映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイフ・ファインズ
2009年07月28日 (火) | 編集 |
『麗人箱』シリーズです。
過去の銀幕の美形をぼちぼち描きたいな~って。レオやブラピやキアヌは、いつが一番美しかったのか?フェロモン男や熊男や男の中の漢(おとこ)も描いてみたいな。"微乳の麗人"は描いたので、本当の"美乳の麗人"も描きたいな、とかとか思っておりまする。

『愛を読むひと』に出ていたレイフ・ファインズ(1962、12/22生まれ)...コメント欄のリクに応えて。
さてさて、レイフ・ファインズは"綺麗"なのか?あ~ん?と問われたら......あのあの、この方は演技がハンサムなんです。"恋に苦悩する男"が似合う。しかも、恋は恋でもオトナの恋。この味は、若いもんには解りますまい、ふぉっほっほ。


すべての女性よ嵐が丘で待っていて!涅槃で待つ?それは別ジャンルのオトコの世界。
愛に生き、愛に狂い、愛に復讐する......『嵐が丘』(1992)
レイフ990.jpg
レイフ・ファインズの映画初出演!と思えないようなヒースクリフ役!
激しい愛を秘めぎらつかせる光る眼が、印象的です。
まぁ、でも、この映画、いまいち気持ちがノレなかった...キャサリン役のジュリエット・ビノシュに、共感出来なかったというか、嫉妬したというか...(苦笑)ジュリエット・ビノシュって、いつもいい男と共演しているんですよー(やっぱ、嫉妬かw)


私は未見ですが、過去、ウィリアム・ワイラー監督の『嵐が丘』もあり。こちらはローレンス・オリヴィエとマール・オベロン。きっと名作なんでしょうね。

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』
『ハリー・ポッター』もそうですが、翻訳がいろいろ難があるそうで、原書で読むのが一番良い!そうです(なかなか、それも難しいけど...)

イギリス北部の荒涼とした風景に、繰り広げられる妄執の愛。
天国に行くより、ヒースが生い茂る荒野で亡霊となって彷徨いたかったキャサリン。
こんなにヒースクリフに激しく愛されて憎まれたら、キャサリンは安らかには眠れないでしょうね。
この原作は...なんというか凄いですね、情念の世界。
エミリー・ブロンテが書いた生涯ただひとつの小説!
私も、こんな小説をひとつだけ書いてみたいです、挿絵付きで。




嫉妬は欲望の裏返しだ。愛は嫉妬だ。......『ことの終わり』(1999)
レイフ991.jpg
レイフ・ファインズは、時々こ~んな切ない濡れた目をしますね。
普段は冷たい雰囲気を漂わせているから、こんな表情は好きな女性にしか見せない。
しかも、愛する女性をつい苛んでしまうサディスティックさをちらりと見せる所が、またよい(笑)『シンドラーのリスト』(1993)のナチ収容所の所長は "ちらり"どころか"かなり"でありましたが(汗)あの狂気がひそむ役も、彼でなければ出せない複雑な味でした。

このジュリアン・ムーアは美しい!つい、この間は『ブラインドネス』でソバカスだらけの酷い似顔絵を描いてごめんなさいっ!この映画の彼女はエレガントかつ神秘的な雰囲気で、赤がよく似合う大人の女。レイフ・ファインズの相手に相応しい。2人とも惜しげもなく激しい性愛シーンに挑んでいます。
"高級官吏の妻と作家の不倫の愛"という俗っぽい単純なストーリーになり得るのに、時系列に何度も何度も同じ場面をお互いの視点で見せ、観る側に驚きをもたらす。冒頭や後半で、夜中ずぶ濡れになりながら妻の事を考え彷徨う夫も、何だか哀しくロマンチックに思え、最後に仕掛けられている奇跡にも不思議な余韻を感じます。
香り高い愛の寓話です。



グレアム・グリーンの傑作と言われた『情事の終わり』が原作。

1940年代、戦時下のロンドン、高級官吏の妻サラと作家モーリスとの不倫の恋。

これはカトリックの "愛"を描いたもの、だそうで...どおりで。
モーリスは、一生、神に嫉妬してください。

これも、デボラ・カー主演で『情事の終わり』という映画があります。(未見)






