映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスラー/The Wrestler
2009年06月14日 (日) | 編集 |
輝く場所も生きる場所も死ぬ場所も、ここしかない。
レスラ945.jpg
ロープの上で、万感の思いで笑ってみせてくれたランディ。この泣き笑いの表情に、ミッキー・ロークの人生もすべて詰まっている。


ミッキー・ローク!!
『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』はジョン・ローンのほうが好きだった。
(しかし、ジョン・ローンはその後急速にオネエ化して、どっかに消えてしまった)

『ナインハーフ』は『マディソン群の橋』みたいに最初は本がヒットしてて。時々、アメリカ翻訳本のブームが起こるのよ。友人が貸してくれた。NYのキャリアウーマン(←その頃こう言った)が出逢った或る危険な香りのする男との "9週間半"のめくるめく出来事。彼と別れた後、彼女が "私のサーモスタットは壊れたままだった" という空虚感を描いてるのが印象的だった。
映画の『ナインハーフ』は、スタイリッシュなHで感動もない薄さだった。
耳目を集めたのは、イチゴジャムや氷を使ったトコだけ。
映画の『ナインハーフ』が何もひっからない薄さになったのは、濡れ場は上手いけどヘラっとしたミッキー・ロークの存在感のせいだった...と私は思っている。
つまるところ、私はニヤけたミッキー・ロークが好きでなかった...。

なんと!ミッキー・ロークも自分のニヤケた甘い顔が嫌いだったらしく、男っぽい顔に崩すため何度も "逆整形"。その後、アル中やら荒れた生活だったようで...。豹柄の深いスリットのあるパンツで、やわい猫パンチを見た時「この人、何をしたいんだろう」と思ったものだ......。

そんなミッキー・ロークが、自伝的とも言える...落ちぶれた老いたレスラーを演じている。かっては人気絶頂だったレスラー、ランディ "ザ・ラム" ロビンソン(ミッキー・ローク)本名はロビン・ラムジンスキー。生活のためスーパーで働く時は"ロビン"の名札。ステロイド剤でぱんぱんの筋肉を作る。そのおかげで、心臓発作を起す。同じく崖っぷちで頑張っているとうの立ったストリッパー、キャシディ(マリサ・トメイ)との淡い恋?!も娘との仲も、上手くいかない。今までのツケがまわって、体も暮らしもズタボロ。

レスラ942.jpg予告編は最初からブルース・スプリングスティーンの曲が入り、上手く出来ている。
予告編だけで泣けた。

昔のミッキーロークを見てきた人とプロレスファンの人は、心を掴まれる映画だろう。
でも、どちらも知らない若い人には、退屈かも知れない。
これは "思い入れ"があるかないかで人によっては評価が違ってくる映画だ、と思う。


私は『レスラー』の予告を見て以来、テンションもハードルも勝手に上げてたので...正直、その期待度ほどでは無かった。思ってたのと、少し違った。引退を決意した老いたレスラーというものも、辛いのね...。老いていく悲しみとその現実というか...。その部分をざらついた画面と描写でじっくり見せてくれるものだから、同じく黄昏れていく私としても身に詰まされるではないか。

冒頭のプロレス部分は、プロレスを知らない私にとって興味深かった!
スポーツとショービジネスの両方を兼ね備えるプロレスは、事前に打ち合わせをするのね、しかも紳士的に!(笑)プロレスのパフォーマンスが終わった後、楽屋では、ああもフレンドリーにお互いの健闘を称え合うなんて!体を張った者同士のリスペクトが感じられる。

心臓手術のあとの中盤は...あぁぁ...長い......。
ドキュメンタリー風に、ランディの荒涼とした日常を延々と描き出す...。
観るほうも、ちと辛い......。
プロレスをしてない時のランディは、孤独で惨めだ。
なんというか、惨めすぎて目が離せない。
そして、昔、色男で鳴らしただけあって、崩れていてもどこかカッコいいではないか。
今までの人生も滲ませて、このミッキー・ロークは人間臭くて、ある種、魅力的。
老いた筋肉隆々とした体というのも日常生活では何だか無様だし、武骨な手で困ったように顔を撫でる仕草も悲哀を感じさせ、味わいがある。

老いたレスラーが引退する決心をしてからの日常生活は、彼が言う「オレにとっては"痛い"のは外の現実だ」であり、本当にもの悲しい...。

ラストの試合の入場曲は、ガンズ・アンド・ローゼズの『Sweet O' Child』がバーンと流れる!がーーん!YouTubeを見ると、この頃のアクセル・ローズは、顔立ちも綺麗で凄くセクシー!!
この歌もラブソングだけど...... "彼女の微笑みを見ると、子供の頃を思い出す。彼女の眼を見ると、あの頃の青い空のよう。ずっと見つめていると、オレは泣き崩れてしまうだろう。微かな苦しみを見出してしまうから...”という幼児虐待も含まれた内容で、ピュアなんだけど痛くて哀しく感じる。ギターも泣いてるみたいで。歌詞の詳細はここ。
アクセル・ローズ(1962、2/6生まれ)は子供の頃、実父と養父に性的虐待を受け、その後、情緒不安定で強い人間不信のためか、周囲とのトラブルのエピソードに尽きない。17年ぶりのアルバム『Chinese Democracy』も彼以外オリジナルメンバーはいない...。アクセル・ローズもまた、非常に生き難い人生を送っている男である。なんか、ミッキー・ロークとかぶるよね...。

