映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイタンの戦い
2010年04月29日 (木) | 編集 |
冥界の王ハデスは威厳があって不気味なのに、いつもの哀愁あるレイフの目だ~!

タイタン070.jpg

ゼウスは銀の鎧も眩しい威風堂々のリーアム・ニーソン。リーアムさんがやると真面目な父さんって感じで、浮気症の好色なゼウスに見えない(笑)おじさん達の神々は、なかなか素敵だった。

サム・ワーシントンは『T4』で描いたけど、整ったというよりまとまった匿名性のある顔立ちなので、非常に描きづらい...で、割愛(^^;)


1981年の『タイタンの戦い』も『アルゴ探検隊の大冒険』もTVで"見た"事はある。でも、最初から最後まで"観た"というには、記憶が遠すぎてよく覚えてないが、これも原典とはちょっと違う物語だったと思う...。なんと、この時のゼウスはローレンス・オリヴィエ。ま、とにかく、あのかくかくしたストップモーション・アニメーションの特撮が、不思議な雰囲気を醸し出す映画で、ワクワクしたのは覚えている。

「アバター」のサム・ワーシントンが主演する、ギリシャ神話に登場する神々の壮絶な戦いを描いた3Dアクション。監督は「トランスポーター」シリーズを手がけるルイ・レテリエ。神と人が共存していた時代、神々は己の欲望を満たすため、激しい権力争いに明け暮れていた。ある日、そんな神々に対し人間の王が反乱を起こす。人間の創造主でもある神々の王ゼウスはこれに激怒し、人類を滅ぼそうと冥界の王ハデスを解き放つが、人間の心を持つ神ペルセウスが人類救出のため立ち上がる。(eiga.comより)

人類救出なのね、アンドロメダ姫救出じゃなくて。

予告を観た時は、期待していたのよ。スコーピオン、メドゥーサ、クラーケン、ペガサス(カッコよかった!)のクリーチャーの造型は良かった。大サソリのスコーピオンとの戦いが一番迫力あった。でも、何匹も何匹もいすぎ(笑)で、後になってジン族が飼いならし、大サソリのキャラバン隊で移動してるってのも、なんか脱力した。サソリのキャラバン隊の中で、ペルセウス(サム・ワーシントン)が仲間と打ち解けていくあたり、米軍の新米とベテランのGIみたいで、現代風味だった。この仲間達の友情や絆がもう少し深く描写されてれば、もっと感情移入が出来、メドゥーサとの死闘で次々やられていく仲間達の悲痛さも際立っていたのかも知れないなぁ。

サム・ワーシントンは、華があるタイプじゃないけど地道なタフガイ。
タイタンのサム2

坊主頭が

よく似合う。






『王様のブランチ』でリリコの「アクションは吹き替え無しで演じたそうですが?」というインタビューに「愚直なだけなのかも」という自虐気味の答えに、ちょっとビックリ。彼の知性を感じた。
『T4』のマーカス役が一番好きかな。寡黙で男っぽくてミステリアスだった。
この人は、側に派手な人が居た方が映えるわね。『T4』は、彼に好意を寄せる男前の姐さんや終始テンパって怒ったり威張ったりしているジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)がいたせいで、彼の個性が光った。『アバター』の時は感情豊かなナヴィちゃんが側に居たし...。守護神のイオ(ジェマ・アータートン)や渋い仲間達だと、並列にみんな地味になってしまうのよね。


う~ん、大活劇として観るぶんには面白いのだが、映画館を出たら煙のように消え去り、意外と後に残らなかった。
3Dだと"映像"メインだからと点数が甘くなるんだけど、私が観たのは2D。
映像ありきのアクションなら、3Dで観たほうが良かったかな...。
それに2Dで観たせいか、ついストーリーや辻褄や人物描写にも気を取られて、戦いの場面は凄かったけど、全体の印象は平板であっさりしていた。
本当は、ラスボスの海獣を出してくるのはポセイドンのはず。
ティーン向けギリシャ神話の『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』とかぶるせいか、冥界の王ハデスのゴリ押しになっていて、動機づけが弱い。それにゼウスは少なくともペルセウスの母ダナエを愛してたよね...と、しっくりこない...。
え~?!ペルセウスは美しいアンドロメダ王女を救い、妻とするんじゃあなかったの?アンドロメダ役のアレクサ・ダヴァロスは『ミスト』でスーパーのレジ係サリーをやっていた。『ディファイアンス』では、ダニエル・クレイグの相手役。理知的な自我のはっきりした美人だけど...アンドロメダは、ペルセウスが一目で恋に落ちるほどの絶世の美女!というにはちょっと違う...。ペルセウスも丸坊主じゃなく、くるくる巻き毛をなびかせた美しい若者!というイメージがあるし......

