映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーピング
2007年05月21日 (月) | 編集 |
ヒラリー305.jpg

『リーピング』タイトルだけでも、何の映画かよく分からない。
『イナゴ少女、現る』『あなたのクラスにも、いませんか』(←コレもよく分からない)
このキャッチコピーのせいか、中高生の女の子同士もチラホラ。

あまり怖くないホラーなので、ホラーが苦手な人にも安心して観れます。
但し、筋金入りのホラーマニアには物足りないかも。
一番怖いのは”音”で、私は思わず飛び上がってしまったけど(汗)
後は、それほど気持ち悪くも痛くもなく...。
血の赤い川も、プカプカ浮かぶ魚や蛙も、ミイラもまずまず平気...。ふう~。
ただ、子供が犠牲のターゲットになる話なんで、ええっいいの?こんな話?!と抵抗感もあり。
キリスト教徒なら”暗黙の了解”みたいなものもあるんだろうけど、旧約聖書の『10の災い』の話なんで、少し分かり難い。

ヒラリー・スワンクの役は、過去の出来事からの反動で信仰を捨て、あらゆる怪奇現象や奇跡を何がなんでも科学的に解明する、という大学教授。

今回のヒラリーは汗だくでもなく、白いロングスカートだったりして、割合、綺麗にしてるけど、顔長族のヒラリー・スワンクが怖がる顔は、案外、怖い...。
ヒラリー・スワンクの他に、脇役に魅力的なキャラがいないので、映画に感情移入や愛着がイマイチ湧かない。ヒラリーだけで、頑張っている?!
『ミリオンダラーベイビー』なんかイーストウッドやモーガン・フリーマン等の名優がいて、彼女の気丈な一直線な強さが生きるのに、この映画では寂しい。もっと、脇役にもお金を使って!プリーズ。
ストーリーも謎解きも分かり易い。彼女が、この町に呼ばれた訳も。

イナゴ少女も、もっと早くわけを言いなさい!と思うんだけど。
このイナゴ少女ローレンは『チャリーとチョコレート工場』に出ていた勝ち負けにこだわる生意気少女を演じたアンナソフィア・ロブ。
ディズニーのファミリー向け映画『BRIDGE TO TERABITHIA』(テレビシアにかける橋)にも出ている。これ、児童文学が原作。
笑うと、ほっぺがぽっこりとなって、コミカルな表情になるが、この映画ではまるで美少女。
眼も綺麗なアーモンド型。顔が、横に楕円のアメショーの猫みたい。

最後に、気になる事が一つ...”男の子”!
『オーメン』みたい?!と一瞬思った。となると、コレ、絶対、続編あると思う。
この映画は、すごく怖い、すごく面白い、というほどでもなく...でも、そこそこ楽しめる。
でも、もし続編があるなら...わざわざ映画館に行かなくとも、その時にDVDチェックするのが賢いやり方かも。
この映画、設定次第で、これから面白くなる要素はあると思う。
だって、ほら、美少女ローレン...今から、中学、高校になって、この不思議で不気味な存在はどこの学校でも『キャリー』みたいに摩擦を起こすだろうし。
その”男の子”も含めてヒラリ・スワンクは苦労しそうだ...。これ以上、顔が怖くなりませんように!
うん?続編を期待してる私でした。


↓人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとよろしく!
人気blogランキングへ
banner_03

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おお、逝ってるね。
絵が素敵過ぎます!
エディに勝るとも劣りませんぜ←マイ主観でっせ。
自分が経験した中で音が怖いと言えば大量出血と合わせ技の「サスペリア」がマジニ度と観たくないほど歴代ホラー度上位です。なんていうかガラスを爪でキッーと引っ掻く様な堪えられない不快感と怖さがあるんです。
2007/05/22(火) 00:35:40 | URL | ジバゴ #Nk1opOJ6[ 編集]
あ~あれだ、、タイトルを考えてみる
蝿だと「風の谷のフェノミナ」になるとか、、、、
タイトルは聖書から取るなら「アバドンの少女」とかの方が合いそうな気がしますが、、、

「ザ・レギオン」とか、、(しかしアルバトロスみたいなタイトルになるのは三流映画好きの呪われたサガのなせる業か、、)
2007/05/22(火) 09:20:13 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
リーピング...わけわかんないタイトル
>ジバゴさん
はい、逝ってます(笑)ホラー絵は、B級でもC級でもテンション上がるんです(笑)
『サスペリア』観たと思うんですが...よく覚えてないですね。
”合わせ技”ですか、ゾクゾク。恐いもの見たさで、もう一回観てみようかしら。
この映画は”音”以外は、それほど怖くなかったです。