そして。エンディングのブルース・スプリングスティーンの曲。
最初の『明日なき暴走』が好きで、2~3枚 LPを持っている(LPは押し入れという名のアマゾンの秘境に眠っているw)もうずーーと、この人聴いてなかった。YouTubeで『レスラー』を聴いたけど、久しぶりに見た彼はいい感じに年取って品良くなっていた。ブルース・スプリングスティーンが歌う『レスラー』の歌詞は、ストーリーにシンクロしている。ここで席を立つ人、信じられない......。

中盤のリアルな辛さに、なんだかんだ言ったけれども......
さすがに、2つの曲とロープに立ったランディの表情!のトコで...泣けてしまった。

このミッキー・ローク、観て良かったよ!

他の俳優がやったら、私にとって凡庸な映画として、すぐ忘れ去るところだった。

ミッキー・ローク無しでは成り立たなかった作品。ラストもあれでいい。

Top 絵で描いたぐだぐだに揺れる目のラインは、実はあれ、ランディじゃなく管理人の目なのです...。


↓不器用な管理人に、励ましのクリックを!
banner_03.gif

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
観る予定ないの・・・
>どちらも知らない若い人には、退屈かも知れない。。

これだ! 
なんか興味わかないと思ったんだ ( ̄m ̄〃)

というわけで観ないと思うのに1番コメントしちゃってゴメンナサイ e-466
どっちにしても私のとこでは上映ないみたい・・・

なんだかタイミング悪く人気プロレスラーの悲しい事故がありました e-351
命がけのスポーツなんですね・・・

さて「ターミネーター4」は次くらいかな~o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o ワクワク
2009/06/15(月) 08:26:51 | URL | ロク #z6GZigPw[ 編集]
>ロクちゃん
どちらも知らない若い人には、興味無いかも知れませんね~。
上映館、少なめですよね。R-15だし、男受けする映画だからかしら。
私はね、かなり "おやじ"入ってるんで、予告を観ただけで「絶対、行く!」と思ったんです。

人気プロレスラーの悲しい事故!びっくりしました!
命がけですよ。映画でも、かなり痛い試合の場面があるんです。
そうそう『パッション』の映画ネタも出て来るんです。「2時間拷問の映画」と言ってました。やっぱ、向こうでもそういう認識なのね(笑)

さて「ターミネーター4」は、まだ描いてません。でへ。
マーカスの資料があんまり無いですね。皆、男前だったね v-238
2009/06/15(月) 22:28:15 | URL | 管理人 #-[ 編集]
新作チェック
此のあたりの作品が来るところが管理人様の「渋い」趣味なんですなあ、、、うんうん
さて次の新作チェックをワーナーのサイトで見ていましたら、謎の作品が、、「サマーウォーズ」とか「ハリーポッター」良いとしても「ULTRAMAN(原題)」!?コレは知らんゾ!
http://www2.warnerbros.jp/comingsoon/?frompromo=movie_comiongsoon_list
ああっ映画館に行かなくては~(今年はまだ数回しか行ってないよ~)
2009/06/16(火) 13:24:33 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞさん
此のあたりの作品が来るところは...私はかなり "おやじ"だなぁ~と思いました。ジコチューでしょうがない男も何だか憎めないし、マリサの笑顔も裸も好きです(笑)

新作のご紹介、ありがとう!
細田守の「サマーウォーズ」観たい!「ハリーポッター」もやっぱ観る。「かいじゅうたちのいるところ」!これは有名な絵本ですね。私、ビデオまで持っていた。う~ん「ULTRAMAN(原題)」は何でしょうね!?
2009/06/16(火) 17:44:40 | URL | 管理人 #-[ 編集]
観ようかどうかまよってるの
なんか、「タイガーマスク」が事故でなくなっちゃったのを見て、観にいくのをやめちゃったんですよね、始まったばかりだけど。
もともとプロレスって苦手なんですよー、痛いから。

でも、あんさんが見て良かったっていってるしなー。

本日ひさびさに、ぽちっと押したら猫がタライをよけました。ちょっとビックリ(@@)
2009/06/16(火) 18:05:08 | URL | たいむ #-[ 編集]
>たいむさん
2代目タイガーマスクの三沢氏の訃報には、びっくりしましたね!
私も映画を観たばっかりで...でもあのプロレスのシーンを見てたら...あぁ、あり得るだろうな...と思いました。
『天使と悪魔』も結構痛そうというか熱そうだったので、あれが観れたなら大丈夫かと。もう『パッション』より全然痛くないです(そんなのと比べるな~って?)
プロレスの場面は色々と興味深いですが、むしろ実生活の部分が退屈かな......割合、ストーリーがベタだから。
でも、このミッキー・ロークはいいですよ!
ミッキー・ローク嫌いの私が言うんですから(笑)

うふふ、ボタン押してくれるの、たいむさんくらいかも知れませんね^^
2009/06/16(火) 21:24:12 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは~☆彡
そっか~~あんさん、ヘラヘラしたミッキーキライ
だったんだ(笑)確かにナインハーフは、イチゴジャムや氷を使ったトコだけ覚えていて、なんかエロかったなあくらいにしか
記憶がありません(^^ゞ本のほうはそんなにいいのかな?

