映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3時10分、決断のとき/3:10 to Yuma
2009年08月20日 (木) | 編集 |
人生で一番大切なものは、何? 失いたくない男の誇り、男の生き方。

ナイト016.jpg
わたくし、ラッセル・クロウが好きなもんで、つい多めに睫毛を描きすぎてしまいました。ホントは腫れぼったい眼なんで、こんなにありません(笑)おかげでキラキラ目になりすぎて似てないよ~な、たはは ���
今回、クリスチャン・ベイルにもぐっときました。目がカッコいい人ですね。
異なるタイプの色気ある男たちを描けて、楽しかったです、ぐふふ �A�b�v���[�h�t�@�C��

最近ずっーとアニメか日本語吹替版の夏休みファミリー向き映画を観ていたので...落ち着いた大人向きの映画、ほっとしたわ、良かったわ!そういえば、西部劇なんてぇのも久しぶり。最後の銃撃戦、CGじゃない!激しいアクションシーンも久しぶりでした。うん、新鮮でしたね。

犯罪小説の人気作家エルモア・レナードの『3:10 to Yuma』(1953)が原作。
『決断の3時10分』(1957)のリメイク作品。

19世紀後半のアメリカ。
元は狙撃の名手ながらも、南北戦争で片足を負傷して不自由になったダン(クリスチャン・ベイル)は、借金まみれで牧場経営も家庭生活もままならない。
借金の催促代わりに、地主から、川の水をせき止められたり、馬小屋を焼き打ちされたり、嫌がらせを受けている。ふがいない父親を、14歳の長男ウィリアム(ローガン・ラーマン)は軽蔑している。放火騒ぎの翌日、逃げた牛を捜していたダン親子3人は、ウェイドたち強盗団が駅馬車を襲うところを目撃する。早撃ちと噂が高いウェイドに、ウィリアム少年は密かに魅了される。
街で逮捕されたウェイドを、裁判所のあるユマまで連行するには、3日後の3時10分のユマ行き列車に乗せなければならない。ダンは200ドルで護送役を引き受ける。
果たして、ダンたちは列車の駅まで辿り着ける事が出来るだろうか?


護送のメンツも、南北鉄道のバターフィールド(ダラス・ロバーツ)もいるけど、悪の匂いが漂うウェイドを狙う冷酷な賞金稼ぎバイロン(ピーター・フォンダ)とか悪徳地主の手下タッカー(ケビン・ジュランド)とか、ろくなもんじゃない。
まぁ、これ、ピーター・ファンダ?!ウェイド(ラッセル)のセリフどおりに「久しぶりだな、ちょっと見ないうちに随分老けたな」って感じ。お父上のヘンリー・フォンダも、たまにやった悪役の酷薄さが際立っていたけど、ピーターも案外、悪役が似合っている。


護送の途中では、アパッチ族がいる山道を越え襲撃されたり、ウェイドに私怨がある鉱山掘りの連中もいたり、時として協力して事にあたり脱出し、難を逃れる。そんな中で、ダンとウェイドはお互いに認め合い、男同士の奇妙な絆が生まれる。

ラッセルがまだ痩せているのは、この作品(2007)が『ワールド・オブ・ライズ』(2008)『消されたヘッドライン』(2009)の前だからだと思われ(汗)

とにかく、この作品は、ラッセルの色気がよく出ていると思う。
噂に違わぬ悪党ながら、自分なりの美学を持ち、人を惹き付けてやまないダンを、ラッセル・クロウが渋く魅力的に演じている。いいですよー!
�ڂ��n�[�g


ナイト013,jpgこの映画、ラッセル嫌いな人はラッセルに感心すると思うし、ベイル嫌いな人はベイルを見直すと思う(う~ん、多分ラッセル嫌いな人が多いと思うけど...)

あの~、今まで、私の中でクリスチャン・ベイルは「好きくない男優・ベスト10」に入ってたんですが...この映画のベイルは良かったです!

「好きな男優ベスト20」にランクイン!

