弟の映画(フリングハイとかトップシークレット等)が好きな方にもお奨めです、くだらないギャグで心の底から笑えないなら明日から「酒と煙草と異性交遊と博打と映画を観る事」をやめストレスを溜めながら虚しく生きるべきでしょう、、、、、(煙草と博打はやめたけど他はやめれんなあ、、)
http://movies.foxjapan.com/borat/
、、ちなみに「田嶋陽子」女史が酷評しているのでコレが良い映画だと判る人には判るのであります、、、ちなみに日本では「お蔵入り寸前」であったので真に嬉しいことであります!。
そうそう「GYO」でも予告が見れるのでヨロシク!
http://borat.gyao.jp/
2007/06/04(月) 11:09:19 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
ホントに、なんという映画ザンショー。びっくりです。
笑いも出るけど、冷や汗も出る。下ネタが、案外汚いんですよ~(げ~)
私って『田嶋陽子』と同じかな?!ぎゃあ~それもイヤだ~!
いやいや、あそこまで酷くない...と自分に言い聞かせる...。
げげげ、観ているこちらも、試されている...そんな映画でした。
あの~、酒と映画と異性交遊、頑張ってください(笑)
2007/06/04(月) 12:41:22 | URL | 管理人 #-[ 編集]
酒と女と映画
あっ間違い訂正
X  フリングハイ
〇 フライングハイ

いわゆる「エログロナンセンス」な映画ですが「志村けんの「バカ殿」とか「モンティイパイソン ホーリーグレイル」とか「モンティイパイソン ライフオブブライアン」みたいな「真面目な方お断り」な映画であります、私なんぞは「チームアメリカ ワールドポリス」のDVDを購入する様な馬鹿ですのでコレがツボにはまったようです、まあともかく「万人に勧める気は有りません」ので、ソコントコヨロシク!
>田嶋陽子女史は良くも悪くも「女性的感情丸出し」の人なので「理論より感情」と言う部分が顕著なのが「昔の彼女にそっくりで嫌い」なのですよ。
(たとえ実際の出来事がどうであれ自分の気に食わないものは完全否定するところはそっくりです、おかげで長続きはしませんでした、共通点は映画が好きなことだけでした)
>ところで機会があればザッカー兄弟の「トップシークレット」を観てやって下さい、「バルキルマー」の初主演映画で「東独逸に行った最初のロック歌手の波乱に満ちた冒険(笑)」を描いた映画です、オマーシェリフやピーターカッシングがチョイ役で出ています、我が人生に影響を与えた「ギャグ映画」であります、ツマラン人生では有りますが、、、
2007/06/04(月) 13:56:59 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
ふふふ~
明日鑑賞予定です!!
また、ゆっくり読みに来ますね~!
このイラストも最高っ♪
モッコリ~かげんが…(爆)

『チームアメリカ/ワールドポリス』
ありゃあ~これはパペットだから、
私の中ではある程度成立したけど、
これよりお下劣?!
観たものにしか解らんのね~

では、行って参ります(^^)/
2007/06/04(月) 17:19:12 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
こんにちは~
TBありがとうございました~

私は、この映画どんびきでした(笑)
最初から受け付けなさ満載です(笑)
日本で言うならデーヴ・スペクターのノリですよね~
2007/06/04(月) 17:50:09 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 編集]
賛否両論、でも『ボラット』を語りたい...
>ざんぶろんぞサン
志村けんの『バカ殿』とか『チームアメリカ/ワールドポリス』は、ウチでも大受けでした。特に、面白がって何度も巻き戻して観ていたのは、息子たちでした。
この手のモノは、ど~も ”男の子”の心をとらえて離さないらしく(笑)片や女性のほうは、抵抗感がある人が多いかも...。”男の子”度が、高い証拠ですよね、きっと。
でも、田嶋陽子さんに至っては、全部否定し過ぎですよ。
昔の彼女似ですかー?!何と言っていいのか...。
ザッカー兄弟の『トップシークレット』ですか?レンタル屋さんで探してみます。
『モンティイパイソン』も知らないんですよ。
これを機に”ギャグ映画”に詳しくなろうかな(笑)

>オリーブリーさん
この水着を着ているうちは、まだ可愛いのですよ(爆)
>『チームアメリカ/ワールドポリス』ありゃあ~これはパペットだから、私の中ではある程度成立したけど...
そうなんですよ!人形だから、あんな事もこ~んな事も、まだ綺麗(笑)
残虐シーンは無いんですが、もっとお下劣な気がしました。
女性でも大笑いしてる人がいたので、人それぞれ、みたいデス。
オリーブリーさんの感想が楽しみです。いってらっしゃいー!!