この映画、ものすごい地味でドキュメンタリー風だから
確かにミッキーローク無しでは成り立たなかったよね(^^ゞ
私は彼が出ていなかったら、観なかったかもしれない(^^ゞ

イラストのランディいいね~~。トメイ姐さんの裸体も
素敵(*^o^*)

実はレスラーの記事、本当は下書き保存したつもり
(まだ書こうかなあと思ったことがあったので)
だったのですが、間違えて管理画面から、公開するを押して
しまいました(^^ゞでも、それで、あんさんに1番にコメント
つけてもらえたから良かったかな(笑)
2009/06/17(水) 00:50:35 | URL | ひろちゃん #0FtB7ubA[ 編集]
>ひろちゃんさん
うん、そうなの...。リチャード・ギアとケヴィン・コスナーは、ヘラヘラしてても好きなの(自分勝手w)ミッキー・ロークはぬめ~とした爬虫類っぽい所と性格悪そう~な色男ぶりがヤだったんです。
『ハーフナイン』!あ、私も...本のほうだって、そんなに良くはないんだけれども...なぁんて思って書いてました(苦笑)ひろちゃんさんのご指摘、鋭い。ただ、本のほうが "男"がもっと魅力的だったんです。エゴイストでデーモニッシュでエロくて悪くて、ここ大事(笑)映画のミッキー・ローク見て「この人かぁ~」とガッカリした事を覚えています。

>この映画、ものすごい地味でドキュメンタリー風だから
うん、ホントにそうですよね。美化してない。地味~。
私も、ミッキー・ロークが出てなかったら観てないかも知れない。

このイラスト、褒めてもらて、掛け値無しに嬉しい^^(泣く)
ランディの表情も思いを込めて描いたし。トメイ姐さんは胸に段があって「あれ?入れてる?」と思ったけど、あたしは写実派じゃなくロマンチストだから、綺麗な乳に描きました(笑)

レスラーの記事、途中だったのですね。いやん、ごめんなさいね。
でも、ひろちゃんさんトコの賑わっているコメント欄で「1番!」取れて、スゴい嬉しかったです(笑)
2009/06/17(水) 12:35:52 | URL | 管理人 #-[ 編集]
>つまるところ、私はニヤけたミッキー・ロークが好きでなかった...。
いや、言い切ってくれてありがとうございます(笑)
そういう 「人に歴史あり」みたいな面も含めてこの映画が成り立っているんだよね。
なので
>これは "思い入れ"があるかないかで人によっては評価が違ってくる映画だ、と思う。
そう思います。

>男っぽい顔に崩すため何度も "逆整形"。
え、そうだったのか? 宍戸錠といっしょってこと?
TB よろしくおねがいしま~す☆
2009/06/17(水) 22:44:30 | URL | ナンシー☆チロ #.979qR3.[ 編集]
お久しぶりです!
あんさん、かなり久しぶりです。
しばらくお邪魔しないうちに文体が変わったような?
いろいろ苦労されてるんですね~<勝手に決め付けるな(爆)

確かに「ナインハーフ」のミッキー・ローク、ニヤケ顔がきもかった。
でも、あれを演技としてとらえれば上手いですね。
あんなに得体の知れない雰囲気はそうそう出せるもんじゃない。
僕はキム・ベイシンガーが好きなんですが、「ナインハーフ」の彼女は嫌いです。
あ、あ、あのルーズソックス!!!

失礼いたしましたm(_ _)m

ロークが整形しているのは見ただけで明らかですが
"逆整形"だったとは知りませんでした。
ガンズ・アンド・ローゼズの『Sweet O' Child』も知りませんでした。
うーん、勉強になります。

スプリングスティーンは一度生で聴いたことありますよ。(単独ライブではありませんが)
本当にすごい迫力でした!
ただ日本人がみんな"Born In The U.S.A"♪と合唱するのを見て
バカじゃないか、コイツらと思いましたが(爆)

確かにミッキー・ロークを知らない人が見たらピンとこない作品かもしれません。
ラストはあれしかないですね。
でも僕はスプリングスティーンの歌で席を立つ人が信じられます(笑)。
彼らはあのラストの余韻を静かにかみしめたいんですよ、多分(^^;
2009/06/17(水) 23:06:38 | URL | moviepad #JalddpaA[ 編集]
>ナンシー☆チロ さん
言い切ってしまいました(汗)私、この人苦手だったんですよー。
プロレスはよく知らないけど、ミッキー・ロークはよく覚えているんで、この映画は感慨深かったです。

