映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バッテリー』思春期ど真ん中!
2007年03月12日 (月) | 編集 |
バッター席には、母。その時、巧が投げる球は...最恐の魔球”思春期ボール”だー!!

バッテリー207.jpg

『バッテリー』は最後の巻が出るまで、すごく待ち遠しかった本です。
当時、私なりの”脳内妄想キャスティング”をして遊びましたが、主役の巧と豪は、思い当たらなかったので、まさか映画化されるなんて、驚き!の一言です。

TVドラマの『H2』や映画の『タッチ』には、目眩がするほど失望した私でしたが、この映画は良い、と思いました。もちろん、原作の”巧”を表現するのは難しく、違うのですが。
下手な俳優を使うより、野球をやっていた子供たちを使うほうがリアリティーがある上、その子達の存在感もなかなかのもので、びっくりしました。

映画は、後半、巧の投球シーンや心情を描くために、少し長尺で冗漫な気がしました。
これを端正な描写と見るべきか...流れている音楽も感傷的なもの(湿り気多め)ばかりだったので、つい要らぬ事を思い出してしまいました。
ウチも、息子2人とお父さんもコーチや監督をやって、少年野球の日々を送った事があり、そしてそれは、どちらかいうと苦い思い出でした。

まっ、ともあれ、少年たちがひたむきに白球を追う姿は、胸がきゅーんとします。

早稲田の”ハンカチ王子”こと斉藤君も、ノスタルジックな顔をしているので、中学生だったら、この風景に溶け込んでいたことでしょうね。

ウェットで叙情的な少年野球映画でした。


↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ

↓下に続く。
さて、各配役と、そして本の感想を...

本を読んだ時点の私の脳内妄想キャスティングを、一応、紹介させてください。
巧と豪は該当者無し。
巧のお母さんは、天海祐希か小雪。小雪は若いけど、彼女のいらっとした非寛容な感じが似合ってるかなと。天海祐希でしたね。これだけは当たり。
父は、小日向文世かとんねるずの木梨。
青波は、神木隆之介(この頃、まだ小さい)沢は、中尾明慶(この頃、まだ金八のイメージ)
悩めるハムレットのひ弱な担任は、ヒロシ(この頃まだ売り出し中。髪は黒で)
古文の先生は、国仲涼子か麻生久美子(映画では、端折られていた)
じいちゃんは、高倉健で!もう少し若かったら大沢親分も良かったけれど。
そして”おとむらい”こと戸村先生には、渡辺謙!(超、豪華!)以上です。失礼しました。

あっ”沢”役のコ、すごく良かったですよ。笑えるし、印象的でした。
風紀委員の嫌な野球部の先輩も、上手かったです(ニキビのブツブツは、無かったけど)
少年たちの演技は、自然でしかも存在感があり、本当に感心しました。

私、この映画のキャスティングは納得!出来るんですが、一番イヤなキャストって、戸村先生役の萩原聖人。私の中では、ダメダメ・キャストです。
それに、クソ生意気な巧の素性がベールを脱ぎ始め...『えっ、あいつはあの井岡監督の孫なのか!!』というサプライズが欲しかったですね。


バッテリ-3211.jpg原田巧...林 遣都。
映画の”巧”は、ピリっと不適なものもあって、本の”巧”よりしっかり大人で、野太い感じがしました。

投球フォームもなかなかで、野球経験者だけありますね。

豪より背が高く、実年齢も1コ上のせいもあり、巧のほうが完全にリーダーシップを取ってる感じがして、笑ってしまいました。
2人の力関係や立ち位置が違うので”原作とは別物”と思いつつ、鑑賞しました。
”巧”というキャラは難しいです。
ここまで表現出来たら『お前、合格』ですよ。