まっ「気ムラ屋あん・ランキング」ほど、いい加減で変態チックなものはありませんから、クリスチャン・ベイルのファンの方、お気になさらないでくださいまし ������


クリスチャン・ベイルというと、がりがりに痩せた役とかサイコな役とか、インパクトはある役柄だけど、作品はあまり心に残ってないとゆ~か。『ターミネータ-4』とか、ちょっと暗くて傲慢そうな感じがするでしょう。
その傲慢そうに見える、お父さん役が似合いそうにないクリスチャン・ベイルが、切々と自分の心情を吐露する場面には、私、きゅっと心を動かされてしまいました。
もちろん、ウェイド(ラッセル・クロウ)もそうだったのでしょう。
ダンお父さん(クリスチャン・ベイル)が切なくて、泣かせる。お~ん、お~ん
����
息子に、男の生き方を見せたかったのでしょう。

14歳の息子のウィリアム役のローガン・ラーマンも、良かった!このコ『パトリオット』『バタフライ・エフェクト』『ナンバ-23』に、出演。案外ベテラン?!
最初の「お父さんみたくなりたくない」と軽蔑していた目から、最後の銃撃戦に至る表情の必死さは、見るべきものがありました。

ラッセルとベイル、違う個性ですが、どちらも上手く引き立てていて、癖のある脇役も含めてキャスティングも脚本も良かった!です。

何故、今頃、西部劇なのか?
『17歳のカルテ』『ウォーク・ザ・ライン/君に続く道』のジェームズ・マンゴールド監督が、17歳の頃に "いわゆる勧善懲悪という単純なストーリーでない!この作品"に興味を持ち、ずっと自らの手で映画化したかったそうで。その想いがやっと結実されたのが、本作。もはや、アメリカでも日本でも西部劇は流行らないと言われていますが、現代でも通じる悪とも善とも決めつけられない複雑なキャラや(いや、かなり悪が多かったですが ��)登場人物たちの綾なす心理描写を入れ、ラストのオチまで一気に持っていった佳作です。

今週末、劇場では多分もうやってないのが、残念。ぜひ、DVDでもどうぞ。
私はレンタルしたのに面白くないと、全部観ずに返却してしまう事が多々あるんですが、この作品は飽きずに観れる!と思います。おススメです。

で、最後の最後は、どうなったのか!!ぜひぜひ、自分の目で確かめてください。

↓クリックしてもらうと励みになります!うしっ!
banner_03.gif

�� 追記

あらら、もう出るんですね。

てか、2007年のモノですからね。

2009年 11/20 発売予定!

おススメです! �A�b�v���[�h�t�@�C��

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
。・゚・(*ノД`*)・゚・。
こちら上映ありません。
評判いいから観たいのに・・・ e-259
二人ともそんなによかったんだ!?
ますます観たいわ~( ´・ω・`)

ラッセルもベイルも苦手な私でもイケそうね v-218
あんちゃんのイラストもとっても素敵に描いてるもんね e-266
『いい加減ランキング』も上昇してるし(笑)

「オレ、ブルース・ウェインもやってる」
ベイルの「リベリオン」って観たことありますか?
カッコいいよ~ v-27
見た目は“まんまマトリックス”だけどね(笑)

今日レンタルでタイトルのちょっと似てる「その土曜日、7時58分」v-52 観たんだけどダメ?
のっけからフィリップ・シーモアの全裸Hシーンv-16 ドン引きだったよ~ v-12e-330
男臭いカッコいい二人とは大違いだ! i-282

以上、観てないのに一番コメント&関係ない話で失礼しました・・・
2009/08/21(金) 00:25:52 | URL | ロク #z6GZigPw[ 編集]
そっかあ。
世の中「ラッセル・苦労はキライ」
って人の方が多いのかあ。

私は「グラディエイター」見たとき
「世界で一番セクシーな腋の下の持ち主」
認定してますから!
太ってても痩せててもくだらないゴシップ見ても許しまする。

題名が西部劇って感じしないですねえ。
DVDになるのが楽しみです。
2009/08/21(金) 09:39:11 | URL | De-Mur #UTTqB9Tc[ 編集]
>ロクちゃん
そっか、上映ないんですか...。
これ、上映館と上映時間が少ないんですよ...。
男臭い西部劇なんだけど、今回ラッセルがセクシーにきめてるし、あとベイルでしょう。十分、女性にも嬉しい2人です v-238 うん、よかったよ~ v-221

えっ? ラッセルもベイルも苦手だったんですか?知らんかった。
ロクちゃんは、全方位惚れやすい体質だと思ってました。ごめんね~(笑)
2人とも素敵で、いい演技でしたよ e-278

ベイルの「リベリオン」観たことないですね。
今度、観てみますよ。ちょっとベイルに興味を持ち始めたんで e-454

>「その土曜日、7時58分」v-52
あ、タイトル、似てる似てる(笑)
これ、観たかったけど、単館中の単館で観そびれた映画です。
えっ? のっけからフィリップ・シーモアの......!うわっ!
フィリップ・シーモア!私の「全裸Hシーンを見たくない男優・ベスト3」に入りますっ!!

