映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日、君がいない
2007年05月23日 (水) | 編集 |
時々、心に突き刺さってくる映画があります。これは、そんな映画です。

明日306.jpg

今、カンヌで、松っちゃんとかたけしとか、キムタク、慎吾ちゃんが行って、マスコミを賑わしていますが、さてさて成果は如何だったでしょうか?

この映画は、昨年(2006)のカンヌ国際映画祭『ある視点』部門で話題を読んだ作品です。
監督は、22歳のインド系オーストラリア移民であるムラーリ・K・タルリ。
脚本を書き始めたのは、なんと!19歳。
親友の自殺に衝撃を受け、自身も様々な理由で自殺未遂を起こし『もし、生きながらえたら、映画を撮ろう』と2年の歳月をかけて作ったのが、この映画。
その時役に立ったのが、レオナルド・ディカプリオ主演映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の原作だそうです。
ムラリーは言う『やりたいことがあるなら、人を騙してでも行動しろって学んだんだ(笑)死にたいって思う前に僕の映画とこの本を読んで欲しい』

映画自体は、観たら死にたくなります...。いや、そのくらい、重い...。
でも、この映画を初監督作品として完成させたムラリーの事を思うと、励まされます。


明日3309.jpg原題は『2:37』なんていう素っ気なさ。
午後2時37分に、誰かが自殺する...。
みんな、若さがまぶしい高校生なのに、深い悩みと哀しみを抱えている。
モノクロのモノローグで、それぞれのキャラをあぶり出す。
不満、とまどい、憧れ、嫌悪..表情と眼に、思春期の動揺が伝わってくる。
家族との確執、悩み、性癖、自分の障害、そして将来の夢....。
障害を持つ男の子の、サッカー中継を夢見てアナウンスしているところは、ひどく切なかった...。
最初のそれぞれのエピソードが、最後には思いがけない事実へと繋がってゆく。
同じ場面を、何度も何度も、違う人物で違う視点で、追う。
そして、分かってくる真実、秘密...。


いったい、誰が死ぬの?というサスペンスとしても、ストーリーが良く出来ています。

自殺したコは『何で?このコが?』というコ。
理由もこのコのエピソードも、あっけないので、まさか...分からなかった。
観ている私達には、このコの自殺した理由は分かっている。
でも、映画の高校のコたちには分からない。
自殺した原因を作ったコにも、もちろん分からない。
『悩んでると知っていたら、何か力になれたのに』と答えている...この原因のコ、最低...。
自分の事しか考えていない。
もっとも、みんな自分の事しか考えられない季節の中で、恋や性に悩んで自分の事しか見えない。

やばい、すごく涙が流れました。

願わくは、映画の中の高校生達がこの同級生の死をきっかけに、もっと生を大事にしてくれますように。

この映画がかかっている館が少ないので、見逃した人も多いかと思います。
シリアスでセンシティブな内容だけど、興味を持った方はDVDでもいいから、ぜひ観てほしいです。
”創る”という行為において『自分はこれが表現したいんだ』という想いは、こんなにも強い印象を残すんだ、ということに、新鮮な驚きを感じました。ムラーリ監督に感動。

↓痛い青春を送った人もそうでない人も...ぽちっとよろしく。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんにちは♪あんさん。

わたしもこれ観ました。
衝撃的な映像でかなりリアルでしたね。。。
けっして他人事じゃないですし、ね

この監督の実体験が生きてました。
今回も素敵なイラストですね☆
2007/05/24(木) 14:14:38 | URL | mig #-[ 編集]
シュエット
はじめまして、あんさん。TB&コメント
ありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました。あんさんが書かれているこれが表現したいんだという彼の気持ちは、映像からも真実の声として伝わってきましたよね。だから誤解される表現かも知れないけど瑞々しいって思いました。彼はこれからどんな作品を作るのか
期待したいですね。これを機会にまたお話していきたいですね。よろしくお願いいたします。沖にお気に入りにいれさせていただきますね。
2007/05/24(木) 18:05:50 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>migさん
migさんも観られたんですか。リアル、でしたね。
若い監督の体験が、色濃く反映されているんでしょうね。
最後のためらいながらも...ざっくり!なんて衝撃的すぎて眼に焼き付き『こういうのは描いちゃあいけない』と思いつつも、イラストに描いてしまいました。
ショックだったけど観て良かった、と思える映画でした。

