映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クィーン』私は英国の女王なのです
2007年04月28日 (土) | 編集 |
Queen2280.jpg
ダイアナ元皇太子妃が不慮の死を遂げ、お葬式までの、英国王室の日常と女王の心の動きを、追った映画。
英国王室の”頭痛の種”だったダイアナが ”民間人”であった事を理由に、女王は何の声明も出さず、悲しみにくれる国民から非難の声が...。
それを修復しようと、東奔西走する就任したばかりのブレア首相。


ダイアナの事故のTVニュースを、ガウン姿で集まって見る王室の面々。
郊外の移住地のせいか、案外狭くてアットホームな日常生活を、見せてくれます。

Q3281.jpg
また、ブレア首相も、自宅ではサッカーシャツなんぞ着込んで、子沢山の食卓の様子なども、なかなか庶民的で、興味深い描写です。
反王室のブレア夫人や、初会見で女王の威厳にたじろぐブレア首相の様子など...くすくす笑い、苦笑、冷笑...が味わえます。

また、徹底して王室のことしか考えないエジンバラ公には(ベイブのおじいちゃん)ジェームズ・クロムウェルが演じています。


女王におずおずとお伺いをたてる、気弱そうなチャールズ(アレックス・ジェニングス)...全く似てなくて、従者と間違ってしまうほどのオーラ無し。
本当にこんなにダイアナを擁護したのかしら?と思ってしまいます。

いやはや、どこまで本当なのでしょうか?

最初のシーンも...あの夜のダイアナを追いかけるパパラッチの追跡から始まり、非常に臨場感があります。実際のフィルムも混ぜて使い、リアルです。

ただ言える事は、女王はダイアナと確執があった、そして嫌いだったのは、確かだろうなと。

Queen279.jpg
この間、ウィリアム王子の恋の破局報道について、あるプレスが『英国王室は、自分達の体面しか考えてないのよ』と、ミもフタも無い言い方をしていましたが、その通りかも知れません。

しかし、この映画を観ていたら”体面!それで何が悪い。女王は女王で頑張っているじゃないか”という気がしてきます。
英国王室の権威と威厳の為に、そして国民の為に、まだなにも分からない少女の頃から人生を捧げてきたんですから。

この映画、女王賛美とまでいかなくとも、女王への理解と共感を抱かせるのに、少なからず役に立っている、と思います。

ただ、最後、ダイアナが一瞬こちらを見たショットに、はっとさせられます。
美しくてチャーミングな人でした。

この人のおとぎ話のような結婚式から、不幸な結婚生活、悲劇的な最後を思うと、ダイアナから見た英国王室をやっぱり考えてしまいます...。


あの時の英国王室の内実なんて、ダイアナから見た場合、チャールズ側から見た場合、女王側から見た場合、180度違うだろう。それこそ”羅生門”スタイルで描かないと、真実が見えて来ないでしょう。
英国王室は興味深いし、週刊誌的興味はつきない。
でも、今を生きる若い王子たちも居る...やはりブレア首相が言うように『そっとしておくべきだ』が一番良い、と思いました。

一番のもうけ役は ”ブレア”首相でしょう。
最後に、さりげなく女王への慰めや励ましを忘れません。
トップに居る者の苦悩と共感が、あの時、2人の間に流れたように見えました。
女王への敬意を忘れない、ベストを尽くす誠実な首相に見えましたぜ。

この映画は大手シネコンじゃないので、映画館で観るべきか?迷うところでしょう。
すごくストーリーが起伏にとんで面白い...ちゅう事は、ありません。
むしろ、心理劇なんで、女王の心の動きや苦悩を、じっくり見せられるハメになるので、長く感じられます(104分だけど)レンタルだと、早回しする不逞のやからがいます(←私。よくやる...)
だから、それ故、映画館でじっくり観る事を、お勧めします。

ともかく、ヘレン・ミレンの演技は ”Fine”です!