身も心も焦げつきた。思い出すはあの人...『イングリッシュ・ペイシェント』(1996)
レイフ992.jpg
第2次世界大戦の北アフリカ、赤く美しい砂漠地帯で飛行機を爆撃され、全身火傷を負った記憶喪失の主人公。過去の人妻との許されない愛を途切れ途切れに思い出し、苦悩するレイフ・ファインズ。
なんと、この顔のメイクに3~4時間かかったそうです。
この火傷したレイフ・ファインズを見て「ヴォルデモート」にキャスティングされたのでは?と私は思いましたデス(笑)



じゃ~ん!これがヴォルデモート卿!...『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』(2007)
レイフ994.jpg
いや~、レイフ・ファインズ、よく蛇男のヴォルデモートを引き受けましたね(笑)
これ、誰がやっても同じのような......(苦笑)しかし、ハリーポッター・シリーズつ~のは、脇の大人の俳優陣に英国の名優を、何気に贅沢に使っていますね。

『ハリーポッターと謎のプリンス』で"11歳のトム・リドル" をやっていたヒーロー・ファインズ=ティフィンはレイフ・ファインズの甥だそうで。
まっ、元々、レイフ・ファインズは子沢山の6人兄弟の長男で、末っ子はあの『恋におちたシェクスピア』『キリング・ミー・ソフトリー』のジョセフ・ファインズ。レイフは知的で、ジョセフは可愛い感じ。でも、滅びゆく草原の広い額の形が似ている(笑)
ファインズ家は多才な人物が多いので、これからレイフ・ファインズの甥や姪がたくさん世に出て来るやも知れませんね。

とにかくこの先、レイフ・ファインズに特殊メイクの役が増えないように!と祈る管理人なのでありました(笑)

↓気温30度以上あると活動停止する管理人に愛のクリックを!
banner_03.gif


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ふ~む・・・
そう来たか(笑)
私にとってはこの人、麗人括りには入らないな・・・

特に好きでも嫌いでもないんだけどさ~
存在感はすごくあるよね v-218

>この方は演技がハンサムなんです。

あんちゃん、上手いこと言うわね e-440
でも、それって結局見た目はイケメンじゃないってこと?(笑)

「嵐が丘」も「ことの終わり」も「シンドラー」も「ペイシェント」も、
おまけにもちろん「ハリポタ」も観てないよ~(;^_^A
私は「レッドドラゴン」のレイフが好きです!
イッちゃってますし切ないです。
もちろんエド様目当てですが何回も観ました e-420

あと思い出したけど「メイドインマンハッタン」の時はすごくステキだった v-238
まだレイフを知らなくて検索したわよ~ e-278
うっかり惚れそうだった(気が多過ぎるってことは自覚しちょります)

濃い弟ジョセフは苦手です。
あんまり似てないよね。

見逃しそうになったけど 「涅槃で待つ」 そ、それはもしや・・・(; ´・ω・`)

ちょいとあんちゃん~!
>気温30度以上あると活動停止する管理人に~

それって、「8月は休む(正確にはサボる)」と公言してるようなもんじゃないの!?
コラコラ! ( ̄ε ̄)
2009/07/28(火) 23:40:25 | URL | ロク #z6GZigPw[ 編集]
レイフより弟のほうが映画でたくさん見てると気がつきました。

「嵐が丘。夏の暑い時に見るのもいいわね」
と読み進んでジュリエット・なんたら・・と見た途端。
尻尾がみるみる下がって足の間に挟まりました(爆)
ダメだ。あの人。
「ダメージ」だってものすごく楽しみにして見たのに
「・・・だってさ、ジュ・・・だよ?悩むか?惚れるか?
え?ジェレミーってばさあ」
と突っ込み通し。
話違う方に行きました。失礼。
2009/07/29(水) 09:52:28 | URL | De-Mur #UTTqB9Tc[ 編集]
>ロクさん
そう来たんです(笑)
う~ん、この人"麗人"とはちょっと違うかも~、まっリクに応えてv-221

>でも、それって結局見た目はイケメンじゃないってこと?(笑)
どきっ。うふふ、若い時は恋に思い悩む姿が良かったの~。
私にとってインパクトある役が多かったので、印象に残ってるんです。

「レッドドラゴン」エドも良かったです!エドどまりで、うっかり惚れなかったんですね(笑)「メイドインマンハッタン」カッコよかった~!彼ならソツなくやれる役でしたね(^^)どちらかというと「ことの終わり」や「ペイシェント」のような許されざる恋に苦悩する役が、彼の真骨頂だと思います。この辺でハマらないと、確かに彼にキューミが無いかも知れませんね~。