うふふ、いえいえ、1番コメントありがとうございました e-348
2009/08/21(金) 17:45:56 | URL | 管理人 #-[ 編集]
>De-Murさん
そうなんです...。ベイルファンのほうが多い、と思う...。やっぱ、顔かな?!(笑)
「ラッセル・苦労」(笑)を嫌いな人って、綺麗な女性に多い気がするんです。これは、私の勝手な推測ですが(笑)

「グラディエイター」最高でしたー!e-349

>「世界で一番セクシーな腋の下の持ち主」
脇の下?!そ、それは気づきませんでした!?
De-Murさん、結構、マニアックなんですね。
てか、私に言われたくないですよね~、たはは。

そうそう、太っていてタレ目でいい人そうに見えるのに、案外、短気みたいで...私生活はトラブってますよね。まっ、いいか。とにかく早く痩せてほしいデス。

ホント、 題名が西部劇っぽくないですね。DVDでも、おススメですよん v-354
2009/08/21(金) 18:00:11 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ゴメン、また来た
>ロクちゃんは、全方位惚れやすい体質だと思ってました。
大当たり!!v-398
間口はすごく広いよ~~ e-415e-415(笑)

ベイルはイケメンだし結構好きだったのよ。
「ビギンズ」観てからカッコいいなあと思っていろいろ過去作品も観たもの v-52
私は気に入るとトコトン出演作を観ずにはいられないタイプ(笑)

でも「ターミネーター」の撮影現場での乱暴な映像とか流出したじゃない?
あと事実か知らないけどDVの噂とか・・・
そういうとこでちょっと苦手意識が出ちゃってね (;^_^A

俳優なんだからスクリーンの中の演技だけでいいとは思うけど・・・
どうもそれ以後怖い人に見えちゃって(笑)

あ、ラッセルは最初から苦手~
ゴメンチャイ e-466

【追伸】
あんちゃんを男泣きさせた「レスラー」、やっとウチの地元で公開です (遅っ)
明日からで初日初回に行きます!!
2009/08/21(金) 20:40:52 | URL | ロク #z6GZigPw[ 編集]
ううん?
オリジナルのほうにTBいただきましたので、こちらも返しましたけど。
週末に、このリメイクは観る気なので、また来ます!
I'll be back!
2009/08/21(金) 22:30:55 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
>ロクちゃん
あ~、やっぱし~(笑)間口は広いんですね ~i-278

あ、そうそう、ベイルに対するロクちゃんの意識の変化も分かります...。
「ターミネーター」の撮影現場でのブチ切れた声が、流出してましたよね。
あと、母と姉とケンカしてDVしたとか...。妻とも良好じゃないけど、母とはもっと上手くいってない、と言ってましたよ(涙)まぁ、私生活は幸せじゃないみたいで...芸術家の宿命かな。ベイルって『太陽の帝国』で子役デビューしてからあとが大変で、シールド張るようになった...という記事を読んだ事があります。『ダークナイト』でも共演者のヒースが亡くなって、色々とショックだったのでしょうね...。顔つきが暗くて、私にはイケメンにも見えなくて苦手だったんですよ。でも、この間の『ターミネータ4』で、顔はカッコイイな!と初めて思いました。で、この映画で俳優としても、おぉ!と思いましたよ。ファンじゃないけど(苦笑)

>あ、ラッセルは最初から苦手~
うううぅぅ~~(泣く)ロクちゃんってきっと綺麗な人だから、ラッセルみたいな小汚い太ったタレ目の男が嫌いなんですね...ぐすん。

おぉ!『レスラー』を観に行かれるんですね!
ロクちゃんは "女泣き"してきてくださいませ^^
2009/08/21(金) 23:20:29 | URL | 管理人 #-[ 編集]
>ボーさん
オリジナルのほうにTBしてしまいました~(汗)