"逆整形"そうなんですよ。アメリカ在住の方のブログで読みました。ソースはそこだけなんですが(汗)まぁ、映像関係の人だし。アメリカの芸能雑誌に書いてあったとか。複雑な男ですね、ミッキー・ロークも。

私、チロさんのコメントレスで......
「>打ち合わせは和やかなのに
SMパートナーと一緒で信頼関係がないと成立しないよね」に、いたく感心しました(笑)なるほど!深いです(笑)
2009/06/17(水) 23:27:13 | URL | 管理人 #-[ 編集]
>moviepadさん
お久しぶりです。仰る通り、文体、変でしょ?
もう、ずーーとブログをサボってましてね。文章がめちゃめちゃ書けなくなったんですよ。考えもまとまらなくて。只今、リハビリ中(笑)
きもかった...そう、ミッキー・ロークは、爬虫類みたいできもかった...(ミッキーファンの方、すいません)
『ナインハーフ』のキム・ベイシンガーが嫌いなんですか...。原作のイメージに近かったですよ。でも、私、女のほうは見てないんですよね(笑)

"逆整形" ↑に書いたとおりなんですが(失礼)その頃の自分が嫌いだったのでしょうね...。
ガンズ・アンド・ローゼズの『Sweet O' Child』も印象的な曲で、今でも心に突き刺さりますね...。

>スプリングスティーンは一度生で聴いたことありますよ。
きゃあ!それはイイですね!
う~ん、日本人は"Born In The U.S.A"♪じゃない日本生まれだしね~(苦笑)

うん、ホントに。ミッキー・ロークもプロレスも、興味ない人はピンとこないでしょうね。ラストはアレしかないですよね。

そ、そうですかっーー!?ひぇ~、moviepadさん、きつぅ~(笑)
スプリングスティーンの歌って、男受けしそうなんですが。
では、今からmoviepadさんの『レスラー』のレビューを読みにいきます!どきどき。


2009/06/17(水) 23:56:19 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは
確かに名演技ですよね。
ミッキーロークだからこその作品になったと思います。
2009/06/18(木) 19:51:51 | URL | まりっぺ #ciQeD3B6[ 編集]
>まりっぺさん
名演技というか、彼そのものというか......驚かされましたよね。
これは、ミッキーロークだからこそ!ですよね。
2009/06/18(木) 20:43:36 | URL | 管理人 #-[ 編集]
都合が良いけど…
あんさん、完全(?)復帰かな~(喜)♪(#^ー゚)v
私は一週間、しっかり休んだので、
パソ画面に目は乾燥し~キーボード変換がグッチャグッチャで、肩こりして疲れました(/□≦、)エーン!!

この映画、観た人にしか解らない、深いドラマがありますよね。
他の映画と同様に色々書きたくなりますが(実際書きましたが~笑)是非ご自分の目で確かめて下さい~て思います。
ミッキーに興味のきょの字もない私の正直な感想です♪(#^ー゚)v

えーと、次はケイトなんですよねぇ~私も同じです。
夜中になると思いますが…(苦笑)
2009/06/22(月) 22:26:01 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
>オリーブリーさん
ん~、完全復帰かなかな?いい映画を観ると、触発されますね~♪(
オリーブリーさんは一週間、しっかり休まれたのですね。
PC作業は、眼精疲労と肩こりして疲れますよね (/□≦、)エーン!!

ホント、観る人によっては、深いドラマがありますね。
観て良かったデス^^

>ミッキーに興味のきょの字もない私の正直な感想です♪(#^ー゚)v
私は興味はあったのですが(笑)好きではなかったデス。

次のケイト...私は明日かな...。
PC部屋は夫の部屋なんで、夜中は追い出されます~しくしく。
2009/06/22(月) 23:44:29 | URL | 管理人 #-[ 編集]
え、段がありました、トメイ嬢?(そこからコメント入るか)
いやー、よかったです。ローク&トメイ。
べつにロークが好きでもなく、トメイ嬢の映画もよく知らない私も言うのだから、間違いないです。
イラストもツーショットですね!

予告編は見たことないです。どんなんだろー?
2009/06/26(金) 23:14:16 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
>ボーさん
>え、段がありました、トメイ嬢?(そこからコメント入るか)
ぷっはは、はい。写真を見ると段があって...。
普段、ボケてる私なのに、絵を描く為にじぃ~と凝視すると、顔も胸も人工か?どうか?だいたい分かります~(笑)

べつにロークが好きでもなく、トメイ嬢の映画もよく知らないボーさんが言うなら、間違いないですね!この2人、良かった!大人の味わいでした。
You Tubeとか映画情報のサイトに予告動画がありますよ。
最近、私はパンフレット買わないので、予告動画を見てイラストを描いてます^^
2009/06/26(金) 23:47:23 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは~^^
猫パンチも日本の出演CMも記憶にないんだけれど^^;
これは観てよかったかな~。
ホントはこのあと「サンシャイン~」を観るつもりだったけど
満足して帰ってきちゃったくらい♪

