映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『神童』観たけど...
2007年05月18日 (金) | 編集 |
”コマネズミ”の曲(ショパンのエチュード)って、こんなだったんだぁ~。
神童300.jpg

この曲が聴けただけでも幸せ...なんて、生憎、思わない。

私は、さそうあきらの『神童』を読んだ時には衝撃を受けたから、この映画は楽しみにしていた...鑑賞のハードルは高いのだ。
『のだめカンタービレ』以前の作品でもあり、クラシック音楽を描いたパイオニア的マンガ。
少女マンガには、くらもちふさこ『いつもポケットにショパン』(ん~もう古典だね)さいとうちほ『花音かのん』(ちょっとエロティック)等や、ロック等のバンドを絡めた恋愛物はあったけど、これほど音を描いたマンガは『神童』なのである。

一言でいうと『もったいない!』
松山ケンイチと成海璃子、そして音楽、ここまで揃えているのに、もったいない!

音大浪人生和音ワオと成瀬うた...主役2人は、イメージぴったり。
ちなみに松山ケンイチは『男たちの大和YAMATO』では、未だにどの役か?分かりません。
最初に認識したのは『NANA』のシン役で、デカイわ、可愛くないわ...で、のけぞりました。
『デスノート』のL(エル)役では”キモかっこいい”俳優さんだと定着。
この『神童』では”ショボかっこいい”です(笑)
八百屋のインテリアやお父さんの柄本明まで、雰囲気はよく出ている。
なのに、大事な所は端折って、何でもないトコが長く、退屈。

脚本は『リンダ、リンダ、リンダ』の向井康介。
『リンダーー』は、女子高生の日常が何気なくリアルに表現されていて、私はその空気感が少し好きだった。
でも、この映画で一番印象に残ったのは ”ブルーハーツの曲っていいなぁ~”と感じたこと。

この映画も、よく似ている。中学校の部分とかは、何となく笑えて、好き。
こういう部分は、この向井康介さんは上手いなぁと思う。

そして、音楽だけが突出してイイ。モーツァルト”ピアノ協奏曲第20番”も、凄くいい。
本当の神童である和久井冬麦さんや清塚信也さんや、オーケストラを指揮する竹本泰蔵さん達、ホンモノの音楽家の矜持と気迫が感じられる『よく聴けよ。これがホンモノの音だ』と。
コンサート部分は、竹本さんのほうが凄かった...。
でも、ちょいと鼻につく。コンサートやPVを観に来たわけじゃない、映画を観たかったんで...。

キャラ設定は平凡、ストーリーは原作よりうんと平板に作ってある。
ストーリーは映画用に再構築するもんだと承知していても、これじゃあ改悪。
なんでこんなに、現実的設定にするのかしら?

神童2302.jpg成瀬うたは『神童』ともてはやされ、今はその才能を持て余し気味...ふうん、そうきたか。
ちっとも、うたが神童に思えない。
ピアノが少しばかり上手い反抗期の中学生...という設定にしか見えなくて、哀しい。
このキャラ設定、リアル過ぎて、つまんない。
音大の教授も、もっと奇人変人じゃなかった?
和音(ワオ)の受験シーンはクライマックスだったけど、うたが手を握るのも、何の意味か分からない人が多かったんじゃないのかな...。
マンガ原作を読んでない観客にも、観て納得でき、かつ面白い映画にしてほしい。

以前 ”受験の君に...”のエントリーで『神童』のこの部分を取りあげた事があるけど、うたは”神の手”を持つ超能力少女といっても、さしつかえない。
『のだめカンタービレ』は、あくまで生身の天才達なのだが『神童』のうたは不思議な力を持っている。
うたの弾くピアノの音にも、ばんばんCG使ってエフェクトかけてほしかったなぁ~。
『アメリ』の映像効果みたいに。
天才でもあり不思議な力を持つうたが、本当の自分の音を見つけ出す感動の物語だったんですが。


『のだめ』がヒットしてクラシック・ブームにかこつけて『神童』を掘り起こしたのか?
これから、一色まことの『ピアノの森』も映画化されますが...
せめて ”マンガ原作愛”が感じられる映画にしてほしいですね。