バッテリーご212.jpg永倉豪...山田健太(いかにも野球少年らしい名前!)
豪は、かなりイメージそっくりで(10キロ増)健闘しています。

実際に、中学最後の野球大会をやめて、この映画に懸けたと聞いて、胸がちくんと痛みました。

中学最後の夏、重大な選択だったろうな。
このコ、すごく子供らしさが残っていて、笑顔が可愛いかったですね。
横手二中との試合でおろおろしてる感じが、巧よりずっと年下に見えました(笑)


バッテリーせ213.jpg原田青波...鎗田晟裕。
眼が綺麗な弧を描いていて、優しげな眼差し。このコもいいですねぇ。
いやいや、どっから探して来たのでしょうか?
本の青波は、無垢にして核心を衝く考えと発言をする男の子。”天使降臨”もしかして人間じゃないのかも。




映画もなかなかの出来ですが、私は独特の雰囲気を持つ本のほうが好きです。映画は、いい感じだけど、フツーの少年物。

巧は、もっとピンと張りつめたヴィオリンの弦です。
聴く人にも緊張を強いる、感受性の高いピリピリとした繊細な名器です。
徹底してエゴイスト。何で団体競技の野球を選んだのかも分かりません(笑)

豪は、男の子の理想像、いや息子の理想像(こんな息子いたら、嬉しいでしょうね。巧は、制御不可能)

豪のほうが人間的には大きく、また沢などのチームメイトの力で、巧はだんだん変化していくように思えるんですが、なかなか巧は妥協してくれません。

”姫”ともあだ名され美貌である事も判明し、その実力と相まって魅了されてしまうものの、途中あまりのエゴイストぶりにはついていけません。

私の中では『バッテリー』は2~3巻で終わる類の物なんですが、いつもの巧の傲岸不遜、唯我独尊のせいで”振り出し”に戻るんです。それが『バッテリー』が長くなった原因かと(笑)
あとがきで、あさの氏は”ありきたりに、したくない。巧はあくまで巧。予定調和に終わりたくない”と。青い気持ちを、持ち続けている人なんですね。この一貫した巧の描き方にも、驚きでした。
最後の巻で、やっと少し巧は変わったように思えるのですが...。 

とにかく、最初のブルーギルの魚釣りのくだりから、少年たちを惹き付けるアイテムを使いつつ、性に目覚める頃だから、ヤギや古文の先生に好かれる話や『有精卵は、Hして生んだ卵だ』なんて事まで大騒ぎして、大変。沢や東も、もっと出て来て、楽しいです。
豪と巧の関係も、ドキドキするものを孕んでいます。
本の中では、巧のほうが『豪、お前じゃなくっちゃ駄目なんだ!』と切実に感じていた気がします。私の中では"匂い系"どころか、巧と豪はプラトニックBLだと思っています。映画は、完全に健全に?!出来ていて、監督の読解力に頭を抱えてしまいました...。

まっ、とにかく、巧や豪のひたすらに野球をしている姿は、女の子から見たら羨望の眼差しで遠くから眺める存在でしょうね。

巧という美貌の天才ピッチャーを取り巻く少年たちの物語であり、思春期特有の硬質なリリシズムが味わえる児童文学です。

番外編『ラスト・イニング』の感想はこちら。


↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ
banner_03.gif


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
TBありがとうございました。
とても詳しいレビューで参考になります。

野球ものがお好きと踏んで
最新のニュース。
『キャプテン』が映画化。
主人公たちはみなオーディションです。
CGは使わず実写でやっているようです。
2007/03/13(火) 12:37:00 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
綺麗でした
彼の投球フォーム(笑)
たった5球で受けてしまえた豪を褒めるべきでしょうね。
あの瞬間「恋のキャッチボール」の完成でした(^^;

ストーリー展開も無茶じゃない分とても清清しく見ることが出来ました。

ただ・・・たった2歳年上の役の20代半ばを使うのはあまりにも無謀かと(笑)
2007/03/13(火) 12:46:42 | URL | しんちゃん #qcsrN/5E[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>えいさん
『キャプテン』!!ふぇ~そうなんですか!!好きっです(泣く)
ウチのは、単行本も文庫本版もあるのですが、ところどころ巻が抜けています(タッチもそうですが)子供たちがあちこちで読んで、そのままのせいだと思うんですが。
早速、家族に伝えます。ありがとうございます!