と、ぐちゃぐちゃ思っていた時に......車田正美先生の絵を見た......。おおぉぉ!

タイタン072.jpg何も考えず、こういう『聖闘士星矢』のノリでパーっと楽しんで、パーっと忘れればいいのだ!と思ってしまった(笑)

いや、凄いですね。

迫力の絵です。

ギリシャ神話を知らないほうが楽しめるかもしれません。

原典の神々はほとんど色恋で物事が動きますから、全方位家族向けにはならないんでしょうね~、あはは。

アドベンチャー・アクション映画と割り切って見るのが正解です。

2Dだとついストーリーにも目がいきますから、3Dで観ましょう(^^;)

↓クリックしてもらうと励みになります。
banner_03.gif

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
私も2D (^_^;)
これ、都会では3Dでやってるの?
田舎のショボいシネコンでは『アリス』が幅を利かしてて
3Dスクリーンは字幕も吹き替えもまだ全部『アリス』なのよ~ i-282
恐るべしラブラブおっさんコンビの勢力(笑)

ということで私も2D鑑賞でした。
ホント、2Dだと映像よりストーリーや演技に注目しちゃうよねえ(´O`;)
この映画では悲しいことにそれがマイナスだったような気がする・・・

レイフは最初違う人かと思っちゃった(^^ゞ
「似てるなあ~まさかなあ」って(笑)
ハリポタ観てないので彼のイメージは『愛を読む人』や『ナイロビの蜂』なのよ。
そういえばあの“鼻なし(髪なし)”もやってたっけ・・・
今回は自虐的に役名がハゲスかと思ったけど(惜しい!)

あんちゃんのイラストだとレイフが主役みたいだわ(≧∇≦)ノ彡
そう、あの捨てられた子犬のような切ない目は隠せない(笑)
サムは坊主ってだけで『プリズンブレイク』にスカウトされてるし~(ウケた)
『ターミネーター』も『アバター』も『タイタン』もずっと戦ってる坊主サム、
いつも同じ印象なんだよね~(;^_^A
次は静の演技も見てみたいけど そんなオファーはないのかな・・・

私はギリシャ神話は全然分からないけど
『パーシー・ジャクソン』とは色々カブってたから面白かったです(*´ω`)/
2010/04/30(金) 00:57:08 | URL | ロク #z6GZigPw[ 編集]
3Dで見ました
3Dのよさが生かされず、2Dのほうが楽しめるのではと思いました。ルテリエ監督ですから、ストーリーには、期待していませんでした。

>何も考えず、こういう『聖闘士星矢』のノリでパーっと楽しんで、パーっと忘れればいいのだ!と思ってしまった(笑)

たぶん、それが正解だと思います。(爆)

サムは書きにくいですか? 残念。
レッドカーペットで、サムと監督のサインもらえましたよ。^^
サムはいい意味で普通でしたけど、かっこよかったですよん。
2010/04/30(金) 18:17:44 | URL | 風子 #z8283xuI[ 編集]
>ロクちゃん
都会の大きいシネコンだと、3Dでやってるんでしょうね。
そうそう、ウチも2Dだけで、よく考えたらロクちゃんの言うように、ど~んと『アリス』が幅を利かしてました(汗)ラブラブ?(苦笑)おじさんコンビ強いっす(笑)

うん、2Dだと映像よりストーリーや演技に、じぃ~っと注目しちゃうよね。予告は、いい感じでした。

レイフはぁ~~、いや~、ハリポタの“鼻なし(髪なし)”の蛇っぽいのを見慣れてるから、すぐ分かったよ~(;^_^A レイフが、一番!演技してた気がする(笑)

>今回は自虐的に役名がハゲスかと思ったけど(惜しい!)
うはは、きっと『空耳アワー』では「ハディス」「ハゲィス」「ハゲす」に聞こえていたと思います~(笑)レイフが主役みたいでしょう (≧∇≦)ノ彡
あの子犬みたいな縋り付く切ない目は、いいわよね (笑)

サムは『プリズンブレイク』に入れてあげたいわ~(^^;)
もう、サムはなんというか3D俳優といおうか、坊主頭俳優といおうか(笑)
ああ、そういえば『ターミネーター』も『アバター』も『タイタン』も、 いつも同じ印象ですね~。今回は地味に見えました。
うん、次はアクションじゃないのも見てみたいですね。 