最期、キャシディのいた場所を見つめるロークの表情は
なんともいえない哀愁があり、凄く良かったですv-239
2009/07/24(金) 20:00:07 | URL | kira #klq26XPE[ 編集]
>kiraさん
私は"日本の出演CM"は記憶に無いんですが "猫パンチ"は...よく覚えています。豹柄の深~いスリットの入ったトランクスがセクシーだった...てか、相変わらず、視覚的にエロいトコは記憶に残っているバカな管理人です^^;

うんうん、これはこれ1本だけ観てよかったですね。
「サンシャイン~」のインパクトが、また弱くなっちゃう~から~(汗)

キャシディ、最後までいなかったね...。
ランディ演じるミッキーロークの姿に、胸が詰まりました。
演じる役者さんの人生が滲み出てましたね。凄く良かったです e-259
2009/07/24(金) 21:39:05 | URL | 管理人 #-[ 編集]
栄光のミッキー!!
を知らない人には、マジにつまんないかもですね。
あたしはプロレスのところは、眉しかめて見てましたよ。イタイ。
でも、その痛さが本当なんですよね。で、あの痛さを演じられるのは、ミッキーだけですわ。
あとは監督のミッキーに対する応援歌みたいな感じ?
素直に内臓にきました!
ニコちゃんじゃなくて、よかった。

マリサ・トメイがあたしと3つしか違わないことを知って、鍛え直そうと思い返した次第です。
「85年に卒業?」って、もろにあたしヤン!と突っ込んでましたよ。
2009/07/29(水) 09:07:12 | URL | sakurai #8zie0QSw[ 編集]
>sakuraiさん
好きでも嫌いでも過去の「栄光のミッキー!!」を知ってるか知らないかで、この映画の面白さがぐっと違いますよね。
プロレスのところは痛い、現実生活もイタイ。ミッキーロークを使ってこそのリアリティーがひしひしと伝わってきました。監督がミッキーにこだわったのが、よくわかる。うん、ニコちゃんじゃなくてよかった。

> 素直に内臓にきました!
まったく!「内蔵」です!五臓六腑(←あたしって古い?w)を、ぐいと掴まれた感じです。

おぉ!そうなんですかっ!
なんか、マリサ・トメイのボディラインがsakuraiさまのと重なり、想像しちまったデスv-402
ぜひ!鍛え直した後の画像 v-238 をブログにupしてほしいっす(笑)
2009/07/30(木) 12:19:26 | URL | 管理人 #-[ 編集]
哀愁・・・
ああいう生き方しか出来なかったランディの切なさがミッキーとカブる感じでした。
う~ん、男っすね(笑)

若い頃は“ミッキー”って名前の似合う優男だったのに
近年はすっかりうらぶれたオッサンになってますよね。
そこがいいのかもしれないけど哀愁も漂ってます (;^_^A

ミッキー作品ってあんまり観てないことに気が付きました。
甘いマスクの男は好きなはずなのに・・・軽薄そうなとこが苦手だったかな~
「ナインハーフ」と「レジェンドオブメキシコ」くらいしか記憶にないわ(´~`;)

ヘナチョコボクサー時代も興味なかったから薄っすらとしか知らないし・・・
最近だといつもワンコを抱いてるイメージ(笑)
自分で狙ったんだろうけど昔と全然イメージの違うオヤジだよね e-330
でもまだまだがんばってミッキーにしか出来ない芝居を見せて欲しいです。

これの前日に「その土曜日~」を観たのよ v-52
そしたらマリサ姐さん、そっちでもバンバン脱いでた(^◇^;)
自慢のチチv-529 なんだろうかね~(笑)

「南極料理人」 こちらでは来月末に上映されるみたいです(≧∀≦)
嬉しい~ i-175
2009/08/29(土) 13:34:26 | URL | ロク #z6GZigPw[ 編集]
>ロクちゃん
本当に!ああいう生き方しか出来なかったランディとミッキーが、カブる感じでしたね。まさに、ミッキーありきの映画。うらぶれてもズタぼろでも、男でした。

若い頃はあれほど甘くセクシーだったミッキーが、こんなになるなんて...ね。今は、それまでの人生が滲み出て、甘くない哀愁も漂ってますよね (;^_^A
ロクちゃんは、ミッキー作品ってあんまり観てないんですね。私も 甘いマスクの男は好きなはずなのに...この人生理的に苦手だった~(´~`;)

あのワンコ、死んじゃったんですよね。犬のペンダントをしてましたもんね。
ミッキーは色々ありすぎて、ハリウッド映画界で敵も多かったみたいですよ。だからオスカーは獲らないだろうと言われてて...。でも、これを機会に、彼しかできない演技を見せてほしいですよね。
> そうなんですか!「その土曜日~」でも、マリサ姐さん、バンバン脱いでたんですかっ(^◇^;) うん、 自慢の乳なんだろうね~(笑)あの年齢であの体!

