映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『おくりびと』をやっと観た。
2009年03月01日 (日) | 編集 |
うぉ~!混んでる~!めちゃ観客の平均年齢高い~!杖をついて腰の曲がったお婆さんまでいる!劇場内で観客同士の会話は『観て、用意しようと思って』(えっ、何を用意する?)『お迎えの準備しなくちゃ』(お、お迎え?)とか明るく話しているのが、聞こえる...えらいディープじゃないか(汗)

おくり919.jpg

やっぱり、思ったより良かったので『7つの贈り物』は(つまんなかったので...)割愛して、この作品と滝田洋二郎監督について書きたくなりました。

滝田監督?知らないなぁ~と思っていたら『バッテリー』の監督だと分かり、ビックリ!早く言ってよ~。『バッテリー』のパンフを見ていたら...『木村家の人びと』(笑った。小銭貯めるのも大事だよね)...『秘密』(東野圭吾)...『壬生義士伝』(浅田次郎)...あ、それから『僕らはみんな生きている』は、スピリッツ連載だった山本直樹のマンガ。私、好きだった。『コミック雑誌なんかいらない』『下落合焼とりムービー』『病院へ行こう』とにかく書き切れないほど。多作なんですねぇ。だから、私も案外観てる、全然知らんかった...。
『阿修羅城の瞳』は劇団・新感線の舞台ファンの友達が観て!というので観た。市川染五郎さんは、舞台からの主演のせいもあり、こんなに素敵だったの!というケレン味のある男ぶり。映画は前半はまあまあ、後半ちょっとチープな特撮でがくっ。『陰陽師』は清明役の野村萬斎も合ってる!とは思ったけど、夢枕獏の原作が好きなだけに...ん~、がっくり。『バッテリー』も健全なフツーの家族映画にしてしまった監督...。

最初は『痴漢電車』シリーズ(もち未見よw)等の成人映画を撮ってこられた方ですよね。でも、今までの作品を観ると...コミカルな物もあるけど、むしろベタな真面目な作風ですよね。
今度の『おくりびと』...モックンと広末のちらっと絡む露出が少ない場面なんかはさすが上手いけど、そういう即物的なエロじゃなく、エロを撮ってきた方にしては"エロス"が足りないような。今までの映画、何かプラスαこれを撮りたい!これを描きたい!というものが感じられなかったので、あまり記憶に残っていません...。原作に惚れこんで撮るというより、仕事として入って来たものをキチっと撮るという感じ。ごめんなさい!私の中では"原作越えしない作品"として、忘却の彼方へ追いやってしまってました。

今回は、本木雅弘さんが原作の『納棺夫日記』(青木新門)に惚れ込んで15年温めた熱意と、滝田洋二郎監督の低予算で娯楽を作るという職業映画に徹してこられた実直な仕事ぶりが、化学反応を見せたのだと思います。

本木雅弘さんと山崎努さんなしでは、成り立たない作品。
そして、他の脇役もいい味出しています。
峰岸徹さんのキャスティング、ある意味凄いです。
山形の風景も建物もいい具合に寂れて枯れて、雰囲気出てました。
まるで、風景の『枯れセン』でした(笑)

食べる場面も多くて、難しくなく死生観を表現し、すんなりと感情移入が出来ました。
『美味いんだよね。困った事に』山崎努さん、社長!あなたが上手いですっ!

今まで祖父母を見送った経験としては...自宅の場合は母と私で、病院の場合は看護士さんと家族も手伝いつつ清拭と死化粧をやり(つまり基本は家族が行う)葬儀屋さんが納棺する時は...席を外していたのか...よく覚えてないので、ああいう『納棺師』だけの職業が成り立つのか、とか、あの『納棺』の所作も初めて見て驚きました。
前半のくすっと笑ってしまうエピソードは、原作(自慢じゃないが、もち未読)の『納棺夫日記』の賜物なんでしょうか。デティールの細やかさに『なるほど、あるだろうな』と思えるトコばかりで(笑)お年寄りの観客にめちゃめちゃウケてました。
父との確執も上手く織り込まれ、最後に...石文(いしぶみ)の事といい、つい泣かされました。チェロ奏者がリストラされ、納棺師に転職。それぞれの家の別れの儀式を見送るうちに、だんだん成長していく主人公。私的な世界の話のようでいて、テーマは決して小さくなく普遍的で、生と死を改めて見つめ直すのにいい映画でした。


これで終わりと思ったら、エンディング・ロールに驚かされました!
ぴしっと行き届いた1カット長廻しのシーンでした。
う~ん、参りました。本木雅弘さん、あなたは凄いです。