>rikocchinさん
ありゃあ、どんびきでしたか!しかも、最初からですかっ!(笑)
デーブ・スペクターのノリ。あはは。
1800円は、高く感じましたよね。
私も、ボラットみたいに、窓口で値切ろうかと思いました(笑)
2007/06/04(月) 21:32:51 | URL | 管理人 #-[ 編集]
TBチンクイエ
ヤグシェマシュ
こんなおバカな映画も大好きなんですよ。
流石にマッパバトルには引いてしまいましたが、そのほかはおおむね笑ってました。
知的なセリフ廻しで笑わせていましたし、、、、、、、
                 NooooooooT
このイラストを描いてしまうなんて、ナ~イス!
下らないけど誰かと話したくなる映画でした。

             
2007/06/04(月) 21:40:02 | URL | くまんちゅう #TO.QWiMc[ 編集]
>くまんちゅうさん
>下らないけど誰かと話したくなる映画でした。
そうそう、そーなんですよ。わはは...とか、あ~やだやだ...とか、馬鹿みたいに話したいんで、皆に『何故か一回は観て欲しい』です。
満足度は、全然っ保証しませんが(笑)
あのマッパは、汚かったぁ~(涙)サイテ~。
ずっと、この水着を着ててほしかったです(笑)
コメント、チンクイエ!じゃあ、ヤグシェマシュ!
2007/06/04(月) 22:01:01 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ちょっとちょっとちょっと!
そうなんですよ、「ああっモウ!さいぃっていの映画(笑)って感じですよ」と笑いながら話したいですね、まあ割引券とかの使い道に困ったら是非に(大笑)

それはさておき、興行収入
http://www.boxofficemojo.com/intl/japan/?yr=2007&wk=22&p=.htm
いろいろと複雑です、、

いまBS2で「勇気ある追跡」(1969年アメリカ ジョン・ウェイン)やっていますが、大好きな「西部劇」です、マカロニなら「ミスターノーバディ」ですなあ、、、あっそのうち自分の所で書こうかな、、
2007/06/06(水) 22:22:50 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
結構、話のネタにいいですよね。あぁサイテーとか、ぎゃははとか。
1回、観てみてと(笑)リピーター・キャンペーンのハガキを貰いましたが、コアなファンもいるかも知れませんね。
興行収入、かかっている館が少ない割に、健闘してますよね?
大手シネコンでやっていた『リーピング』より、イイですもんね。
昔のジョン・ウエインの西部劇ですか。懐かしいですね~。
父母が好きでした。
2007/06/06(水) 23:37:21 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントとTBありがとうございました
スパイダーマン3の記事にコメントとTBありがとうございます。
このコメディアンはオランダでも人気です。
この映画はまだ見たことないのですが、気になります。
チーム・アメリカが上品に見えてしまうなんて、かなり期待してしまいますね。
2007/06/07(木) 15:19:12 | URL | ミツフィ #t50BOgd.[ 編集]
めげた…
あちこち読みすぎた…(苦笑)
DVDまで感想待って下さい(*^^)
2007/06/07(木) 16:51:07 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
『ボラット』は、女性にはキツイ?!
>ミッフィさん
えっ、コーエンはオランダで人気なんですか。
私もこの映画気になって観たんですが、まぁアレですね『チームアメリカ』は人形なんでまだ上品に見える?!といったところで、ははは(汗)
とにかく、日本では、この映画で ”コーエン”はバッチリ認知された!と思います。

>オリーブリーさん
めげました?(笑)
結構、お下劣なんで、特に女性にとって”生理的拒絶感”があるかも...。DVDも『ぎゃあ』『げっ』とか言って、早回ししたくなるかも~。
うわ~、本当に賛否両論ですね~。
2007/06/08(金) 12:33:01 | URL | 管理人 #-[ 編集]
いいねえ~ このカッコ
 コメントしま~すv-221