>しんちゃんサン
いや、ホントに恋仲なんです。鋭い!と思いました(笑)
映画では違うので、私も清清しく観るよう努めました。

あの門脇クンと瑞垣クンは『テニスの王子様』に負けないくらいオトナな中学生でしたね(笑)あの人たちは『逆境ナイン』行きのキャラです。
2007/03/13(火) 13:06:04 | URL | 管理人 #-[ 編集]
イラストが・・・
素敵ですね!
また遊びに来ます!
2007/03/13(火) 23:56:55 | URL | ふくちゃん #V8RMHPHM[ 編集]
>ふくちゃんサン
ありがとうございます。
『ラスト・イニング』私も読みたいです。こちらは”瑞垣”視点ですよね。
本の”瑞垣クン”も、中学生と思えない屈折した思考回路ですね。
また、来てください!
2007/03/14(水) 13:21:29 | URL | 管理人 #-[ 編集]
そういえば
今日選抜の組み合わせの発表がありましたねえ、見ないけど、、高校野球は某SFドラマの最終回を削ったので「敵視」してます、、、
まあアフタヌーン連載の「おおきくふりかぶって」は見るかもしれないが、、、

>「バッテリー」の撮影は地元に近かったのでテレビで地方局がよく撮影情況を流してました、まあ最初は「バツ&テリー」(大島やすいち)と勘違いしてたのは内緒の話、、www
2007/03/15(木) 16:14:16 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
『敵視』?!お気にのTV番組が削られると、そうですよね(笑)

『おおきくふりかぶって』は試合展開が遅そうなんですが、どうでしょうか?
買いたいけど、まだまだ我慢してます。マンガって、何故に遅延試合が多いのでしょうかね。
ええっ『バッテリー』の撮影場所と近いんですか?羨ましい!
この映画、子供達と場所は”二重丸”だと思います。いいなぁ~!
『バツ&テリー』ですか、ふふふ。
2007/03/15(木) 23:30:34 | URL | 管理人 #-[ 編集]
なにしろ、、
まあその削られた回が「最終回」で全ての謎が明かされる!という回なので「恨み骨髄に入りました」わ、、、おかげでリアルには高校野球を見なくなりました、ニュースとアニメだけですね。
2007/03/16(金) 21:26:47 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
私も”最終回”だけ録画し忘れ、すっごい悔しい思いをした事がありますが、それが”高校野球”のせいで削られたんですかぁ...。そりゃ、嫌いになっちゃいますね(笑)
2007/03/17(土) 13:33:14 | URL | 管理人 #-[ 編集]
はじめまして
TBさせていただきました。ヨロシクお願いいたします。
原作は未読ですが、読んでみたくなりました。
「おお振り」アニメもだんだん面白くなってきましたね。
2007/05/01(火) 14:58:50 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
>ノルウェーまだ~むさん
TB、来てませんよ(笑)
原作は、文庫本全巻揃いましたから、お買い求めしやすくなりました(笑)
ノルウェーまだ~むさんとオウチの801ちゃんには、ぜひお薦めです♪
女の人の描く野球マンガは、私達にとって読み解きやすいですよね。
『おお振り』の画像、可愛いですね。
2007/05/01(火) 23:33:21 | URL | 管理人 #-[ 編集]
 こんばんは♪
 DVDで観ました。

>映画は、いい感じだけど、フツーの少年物。

 これ、すごく同感でした。
 原作を読んだ者としては、ちょっと物足りないですよね。

 キャストは、私的には菅原文太さんがなんというか、もう「菅原文太」にしか見えないというか、「アサヒソーラーじゃけん」というか、「時代はパーシャル!」(古!)というか、、、でした^^;;