>シュエットさん
”瑞々しい”...私には探せなかった言葉ですが。
キャンパスの木立や、彼らの表情や行動を思い出すと、あぁそうだ ”瑞々しい”という表現がぴったりだ、と思いました。
『生き延びたら、この映画を作ろう』というムラーリ監督の気持ちが、真っ直ぐ伝わってくる映画でしたね。
”お気に入り”に入れていただいて、嬉しい!です。
あっ、でも、私はオバカ映画が多いんですよ(汗)どうしよう。
シュエットさんが『痛い映画』ばかり選んでしまうのは、とても繊細だから...と思います。
私が選ぶのは『マンガ実写化映画』が多いんですよ...。
こちらこそ、よろしくお願いします。
2007/05/24(木) 20:58:04 | URL | 管理人 #-[ 編集]
No title
初めてお邪魔します、fizz♪と申します。
作品名で検索して飛んで来ました。
よろしくお願いします。

19歳の若者が36時間で書き上げ、2年かかって映画に作り上げ、
世界を震わせたなんて、本当に凄いですよね。
だからこそリアリティもありましたよね。
二度観るのはつらいけれど、ずっと覚えていたい映画になりました。
TBさせて頂きました。
2008/03/14(金) 02:13:03 | URL | fizz♪ #0HzTjQFo[ 編集]
>fizz♪さん
初めまして、こちらこそ、よろしくお願いします!

36時間で書き上げたんですか!?
やはり、監督は、よほどその時の事ショックだったのでしょうね。
私も、この映画を観た時の衝撃は忘れられません。涙が止まりませんでした。
カットバックやタイムラグがあり見落としているので、もう一度観ようとは思っているのですが、2度観するには辛い映画ですね。