>ざんぶろんぞサン
そうなんです。タイトルは違うのにせい!と言いたくなります。
『イナゴ谷の少女』とか。私はジブリ風になっちゃいます(笑)
いやいや、この映画、三流というか、B級というか、C級というか”呪われたサガ”の人向きの ”ダークキャッスル”作品ですから...。
2007/05/22(火) 10:07:44 | URL | 管理人 #-[ 編集]
どうも、こんばんは、TBありがとうございました。
いや上手いですねイラスト!やっぱりヒラリー怖かったですよね。しかも箸使いが上手い?
2007/05/22(火) 19:13:42 | URL | くまんちゅう #TO.QWiMc[ 編集]
>くまんちゅうサン
ははは、ヒラリー・スワンクが怖かった!ですね。
は、箸使いですかぁ...おや、妙な所をツッコまれる(笑)
しかも、イナゴの佃煮が好き?!とな。
ヒラリーは、コアな日本マニアなんですー。きっと(笑)
2007/05/22(火) 20:35:11 | URL | 管理人 #-[ 編集]
mig
こんばんは★
TBありがとうございました。
イラスト、面白いですね♪
感想については同感ですー、ヒラリースワンク、顔怖いですよね。
2007/05/22(火) 22:26:56 | URL | mig #-[ 編集]
>migさん
コメント、ありがとうございます!
ヒラリー・スワンク...私は好きなんですが(ホントです)顔が怖くなっちゃいました。
この映画のレビューが少なくて、あんまり皆観てないですね~(笑)
2007/05/22(火) 23:14:51 | URL | 管理人 #-[ 編集]
告知なのかも?
天使が見に覚えの無い妊娠を言い当てたというのは、いわゆる「受胎告知」なのかなと、とすればその男の子は!?深読みしすぎでしょうか?
2007/05/23(水) 02:08:00 | URL | くまんちゅう #TO.QWiMc[ 編集]
>くまんちゅうさん
いや、深読みとは思いません。大体、あの”男の子”の父って誰?と考えると。
キャサリンがベッドで悪夢のフラッシュバックにうなされている時に、誰かとしているシーンが(←我ながら奥床しい表現だw)ありましたよね。
過去の夫との回想シーンなのか?部屋を貸してくれたあの冴えない男なのか?知りませんが、こんなにも早い受胎は”魔”のモノとしか...。
やっぱ、続編はあり!ですね。
それにしても、ああいうシーンでもヒラリー・スワンクは色っぽくないのね~(笑)
2007/05/23(水) 09:33:13 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんにちは♪
ヒラリー・スワンクが女装したマット・デイモンに見えてしまい、それはそれで頭が良さそうに見えるなぁと妙な関心をしておりました^^;
イナゴだけじゃなく、なんであれ虫の名前がアダ名になるのはイヤですねぇ。。。
2007/05/29(火) 16:08:39 | URL | たお #22hNL7Yc[ 編集]
>たおさん
”女装したマット・デイモン” すごい着眼点です(笑)2人ともゴリラ系?!
今回のヒラリー・スワンクは、綺麗綺麗にしてるのにもかかわらず!
描きながら、もやもやしていたのが”ビンゴ!”って感じです。

そうですね。”イナゴ少女”って呼ばれたくない。かといって、ぶよ少女、ゲジゲジ少女、ハエ少女、ウジ少女...うわぁ、嫌ですねぇ(笑)
2007/05/29(火) 21:01:15 | URL | 管理人 #-[ 編集]
あはははは。
イラスト最高です。
たしかにヒラリースワンクなんですけど、
エアロスミスのスティーブン・タイラーとしても使えそうです(笑)
二人とも、同系列なお顔なんですね。

やっぱり、いなごの佃煮が思い浮かびますよね。
私もネタを探すのに、
佃煮のサイトをいくつか見てまわりました。
でも、カルシウムたっぷりといわれても、
この映画につながりがなくて、
佃煮ネタは断念しました^^
2007/05/29(火) 21:49:43 | URL | kuwa #-[ 編集]
>kuwaさん
あはは、娘のリブ・タイラーじゃなく、パパのほうですかい?!
そりゃあ、マット・デイモンより、酷い。
スティーブン・タイラーになると、もっと長くて獰猛な顔になりますね。あの喰いつきそうな大きな口は、イナゴが何匹も入りそうです(笑)
イナゴときたら、つい日本人は佃煮を連想してしまい。ホント、映画と関係ないんですが、無理矢理ヒラリー・スワンクに箸を持たせてしまいました...。
2007/05/29(火) 23:04:35 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは。