「南極料理人」 そちらでも来月末に上映されるんですか!?
おっ、観る気まんまん?!(笑)
こういう笑顔が可愛い夫って、いいなぁ~!と思いましたデス ^^
2009/08/29(土) 23:33:47 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ローク
こんにちは。
TBaありがとう。
今回のイラストいいなあ。プリントアウトして僕の部屋に貼ります。許してね。
あと、ラストの入場曲のことあまり気づかなかった。なるほどねえ、と。ありがとう。
2010/03/11(木) 01:07:58 | URL | kimion20002000 #fOhGkyB.[ 編集]
>kimion20002000さん
イラスト褒めてくださってありがとう。
もう絶対にリングのロープに立ったミッキーロークだわ!体をはって踊ってる場面のマリサ姐さんだわ!と思って、描きました。

>プリントアウトして僕の部屋に貼ります。許してね。
嬉しいです、ほんと、掛け値無しに。

ラストの入場曲もエンドロールの曲も、ミッキーロークにぴったりでしたね。
2010/03/11(木) 23:17:12 | URL | 管理人 #-[ 編集]
R-15なんて とんでもない
こんにちは  初めてコメントだします。

娘とは絶縁状態、ステロイドの影響で心臓は弱っているありさまの中年レスラー ランディ。

自分には「この場所しかない」不器用な生き方しかできないランディーは やはり 悲しい男ですv-292
でも、娘さんとの約束すっぽかすのは さすがにマズイよ~(´Ц`) 家族の絆 修復のチャンスだったのに~v-12


あ、そうそう ミッキーが演じた もうひとりの 不器用な男がいました。同じくミッキー・ロークの主演の「ホーム・ボーイ」という'88年の映画 知っていますかv-392

こちらは、ロークが アメリカ各地を渡り歩く流れ者ボクサーのジョニー役です。元妻のデボラ・フューアーと共演していますv-219

 これ以上説明するとネタバレになりますので 省略しますが「レスラー」のランディとはまた違った男の不器用さを「ホーム・ボーイ」のジョニーは持っていますv-91

 「レスラー」と「ホーム・ボーイ」 ともにミッキー・ロークの主演で、ふたりの不器用な男が主人公 ランディとジョニー

 ふたつの作品を比べながら見るのも 悪くないですよv-218

あと忘れちゃイケないのはマリサ・トメイのストリッパー キャシディ。 トップレスにTバック姿で踊る姿とってもキレイで色っぽかったですよv-10 きれいな胸v-238と スレンダーボディv-344 悩ましげなダ~ンスッv-238 

 管理人さまのイラストに気持ちがこもっていましたv-425 グゥ~v-218

、R-15指定にしたのは 納得いかないv-293たぶん プロレスの流血とマリサのストリップヌードでしょうけど 15才未満がなんだぁ~ 彼女のヌードは 慈愛と安らぎに満ちたヌードだv-10 15才未満でも ドンドンみなさい・・・ってv-356