濃い弟ジョセフと、感じが あんまり似てないですよね。

「涅槃で待つ」v-190 見逃してくださいよ~(;^_^A

なるべく、8月は休む(正確にはサボる)!?なんて事がないよう~頑張る所存でござりまする~(滝汗)
2009/07/30(木) 08:34:11 | URL | 管理人 #-[ 編集]
>De-Murさん
末 弟のジョセフも、けっこう映画出てますもんね~。
夏の暑い時に「ジュリエット・なんたら」を見ると、血管がピシっとキレるかも~(笑)
非常~にモテる女の役をやりますよね...この「ジュリエット・なんたら」(嫉妬か~w)

分かりますよ。はっきりと書かれていないところが、De-Murさん の品があるトコです。
私も"ヒースクリフはなんでジュリエット・ビノシュに固執するんだろー?解せん!"と思いましたデス。
ジェレミー・アイアンズみたいな英国紳士が恥も服もかなぐり捨て体を張った演技をしているのですから、相手役も"魔性の美女"をキャスティングしてほしいところですよね~(泣く)
「ダメージ」観て、ダメージ受けたんですね...De-Murさん e-445
2009/07/30(木) 13:10:12 | URL | 管理人 #-[ 編集]
レイフと
ジョセフが兄弟ってず~っと知らなかったんですよね~。
知ったのって本当最近。
それぐらい言われなきゃ気付かないぐらいなのだけど、
確かにオデコは似てるかも~(´▽`*)アハハ
やっぱり美しい方は見るのも描くのも楽しいでしょうね~。
2009/07/30(木) 22:54:16 | URL | miyu #-[ 編集]
>miyuさん
私はこの記事書くまで、レイフとジョセフが兄弟って知らなかった (´▽`*)アハハ
神父さんが、あのドラコ・パパの銀髪ロンゲのルシウスだとは!これも知らなかった~。
ジョセフの最近のオデコは...似てますよね(笑)
やっぱ美しい方は見るのも描くのも楽しいですよ~ん、でへへ。
2009/07/30(木) 23:11:38 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは♪
レイフ・ファインズは、好き(なうちの1人/笑)なので、
ここで、いろんなレイフが観れて嬉しいです~♪
一度、ホラーでも何でもないのに、「死んでも死んでも『復活』するレイフ」の映画を観たんですが
あれは、ファンじゃなかったら、「くどい」と言われそうです。

レイフとジョセフは似てないように思うんだけど、
と~きどき、何かのはずみで似てると思うことが何度かあって、
タイプも出演作も役柄も違うけど、全く似てないわけじゃなくて、
それに気づいた時、自分でもビックリでした。

2009/07/31(金) 00:22:34 | URL | 悠雅 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/31(金) 19:57:06 | | #[ 編集]
>悠雅さん
いろんなレイフ・ファインズを見ていただいて、嬉しいです^^
悠雅さんの『愛を読むひと』のレビューを読ませていただいた時、きっとレイフがスゴくお好きなんだろうな、と思いました。あ、他にも沢山好きな人いらっしゃるんですね(笑)
ホラーでもヴォルデモート卿でもないのに「死んでも死んでも『復活』するレイフ」の映画ですか?!(汗)
レイフとジョセフはタイプは違いますが「兄弟」と言われれば...どこか納得する所がありますね~。

『ことの終わり』の神父(ジェイソン・アイザック)がドラコパパだなんて!ビックリでしたが、憎めない探偵(イアン・ハート)がクィレル先生とは!で、レイフのヴォルデモートかぁ!(笑)
2009/07/31(金) 20:44:01 | URL | 管理人 #-[ 編集]
>鍵コメさん
えっ~~!それはそれは、すみません!!
コメントが表示できなくて、ごめんなさいね!
エロ・スパムが来るたびに、その言葉を禁止に指定してたら多くなって~。
禁止キーワード、かなり H なのだけ残して解除しました。すみませんっ!

うんうん、鍵コメさんはいやらしいこと書かない人ですよ~。
こちらこそ、ごめんなさいね~ (涙)
2009/07/31(金) 21:14:18 | URL | 管理人 #-[ 編集]
わーい、わーい!!
あんさま、大好き。
こんだけいっぱいのレイフ様!!!!
もち、あたしのためですよね。
ありがとうございます。
「嵐が丘」は、妙に懐かしい。まだ若かったですねえ。
完全にジュリエット姐さんに握られてましたからねぇ、って何を?
あのキャサリンは強すぎました。