おぉ!週末に、このリメイクをご覧になるんですね。
オリジナルも知ってる方のレビューは、貴重ですっ!
お待ちしています e-257
2009/08/21(金) 23:28:25 | URL | 管理人 #-[ 編集]
セクシー・ラッセル
こんにちは。
お越し頂きありがとうございました。
この作品、本当に大好きなので、本作のレビューに足を運んで頂くと嬉しくなります。

ラッセル、野生的でセクシーでしたよね。
私の知人にも、ラッセルのことケチョンケチョンにけなしてる子がいたけど。
「草食系」なんて言葉が流行ってしまう今こそ、この野性味を!って思ってマス。
イラスト素敵ですね。
チャーリーも入っているところが嬉しいです。
シッポつきなんですね(笑)
チャーリーの服も西部劇っぽくないのが、いいですよね。
2009/08/22(土) 18:06:10 | URL | となひょう #-[ 編集]
ラッセル・クロウ
やっぱりそうですよね。 これ、『ワールド・オブ・ライズ』の前の撮影ですよね。
『消されたヘッドライン』では、戻りかけてますって感じでしたから。。。
このラッセルの絵、美形さんですね! 
今回の役、すごく私は素敵だと思いました。

ベイルの絵も目元がよいです!
去年のあの映画よりも、実はこっちの方が好きです~。
2009/08/22(土) 21:09:37 | URL | rose_chocolat #ZBcm6ONk[ 編集]
>となひょうさん
この作品、私も大好き!ベイルにもビックリしましたし、あの感情吐露の演技は心を掴まれました。監督がずっと映画化したかった!と後で知り、ひどく納得しましたもの。

このラッセル、野生的でセクシーでしたね!
となひょうさんの知人って、女性でしょう?どうして女性受けが悪いのかしら?!(涙)
まっ、確かに爽やかな容姿じゃありませんが......。私は、ラッセルの出てる映画、好きなのが多いんですよ。演技力とこの野性味、いいのにねぇ......。

イラスト、ありがとうございます!
この映画の魅力が出ればと、いつもより丁寧に描いております(笑)
チャーリーは悪魔のシッポつき(笑)
そうそう!チャーリーの服!西部劇っぽくない!ありゃあバイク乗りのライダージャケットみたいでした。おまけにオレンジ色のズボンは、ボタンが一杯で(笑)
あれだけボスにこだわっていたチャーリーだったから、服にもこだわって、きっとお気に入りの格好だったと思います。チャーリーのキャラも良かった。報われない愛って、哀しいですねe-259
2009/08/22(土) 22:54:29 | URL | 管理人 #-[ 編集]
> rose_chocolatさん
そうですね。『ワールド・オブ・ライズ』の前ですね。まだ痩せてますもん(苦笑)
今、西部劇は日本でも興行的に難しいから「塩漬け」されてたんでしょうね。

>このラッセルの絵、美形さんですね! 
お恥ずかし~(汗)手が手が、止まりませんでしたぁ...。
つい美化してしまい、似てなくなりましたぁぁ...。
今回の役、素敵でしたよね。声も低音でセクシーでした。もしも、名前を聞かれたら夫より先に「あん!」って、私なら急いで答えます 、うふふ e-446

ありがとうございます^^ベイルは、やっぱカッコいいですね!
私も、去年のあの映画よりも、こっちの方が良い!と思いますよ~ v-218
2009/08/22(土) 23:09:13 | URL | 管理人 #-[ 編集]
上映館は都内では新宿ピカデリーだけ、関東だと、あとは川崎や千葉、三郷くらいですね。もったいない。
西部劇は受けないと思われているのでしょうけど、新ピカは結構、込んでいました。

ベイルも主役ですとも! 泣かせるじゃないですかあ~。
ベン・フォスターも個性的でよかったですよね。エンジェルだったのか。ちっとも気づかず。
ピーター・フォンダも同じく気づかなかったですね。年取ってからの顔を記憶してない。。。

いやはや、単なるリメイクではなく、脇役まで新たに、きちんと構築していった傑作ですよ。
2009/08/23(日) 08:26:21 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
>ボーさん
そうなんですよ~。上映館、ひどく少ないでしょう!
新宿ピカデリーは、まだ込んでたんですかー。この夏の大人の洋画としてはピカ1 e-69 だと思うんですが、もったいないですよね。