 流血のシーンだって ランディには この生き方しかないんだという 悲壮な気持ちがこもっているんだe-259
熱いじゃねえかぁ~v-91v-218

2011/05/03(火) 10:50:07 | URL | zebra #ngCqAwRo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
引退を決意した中年レスラーが、自分の居場所を見つけるまでを描いた感動のヒューマンドラマ。
2009/06/15(月) 04:24:50 | 未完の映画評
 『人生は過酷である、ゆえに美しい。』  コチラの「レスラー」は、80年代に人気を博したスター時代から人生のどん底をなめた主演のミッキー・ロークが、自身の人生とオーバーラップするような老レスラーを演じ話題となり、全世界の映画賞54冠に輝いた6/13公開のR-15指...
2009/06/15(月) 06:37:46 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009年6月13日。日付が変わる間際、テレビ番組を見ていたら画面上部をニューステロップが流れた。そ...
2009/06/15(月) 07:47:37 | MESCALINE DRIVE
 アメリカ  ドラマ  監督:ダーレン・アロノフスキー  出演:ミッキー・ローク      エヴァン・レイチェル・ウッド      マリサ・トメイ      マーク・マーゴリス 【物語】  かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ。 ...
2009/06/15(月) 10:12:38 | 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing
公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド、アーネスト・ミラー。「ウウゥゥ、心臓が・・・・」(写真)。でもねえ、おりしも、「ノア・三沢さん死す…プロレス試合中頭部強打(サンスポ)」という本物の三...
2009/06/15(月) 10:50:39 | 佐藤秀の徒然幻視録
原題:THE WRESTLER公開:2009/06/13製作国:アメリカR-15上映時間:109分鑑賞日:2009/06/13監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド人生は過酷である、ゆえに美しい。+あらすじ+かつては人気を極めたもの?...
2009/06/15(月) 13:21:59 | 映画鑑賞★日記・・・
久々の土日連休。昨日は起きたら14:00過ぎ。12時間以上眠った計算になります。でも、夜12:00には睡魔に襲われ就寝。今日は11:00に起床。一体、何時間寝たら気が済むんだか・・・蓮。 さて、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、主演のミッキー・ロークと相手役の..
2009/06/15(月) 22:07:48 | 健康への長い道
(原題:The Wrestler) -----今日は『レスラー』。 これはぼくがずっと前から楽しみにしていた映画。 だって、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたばかりか、 主演があのミッキー・ローク。 ダーレン・アロノフスキー監督ニコラス・ケージでなら撮影していいよと ス...
2009/06/15(月) 22:26:00 | ラムの大通り
☆ミッキー・ロークは、私にとって、非常に思い入れのある役者であった。  若い多感な頃に、『ランブル・フィッシュ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見せられたら、誰でも憧れるはずだ。  私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情を...
2009/06/15(月) 23:43:15 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
●ストーリー●かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、孤...
2009/06/16(火) 00:40:08 | 映画君の毎日
[ミッキー・ローク] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年5月20日13:50 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  ミッキー・ローク完全復活!“第66回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞”“第65回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞”ほ?...
2009/06/17(水) 00:51:59 | シネマ親父の“日々是妄言”
THEWRESTLER人生は過酷である、ゆえに美しい。上映時間109分製作国アメリカ公開情報劇場公開(日活)初公開年月2009/06/13ジャンルドラマ映倫R-15【解説】ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波瀾万丈の俳優人...
2009/06/17(水) 00:54:31 | CinemaCollection
『ファウンテン』はがっかりだったけど、『π』も『レクイエム・フォー・ドリーム』も大好きなので、ミッキー・ロークにはあまり期待せずにダーレン・アロノフスキー監督作ってところに惹かれて『レスラー』を観てきました。 ★★★★★ 整形で崩れきったミッキー・ロー?...
2009/06/17(水) 13:42:55 | そーれりぽーと
「レスラー」 (2008/THE WRESTLER) かつて人気レスラーだったランデイは、落ちぶれた今もプロレスを続けていた。 ある日、心臓発作...
2009/06/17(水) 22:13:33 | ミケランジェロ広場の午後
レスラー(2008 アメリカ) 原題   THE WRESTLER 監督   ダーレン・アロノフスキー 脚本   ロバート・シーゲル 撮影   マリス・アルベルチ    音楽   クリント・マンセル 主題歌  ブルース・スプリングスティーン   出演   ミッキー・ロー...
2009/06/17(水) 23:07:42 | 映画のメモ帳+α
 THE WRESTLER  80年代に栄華を誇り、今は落ちぶれたトレイラーパーク暮らしのプロレスラー、 ランディ”ザ・ラム”ロビンソン(ミッキー...
2009/06/18(木) 10:17:30 | 真紅のthinkingdays
20年間現役を続けるひとりのプロレスラーの物語です。
2009/06/18(木) 11:16:59 | 水曜日のシネマ日記
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「尊敬するミッキー・ロークが復活してくれた{/atten/}」 とは、アカデミー賞主演男優賞を獲得したショーン・ペンの言葉。 同じくアカデミー賞でノミネートさ?...
2009/06/18(木) 19:14:52 | 我想一個人映画美的女人blog
[ドキュメント風ドラマ][プロレス][ロートル物][流血][乳見せ・性描写][実写][洋画][スコープ][R15] 不器用度:★★★★☆ もがき度:★★★☆☆ 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ミッキー・ローク、 マリサ・トメイ、 エヴァン・レイチェル・ウッド...
2009/06/18(木) 19:52:45 | シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記
「レスラー」は優れた人間ドラマであると同時に、ある種のドキュメンタリーの様でもある。 それは自然光の下で手持ちカメラを多様した映像の...
2009/06/19(金) 23:29:02 | ノラネコの呑んで観るシネマ