↓庶民で良かったぁ...と思った方は、クリックよろしく!
人気blogランキングへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ニヤケたブレア首相、最高です!
2007/04/29(日) 11:23:38 | URL | たいむ #-[ 編集]
>たいむさん
イギリスは(この映画って、英、仏、伊の俳優が出ているフランス映画だったっけ?)ナルシスティックな二枚目をおちょくるのが、好きですよね(笑)マイケル・シーン、これで顔を覚えました。
2007/04/29(日) 13:36:11 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんわ~

この映画は、随分前に観たのですが、あまりわたし的にヒットしなかったので、ほってあったのですが、思い出して書いたのですが、あまり映画の内容に触れていません(笑)がTBさせていただきました~

記事の中に挿入されたイラストが楽しいですね。
私のブログにリンクはらせていただいてよろしいでしょうか?これからも楽しみにおじゃましたいと思いますので。よろしくお願いいたします~
2007/04/29(日) 22:08:55 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 編集]
>rikocchinさん
リンク、ありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします!
この映画、一番チャールズに気を使って描いてるのでないか、と思いました。
はっきり言って、彼には”怒り”は感じますよね。
女王もそれなりに大変だったのだなぁ...と思いましたが、最後のダイアナのワンショットで、彼女の側になった私です...。
2007/04/30(月) 00:52:41 | URL | 管理人 #-[ 編集]
クイーンの足が(笑)
庶民的に観てしまうと、結局嫁姑って、どこも同じでしょうか?!
好き嫌いとか気が合うとか…。
夫婦以上に難しい関係かもしれませんね(苦笑)

あんさんは、これだけのイラスト仕上げるのに、どれだけ時間を掛けるのですか?
いつも、すんごく特徴とらえていて、そっくりです♪
2007/05/02(水) 00:31:38 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
ガニマタの
女王のちょっとガニマタの足が最高っす!
見事に特徴捕らえてますねぇ~♪
2007/05/06(日) 22:48:28 | URL | はっち #OTYWUAPw[ 編集]
こんばんは
>オリーブリーさん
クィーンは、外マタでカツカツ歩いていたのが、印象的でしたね。
クィーンは、やっぱりダイアナの事をあんな風に思っていたのですね。
大いなる『渡鬼』の世界ですよね。しかも、世間というのが、国民全部の目だし、大変...。
似てる時は早いんですが、似てない時と結構かかるんです~(汗)
観ても、なかなか描かないという放置プレイも(笑)『クィーン』も、14日に観たんですけどね(笑)