 巧役の林遣都クン、美形でしたねー。
 原作の「生意気でイヤな奴」な感じはなかったですけど、かわいい顔だなぁと思って観てました(笑)
2007/10/08(月) 00:28:15 | URL | miyukichi #ubwH2qN2[ 編集]
>miyukichiさん
本当に!原作を読んだ者としては、物足りないですよね。
巧は ”母の愛”なんてとっくに要らないコなのに、あんなに予定調和の終わり方で無難な家族向け映画にしちゃったんだーという感じでした。
あはは、菅原文太さん『アサヒソーラーじゃけん』
このキャスト、外してないけど、もう少し...ですよね。

巧役の林遣都クン、美形でした!いいコでオトナでしたね。
豪や沢を引っ張っていて...おい、原作と違うだろって、またツッコミたくなりました。もっと、ツンツンしてほしかったです(笑)
でも、巧みたいな奴だと、試写会の挨拶の時ひんしゅくを買うでしょうね(笑)

2007/10/08(月) 16:36:21 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
敬遠は一度憶えると…
2007/03/13(火) 08:22:04 | 敬遠
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた、「バッテリー」の試写会に行ってきましたあさのあつこの同名ベストセラー小説を「陰陽師」の滝田洋二郎監督が映画化。他人を寄せ付けない中学生ピッチャーが、仲間との出会いや家族とのかかわりを通して成長する姿を描く。ストー..
2007/03/13(火) 12:22:17 | 日々“是”精進!
「いやあ、これは折り目正しいというか実に端正な映画だったね」----ん、どういうこと?「どのショットも、まったく浮つくことなくその構図に落ち着き、安定感があるんだ。スクリーン・サイズはスコープ。本来ならば、このサイズは風景の広がりを見せたり、人物と人物の関係
2007/03/13(火) 12:37:41 | ラムの大通り
 まさに「恋仲」の二人です(笑)
2007/03/13(火) 12:48:15 | 極私的映画論+α
中学入学を控えた春休み、原田巧は岡山県に家族で引越してくる。巧は、ピッチャーとしての才能に絶大な自信を持ち、同時に他人を寄せ付けない孤独な面を持っている。家族には病弱な弟・青波、青波をいたわるあまり巧に冷たくなってしまう母・真紀子。野球にあまり関心のない
2007/03/13(火) 22:18:34 | 映画な日々。読書な日々。
近所の映画館で『バッテリー』を観てまいりました。今年9本目。空いてました殮。 もともと原作が好きなのですが、映画化の話を聞いたときは、イメージが崩れそうで嫌だなぁ・・・と思いました(じゃ、観なきゃいいだけですが嶺)。劇場で予告編を眼
2007/03/14(水) 00:03:59 | 健康への長い道
いや~良かった。花粉症で目カピカピのはずやのに泣いてしまいました。野球をほんといろんな面から丁寧にとらえていて、、、まさに名作じゃないでしょうか。
2007/03/14(水) 01:43:01 | 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
いまだからこそ、できることがある。■監督 滝田洋二郎■原作 あさのあつこ(「バッテリー」角川文庫刊)■脚本 森下 直■キャスト 林 遣都、山田健太、鎗田晟裕、蓮佛美沙子、天海祐希、岸谷五朗、菅原文太、萩原聖人 □オフィシャルサイト  『バッテリー』 12歳に
2007/03/16(金) 12:37:25 | 京の昼寝~♪
信じてますか?あなたの友達を。信じていますか?あなたの家族を。信じていますか?自分自身を。
2007/03/17(土) 15:43:34 | 頑張る!独身女!!
原作ファンなのですごく心配だったのですが(児童書で出版されたときからよんでました)、下馬評どおりというか、安心しました。とりあえずあの頃の自分に「巧と豪マジにいたよ!会ってきたよ!」って自慢したくなったww正直、期待以上でした(偉そうですいませんいや、原
2007/03/19(月) 10:17:24 | Ondul Blog ver.2.07
いまだからこそ、できることがある。