ベイルも主役ですよね!今回のベイル、泣かせますね~。お父さん役、切ない...e-445

チャーリー役のベン・フォスターも、印象的でしたね~。
あの繊細なエンジェルだったけど、今回はまるで悪魔なんだもん(笑)
あまりに役柄が違うんで分からなかったですよね。
ピーター・フォンダ、もうあまり出てない俳優さんですしね。老けましたね。
脇役も個性的な俳優を配していて、良かったですね。

>いやはや、単なるリメイクではなく、脇役まで新たに、きちんと構築していった傑作ですよ
オリジナルをよく知っているボーさんが仰るんだから、間違いない出来映えですね v-221 ジェームズ・マンゴールド監督の長年の思いがよく分かる作品でした v-237
2009/08/23(日) 19:40:29 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ラッセル・クロウはあの目が好き嫌いに分かれるところ?
相当ステキに描かれてる彼、本人に見せたいくらいですね。
2009/08/23(日) 21:51:25 | URL | バルおばさん #-[ 編集]
>バルおばさんさん
ですね。ん?ところで、バルおばさんさまは「好き嫌い」のどっち?(笑)

>相当ステキに描かれてる彼、本人に見せたいくらいですね。
相当~~?!(笑)うんうん、本人に見せたい~!
でも『ワールド~』も『消された~』もデブに描いてるからな...。
ラッセル、私生活は乱暴者なんですよ...i-229
2009/08/23(日) 22:12:28 | URL | 管理人 #-[ 編集]
男泣き
これは女でも男泣きだよね(って、私は相変わらずウルっとしただけですが、感動の鳥肌でした)

ラッセルの外見は好みでないけど、この人、本当に上手です!
「消された~」なんてのもそれなりに見れたのは、やっぱり彼が上手だからだと後から思った。
悪党をここまで魅力的な男に仕上げたのは、すごいね。
残酷だったりユーモアあったり、イラスト嗜んだりと魅力的だったわ!
ベイルも良かったよね~。
家族を守り男の意地を通し、息子に身をもって教える姿は感動だった~ベンに吐露する演技は本当に上手でした。
2009/08/23(日) 23:30:36 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
こんにちは。
こんにちは。

この映画の私設応援団を作っているつもりの自分としては、
こちらでの高評価が嬉しくてたまりません。
しかも女性からの支持も多い。
男だったら「ラッセルの色気」という言葉は出てこないです(汗)。

ヘンリー・フォンダの悪役というと『ウエスタン』ですね。
よくご覧になっている。
2009/08/24(月) 14:30:59 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
>オリーブリーさん
うん、これも『レスラー』に続く男泣きの映画ですよね。

ラッセルって、演技上手いと思いますよ!
そういえばオリーブリーさん「消された~」もこれもオリジナルをご覧になってるんですよね。オリジナルを観ていても、なおかつ、もっと感動があるリメイク作品ってスゴいですよね。

あっそうそう!ウェイド、絵が上手でしたね!悪党なのに魅力的でしたね。
息子も、絵が描かれたあの本をずっと持ってるだろうな...。

ベイルは良かった~!ベンに吐露する演技は、驚きましたよ。
息子に男の生き方を見せたダン父さんに、泣けました!
この映画、どっちかというと男の支持を受けているけど、女でも子供を持ってると、ぐっとくる作品ですよね...。
2009/08/24(月) 23:30:17 | URL | 管理人 #-[ 編集]
>えいさん
この映画の私設応援団を作ってらっしゃる?つもり!(笑)
そんなに~!と思うと,私も嬉しい気持ちです。

これ、心にきましたよ!しかもカッコイイ^^
よく考えると、男受けする映画でありましたね。
そうなんですか?男だったら「ラッセルの色気」という言葉は出てこないんですか?汗、出されても~(笑)