イラスト、ヒラリー・スワンクと女のコの落差が激しい(笑)ランニングシャツ1枚で駆け回る姿みてると何となくT2のサラ・コナーを思い出してしまいました。リンダ・ハミルトンっぽくないですか?(笑)
2007/10/23(火) 00:14:27 | URL | baoh #JalddpaA[ 編集]
>baohさん
コメント、ありがとうございます!
あはは、T2のサラ・コナー、似てます!!
ヒラリー・スワンクも、来るべきオカルト戦のために、ランニング一枚で、腕立て伏せやスクワットをしていそうです(笑)
2007/10/23(火) 23:39:56 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(原題:THE REAPING)----う~っ。気持ち悪い絵だニャ。川が真っ赤だ。「うん。これは例のゼメキス&ジョエル・シルバーによるホラー・レーベル“ダーク・キャッスル”作品。このシリーズは普通B級が相場なのに、なぜかオスカー女優ヒラリー・スワンクが主演。それに“イナ
2007/05/22(火) 10:36:43 | ラムの大通り
今回もレポ2本立て。(^^ゞ 最近ちょっと手を抜き過ぎかな? まぁ、道楽でやって
2007/05/22(火) 12:08:29 | まじめにふまじめ★
「イナゴ少女現る」という、よく判らないコピーで宣伝中のホラー映画「リーピング」(
2007/05/22(火) 19:09:26 | Wilderlandwandar
バッタの群れが人に襲い掛かる予告編に胸を躍らせて『リーピング』を観てきました。★★★昆虫の出てくるホラーっぽい映画という事で、『フェノミナ』を想像していたら全く違う。10の災厄が題材のオカルト映画。バッタのイメージが先行していたので、ヒラリー・スワンクが
2007/05/22(火) 20:30:06 | そーれりぽーと
こんなの観ちゃった。「見所はアナゴの大群!!」って言ったら笑われた{/ase/}間違えた、イナゴの大群!!最近ボケがたまにひどい(最近始まったことじゃないかも。。。)深夜CM大量O.A中で見た人も多いだろうけど、「この少女の秘密は劇場で!」みたいに言われたってホント
2007/05/22(火) 22:27:57 | 我想一個人映画美的女人blog
2007年。WarnerBros. "THE REAPING". スティーヴン・ホプキンス監督。ヒラリー・スワンク、その他出演。 かつてキリスト教の宣教師だったが、娘を失った事故で信仰を捨て、今は生物学の医学博士と
2007/05/23(水) 01:05:26 | 映画の感想文日記
映画「リーピング」に関するトラックバックを募集しています。
2007/05/23(水) 22:55:51 | 映画専用トラックバックセンター
2007年38本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」のスティーヴン・ホプキンス監督作品。オカルト・テイストのスーパーナチュラル・スリラー。家族の悲劇的な死が原因で信仰心をなくした元宣教師のヒロインが、小..
2007/05/23(水) 23:56:28 | しょうちゃんの映画ブログ
 ヒラリー・スワンク。演技がうまいのは認めます。でも映画選びはあまり上手ではな
2007/05/24(木) 21:17:18 | eclipse的な独り言
●「出エジプト記十の災い」の知識が必須の「信仰の物語」●作品の作り方としては素直。イスラエルの「過ぎ越しの祭り」の由来を知っている人はスグに観に行っても大丈夫。「いなご少女現る」って強烈コピーがたまらない(笑)。イナゴ大量発生シーンは迫力満点だ!
2007/05/25(金) 21:45:09 | わかりやすさとストーリー
「リーピング」、オープニング土日興収2260万円。「スネーク・フライト」(最終興
2007/05/25(金) 22:22:14 | 映画コンサルタント日記
かつてキリスト教の宣教師として活動していたキャサリンは、幼い娘と夫を失ったことで信仰を捨ててしまう。そして、宗教的な様々な“奇跡”を科学的に解明する専門家として、その道の第一人者となる。そんな彼女のもとに、小さな町ヘイブンで起きている不可解な出来事を解明
2007/05/26(土) 11:36:03 | 映画観ないとあかんてぇ~
リーピング(シネマイクスピアリ)「10の災い」『イナゴ少女、現る』・・・!!!って、うめ○かずお先生ノリ?!と恐い映画は通常スルーするのですが、観てしまいました。全体に気持ち悪いけど意外と恐くはなかったです。ストーリーはホラー映画としてはよくあるパタ
2007/05/27(日) 00:25:33 | 駒吉の日記