↓ピアノの音が好き!っていう方、ポチっとよろしく!
人気blogランキングへ
banner_03


私は、クラシック音楽をしっかり描いたマンガとしては衝撃を受けたさそうあきらの『神童』が忘れられない。
さそうあきらのマンガで好きなのは、実はこれだけです。
でも、私はこの一冊だけで ”さそうあきら”を忘れない。

映画と違って、うたはまだランドセルを背負った小5の少女。
映画のように、中学生というのも反抗期ばりばりの難しい時期だが、マンガ原作のうたは、初潮前後の微妙な成長期にある女の子。


相原さんに弾いて聴かせるワオのピアノの音から、感受性の強いうたはエロスを感じてしまう。
ピアノの旋律が流れてくると、うねってクリムトの”接吻”になっている。
クリムトの絵自体、エロティックではあるが。

その晩、うたは初潮を迎えた...。初潮の頃は、体毛も生え始め、まさに性を感じる頃。
この辺の描写は、さそうあきらの地味な絵なのに、ドキっとする。
うたは、幼いなりにワオのことが異性としても好きになる。

ワオのピアノはどうか?というと、うたはワオのピアノも好きだった、と思う。
八王子クンには決して手を貸してないし、相原さんには少しだけ。
ワオには、一番力になってあげている。

うたのピアノに、一番反応し感動するのもワオ。
彼のピアノに対する感性は、素朴で素直。それが、彼の隠された才能。
だから、のびしろが大きい。耳もいい。
彼の出す音が、時々父親に似ているのも、うたがワオに惹かれる理由だろう。


ただ、ワオはショボクても健全なんで、小学生のうたは恋愛対象になるワケなくて、いっつも誰かに恋してる男なのだ。

映画だと、松山ケンイチと成海璃子の差があんまりなくて...いや~困ったな。

貫地谷しほりになると、もう笑うしかなくて。
口パクもイメージも合ってなくて、あまりに生活感も体重もあり過ぎで、かえって好感を持ってしまいました(笑)

映画の成海璃子より、もっと生意気で我が儘な天才少女うたは、周りを巻き込み、ワオを引きずり回しながら、自分の致命的な受難にも遭いながらも、うたはついに自分の”理想の音”を見つけます。

うたが、最後にピアノを弾いているシーンは、涙が出ました。

ここだけの話...

一番のお薦めは...

映画のサントラ盤を聴きながら、マンガの『神童』を読むことです!





↓ブログの更新、遅過ぎ!って思った人、励ましのクリックを!
人気blogランキングへ
banner_03

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ☆彡
TB&コメントありがとうございます。
イラストお上手ですね♪
こういう才能のある人は尊敬しちゃいます。
そして、才能のある俳優を無駄遣いをしているのがこの映画(笑)
何気に期待していたので、ちょっとと言うか、
かなりガッカリしました。
嗚呼、もったいない。
もったいないお化けが出そうです♪

ちなみに「ピアノの森」はアニメで
一ノ瀬カイは「上戸彩」が演じるらしいです。
期待していいのか、ちょっと微妙…。

てな感じで、お邪魔いたしました♪
2007/05/18(金) 20:14:01 | URL | 耕作 #-[ 編集]
>耕作さん
ありがとうございます!
松山ケンイチと成海璃子...この配役は、私も期待していたので、う~ん、ホントもったいない!ですよね。結構、哀しいです...。
えっ『ピアノの森』はアニメなんですか?
『上戸彩』ものは、最近イマイチなんですよね。
う~ん、確かに観るまで微妙~です...。
2007/05/18(金) 20:54:35 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんわ!
はじめまして!あんさん☆
コメントありがとうございました!

ワタシも中学の何気ない日常を切り取ったようなシーンが一番好きだったんですよ。
原作は未読ですし思い入れもなかったので
あんな感想になったのかも知れないけれど
透明感に包まれるなーと思ってしまったのです(^^;
あんさんの感想を読んで、なるほどそうだったんだーと納得させて戴きました。
そして、そうは云いながらもちゃんと愛が感じられる感想だなーと思いましたよ。
あっ、ワタシもNANAのシンちゃん役の時はイメージが全く違うんでのけぞりました(苦笑)
また遊びにきますねー☆
2007/05/20(日) 22:16:46 | URL | こべに #-[ 編集]
>こべにさん
こちらこそ、コメントありがとうございます!
中学のシーンは『神童』原作とは違う部分だったけど、あの空気感は好きでした。
いや、あんな風なレビューは優しいなぁ~と思って。
俳優さん達と音楽を考えると、私も書きたかったけど、書いてるうちにどんどん辛口になって...。
『NANA』のシンちゃんは、ホントのけぞりましたよね(笑)
本郷奏多クンになって、やっとホっとしました(笑)
2007/05/22(火) 09:09:32 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは
TBコメありがとうございます。お返事遅くなって申し訳ありません。