『パーシー・ジャクソン』とは色々カブってましたね。パーシー君可愛かったね。
『3時10分、決断の時』は演技派だ~!と感心しましたが、なんかアイドルでもイケそうですね(^^)
2010/04/30(金) 20:47:46 | URL | 管理人 #00Rocjy2[ 編集]
>風子さん
えっ?そうなんですか?3Dのよさが生かされてなかったですか?
2Dのほうが楽しめる?う~ん『アバター』の映像レベルは、やっぱ凄かったのですね...。

>ルテリエ監督ですから、ストーリーには、期待していませんでした。
そ、そうですか...。私は『トランスポーター』は、それなりに好きですが、ストーリーよりアクションを楽しむものですからね。

そっか...それが正解だったんですか (;^_^A

>サムは書きにくいですか? 残念。
うん、書きにくいんですよ。『T4』でも書いたけど似てやしません(涙)

>レッドカーペットで、サムと監督のサインもらえましたよ。^^
>サムはいい意味で普通でしたけど、かっこよかったですよん。
おおお!風子さん、よろしゅうおすなぁ!!うらやまし~!
来日のサムの映像、見ましたが、髪が伸びてメガネかけてたから、ホント、普通に見えましたね(^^;)メガネは、はずして欲しかったわ~。
2010/04/30(金) 20:59:54 | URL | 管理人 #.H4Mrrgs[ 編集]
プリズンさいこー!
わたしも、この坊主あたまに?マークでしたが、
そうか、プリズンにスカウトのためだったのか・・・(笑)

リーアムさんのお顔が白すぎて、笑ってしまいました。

ただ、CGはとってもいい出来。
2Dで観たんですが、かえって、良かったのではと思いました。
アリスもこれからなんですが、2Dの字幕にしようと思ってますぅ~~。
2010/05/11(火) 21:28:22 | URL | mariyon #WoFAeCUU[ 編集]
>mariyonさん
mariyonさんも、この坊主頭に?マークでしたか...。
良かった、私だけじゃなくて(笑)
こんなに坊主が似合うと『プリズン』に出てほしい....も、終わったけど(笑)

>リーアムさんのお顔が白すぎて、笑ってしまいました。
白いというか、眩しすぎるというか(笑)

3Dだと暗くて、字幕が読み取りにくいですもんね。
3Dで観た人のブログを読んだら「字幕が一番浮き上がって見える」と書いてあって、笑ってしまいました。
2Dでも、なんか十分良かったみたいですね(苦笑)

アリスはこれからですか?2Dだと、明るいし字幕で楽しめますからね^^
2010/05/12(水) 08:20:03 | URL | 管理人 #uUoWYdi2[ 編集]
こんばんは!ちょいお久しぶりです~
プリズンブレイクに出てみないか?にウケた(笑)

上の記事の「ペルセウスとアンドロメダの物語」を読ませていただきましたが
やっぱり原典のほうがずっとおもしろいですね。。。
怪獣目当てだったので楽しめちゃいましたけど
お話はあんまり残らなかったなー
サム・ワーシントンは私も「T4」がいちばん良かったと思います。
車田正美先生の絵サイコー(笑)

お風邪のようで。お大事に~
2010/05/13(木) 22:40:55 | URL | kenko #Ngw0MIHM[ 編集]
>kenkoさん
こんばんは!お久しぶりです(^^)
プリズンブレイクに出したいくらいの素敵な坊主頭ですよね(笑)

私も「ペルセウスとアンドロメダの物語」は原典のほうが面白い、と思うんですが、映画はアクションに重点を置きたかったのでしょうね。
怪獣は迫力あって、楽しめましたね^^
うん、お話はぱっと消えて残らなかった。後ひかない映画でした(^_^;)
サム・ワーシントンの「T4」あのマーカス、良かったですよね。
『アバター』は、大半「青」君が演技してたし(苦笑)