監督 スティーヴン・ホプキンス 主演 ヒラリー・スワンク 2007年 アメリカ映画 100分 ホラー 採点★★★★ 全くもって似合わないのだが、中・高・大とミッション系の学校に通っていた私。しかも、英語の次に得意だった科目が聖書学という更に似合わない過去をも持ってたり
2007/05/29(火) 16:10:00 | Subterranean サブタレイニアン
このイラスト、手抜きではないんです(笑)サタンの「さ」。虫は苦手だなー。とくに外国の映画に出てくるバッタ系って、えらいでかくて、気味が悪い。実際にいるかどうかは知らないけど、毎回、背筋がゾクゾクしてます。怨霊ホラーは、最近、なに観ても、みんな...
2007/05/29(火) 22:36:34 | 長谷川
「リーピング」★★★ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モリッシー主演スティーヴン・ホプキンス 監督、2007年アメリカ宗教と不思議な現象を研究している主人公はかつてアフリカで医療ボランティアをしていたとき、蔓延する病気の生け贄で夫と娘を失っ...
2007/05/30(水) 20:13:01 | soramove
あなたは奇跡を信じますかぁ?
2007/05/30(水) 23:48:48 | ネタバレ映画館
  「リーピング」 (2006年・アメリカ) 監督:スティーブン・ホプキンス 出演:ヒラリー・スワンク/デビッド・モリッシー/イドリス・エルバお久しぶりです。ここひと月ほど趣味の詩作に凝りすぎて、いつのまにか更新のペースが落ちてしまいました。訪問してくださった
2007/05/31(木) 12:30:22 | 好きな映画だけ見ていたい
劇場で見逃してから約4ヶ月…。やっと解禁です。「リーピング」です。 “奇跡”の真相を暴く第一人者である大学教授のキャサ
2007/10/15(月) 11:22:14 | ○o。1日いっぽん映画三昧。o ○
【THE REAPING】2007/05/19公開製作国:アメリカ監督:スティーヴン・ホプキンス原案:ブライアン・ルーソ出演:ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モリッシー、イドリス・エルバ、アンナソフィア・ロブ、ウィリアム・ラグズデール、スティーヴン・レイかつてキリスト教の宣
2007/10/18(木) 13:17:18 | 映画鑑賞★日記・・・
「リーピング」を観た。大学教授キャサリン・ウィンターは奇跡を信じない。今までに彼女が解明できなかった“聖なる”謎は一つもなかった。そんなある日、アメリカ南部の小さな町ヘイブンの教師ダグ・ブラックウェル
2007/10/23(火) 00:15:22 | 雑記のーと Ver.2
「レンタルしたまま忘れてた!」ってなわけで今夜観ました。
2007/10/30(火) 12:00:41 | UCHICA
 リーピング 特別版/ヒラリー・スワンクヒラリー・スワンク主演のオカルトスリラー。劇場公開時にめちゃくちゃ気になってた作品だったんだけど、あっという間に縮小上映になっちゃったので見逃してた作品。こういう聖書とか宗教をモチーフにしたオカルトスリラーが大好...
2008/03/07(金) 01:23:52 | cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー
『リーピング』 【製作年度】2007年 【製作国】アメリカ 【監督】スティーブン・ホプキンス 【出演】ヒラリー・スワンク/デヴィッド・モリ...
2008/06/28(土) 22:59:31 | こわいものみたさ
何も考えたくない時に見たい映画シリーズの続き。(笑) 大丈夫か?私。( ^ _ ^; イナゴ少女のテレビCMが印象的でしたね。 “奇跡”と呼ばれる現象の真相を暴く第一人者である大学教授のキャサリンは 相棒のベンとともに小さな町・ヘイブンへとやってきた。 ?...
2009/03/03(火) 14:47:20 | 映画、言いたい放題!
リーピングThe Reaping/2006年/アメリカ悪魔を崇拝していると死にますが、無神論者は洗脳されます。 神や奇跡を信じず、だいたいそういったものは科学的に説明ができると主張するキャサリン(ヒラリー・スワンク)は、ある田舎町で起こった謎の現象の調査へ向かう。?...
2011/03/25(金) 12:26:24 | 映画感想 * FRAGILE
リーピングThe Reaping/2006年/アメリカ悪魔を崇拝していると死にますが、無神論者は洗脳されます。 神や奇跡を信じず、だいたいそういったものは科学的に説明ができると主張するキャサリン(ヒラリー・スワンク)は、ある田舎町で起こった謎の現象の調査へ向かう。?...
2011/03/25(金) 12:27:59 | 映画感想 * FRAGILE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。