映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さくらん』時分の花、土屋アンナ
2007年03月02日 (金) | 編集 |
今や 盛りの 花 咲くらん。
蜷川実花監督が料理した色(エロス)と色彩、どうぞ召し上がってくんなまし。
さくらんん188.jpg

極彩色で、赤が綺麗!でも、こなれて案外、品がある色彩(いや土屋アンナじゃなく、色彩に限って言えば)
ありゃ、椎名林檎の音楽も、時代劇のようで和のファンタジーでもあるこの映画にピッタリ!
エンドロールの音楽まで、聴き入ってしまった。

桜と金魚が、象徴的である。
金魚は、ビイドロ(ガラス)の中でしか綺麗に生きられない...遊女たちの運命(さだめ)を暗喩している。
原作マンガのほうには”金魚”のモチーフは出て来ないが、かなり原作に忠実。
主人公のきよ葉は、土屋アンナでキマってます。新鮮です。以後、きよ葉と呼びます。日暮だと両さんのマンガに出て来る4年に1度目が覚める人みたいで...やだから(笑)

土屋アンナは『下妻物語』で見せたように、ちょっと可笑しくてチャーミングで乱暴。

が、が、土屋アンナは、演技の幅に限界があり、色んな引き出しを持っているわけではない。

マンガのほうは、きよ葉の心と体の成長を色んなエピソードでゆっくり描いているから、彼女の我が儘も乱闘もまだ許せる(まぁマンガだし)マンガでは、苦界に居るのを受け入れ強く生きて行く女の姿。いやいや安野モヨコのマンガに出て来る女性は、実に生命力がある。
それに経験値の差か?!マンガのほうが色っぽい。

映画で観ると、土屋アンナはヤンキーな花魁にしか見えないし、官能的でもない(笑)
惣次郎(成宮寛貴)との場面や、最後の清次(安藤政信)と顔を見つめ合ったりの場面なんぞは、まるで純情な高校生みたいな表情だ。おいおい。日頃ツッパッている男子高校生が、テレまくってるみたいな。

気位の高い花魁が、客を選んでた...というのはあったのだろうが、土屋アンナがやると花魁の持つ意地や矜持の高さは感じられず、ただただ邪険で乱暴にしか見えなくて、高いお金を払って来る客の気持ちを考えたら、可哀想になってしまって(笑)

でも、今や鮮度抜群の土屋アンナの美貌?!とあの眼が、要るのね、この映画には。

一方、マンガより映画のほうで、感心したところもある。
キャラはぴったりだが、深く哀しく色を表現するほどではない土屋アンナというカードと、まだラストが決まってないマンガとその情報量を、よくまとめてある。マンガより脇役キャラを書き分け、際立たせている。

特に、粧い(菅野美穂)高尾(木村佳乃)がシャキッと小気味いい。
この2人の性根の据わった演技が、映えている。
いつから、この2人は、こんなふっきれた演技をするようになったのだろう。
素敵です。惚れ直しました。この映画のイチオシでもありんす。
高尾が死んでいくところなど(マンガではあっさりだが)映画ではゆっくりと美しく描いている。まるで、不慮の死を遂げる遊女の死を、悼むかのように。

女将の夏木マリさんも、如何にも”やり手婆”って感じで素敵(笑)コスチームも。

女優陣に比べたら、男優陣は少し物足りない...。

何で安藤政信?って思ったけど、マンガの清次にそっくりだったのね。雰囲気は出ている。
温かく見守るというより、クールに見ているタイプの人間だし、まぁこんなもんなのかなぁ。
でも、ずっと、見続けていたとはね...。

あのラストも少し物足りなく、甘いかも知れない。
でも、マンガのほうもラストは決まってないし、どう着地するのか迷うところだろう。

ホントにソフィア・コッポラの『マリー・アントワネット』をイヤでも思い出してしまうが『さくらん』のほうがずっと自由に作れる、という強みがある。

1.『さくらん』のきよ葉は、歴史上の人物ではない。
2.『どろろ』などの手塚マンガと違って、ファンがうるさくない(きっと映画を観てから、原作マンガを初めて読んだという”逆バージョン”が多いはずだ)

感動作ではないけれど、蜷川実花のデザイン(画、色、音)が隅から隅まで感じられ、一つにまとめられた映画であり、新鮮でした。これだけでも興味深かったけれど、あとは、心を、がっとつかんで欲しい。だから、次も観てみたい。
邦画界、いやはや、女性監督は元気です。

この映画、きっと嫌いな人は最初から観ないと思う。それは、賢明である。
でも、好きな人は、色褪せないうちに観てください。

安野モヨコは、幼い女の子から大人の女まで守備範囲の広いマンガ家であり、多作でもあります。
なのに、『さくらん』は丁寧に描かれていて、びっくりしました。
遊郭という苦界の中で、色々な事を経験しながら、結局、腹を据えて生きていく事を選ぶきよ葉のサバイバル・ストーリーでもあり、その強さには驚くばかりです。
初恋の相手の惣次郎も、結局”くわせもん”のような気がします。
遊郭で騙し騙されるのは、常のことかも知れませんが、きよ葉は傷つきます。
あの”笑う鬼だ”という所は、何も説明が無くて行間を読めなのか?よく分かりませんが、惣次郎の”実の無さ”を表しているのでしょうか?教えて、安野様。
それにしても安野マンガのヒロインは、バイタリティーがあって元気ですねぇ。



↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
うーむ
原作はラストは決まってない?
笑う鬼、ありましたね、そのセリフ。にこにこしてても、心は鬼みたく結局は冷たいんだ、とか?