『ウエスタン』ですか。題名は覚えてないんですが、フォンダ一家は興味があって。
父と息子...そういえば、ヘンリー父とピーター息子は不仲でしたね...。
2009/08/24(月) 23:38:40 | URL | 管理人 #-[ 編集]
やっと~~(T^T)
感想アップできましたあ\(~o~)/
もともと観たかったのですが、上映館も少なく
行けないかも(T^T)と諦めていたのですが
あんさんはじめ映画ブログの皆様の評価が高かったので
観に行きましたが、いや~~~素晴らしい!
もう文句なし!満点でした!良かったよ~(T^T)

ジョニ友のオーちゃんと好み似ているので(笑)
ラッセルは苦手ですが(笑)演技は上手い人だと
思っています^^公開が2年前だから、ワールド~の前だったんだんね~このくらい痩せているといいよね^^
このラッセルはカッコイイと思う。イラストはいい男過ぎるけど(爆)
ベイルも良かった・・・自分の真意を話すところは涙なくして
観れないよね(T^T)イラストのベイルもいい男だけどこれは
許す(笑)DVDになったら、また観る~~!!!
わんこ部下チャーリーはちょっとかわいそうな気もしました(^^;

あんさんの好きくない男優10、好きな男優20、気になる~(笑)
2009/09/15(火) 19:34:11 | URL | ひろちゃん #0FtB7ubA[ 編集]
>ひろちゃんさん~♪
祝!感想アップ~!!v-315 良かった良かった~\(~o~)/
どうして、こんなに上映館も少ないんでしょうね。不思議なくらい。
男性ブロガーの評価も高かったですよね。この映画、良かったですよ!!

うふふ、オリブリさんと好みが似てて(笑) ラッセルは苦手なんですね(笑)
演技は上手い人ですよね。同じオーストラリア付近出身のヒュー・ジャックマンと違って「体」では売れませんから「演技」で頑張るしかないのですっ!(笑)

ホント、このくらい痩せているといいよね^^もっと痩せてもいい(笑)
確かに、イラストはいい男過ぎました(笑)
私の目がいかに曇ってるか、よく分かりますよね、たはは。
ベイルも良かった!私、ベイルを見直しましたよ。
あのシーンは・・・胸をきゅっと掴まれ、涙が出ました e-445
ベイルを描きながら、あぁ、この人いい男だと思いましたよ。もち、許してね(笑)
私もDVDになったら、また観たいです~!!

わんこ部下チャーリーは可哀想でした。彼、ボスを愛していたんだと思う。
報われない愛って、辛いわね ・・・e-452
私、チャーリーのファッションセンス、好きでした(笑)

>あんさんの好きくない男優10、好きな男優20、気になる~(笑)
うふふ、どうしよう~細かく考えてなかったぁ~ e-456
2009/09/15(火) 21:29:54 | URL | 管理人 #H7qCcj16[ 編集]
ラッセル・クロウがお好きでしたか
ラッセルは、ロビンフッド役で、またすっきり痩せているようですね。
私は生で見たこともある、クリスチャン・ベイルの方が好きですが、真面目すぎるのが玉にきずです。ラッセルのオフスクリーンの様子も好きじゃないし、オフスクリーンでは、ヒュー・ジャックマンが一番でしょうか。アメリカ人でない二人の西部劇でしたが、男くさーくて、男の美学でいい話でした。 ここのところ、こちらへのTBの調子が良くなかったのが治り、一気にTBさせて頂きました。
2009/09/17(木) 09:01:21 | URL | 風子 #z8283xuI[ 編集]
>風子さん
ラッセルの映画、結構、自分的に印象に残るんで好きなんです。
女性陣にこんなにラッセルが好きじゃない人が多いって、驚きです(泣く~)
ロビンフッド役で、またすっきり痩せているとは、嬉しいデス^^