>車田正美先生の絵サイコー(笑)
うはは、全く!フィギュアもカッコいい!
優しいお言葉、ありがとうございます。
2010/05/13(木) 23:49:45 | URL | 管理人 #3OTltZA2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『神も、魔物も、 そして運命さえも打ち負かせ。』  コチラの「タイタンの戦い」は、特撮映画の父と呼ばれるレイ・ハリーハウゼンによるスペクタクル映画の原点と言われる81年の「タイタンの戦い」を、最新の3Dテクノロジーを駆使し、リメイクした4/23公開のアクショ?...
2010/04/30(金) 06:08:14 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
もうすぐGWですね~毎日忙しないですアワアワ・・・【story】神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子として生まれたが、人間として育てられたペルセウス(サム・ワーシントン)がいた。彼は世界を滅亡の危機から救うため、冥界の王ハデス(レイフ・ファインズ)を倒?...
2010/04/30(金) 09:42:19 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
アクションと興奮が足りない。
2010/04/30(金) 10:08:30 | Akira's VOICE
漁師から兵士に公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/clashofthetitans1981年の同名映画のリメイク監督: ルイ・ルテリエ 「トランスポーター」「インクレ
2010/04/30(金) 18:18:33 | 風に吹かれて
タイタンの戦い’10:米◆原題:CLASH OF THE TITANS◆監督:ルイ・レテリエ「トランスポーター1、2」「ダニー・ザ・ドッグ」 ◆出演:サム・ワーシントン、ジェマ・アータートン、マッツ・ミケルセン、アレクサ・ダヴァロス、ジェイソン・フレミング、レイフ・ファ...
2010/05/04(火) 15:11:03 | C'est joli~ここちいい毎日を~
「タイタンの戦い」★★★☆ サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、主演 ルイ・レテリエ監督、106分 、 2010年4月23日公開、2009,アメリカ,ワーナー・ブラザース (原題:CLASH OF THE TITANS )                     →...
2010/05/04(火) 22:20:53 | soramove
Clash of the Titans(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:ルイ・レテリエ 出演:サム・ワーシントン/ジェマ・アータートン/マッツ・ミケルセン/アレクサ・ダヴァロス/ジェイソン・フレミング/レイフ・ファインズ/リーアム・ニーソン 神も、魔物も、 そして運命さ...
2010/05/05(水) 13:46:19 | 小部屋日記
ギリシャ神話をベースに、神と人間のあいの子であるペルセウスが人類の ために奮闘する様を描いたファンタジーアクションアドベンチャー映画。 主演のペルセウスを『アバター』のサム・ワーシントンで、共演には『96 時間』のリーアム・ニーソン、『誰がため』のマッツ・..
2010/05/05(水) 17:43:57 | だらだら無気力ブログ
1981年の同名作品をリメイク。SFX技術の進歩はより豪快な迫力ある映像を生み出している。主演は『アバター』のサム・ワーシントン。ギリシア神話の英雄ペルセウスが数々の怪物たちと闘い人類を救うアクションスペクタクルムービーだ。共演にはリーアム・ニーソン、...
2010/05/05(水) 19:17:40 | LOVE Cinemas 調布
Clash of the Titans (2010年) 監督:ルイ・レテリエ 出演:サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、ジェマ・アータートン 81年作の同名映画のリメイクで、神と人間の息子ペルセウスが人類を破滅させようとする神ハデスの陰謀に立ち向かうファンタ...
2010/05/06(木) 01:22:41 | Movies 1-800
【{/m_0167/}=22 -8-】 メーデー集会のお後にTOHOシネマズなんばにて鑑賞したけどファーストディ映画の日だしゴールデンウィークだしでたいへんな人出だった。 日本中が毎日こんなだったら景気よくなっていいんだろうなあ。  古代ギリシャ世代、アルゴス国では、人間た...
2010/05/06(木) 10:33:43 | 労組書記長社労士のブログ
<<ストーリー>>神々が世に君臨していたある時代。神々の王ゼウス(リーアム・ニーソン)の息子として生まれたが、人間として育てられた...
2010/05/09(日) 04:03:17 | ゴリラも寄り道
予告篇でちらりと映る怪獣の造型に激しく惹かれながらも、あちこちで聞く不評に観る意
2010/05/13(木) 22:41:42 | C note
これって、ゲーム? 捕らえられた姫を助ける為に、勇者が立ち上がり、幾多の敵を倒したり、味方につけたり、魔法の剣をGETして、いざラスボスとの戦いが・・・・・ これから3Dゲームの時代がやってくる。 さぞ、3Dでゲームしたら迫力だろうな~と思わせる、まるで?...
2010/06/04(金) 21:22:01 | ノルウェー暮らし・イン・London
監督 ルイ・ルテリエ 主演 サム・ワーシントン 2010年 アメリカ映画 106分 ファンタジー 採点★★★★ テレビなんかで、「友達みたいに仲良いんですー」なんて親子を見る事がありますが、あれってどうなんだろ?「“友達みたい”って思ってんのは子供の方だけなん…
2010/09/06(月) 11:55:21 | Subterranean サブタレイニアン
『 タイタンの戦い 』 (2010) 監  督 :ルイ・レテリエキャスト :サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズ、 マッツ・ミケルセン、ジェマ・アータートン、アレクサ・ダヴァロ...
2011/02/28(月) 16:30:11 | さも観たかのような映画レビュー
タイタンの戦い / CLASH OF THE TITANS 2010年 アメリカ映画 ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ルイ・レテリエ 製作:ベイジル・イヴァニク  ケヴィン・デラノイ 製作総指揮:リチャード・D・...
2011/03/09(水) 00:20:30 | RISING STEEL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。