>はっちさん
女王は、実に男らしく正面切って歩いていましたね~。
彼女の生き方が、表れていました。
ちなみに、私は外マタで内気です(笑)
2007/05/06(日) 23:08:38 | URL | 管理人 #-[ 編集]
女王の威厳
トラバ・コメントどうもでーーすっ。
女王様の威厳は、犬達にも通じてたんですね。
確かに、女王の命令には忠実なおりこうさん達でしたっ。
2007/05/23(水) 04:30:25 | URL | ひらりん #.wE9ckxI[ 編集]
>ひらりんさん
私もあの映画を観て以来、威厳を持って『ハウス!』とか言ってるんですが、どうも、犬は人を見るようで(泣く)
女王がコーギーを飼ってるのは知っていたんですが、あんなに飼ってるなんて。
ホントに、女王の私生活も見れて、興味深い映画でした。
2007/05/23(水) 09:41:12 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
映画に内容がすべて本当だとしても、作り物だとしても、どちらにしてもスゴイものだと思った。ダイアナの事故は記憶にある。「パパラッチ」という言葉が日本でも一般的になったのがこの事故によってのことだったように思う。ブレア首相は実はあまり印象が無
2007/04/29(日) 11:23:07 | たいむのひとりごと
監督 : スティーヴン・フリアーズ 出演 : ヘレン・ミレン  / マイケル・シーンr
2007/04/29(日) 22:03:54 | MoonDreamWorks★Fc2
映画「クィーン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェームズ・クロムウェル、シルヴィア・シムズ、アレックス・ジェニングス、ヘレン・マックロリー、他 *監督:スティーヴン・フリアーズ 感想・評価・批
2007/04/30(月) 09:56:25 | 映画レビュー トラックバックセンター
21世紀の英国女王、エリザベス2世。
2007/05/01(火) 00:06:40 | 悠雅的生活
1997年8月31日“英国の薔薇”とうたわれた英国王室のダイアナ元皇太子妃が、パリで交通事故に遭い逝去してしまう衝撃的なニュースが全世界に流れた。ダイアナ元妃の訃報を悼み、その日から全世界は悲しみに包まれる。
2007/05/01(火) 17:25:02 | 心のままに映画の風景
ショッキングなニュースが世界中を震撼させた1997年8月31日ダイアナ元妃 突然の死世界中が泣いたその日、たった一人涙を見せなかった人がいた世界中が注目したひとりの女王その時─英国王室に何が起こったのかあれから10年今、真実が明ら...
2007/05/03(木) 23:05:14 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
エリザベス二世を演じるヘレン・ミレンがアカデミー主演女優賞を受賞した作品です。
2007/05/04(金) 13:11:18 | はらやんの映画徒然草
正直な感想は、うん、無難に及第点だなと思ったのと、よくぞ映画に出来たものだという英国皇室の寛大さ(?)ですね。あと、この映画で一番の関心ごとは、車の運転をしている女王の姿かな(^▽^)?マジでビックリしました。
2007/05/04(金) 14:16:56 | しんのすけの イッツマイライフ
女王陛下と言えども・・・一人の人間先日鑑賞した『太陽』もそうでしたが、一般ピーポーが立ち入れない領域って覗いてみたくなります。時は1997年新しい首相を選ぶ選挙真っ只中エリザベス2世女王陛下(ヘレン・ミレン)は、肖像画を描いている画家にこう言います。「私
2007/05/06(日) 10:58:49 | UkiUkiれいんぼーデイ
4月19日(木)◆416日目◆終業後、三田線で日比谷へ。シャンテ・シネで『クィーン』を見る。6割ほどの入り。女性客、会社帰りのリーマンが客層の中心。ボクの右隣は外国人の野郎二人組。1997年8月に起きたダイアナ元皇太子姫の自動車事故→急逝。彼女の死を巡り、彼女をトラ
2007/05/09(水) 21:49:47 |           
≪ストーリー≫1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になった。王家においてダイアナはいつも頭痛の種で、民間人となっていたダイアナの死は本来関係のないことであった。女王はコメントを避けるが、ダイアナを称える国民の声は次第に高まっていく。やがて
2007/05/11(金) 21:02:37 | ナマケモノの穴
 エリザベス女王にそっくりなので、いやあ~です。(ちなみに、このヘアースタイルの名前はキャベツヘアーだとか)よく似た人がいるものだと感心していたところ、先日「キネマ旬報」でヘレン・ミレンの素顔を見て、あまり似ていないことに気づきました。それにしても、メー
2007/05/12(土) 15:14:13 | 銅版画制作の日々
 1997年にダイアナ妃が不慮の死を遂げた事故を採りあげた作品。とはいっても、その謎の死を追及しようという主旨ではありません。  彼女の急逝に対する英国王室の冷淡にみえる対応ぶりと、こういう態度に対す
2007/05/17(木) 04:04:57 | シネクリシェ
クィーンといえば、英国のエリザベス女王。ダイアナ元妃の事故死事件時の王室を描いた作品・・って、よく作ったねぇ。主演のヘレン・ミレンがオスカーの主演女優賞に輝いた作品。
2007/05/22(火) 23:18:35 | ひらりん的映画ブログ
今年のアカデミー賞で(記事)ヘレン・ミレンさんが主演女優賞を獲得した時から気にな
2007/05/23(水) 02:30:22 | Wilderlandwandar
ほとんど今までは貰ったことがないフリーペーパーのたぐいなんですが、つい最近地域密着型マガジンが新しく創刊されたというので、ついつい駅前で手渡されたものを貰ってしまいました。一通り見終わったので処分しようと思い裏返しにしたところ、なんと裏表紙一面映画「
2007/05/23(水) 17:15:55 | とんとん・にっき
 『1997年8月31日、ダイアナ元妃の突然の死。 その時、王室に何が起こったのか。 世界中が泣いたその日、 たった一人涙を見せなかった人がいた』 コチラの「クィーン」は、ダイアナ元皇太子妃の事故直後の7日間のイギリス王室とブレア政権を描いた4/14公開になった....
2007/08/21(火) 00:57:24 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
「クィーン」「パリ,ジュテーム」
2007/10/31(水) 15:01:12 | Akira's VOICE
2006年 英・仏・伊 2007年4月公開 評価:★★★★☆ 監督:スティーヴ
2007/11/07(水) 01:02:31 | 銀の森のゴブリン
あらすじ1997年8月30日深夜、ダイアナ元妃はパパラッチとの激しいカーチェイスの末帰らぬ人となった。民間人となった彼女の死に対して、エリザベス女王はコメントを避け続けたが、絶大な人気を誇るダイアナの死を無視することは、結果的に国民を無視することとなっ...
2008/01/08(火) 21:52:24 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
1997年8月31日、ダイアナ元妃の突然の死。その時、王室に何が起こったのか。世界中が泣いたその日、たった一人涙を見せなかった人がいた
2010/01/26(火) 15:15:06 | Addict allcinema おすすめ映画レビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。