>貫地谷しほりさん...あの、褒めているんですよね?(笑)

はい、もちろん、いつもベタ褒めです。
絶対主役より脇役で光る女優さんだと思っています。と言うより、本当に名脇役女優になってほしいと思っているんです。
2007/05/24(木) 23:12:42 | URL | 八ちゃん #3MH4A14M[ 編集]
>八ちゃんさん
コメント、ありがとうございます。

>はい、もちろん、いつも、ベタ褒めです。
ですよね(笑)文に、愛情が感じられました。
貫谷地しほりさん、なんか笑えるし、存在感ありますものね。
2007/05/25(金) 08:30:18 | URL | 管理人 #-[ 編集]
なるほど・・・。
コメントは、はじめまして・・になるでしょうか?
遊びにきていただいてどうも。

本を売ってる立場で言うのも変ですが
最近ホント便乗商売多いんですよね。
マンガが当たると映画化、DVD。
映画が当たると「映画ノベライズ版」という
原作でもない本が作られて
映画のフォトをそのまま使った文庫本が出ると
これがまた売れたりするんですな。

ゲド戦記もそうですけど、
原作のどの部分をとりあげて尺を伸ばすかで
全然違うもんになってしまいます。
もちろん映画でしか表現できないものも
あるにはあるんですが。
ただ、せめてここだけは残してほしかったってのがなかったり
解釈やキャラ設定がすっかり変わってしまうと
?????になりますよね。わかります。
予備知識がなかった私はすんなり入れましたけど
それでも説明不足やムチャな展開は何?って感じたら
映画としてどうなんでしょうね。
2007/05/26(土) 11:10:33 | URL | Ageha #BNF5UjbU[ 編集]
>Agehaさん
コメント、ありがとうございます。
『映画ノベライズ版』は、多いですね。ほお~と感心するばかりです。
『ダビンチ・コード』なんかは映画を観てから買いましたので、メディアミックス商法も案外悪くはない、と思いますが...。
ただ『神童』の場合は映画版の小説化なんで、かなり違うと思い、突然の失礼なコメント、ホントにごめんなさい。
マンガの絵、当時でもショボイので、今読むのは抵抗あるのは、分かる気がします...。
『神童』も『ゲド戦記』ほど酷くはないですが、もう少しちゃんとした映画が出来たんじゃないか、と思います。
俳優が良かっただけに、惜しいですね。
2007/05/26(土) 16:27:14 | URL | 管理人 #-[ 編集]
参考になりました
TB&コメントありがとうございました。
ワタシは漫画は、読まないので知らない事ばかりで、興味深く、読ませていただきました。
ほんとにワタシは映画オンリーで、映画しか見てない人なんで・・・
貫地谷しほりさんのコメントは、笑ってしまいました。的を得てましたから・・・
あの口パクは、かわいそうでしたよね。
うたがワオの手を握るシーンは、うたには不思議な力があるのかな~と感じたのですが、レビューを読んだら、本当だったんだ~とわかりました。
疑問解決、感謝いたします。
2007/05/27(日) 22:43:55 | URL | サラ #-[ 編集]
>サラさん
こちらこそ、コメント、ありがとうございます!
あの、私、映画よりマンガの方が詳しいんです(笑)
この映画は、マンガ原作が好きだったんで、気になって気になって。
かなり現実的すぎる設定だなぁ、と驚きました。
ストーリーも結末も、微妙に違うんですよ。
違っても、映画単体として、良く出来ていて楽しめれば、OKなんですが。
『ユメ十夜』の松山ケンイチ君の設定、酷い(笑)けど、面白そうですね。
メモメモ。絶対、DVDでチェックします。
と、このように他のブロガーさんにお世話になってる私なのでした。
2007/05/27(日) 23:35:15 | URL | 管理人 #-[ 編集]
お体の調子はいかがですか?
私が好きなワオの『熱情』の演奏シーン
漫画ではこんな心の言葉が
描かれていたんですね。
なるほど!
漫画は是非読んでみようと思いました。
ありがとうございます!
TBして行きます。
2007/06/23(土) 22:27:02 | URL | 咲太郎 #7ScjOPVQ[ 編集]
>咲太郎さん
そうなんですよ。こんなにワオの心の声が描かれていたのに(1コマだけじゃない)監督はすっ飛ばしてあっさり描いていたので、びっくりでした。
とてもいいクライマックスなのに、もったいないデス。

