映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『蟲師』は観ない
2007年03月29日 (木) | 編集 |
『蟲師』は観ようか?どうか迷っていた...。オダギリジョーも蒼井優も好きだし、どうしよう。

蟲239.jpg


こんな時には、映画ブログがつくづく便利。
特に、映画館で観るべきか?それとも観ないでレンタルまで待つか?と迷っている時。

評価額から星の数まで、付けたりして...辛口というか毒舌というか”プロじゃない強み”のレビュー。
それにしても、映画の感想って人によって千差万別だな~。
私と全然違う意見の所もあって、本当に面白い。
でも、今回は、なるべく自分と同じ意見を持つ映画ブログを読んで、決めた。

で『蟲師』は観ないことにした。


頼りになるなぁ~映画ブログ。

マスコミの映画評論家の意見なんか提灯記事が多いし、よいしょコメントもおすぎの絶叫CMも『あ~はいはい』と流すしか無い。この間の『スチームボーイ』も褒めてたからな。水蒸気や雲の描写が凄い!って。私は、映画館に駆けつけ正規料金で観たけど、雲や水蒸気や背景の素晴らしさを観たかったわけじゃない。空を舞っていた少年の場面は爽快感はあったけど、ストーリーも『...で何?』状態で、一番印象に残ったのは『鈴木杏って上手いな』ってこと。
”大友監督作品”ってものに、警戒感を抱いた瞬間だった。

大友克洋は『ハイウェイスター』『さよならにっぽん』『気分はもう戦争』を買って読んだ時、凄え!と感激した。絵の上手さと、日本人の細い眼をそのままリアルに描いて、新しいタイプのマンガ家だと思った。『童夢』『AKIRA』と続いて『AKIRA』は1巻だけ買って、おさらばした。『甲殻機動隊』に続く近未来物は、苦手だったので。

コクヨの事務用品のカタログを見ながら、破壊されたビルに飛び散る事務用品からネジの部品まで丁寧に描く大友氏は、絵の上手さで尊敬に値するマンガ家であるが、ストーリーテラーとしてはどうなんだろう?私は、感動したことが無い。好きだった『気分はもう戦争』あたりの初期作品も、短編だもんね。女の人も酷い描き方だしラブストーリーなんか無いし『AKIRA』見てると殺伐とした気持ちになるし、大友さん人間嫌いなんじゃないだろか?

大友克洋が何故『蟲師』を選んだのか、気にかかる。

大友克洋のマンガは、キャラも背景もメカも同じ比重で細部まで克明に描かれて、無機的。

漆原友紀の『蟲師』の世界も、キャラと蟲と山奥の背景が同じ比重で描かれているが、有機的。
登場人物は”蟲”を恨むでなく、環境や宿命を受け入れ、亡くなった人に想いを馳せ、時には自分を責めながら、淡々と生きている。読後感が、ひっそりと優しい。

大友作品とは、真逆な世界観だと思う。それ故、惹かれたのだろうか?

漆原友紀の『蟲師』を初めて読んで驚いたのは『うわ~これメジャー誌で掲載?!』という事。
ちょっと昔、いや大分昔なら『ガロ』『ぱふ』(COMなんてのもあったね)みたいなマイナー雑誌に載るタイプのマンガだったから。少年ジャンプ等部数が減っているとはいえ、マンガを読む裾野が広がっているんでしょうね。何しろ、私みたいないい年した大人が、マンガを手放さないんだから。