花魁と遊ぶのは、1回目は顔見せだけですし、何百万円もかかる、まさにお大尽の遊び。私も金があったらなー。(おい)

2年半も前の作品で、おじゃましました!(私だったら、もはや記憶が薄れてます。)
2009/07/17(金) 22:16:13 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
>ボーさん
原作はラストは決まってなかった、ですね。
きよ葉は、たくましかったですよ。
きよ葉の恋する男は、実のない人だったのでしょうね。

花魁と遊ぶのは、お金だけ掛かって息が詰まりそうなんですがぁ~。花魁より2ランク下くらいと遊ぶのが、まだ楽しそうなんですね。ボーさんは「マリリンクラブ」とか洋モノ遊びのほうがよろしいかと(笑)

ん~~、かな~り、忘れてました、たはは。
2009/07/17(金) 23:40:22 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
思わず「SAYURI」と「大奥」と川島なお美の「失楽園」と昔懐かしい「時間ですよ」を連想してしまう・・なんだか錯乱してしまいそうな金魚と桜と遊郭の世界 8歳にして吉原遊郭は玉菊屋へと売られてきた少女きよ葉、女将(夏木マリ)の元で花魁粧ひの付き人となり、美
2007/03/03(土) 14:42:55 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
■さくらん@試写蜷川実花にはあんまし興味あるわけではないのですが、椎名林檎の映画音楽てのにはとっても興味があって。まず、土屋アンナの花魁が、なんかビミョー。とても可愛くみえるシークエンスもあるのだけ
2007/03/03(土) 22:18:51 | In Watermelon Sugar
土屋アンナ主演の花魁もの。原作も脚本も音楽も、主要ポストは女性という異例な布陣。特別協賛まで「女性向け下着通信販売会社」でした。
2007/03/07(水) 02:28:58 | ひらりん的映画ブログ
楽しみにしていた「さくらん」を観に行きました。ストーリはだいたい原作と同じなのですが、後半はオリジナル??惣次郎との関係がメインだと思いきや、かなり出番が少なくてビックリ。そしてオリジナルと思われる後半は少々勢い不足な印象です。原作を知らないとストーリー
2007/03/20(火) 01:16:19 | Tokyo Sea Side
 監督:蜷川実花×原作:安野モヨコ×脚本:タナダユキ×音楽:椎名林檎×主演:土屋アンナという顔ぶれ女性たちだけで作った映画「さくらん」を先日、京都シネマにて鑑賞。何ヶ月前から、チラシでの宣伝この色の鮮やかさに、目を見張るものがあり、そして若き女性たちがタ
2007/03/20(火) 15:46:12 | 銅版画制作の日々
 遊郭ものといえば一昔前は五社英雄、そのはるか以前は溝口健二のお家芸でしたが、最近はあまり見かけなくなりました。たまに『SAYURI』のような作品が出現すること
2007/04/27(金) 22:50:48 | シネクリシェ
2月25日(日)(前の日からのつづき)朝5時半に店を出る。とにかくたらふく肉を食べた。T社長以外はいっぱいいっぱい状態。新宿駅前で解散。ボクは歌枕さんと内博さんを新宿三丁目駅改札まで見送りをする。6時にコマ劇場前のマンガ喫茶に入り、マッサージチェアー席で爆睡。
2007/05/09(水) 21:51:23 |           
監督:蜷川実花出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、永瀬正敏 、安藤政信、小泉今日子、石橋蓮司、夏木マリ評価:74点公式サイト(ネタバレあります)綺麗でおしゃれな映画で、面白かった。原色バリバリの映像美と、土屋アンナ演...
2007/07/22(日) 20:31:59 | デコ親父はいつも減量中
 『てめぇの人生、てめぇで咲かす 花魁をなめんじゃねぇよ』 コチラの「さくらん」は、2/24公開になった安野モヨコさんの同名コミックの映画化で、演出家の蜷川幸雄さんの長女でフォトグラファーの蜷川実花さんの初監督作品なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪ ....
2007/09/30(日) 23:47:45 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
あらすじ8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女きよ葉は何度も脱走を図るがあえなく失敗。気位が高い花魁・粧ひ(菅野美穂)は、そんなきよ葉に花魁としての生き方を教える。やがて17歳になったきよ葉(土屋アンナ)は、玉菊屋にやって来た青年・惣次郎(成宮寛貴...
2008/04/06(日) 22:34:42 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
粧ひのお色気も然ることながらきよ葉もお色気満点です。こんな映画をお子様が見る時間に遣っていいものかと物議を醸しそうですが、金魚の映像と椎名林檎の音楽がよく合っています。
2008/05/12(月) 22:24:57 | ゼロから
原作のファンの方ですね♪ すごく丁寧にご覧になってます。 今や 盛りの 花 咲くらん。蜷川実花監督が料理した色(エロス)と色彩、ど...
2008/05/18(日) 18:02:05 | キラキラ女子力アップ
花魁をなめんじゃねぇよ
2009/06/14(日) 14:57:07 | Addict allcinema 映画レビュー
小泉今日子さんが出ているというので、チェック!
2009/07/16(木) 22:42:44 | 或る日の出来事
もう去年やけど、さくらん観たよ。たぶん土屋アンナしかあの役を引き受けてくれる人お
2010/02/06(土) 23:33:19 | 元水商売ホステスの大阪アルバイトの求人が…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。