でも、ワオの受験のピアノシーン、とても好きです。最後にポーズを決めたところも可愛くて。
原作マンガは地味だけど、とてもいいマンガですよ。
こちらこそ、TB、コメント、ありがとうございました。
2007/06/24(日) 20:46:14 | URL | 管理人 #-[ 編集]
神童
TBありがとう。
僕も同じような感想を持ちました。
クラシック映画としていいんだけど、うたという人物の不思議さがちっとも出ていなかったと思いますね。
2008/03/11(火) 01:37:22 | URL | kimion20002000 #fOhGkyB.[ 編集]
> kimion20002000 さん
コメント、ありがとうございます!

この映画が出来たきっかけって、監督が『神童』というマンガを好きで好きで...というより『のだめ』などのクラシックマンガの実写化が当たったせいだと、思うんです。その辺が、この映画の不幸なトコだと思います。
うたが大きすぎだし、ストーリーも平板にしてしまいましたよね...。

...て、原作マンガに思い入れがあるほうが、不幸ですかね...。
2008/03/11(火) 10:02:10 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 120分 監督 萩生田宏治 原作 さそうあきら 脚本 向井康介 音楽 ハトリ・ミホ 出演 成海璃子 、松山ケンイチ 、手塚理美 、甲本雅裕 、西島秀俊 、貫地谷しほり 、串田和美 、浅野和之 、吉田日出子 、柄本明 ...
2007/05/18(金) 20:15:17 | タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
 5/6、シネマライズにて鑑賞。6.0点。 さそうあきらの原作漫画は99年度の文化庁メディア芸術祭優秀賞および手塚治虫文化賞を受けており、最近の『のだめカンタービレ』が大ヒットする以前にすでに音楽漫画の金字塔として高い評価を受けていた作品。であるが、個人的には過
2007/05/19(土) 00:39:33 | 第八芸術鑑賞日記
映画「神童」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:成海璃子、松山ケンイチ、手塚理美、甲本雅裕、串田和美、浅野和之、キムラ緑子、貫地谷しほり、西島秀俊、吉田日出子、柄本明、他 *監督:萩生田宏治 *原作:さそうあきら 感想・評価・批評 等、
2007/05/19(土) 06:52:26 | 映画レビュー トラックバックセンター
クラシック音楽映画鑑賞キャンペーン中、という訳でもないけど、天才ピアニストと音楽
2007/05/19(土) 18:20:40 | Wilderlandwandar
『のだめカンタービレ』『ピアノの森』など、近頃やたらとピアノの上手い主人公が出てくる漫画が話題になってクラッシックが流行り、映画やドラマにもなって広がりをみせているのは誰もが知るところ。そんな漫画の先駆けとも言われている漫画『神童』(未読)が、おいしい俳
2007/05/20(日) 21:11:14 | そーれりぽーと
428クーポンで1000円で観れたぞ!マツケンがキュートな落ちこぼれを華麗に演じます(過大評価)
2007/05/24(木) 23:07:06 | 八ちゃんの日常空間
普段追っかけるのは最新のJPOP、 それも偏った聞き方しかしてないもんで クラシックはようわかりませんの。 それでもね、素人なりに 同じピアノで同じ曲を弾いても こうも違うんだってのは感じるわけでして。 うたのピアノはすごかったな~。 人が集まってくるのも納得しち
2007/05/26(土) 11:28:32 | ペパーミントの魔術師
原作は、さそうあきらのロングセラーコミックです。言葉を覚える前に、ピアノが弾けたうた。ピアノの才能に恵まれ「神童」と呼ばれて育った13歳の少女。大好きだったピアニストの父は、幼い頃、事故死してしまい、今は母と二人。娘の才能の為に全てを捧げる母に...
2007/05/27(日) 22:28:28 | 愛猫レオンとシネマな毎日
