映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レクター博士は、永遠なり
2007年04月20日 (金) | 編集 |
おはようクラリス

夜中に...怖い絵を描いたり、怖い小説を読んでいる時、何かゾワっとする事があります...。
誰か後ろにいるような気がするし、どこか家がきしむ音が...。
一番あるのは、イヤホンで音楽を聞いてると、いつもの音と音の間にノイズが入る事...。何か、人の声のような...。これ、本当にぞっとします。そういう事、ありませんか?

レクター博士も、生きている人間とはいえ、ちょっと怖いお人です(いや、かなり)

『羊たちの沈黙』を観た時の衝撃といったら!歴代のハンニバル・シリーズの中で、私にとって特別な位置にあります。この映画を観た後、『FBI心理捜査官』や『検屍官』(パトリシア・コーンウェル)にハマリました。しばらくは、この路線。

トマス・ハリスは『ハンニバル』だけ読んだのですが、読後感があまりにも気分が悪くて、それ以降、読んではいません。映画より、怖いというか気持ち悪くて、嫌悪感もありました。
文庫本で買いやすいのに、残念です。

それでも、このレクター博士を創り出してくれたのですから、感謝しないといけませんね。


レクター270.jpgこの間『世界最速のインディアン』を観たんですが、この時のアンソニー・ホプキンスは、パンパンに丸くて、かなり年とっていました。

『羊たちの沈黙』の頃のホプキンスは、まだ若くて細いんですね。
じ~と見て描いていると、話し方も眼も、魅力的。思わず引き込まれてしまい、幻惑されてしまいます。
品の良さとインテリジェンスの中に、見え隠れする狂気。
レクター博士は、アンソニー・ホプキンス以外の人は考えられません!



クラリス271.jpg

クラリス演じるジョディ・フォスターも、美しい。
レクター博士と対話する場面だけでも、見応えがあります。
彼女の恐怖心と緊張がないまぜになった表情は、とても美しい、と思います。

クラリスとレクター博士がいない物語は、淋しいですが...。

明日『ハンニバル・ライジング』を、観に行く予定です♪

よっしゃー!



↓レクター博士の拘禁マスク、ちょっと付けてみたい...なぁんて思った人は、ぽちっとしてね!
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/21(土) 15:35:04 | | #[ 編集]
おお~~ハンニバル!!
『ハンニバル・ライジング』
これは旦那さんと一緒なので、GW中に鑑賞できれば良いなあ~(早く、観たい!)

このシリーズ、大好きです!
『レッド・ドラゴン』も好きですわあ!
欲を言えば『ハンニバル』もジョディでお願いしたかったけど…(苦笑)
レクター博士、すんごい似てます(^^)/

『世界最速のインディアン』
良かったです~あんなお爺ちゃん、可愛いです♪人望があるのよね!
2007/04/21(土) 15:52:35 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
>オリーブリーさん
私も、このシリーズ、眼が離せません。
『ハンニバル』はジョディですよね。存在感が違いますもん。
原作のベッドシーン(映画では無かった)を読んでビックリし、だからジョディーが辞退したんだ...と思いましたが、あの脳みそシーンだったのですね。
『世界最速のインディアン』うってかわって、善いおじいちゃんでした。
アンソニー・ホプキンズは、もう変質者の役はやりたくない、と言ってましたよ(笑)
こちらこそ、リンク、よろしくお願いします。
2007/04/21(土) 23:33:04 | URL | 管理人 #-[ 編集]
博士といい、クラリスといい、
雰囲気出てますね(笑)
猟奇的な話ですから、
この映画を好きって言う人が少ないので、
あんさんのような方がいて、
なんだかホッとしています^^

そうそう、わたし英語はぜんぜんダメです><
原本はあのアニメで使わせてもらっただけです。
ですけど、「羊」はカナダで観たんですよ。
無謀ですよね(笑)
でも、することないので映画館ばっかり行ってました。
字幕は当然ないですから、
細かいところはさっぱりでしたけど、
日本に帰ってきたときに、
一番最初に観たかったのが「羊」でした。
字幕つきで全容がわかると、
あんさんが感じた衝撃と同じくらいだったかもしれません。

レクター博士も、ほんとにいたら怖いですけど、
映画の中にいてくれるなら、
どんな肉を食べようが、
わたしもレクター命です(笑)
2007/04/25(水) 22:56:21 | URL | kuwa #-[ 編集]
>kuwaさん
>あんさんのような方がいて、なんだかホっとしています
なんだか『猟奇的でヘンタイ』と褒められているみたいで、嬉しいです(笑)
えっ、英語ダメなんですか?!私の中では、通勤の電車の中で、おもむろに『ハンニバル・ライジング』の原書を広げるkuwaさんの脳内画像が出来上がっていました。カナダでご覧になったのですか?ほぉ~、それは奇な事。それじゃあ細かいニュアンス、日本で早く観たくなりますよね。
この映画、最初に観た時は衝撃的でしたが、このイラストを描く時”レクター博士”と向き合っていたら、また虜になりました。今度の映画監督は『大人のおとぎ話と思ってもらえれば結構さ』と言っていました。”レクター博士”って、おとぎ話の住民だったのですね~。
さて、GWのウチの外食は、もち ”ファミリーカルビ”です(笑)
2007/04/26(木) 09:50:32 | URL | 管理人 #-[ 編集]
トラバありがとうございます。
>じ~と見て描いていると、話し方も眼も、魅力的。思わず引き込まれてしまい、幻惑されてしまいます。
>品の良さとインテリジェンスの中に、見え隠れする狂気。

あの目にとりこになったというか、ホラー嫌いのアタシがはじめて「羊たち」を見たときのあのレクター博士にほれ込んだのが最初でした。
怖いんだけど、目が離せない。あの目が「こっちを見ろ。」と言われてる気がして・・いまだに大好きです。「ライジング」にアンソニー・ホプキンスが出ないのはかなり残念ですが、、。ま、若いころの話ならしょうがないかな^^;

さてさて・・5月1日の映画デーには「ライジング」を見に行ってきます♪

2007/04/28(土) 18:31:37 | URL | イチ #iHi542AI[ 編集]
>イチさん
『あの目』のとりこに、なりますよね。
しかも、レクター博士はクラリスを見る時、ちょっと目を伏せる事もあり”紳士のはじらい”を見せるお人なので、もっと惹かれます。
ただ、人間を食う時は”人間としてのためらい”が無いみたいですが。
おぉ、5月1日は、映画ディーで1000円でしたね!私も行く~♪
2007/04/28(土) 21:02:16 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
せっかく3点を先制したにもかかわらず、踏ん張ることができずに連敗となってしまいました。確実にチーム力は上がってきていると思いますが、勝負どころでの力の差が勝敗に表れているように感じます。同一カード3連敗だけは「なし」ですよ。今日から「ハンニバル・ライ....
2007/04/22(日) 00:38:31 | 東北楽天ゴールデンイーグルスの優勝パレードを仙台で見たい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。