映画、マンガ、小説...これらの媒体の中で、私は”マンガ”が一番好き。愛してる。
マンガを原作にした映画も、ついつい楽しみにしている。

それ故に...
原作ファンにもそっぽ向かれる映画なんて、観る側にとっても作る側にとっても哀しいと思う。うん、哀しい...。

↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
絵が面白いです。
大友作品ってこれまで観た事ないんですが一部で人気があるのかな、カップラーメンCMでたまに観ますね。最近では毎回見たいと思うのは彼岸島、新宿スワン、柳生十べい?、これみなヤングマガジンですね。
共通してるのは絵のラインが個性的でストーリー性が豊かであること。大友氏はわしの好みのラインとは違いますし、名前忘れたけどサラリーマン漫画の巨匠の絵も余り好きでなく飛ばし読みしてます。あと、本宮漫画もスルー対象です。
2007/03/29(木) 19:23:52 | URL | ジバゴ #Nk1opOJ6[ 編集]
>ジバゴさん
大友克洋は『AKIRA』のマンガとアニメでひと時代を築いた人で、すごくコアなファンが居るかと。だけど、ここ10年位マンガは描いてないし、アニメ映画を3つほど...という寡作の人なんで、最近は”日清カップヌードル”のCMしか思い出せないですよね。
ウチは、ヤンマガより少年マガジンのほうを読んでますが『新宿スワン』も『彼岸島』も、絵もストーリーもインパクトありますね。
あっ、でも、意外です。
ジバゴさんの近未来的な洗練されたブログを見ると『新宿スワン』より『AKIRA』のほうが似合っているし、好きなんじゃないか...と。
弘兼憲史の『専務 島耕作』ですか?出世してから読んでません(笑)
もちろん、私も本宮漫画は、スルーです(笑)
2007/03/29(木) 22:31:32 | URL | 管理人 #-[ 編集]
蟲師
原作ファンで定期購入雑誌に「アフタヌーン」が入っている私です、たぶん観に行きます(見ずに批評する事が嫌いなので、、)「映画は映画館で観よう!」運動の会員としては見に行かざるを得ないのです、、、まあ「デビ〇マン」と「あなたを〇れない」で酷い目に合いましたので、、、只券か優待券がまわってこなければ行くのをやめようかなと、、気弱になるこのごろでもありますが、、、

しかし「蟲師」はアニメはよかったです、まもなく「百鬼夜行抄」のTVドラマが回ってくるので(此方では放映していないので、、)楽しみにしています。
四月二日には「怪奇大作戦セカンドファイル」がNHKで放映されるので其方も楽しみにしています。
2007/03/30(金) 12:07:40 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
おぉ”アフタヌーン”購読されているんですか!
それじゃ、初登場から『蟲師』を見守っていたわけですね。マンガも独特な雰囲気だし、アニメも良かったですね。
映画を観ずにして、エントリー記事を書いてしまった私ですが(汗)最初からの愛読者であるざんぶろんぞサンの感想なら、他の誰より確かだと思います。映画を観られたら、ぜひ感想を聞かせてくださいませ。
うわ~『デ...』『あ...』うぐっ、いろんな映画をちゃんと映画館で観られているんですね。
只券、優待券、あったらいいですね~。とりあえず、4/1は映画の日で1000円です。
4/2のNHKの”怪奇大作戦”...地上波ですよね?観てみたいです。

2007/03/30(金) 17:22:03 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは
御訪問ありがとうございました~。
私も期待と不安両方を抱えて行ったのですが、残念ながら不安の方が的中してしまいました。
私も大友克洋という人は、独自のスタイルで一時代を築いた人とリスペクトはしていますが、どう考えても優れたストーリーテラーとは言えないと思います。
今回の作品には全くミスマッチだったのではないでしょうか。
2007/03/30(金) 22:58:10 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
「怪奇大作戦」は、、
うー、、
「怪奇、、」はハイビジョンなので「BS2」で五月に放映されるのを待つしかない人も多いです、、、
http://www.nhk.or.jp/kaiki/
(泣)


2007/03/30(金) 23:04:29 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
こんばんは
>ノラネコさん
>優れたコンセプトデザイナーであるけど、優れたストーリーテラーじゃないのだと思います。
ウ~ンそうですね。
映画ブロガーの人達が、よく観ていますが...ひとえに、アニメの『蟲師』の出来の良さと、大友監督がどんな作品に仕上げてくれるのだろう...という期待もあったんだろうなと思います。色んな意味で、興味を抱かせる映画ですね。

>ざんぶろんぞサン
あ~、そうなんですか。ウチは『BS2』もダメなんで...アナログですね。とほほ。
2007/03/31(土) 19:33:17 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ソフトバンクのマイソフトバンクについての登録、パスワード、ヤフーのニュースにこんな文字が!!!!「オダギリ蟲師はランク外」ひょえーーーー、ちょっとショックです。記事によると、Weeklyぴあの調査で満足度調査をしたところ、蟲師はランク外だったそうです。私は原作
2007/03/29(木) 18:08:47 | 虫師 蟲師 映画
漆原友紀の「蟲師」を大友克洋が映画化すると聞いたとき、「え?何で大友克洋?」と思った物だ。確かに彼は「AKIRA」始めアニメの監督として実績があるし、「ワールドアパートメントホラー」など実写の経験もある。しか
2007/03/30(金) 22:58:51 | ノラネコの呑んで観るシネマ
オダギリジョーさんの情報を集めさせていただいています♪
2007/04/07(土) 10:32:44 | ミミの映画で(*´∇`*)
 『蟲を感じたら お知らせください。』 コチラの「蟲師」は、漆原友紀さんの同名コミックを大友克洋監督がオダギリジョー主演で実写映画化した3/24公開になったVFXファンタジー巨編なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪ (○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・とっても....
2007/08/29(水) 00:16:17 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。