2007/03/19(月) 19:57:21 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
私はライブとかいくとしばらくそれモードから離れられなくなる人で(特にそのライブが良かったりすれば)、今回のバッテリーに関しては、まさに現在それ状態。映画でこうなったのって、「踊る大捜査線」「処刑人」以来だとおもう。mixiのレビューに感想書いたけど、あんな..
2007/03/20(火) 15:52:41 | 生活の錆。2
久々にみた映画です。 あさのあつこ の原作、累計380万部を超える売上を記録 文
2007/03/20(火) 23:02:44 | いろいろと
★★★★  子供が主演の映画には、いつでも泣かされてしまう。やはり子供たちの心が真直で、透明だからなのだろうか。 野球は個人競技ではない。どんなに優れた選手がいても、チーム全員の心が一つにならなければ勝てるはずがない。当たり前の事だが、伝統ある某プロ球団
2007/03/29(木) 21:15:01 | ケントのたそがれ劇場
『バッテリー』鑑賞レビュー!いまだからこそ、できることがある!1000万部突破のベストセラー小説 待望の映画化感動の涙は、世代を超えて・・・今、最も支持される大ベストセラー小説の映画化!孤高の中学生ピッチャーが野球を通じて家族や友人の大切さに気付く おまえ何
2007/03/31(土) 03:30:06 | ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]          2007/03/10公開  (公式サイト)泣き度[:悲しい:]笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】滝田洋二郎 【脚本】 森下直 【原作】あさのあつこ 『バッテリー』(角川文庫刊・教育画
2007/04/12(木) 15:43:02 | アンディの日記 シネマ版
山田健太山田 健太(やまだ けんた、1991年4月28日 - )は、神奈川県出身の俳優。セントラルプロダクション所属。血液型B型。身長170?。趣味はギター・カラオケ、特技は野球・空手。日出高等学校在学中。2007年公開のバッテリー (小説)|バッテリーで主演
2007/08/17(金) 13:30:32 | なつみのブログ
「ラブソングができるまで」「バッテリー」
2007/10/04(木) 12:24:25 | Akira's VOICE
 映画(DVD)「バッテリー」         (滝田洋二郎:監督/あさのあつこ:原作)  バッテリー 特別編 (初回生産限定版) (あさのあつこ書き下ろし小説付)角川エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る  全6巻の原作は、まだ5巻までしか読んでないのですが...
2007/10/08(月) 00:23:45 | miyukichin’mu*me*mo*
なんだか懐かしいような響きで"おえん"なんて、方言が聞こえてきて、ちょっと方言指導したくなるようなところもあるけど、岡山県が舞台の青春ストーリー・・ 新田市というのは架空だけど、岡山県美作市湯郷在住の作家あさのあつこさんの原作によるロケは県内10市
2008/04/06(日) 12:21:33 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
観てしまいましたよ、映画版『バッテリー』を!2時間ひたすら口角上がりっぱなしでした!特に1~2巻のエピソードが物凄く原作に忠実に作られていて良かったです。豪くんの笑顔にめっちゃ癒やされるし、青波はとにかく可愛いし!青波役の子、どっかで見たことあるなーと...
2008/09/04(木) 19:00:19 | メガネ男子は別腹☆楽天
「バッテリー」★★★ 林遣都 、山田健太 、鎗田晟裕 、蓮佛美沙子 天海祐希 、岸谷五朗 、萩原聖人 出演 滝田洋二郎 監督、2006年、118分 「『おくりびと』で話題の滝田監督が、『おくりびと』の 前に監督した作品。 wowowで録画していたものを、や?...
2009/03/05(木) 14:52:13 | soramove
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。