 職場にムカツク上司が いますので この カッコで職場行こう~っとv-8 その上司 下に厳しい条件押し付ける人だから。パワハラなんか ぶっとばせぇ~v-91

 「あなたのために とびっきりの勝負服装できましたよ~v-413」 チンクイエ・・・じゃなかった チン〇イエv-290
2011/05/03(火) 11:08:50 | URL | zebra #ngCqAwRo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
原題:Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstanユダヤ系イギリス人なのに、カザフスタン国営テレビ突撃レポーターとしてアメリカと合衆国を縦断、下品なることこの上なく、ユダヤ人まで蹴散らしていく・・・ ボラット(サシ
2007/06/04(月) 00:40:54 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
監督 : ラリー・チャールズ 出演 : サシャ・バロン・コーエン  / ケン・ダヴィ
2007/06/04(月) 17:46:51 | MoonDreamWorks★Fc2
ボラットが暴れるほど本当のアメリカが見えてくるバカには理解できないバカです
2007/06/04(月) 20:05:05 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
どちらかと言うとPOC3よりも楽しみにしていた「ボラット 栄光ナル国家カザフスタ
2007/06/04(月) 20:35:05 | Wilderlandwandar
26日から全国31スクリーンで公開されました「ボラット 栄光ナル国家カザフスタン
2007/06/04(月) 23:51:00 | 映画コンサルタント日記
「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:サシャ・バロン・コーエン、ケン・デイヴィシャン、パメラ・アンダーソン、ルーネル・キャンベル、他 *監督:ラリー・チャールズ 感想・評価・
2007/06/05(火) 04:36:35 | 映画レビュー トラックバックセンター
『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』 (原題:Borat : Cultual Learning of Amerca for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan)----この映画ってアメリカで連続2週、興行収入No.1のヒットを飛ばしたんだって?「うん。しかも主人公ボラ
2007/06/05(火) 09:30:59 | ラムの大通り
ナ~イス!! ヤグシェマシュ!  NOOT! ナンテネカザフスタン国営テレビの看板レポーターのボラットが、カザフスタンの人々の暮らしをよくするための学習としてアメリカ合衆国に渡り、アメリカ人への突撃インタビューをしながらニューヨークからロサンゼルスへ旅をすると
2007/06/05(火) 10:37:03 | シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー
テレビのコメディショー発の、なんちゃってドキュメンタリー。ユダヤ系イギリス人コメディアンのサシャ・バロン・コーエンが、その濃すぎる顔立ちを生かしてカザフスタン国営放送のリポーター、ボラットに扮しアメリ
2007/06/05(火) 20:36:56 | ノラネコの呑んで観るシネマ
監督 : ラリー・チャールズ 出演 : サシャ・バロン・コーエン  / ケン・ダヴィ
2007/06/08(金) 08:43:39 | MoonDreamWorks★Fc2
「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN というのが正式タイトル。全米公開の頃、かなり話題になっててすごく興味があった作品。今年のゴ...
2007/06/09(土) 17:49:07 | It's a Wonderful Life
 これは期待はずれ。  大いに笑えたことは、今年観た映画の中で随一といっていいくらいですが、それも中盤まで。後半はかなり不快感も感じたことも事実です。  ひとつは、あまりに下品なネタが多すぎること。
2007/06/14(木) 03:18:00 | シネクリシェ
 『バカには 理解不能な バカです。』 コチラの「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」( ´ー`)フゥー...は、5/26公開になったカザフスタンを激怒させちゃった似非カザフスタン人が登場すると~っても過激なコメディなのですが、観て来ち...
2007/07/22(日) 19:42:58 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
監督:ラリー・チャールズ出演:サシャ・バロン・コーエン、ケン・ダヴィティアン、ルネル評価:60点公式サイト(ネタバレあります)カザフスタンのテレビ局レポーター「ボラット」が、祖国のためにアメリカ文化を学ぼうとニューヨークに向かう。そしてカ....
2007/09/07(金) 01:41:43 | デコ親父はいつも減量中
「ボラット」 「恋するマドリ」
2008/02/22(金) 11:00:58 | Akira\'s VOICE
 この映画は、レンタルビデオで観ました。 監督:ラリー・チャールズ出演:サシャ・
2008/02/25(月) 19:39:02 | 泉獺のどうでも映画批評
いろいろなDVDの予告編に入っていて気になってました。 DVDで観賞。 カザフスタンの国営テレビのレポーターのボラットは、 アメリカ文化をリポートする番組を作るため、 プロデューサーのアザマートと共にニューヨークにやってきた。 宿泊したホテルで『ベイウォッ...
2008/04/02(水) 20:13:54 | 映画、言いたい放題!
あらすじカザフスタン国営放送のレポーター、ボラットは国家情報省の命令で、ニューヨークにやってきた。目的は母国の発展のために、アメリカ文化を学ぶこと。早速、ユーモア指導の先生を訪れ、アメリカンジョークを習うが、どうもしっくりこない様子。更に、フェミニスト...
2008/10/16(木) 22:07:22 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。