TBとコメント、ありがとうございました。
2008/03/14(金) 23:41:58 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先月「観たい映画リスト」に入れててまだ観てなかった作品。今20代半ばで、映画監督をしてるmig弟がかなり良かったというので、観てきた。この映画の監督は19歳の時にこの作品に取りかかったらしい!!"重い" 実際に起きたコロラド高校銃乱射事件を元に作られた&quo
2007/05/24(木) 14:15:55 | 我想一個人映画美的女人blog
瑞々しい感性が光る原題 「2:37」2006年/オーストラリア/99分at:テアトル梅田どうして私は「痛い映画」ばかり選んでしまうんでしょう。SとMに分けるとしたら、きっとM的傾向の人間なんでしょうね。どっちの道を選ぶ?としたら、いつだって自分を追い込む方、痛めつ
2007/05/24(木) 17:57:02 | 寄り道カフェ
明日、君がいない  4/17(火)@TFMホール(試写会)原題:2:37監督、脚本:ムラーリ・K・タルリ出演:テレサ・パルマー、フランク・スウィート、サム・ハリス、チャールズ・ベアード 他配給:シネカノン木の葉が揺れ、透き通るよな空気
2007/05/24(木) 18:57:07 | シュフのきまぐれシネマ
4月29日(日)◆426日目◆昼から外出。まずは「渋谷シネ・アミューズCQN」で『明日、君がいない』を見る。監督はムラーリ・K・タリル。現在22歳。彼が19の時から作り始め、去年のカンヌ映画祭で話題になったのがこの作品である。全体的に『エレファント』にそっくり。しかし
2007/05/26(土) 06:12:51 |           
 学校という名の地獄。 僕たちが抱える苦悩。 誰かが死ぬと言う事。 1984年という僕と同じ年に生まれたオーストラリア出身の監督が、19歳という驚異的な若さで映画作りのノウハウも持たぬままに、たった36
2007/05/28(月) 03:47:49 | たいようの映画の感想
「明日、君がいない」★★★★オススメジョエル・マッケンジー 、クレメンティーヌ・メラー主演ムラーリ・K・タルリ監督、オーストラリア、2006年最初にこの映画はあるイメージを見る者に与え、その後は高校生へのインタビューと彼らの高校生活が淡々と...
2007/06/02(土) 10:08:38 | soramove
原題 「2:37」・・・オーストラリアの新鋭ムラーリ・K・タルリ監督。弱冠19歳で挑んだ、若くて最も瑞々しい思春期に抱く心の闇と、その痛いほど純粋で繊細且つ脆く淡い想いを描いた衝撃的な作品。
2007/06/02(土) 19:22:25 | シャーロットの涙
ムラーリ・K・タルリ監督。僕は、自分と同じ年で海の向こうでこんな作品を撮った彼を、天才と呼ぶしかない。
2007/06/02(土) 23:41:44 | 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
構成も、登場人物のいる舞台も、テイストも、ガス・ヴァン・サント監督の「エレファント」にとてもよく似ている。ふっと意識を「エレファント」を鑑賞した当時に引き戻されそうな位だ。ピアノで奏でられる旋律も、「エリーゼのために」か「ジムノベティ」か、の違いだけに過
2007/06/15(金) 18:15:45 | ここなつ映画レビュー
[ 明日、君がいない ]を渋谷シネ・アミューズで鑑賞。「カンヌが19歳の若者に驚愕した」の触れ込みで話題になった本作。友人を自殺で失った半年後、自らも自殺しかけたというショッキングな実体験をもとにこの映画作りに取り組んだムラーリ・K・タルリ監督。映画づくり初挑
2007/06/17(日) 08:43:28 | アロハ坊主の日がな一日
評価:80点
2007/06/19(火) 22:59:40 | 平気の平左
 『それぞれに深い悩みを抱える10代たち 自ら命を絶つのはだれなのか?』 コチラの「明日、君がいない」は、4/21公開になった2006年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され、絶賛されたムラーリ・K・タルリ監督の衝撃の初監督作品なのですが、観て来ちゃい....
2007/07/22(日) 19:36:27 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
■動機 各レビューでの高評価 ■感想 すげーわ、これ・・・ ■満足度 ★★★★★★★ びっくり ■あらすじ ある日の午後2:37、オーストラリアのとある高校生で一人の生徒が自殺した。時を遡ること6時間、弁護士を目指すマーカス、両親の自分に対する扱いに戸惑う...
2008/03/02(日) 00:49:02 | 新!やさぐれ日記
★いつものことですが、内容に触れています。未見の方々はご注意ください。 ? 2:37  校内で一人の学生が自殺した。誰もが自分の悩みで精一杯。 他人の傷へ想像力を働かせる余裕はない。 他人の傷には無干渉。 大人は一人として救ってはくれない。…そ...
2008/03/14(金) 02:04:35 | Have a movie-break !
今回紹介する映画は、「自殺」という社会問題を取り上げた作品の『明日、君がいない』です。 明日、君がいない:ストーリー その日もいつもと同じ1日のはずだった。 父の期待を一身に担う兄マーカスと、兄に脅える妹メロディ、マッチョを気取るスポーツマンのルーク、...
2008/03/29(土) 11:54:58 | 映画、札幌グルメ情報はジフルブログ
冒頭、放課後の高校で誰かが自殺。 その後、その日の朝に時間が遡り、 それぞれに深い悩みを抱えている6名の生徒にスポットに当てられ、 ラ...
2008/04/10(木) 23:33:44 | アールオズの映画・その他で日々雑感
明日、君がいない(2008/01/25)テレサ・パルマー、ジョエル・マッケンジー 他商品詳細を見る 監督:ムラーリ・K・タルリ CAST: テリーサ・パ...
2008/05/04(日) 18:21:33 | Sweet*Days**
今の私はみてはいけなかったなと思った作品。 心が折れれば簡単に人は死にます。自殺した人物は誰なのか探す作品ではありません。それぞれの葛藤や悩みにもがき続けている十代の生徒達、主に6人を中心にしたドキュメンタリー調の作品。 ティーンエイジャーの危うさや脆...
2010/10/29(金) 11:52:34 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。