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 スポーツ新聞の一面がここ連日、プロレスラー三沢光晴さんの死亡を伝えてるけど、 この作品にも注目が集まりそう・・・
2009/06/20(土) 03:20:53 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
The Wrestler (2008年) 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド 全盛期をとうに過ぎた今も週末にはリングに上がるベテラン・プロレスラーの悲哀を描いた人間ドラマ 試合後に心臓発作を起こし引退を決めた...
2009/06/21(日) 00:53:53 | Movies 1-800
かつて人気を極めたものの、今では落ち目のレスラーになったランディ(ミッキー・ローク)は、スーパーでアルバイトをしながらなんとかプロ...
2009/06/22(月) 19:33:16 | 心のままに映画の風景
ミッキー・ローク、復活! 人生は過酷である、ゆえに美しい。 6月19日、京都シネマにて鑑賞。ミッキー・ロークの久々の主演作品「レスラー」です。アメリカ本国での配給さえ決まっていなかった無名の低予算映画だったそうで。それが、2008年のヴェネチア国際映画...
2009/06/22(月) 23:52:09 | 銅版画制作の日々
ミッキー・ローク、復活! 人生は過酷である、ゆえに美しい。 6月19日、京都シネマにて鑑賞。ミッキー・ロークの久々の主演作品「レスラー」です。アメリカ本国での配給さえ決まっていなかった無名の低予算映画だったそうで。それが、2008年のヴェネチア国際映画...
2009/06/23(火) 05:50:04 | 銅版画制作の日々
「ターミネーター4」★★★★ クリスチャン・ベイル 、サム・ワーシントン 、アントン・イェルチャン 主演 マックG 監督、2009年、133分   ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい ...
2009/06/23(火) 07:41:38 | soramove
レスラー 267本目 2009-27 上映時間 1時間49分 監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ミッキー・ローク  マリサ・トメイ エバン・レイチェル・ウッド 会場 TOHOシネマズ シャンテ 評価 7点(10点満点)  ミッキー・ロークの56歳とは思えないレスラー...
2009/06/23(火) 23:29:24 | メルブロ
主役は、最盛期を過ぎてもプロレスラーとして生きることを選んだ男。 演じるミッキー・ロークの人生に重なるような役柄だったのが大成功。
2009/06/26(金) 06:58:12 | 或る日の出来事
原題:THE WRESTLER プロレス好きで、落ちぶれて体はボロボロでもリンングに上がり続け、生活は苦しくスーパーでアルバイトをしながらも部屋代さえ払えない、そんな男の物語・・・ つい最近の衝撃的なニュース、それは2009年6月13日のこと、既に満身創痍の体調?...
2009/06/27(土) 18:50:32 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
▼動機 予告編を見て名作だと確信した ▼感想 凄い! ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶?...
2009/06/29(月) 21:11:43 | 新!やさぐれ日記
惜しくもアカデミー主演男優賞受賞は逃したとはいえ、久々に主演作が話題になったミッキー・ロークの主演最新作『レスラー』を観ました。 ******************** ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波...
2009/07/02(木) 01:39:36 | cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー
「レスラー」、観てました。 中年さえ超えようとしていた、かつての有名レスラー・ランディ。ランディは悲鳴を上げる体を引きづり、今もリ...
2009/07/07(火) 13:32:29 | クマの巣
人生は過酷である、ゆえに美しい。 原題 THE WRESTLER 製作年度 2008年 上映時間 109分 映倫 R-15 監督 ダーレン・アロノフスキー 主題歌 ブルース・スプリングスティーン 出演 ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン・レイチェル・ウッド/マーク・マーゴリス ミ...
2009/07/24(金) 19:49:17 | to Heart
泣いた・・・・・。
2009/07/29(水) 09:01:36 | 迷宮映画館
続いて神保町にある一橋ホールでの『ザ・レスラー』の試写会。 『ハンドルネームはベンX』があまりにも暗かったので急遽試写会に行くことに。 てっきりオヤジレスラーの哀愁たっぷりの映画かと思いきや、さっぱりとした不器用な男の生きざまを見せてくれる映画?...
2009/08/02(日) 20:59:24 | CHEAP THRILL
監督:ダーレン・アロノフスキー(π パイの監督) 出演:ミッキー・ローク(神)マリサ・トメイ(いい女過ぎます)マーク・マーゴリス  出演:エヴァン・レイチェル・ウッド トッド・バリー ウェス・スティーヴンス  落ちぶれた、かつての人気レスラーの孤?...
2009/09/29(火) 22:57:26 | おそらく見聞録
男の生き様と哀愁がひしひしと・・
2010/01/22(金) 09:38:26 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク
「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ナイン・ハーフ」「エンゼル・ハート」などの作品に出演し、主に80年代に活躍した米俳優、ミッキー・ローク主演のヒューマン・ドラマ「レスラー」(2008年、米、109分、ダーレン・アロノフスキー監督、R-15指定)。この映画...
2010/02/21(日) 02:15:51 | シネマ・ワンダーランド
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエ?...
2010/02/24(水) 00:38:33 | サーカスな日々
ミッキー・ロークが話題になった映画です。 明るい内容ではないと聞いていたので、 体調とか、観るタイミングを伺っていたら いつまで経っても、、、という状況に。f(^^;) いかん、いかん。 かつては“ザ・ラム”のニックネームで 一世を風靡したレスラー、ラ...
2010/07/21(水) 00:28:46 | 映画、言いたい放題!
レスラーはWOWOWでし鑑賞したけども 結論は予想より試合の所は少なのは不満だが プロレス大好きから見ると
2010/08/29(日) 12:04:17 | 別館ヒガシ日記
あらすじかつて人気を集めたレスラーのランディは心臓発作のため、医者から引退を勧告される。それをきっかけに、長らく会っていなかった娘のステファニーのもとに向かうが・・・。...
2010/09/23(木) 17:07:12 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
9-39.レスラー■原題:TheWrestler■製作年・国:2008年、アメリカ・フランス■字幕:太田直子■上映時間:109分■鑑賞日:6月14日、シネマライズ(渋谷)スタッフ・キャスト...
2010/11/28(日) 11:56:24 | KINTYRE’SDIARY
レスラー / THE WRESTLER ミッキー・ロークを完全復活させたこの映画の監督ダーレン・アロノフスキーは鬼才中の鬼才なのです。 今回の「レスラー」で監督の作品は全部見ることが出来ました。 2008...
2011/02/08(火) 10:57:33 | RISING STEEL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。