今回の舞台挨拶レポートは、マンガ原作の日本初の本格クラシック映画『神童』。あの『のだめカンタービレ』よりも先に撮影してたから、こちらがホントのクラシックブームのさきがけ午前中は仕事だったので松山ケンイチらオールキャストは見られず、萩生田宏治監督と成海璃子
2007/05/29(火) 22:56:38 | |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
天才は天才ゆえに苦しみ、凡人は凡人ゆえに苦しむ。久しぶりにコミックが原作の映画で「ユーちゃんと原作読んできたよネ?」(=「原作を読んでないと話についていけませんよ」の意wブルーさんより借用w)じゃないものを見た気がします。一応この漫画は読んだことはあるけど.
2007/05/31(木) 12:28:22 | Ondul Blog ver.2.07
「神童」と呼ばれた うた十三歳落ちこぼれの音大生 ワオ十九歳恋人でもない兄妹でもない音によって心を通わせるふたり言葉はいらない魂が響きあうから彼女の指先から奇跡が生まれるやがて世界は音楽で満たされる『大丈夫だよ....
2007/06/17(日) 23:52:57 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
現在14歳の成海璃子、そのピュアで透明感のある自然体の演技から、神童という評価を受けている彼女が正にピアノ界の神童成瀬うたを演じる『神童』を鑑賞(4月26日木曜)。 ?私はピアノの音が好きだ。ピアノの伴奏で歌うのが好きだ。自分の歌に
2007/06/23(土) 22:30:47 | 世界の中心で、愛をうたう
あの大ヒット映画「」が2007年7月13日ついにレン...
2007/06/24(日) 13:25:31 | どろろ最強計画!
■状況 レンタルDVDにて ■動機 松山ケンイチ&成海璃子観賞 ■感想 成海璃子美人だわ・・・ ■あらすじ ピアノの才能に恵まれた少女うた(成海璃子)は、神童として周囲の期待を背負いながらも自らの才能をもてあましていた。母親との関係や制約の多い窮屈な...
2007/12/12(水) 21:27:42 | 新!やさぐれ日記
人気漫画家さそうあきらの同名傑作コミックを原作に、才能をもてあます天才ピアノ少女と、音大浪人生の心の交流をさわやかに描いた感動作。脚本は『リンダ リンダ リンダ』の向井康介、監督は『帰郷』の萩生田宏治が務める。主演はドラマ「瑠璃の島」などで圧倒的な存在感...
2008/03/09(日) 17:02:52 | サーカスな日々
父親から譲り受けた宿命を背負い、「熱情」や「春の歌」そして竹本泰蔵が指揮するダイナミックな「ピアノ協奏曲第20番」などクラシックの珠玉の名曲たち・・ 水辺にたたずむ成瀬うた(成海璃子)、ボートに寝そべる菊名和音(松山ケンイチ)、女性のヒステリ-は...
2008/04/26(土) 02:12:19 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
神童は先月にWOWOWでしてて本日の午後から鑑賞したのだけども 全体的に映像が暗く鑑賞する前に思ってたよりも少しガッカリだったね 内容は成海&松山がを通して交流が始まって互いに成長し展開されて 俺は原作の方を読んで無い状態で神童を鑑賞したけども満足は...
2008/05/03(土) 20:55:48 | 別館ヒガシ日記
神童’06:日本 ◆監督:萩生田宏治「帰郷」◆出演:成海璃子、松山ケンイチ、手塚理美、甲本雅裕、串田和美、浅野和之、キムラ緑子、貫地谷しほり、西島秀俊、吉田日出子、柄本明 ◆STORY◆音大を目指して浪人中のワオこと菊名和音と、神童と呼ばれて育った13歳の天?...
2008/10/20(月) 22:53:39 | C\'est Joli
あらすじ音大を目指して浪人中のワオこと菊名和音と神童と呼ばれて育った13歳の天才ピアニスト成瀬うたが出会う。このところ母親の目を盗んでは、レッスンをさぼってばかりのうたは、愚直なまでにピアノに打ち込むワオを気に入り彼の実家である青果店に入り浸るようにな...
2008/10/30(木) 06:54:54 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。