おぉ!生クリスチャン・ベイルも!(私、驚いてばっかりw)
あ、そうそう。ベイルって真面目すぎて役づくりも悩みそうな感じですよね。

ラッセルのオフも、色々伝わってきますよね。
ヒュー・ジャックマンは、そんな話聞きませんものね。
あ~!全く!西部劇なのに、アメリカ人じゃなかったですね。
男の美学と男の生き方を描いた作品でしたね。 
そうなんですよ。ウチのTBが調子悪くて、ご迷惑かけてすみません。
TBありがとうございます。
2009/09/17(木) 21:45:43 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 西部劇は苦手、、、、。 二年前トロント行った時に上映してて、こんなふたりの組み合わせでやるんだ~ とインパクトあるタイトルも印象にあったこれ。 やっと...
2009/08/21(金) 09:48:04 | 我想一個人映画美的女人blog
狙撃の名手だったダン・エヴァンス(クリスチャン・ベイル)は、 南北戦争で片足を負傷し、妻と2人の息子とアリゾナで小さな牧場を営みなが...
2009/08/21(金) 14:58:59 | 心のままに映画の風景
8月8日公開の映画「3時10分、決断のとき」のオリジナル版。
2009/08/21(金) 22:28:34 | 或る日の出来事
本国公開から2年も経っている上に、上映館は東京23区でたった一館・・・。 まあ今の日本で、渋い西部劇のマーケットなど殆ど存在しないのは分...
2009/08/22(土) 01:05:58 | ノラネコの呑んで観るシネマ
原題:3:10TOYUMA監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ピーター・フォンダ、グレッチェン・モル、ローガン・ラーマン鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>妻と二人の息子と暮らす牧場主ダン(クリ...
2009/08/22(土) 20:33:46 | NiceOne!!
観て、よかった。男泣きですよ、これは。
2009/08/23(日) 00:04:37 | 或る日の出来事
-----今日、フォーンが「シネマのすき間」で聞いてきたのは、 『3時10分、決断のとき』 あまりまだ知られていないけど、 実はこの映画、クリスチャン・ベイルとラッセル・クロウが共演した西部劇。 えいが言うには、 「今年のベストワン級!“男泣き”の映画」ニャんだっ?...
2009/08/23(日) 22:35:37 | ラムの大通り
熱い銃撃戦、駆け引き、男のプライド。 牧場主のダン・エヴァンスは、捕まった強盗団のボス、ベン・ウェイドをユマ行き午後3時10分発の列車に乗せるという護送の仕事を引き受ける。西部劇というのは食わず嫌いしてしまうジャンルで、他のクラシック名画は観ても、西部?...
2009/08/26(水) 13:39:17 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
心に秘めた生き様に 男は静かに命を賭ける。 原題 3:10 TO YUMA 製作年度 2007年 上映時間 122分 監督 ジェームズ・マンゴールド 出演 ラッセル・クロウ/クリスチャン・ベイル/ローガン・ラーマン/ベン・フォスター/ピーター・フォンダ/ヴィネッサ・ショウ/アラン・テュ...
2009/08/29(土) 00:06:06 | to Heart
 【ネタバレ注意】  『ダークナイト』では船客たちが命を懸けた決断に迫られる。どのような決断を下すのか、観客は固唾を呑んで画面に食...
2009/09/06(日) 12:40:53 | 映画のブログ
3:10 to Yuma (2007年) 監督:ジェームズ・マンゴールド 出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ベン・フォスター、ピーター・フォンダ エルモア・レナード作の小説を映画化した1957年作「決断の3時10分」のリメイクで、逮捕された強盗団のボスの護送を引き受け...
2009/09/07(月) 01:30:05 | Movies 1-800
3:10TOYUMA心に秘めた生き様に、男は静かに命を賭ける。映時間122分製作国アメリカ公開情報劇場公開(シナジー)初公開年月2009/08/08ジャンル西部劇/サスペンス/ドラマ【解説】ラッセル・クロウとクリスチャン・ベイルの2大スター競演で贈る熱き男の西部劇ドラマ。エル...
2009/09/15(火) 19:37:32 | CinemaCollection
男の誇り父として 夫として公式サイト http://www.310-k.jp原作: エルモア・レナー
2009/09/17(木) 08:46:47 | 風に吹かれて
見どころ満載の西部劇でした
2009/11/30(月) 15:51:53 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク
 『心に秘めた生き様に、男は静かに命を賭ける。』  コチラの「3時10分、決断のとき」は、2009年のベスト・ムービーにあげているブロガーさんも多かった2008年製作、日本では2009年に公開された西部劇です。勧善懲悪の正統派西部劇ではないのですが、強盗団のボスのベ?...
2010/01/03(日) 20:51:54 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
あらすじ牧場主ダンは駅馬車が襲われる現場を目撃し、保安官に通報。一味の首領・ウエイドは逮捕された。そして、ダンはウエイド護送を買って出るが・・・。感想全米NO1ヒット最...
2010/09/29(水) 09:47:03 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。