やっぱ英国人の患者ですかねえ。あのしわくちゃぶり。素敵です。何になっても目線がいいのよ。
でも、もうかぶり物はやめてほしい。

「オスカーとルシンダ」の悲劇的な姿もいいわああ。
と考えると、どれもみなニコッと終わる映画はないですね。
まったくもう、レイフ様ったら、にくいわ。
ということで、ありがとうございました!!!!
2009/07/31(金) 21:49:31 | URL | sakurai #8zie0QSw[ 編集]
男女の好み
女性に好評らしい『イングリッシュ・ペイシェント』にノレず、
『ことの終わり』の方が好みな私は、
永遠に女性が分からないんだろうと思っていますw

『嵐が丘』は未見なので、機会があったら観ようかな。

沖の方にいる涅槃の人に気付く世代には、
苦笑しつつも爆笑のレビューでしたね(笑)
2009/07/31(金) 22:06:20 | URL | Prism #EY6vSw5E[ 編集]
>sakuraiさん
もち、sakuraiさまのためです e-454あと「謎のプリンス」公開記念にヴォルデモート卿つながりで v-221

「嵐が丘」は、映画初出演でしたからね。うん、若かったですねえ。
ジュリエット姐さんは、個性ありますもんね。キャサリンじゃなくても、男を振り回すのが上手いですから。あ?握られてましたね~(笑)
あ、そうそう「イングリッシュ・ペイシェント」も「英国人の患者」を下敷きにしてるんですよね。レイフは、ホント文芸物がぴったしだわ~。

うんうん、目が切なげでセクシーですね。
ハリポタの最終章はレイフの演技力がいると思いますが、これを最後にかぶり物はやめて普通の顔で演技してほしいですね。

「オスカーとルシンダ」未見ですが、の悲劇的なんですかぁ。俄然、キョーミが(笑)
そう言われてみると、どれもみなニコッと終わる映画は少ない。相手も自分も苛まれて苦悩するのが、実に似合いますね。いえいえ、私もレイフの瞳を色塗りしながら切なくなって...楽しかったです(^^)
2009/08/01(土) 23:30:15 | URL | 管理人 #-[ 編集]
>prismさん
『ことの終わり』も良かったですよ。prismさんがこっちが良い、と仰るのも分かります。
私は悲恋物(不倫物?)は『イングリッシュ・ペイシェント』を先に観たのですが『ことの終わり』は、演出の構成と思いもかけないストーリーの展開に一種の驚きを感じましたよ。もうひとつビックリしたのが、これがキリスト教を題材にしてたこと。

>永遠に女性が分からないんだろうと思っていますw
いやいやいや、そうですか?(笑)

『嵐が丘』!それこそ、男性側からのジュリエット・ビノシュ論を聞きたいですね(笑)

>沖の方にいる涅槃の人に気付く世代には、
だはは、気づかれましたか...ある意味『嵐が丘』よりDeeeepな世界ですよね i-229
2009/08/01(土) 23:41:40 | URL | 管理人 #-[ 編集]
レイフ評が的確!
レイフ評のあまりの的確さに脱帽しました!
私は「イングリッシュ・ペイシェント」のレイフにひとめぼれし、以来、レイフ一筋なのですが、ここ数年の仕事ぶりを見ていると、たしかに特殊メイクだの声優だの、レイフがやらなくてもいいのでは?と思うような役を引き受けているので今後増えないといいなあと思っています。
今度は監督にも挑戦するみたいですね。
レイフの妹のマーサ・ファインズも映画監督ですし。
「ハート・ロッカー」の監督が撮った「ストレンジ・デイズ」のレイフの崩れた感じも好きです。
あと女装したレイフが観れる「バーナード・アンド・ドリス」では、頭をガツンとなぐられたぐらいクラクラしましたが、さすがレイフ、ゲイの役も見事にこなしていましたね。
やっぱりレイフはイギリスを代表する役者です!
2011/02/25(金) 23:06:48 | URL | うりはぜ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 コチラの「ことの終わり」は、原作がグレアム・グリーンの「情事の終わり」という自伝的と言うか実体験をモトにした恋愛小説を、ニール・ジョーダン監督が映画化したちょっとサスペンス風のラブ・ロマンス映画です。  作家のベンドリックス・モーリス(レイフ・ファイ...
2009/07/30(木) 22:53:27 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
別離の理由は・・・
2009/07/31(金) 00:23:29 | 悠雅的生活
エゴという名の純愛。 『The End of The Affair』 1946年のロンドン。 作家であるベンドリックスは、雨の降る晩に、ずぶ濡れの旧友と再会し、 妻...
2009/07/31(金) 21:52:28 | Prism Viewpoints
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。