全編流れる久石譲の曲をはじめ、音楽もいい。
冒頭のベートーベンの第9『歓喜の歌』は強烈な生の歓びを感じさせ、これから始まる"死"と鮮やかな対比を見せる。途中、小林大悟(本木雅弘)が回想シーンで弾くチェロの音色を聴いた時、何故、人はこの映画に惹かれるのか...わかる気がしました。
あまたのライバル作品をひょいひょいよけつつ、何故、数々の賞を獲ってしまったのか?チェロの音色もこの作品の内容も、心を慰撫してくれるものがあったからではないでしょうか。しかも、ひそやかにポジティブです。


観て、笑って、泣いて、浄化されたような(←多分w)いい映画でした。


↓まだ"お迎え"の準備はしていない俗世にまみれている管理人です。ですから、クリックしてもらうとスゴく嬉しい^^
banner_03.gif

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
よかったです~
満足されたみたいでよかったわ~
一応お勧めしたから(^ ^ゞ
ダー様と行かれたんですか? e-266

モックンは真面目で努力家ですよね!
チェロは音色は吹き替えかもしれないけど
あの指使いとかかなりのもんでしょ~!
そうファンでもないけど感心します。
レッドカーペで英語もある程度話してましたもんねえ。

大体あの一癖も二癖もありそうな義父母と上手くやってるのがスゴイ!!(笑)
婿養子で同居かな? 尊敬します v-424

そうそう、あの袖をピシッとやる所作は決まってましたねv-352
美しかったですv-219

私もウィキで監督調べたらズラッと並ぶ作品にビックリ e-451
あんちゃんは本当に未見?( ̄m ̄〃)

山崎さんもすばらしいですね。
あの雰囲気やセリフの深みは彼ならではの持ち味でしょう。
映画全体を引き締めていますよね。

それにしても今ハリウッドで一番稼ぐウィルをバッサリ一刀両断!
『7つの贈り物』は(つまんなかったので...)割愛して って・・・ ヾ(・∀・;)オイオイ
「やや甘口」どころか 「かなり辛口」ですってば~!!(笑)
2009/03/02(月) 21:38:36 | URL | ロク #z6GZigPw[ 編集]
映画館、
混んでるみたいですね。
私も袖をピシッとするところ好きです。
ん?が気になりました? (^O^)
これは、納棺師の仕事を理解してもらうための演出でしょうね。
ん?で、どういうことまでするのかわかるし、化粧はどちらで?と訊いて、
お化粧までもするんだなぁというのがわかりますからね。
しょっぱなから、日本人もよく知らない納棺師の仕事をいきなり見せて、
引きつけてしまうところが、うまい作りなんでしょうね。

題材の良さと、監督さんの堅実な作りが作風がマッチしたんでしょうね。
ものすごく真面目な場面での、面白さって、ありますからね。
2009/03/02(月) 22:25:08 | URL | kino #Kyeye.Gc[ 編集]
>ロクちゃん
ありがとうございます!うん、良かったですよ^^
実は、ウチのダーさん、20代で喪主2回やった人なんですよ(父母を病死で)しかも、父と確執があった人なんで、あのラストなんかイイ意味でぐさっときたんじゃないか、と思います。だから、本当に観て良かった。

モックンは、マジメで努力家で完璧主義?!ですよね。
書道7段の腕前も、うなづけます。チェロの指使い、自然で様になってましたよ!かなり練習されたのでしょうね。
英語も『サンキュー』だけでなく、エライわよね(笑)

ロックンロール義父と上手くやってるかどうかは分かりませぬが(笑)あの家族構成で円満にやってらして、ほんと、モックンは何だかミステリアスな人ですよね。
あの袖をピシっとやる時のモックンは美しかったし、きまってました。
山崎さんは、何気なく、かつ圧倒的に上手い~~!ですね。
うんうん、かれの持ち味や存在感は、作品を引き締めてました。
白子、食べたい~(笑)

だはは、本当に未見ですよ~。観てたら、上のレビューで語っていましたよ~。ピンク映画とロマンポルノの違いも分かりませんよ~(笑)

ロ、ロクちゃん、文字がパープルになってますよ?!
あ~、一言で言ってしまってましたね~(滝汗)
それぞれ違う日だけど『チェンジリング』と『おくりびと』の谷間に観ると『7つの贈り物』が何だかなぁ......あんまりね...(汗) ウィル・スミスは好きですよん。いつも、日本に来てくれて、おちゃらけてサービスしてくれて...たはは。
あ~『かなり辛口』ですねぇ(汗)
2009/03/02(月) 23:16:56 | URL | 管理人 #-[ 編集]
>kino さん
そうなんです。めちゃ混んでて満席です。
しかも、普段、映画館に行かない足腰の弱い方も観に来ていらっしゃるのでは?と思われます。いや~、びっくりです(笑)

辺りの邪気を払うような袖をピシっとする所は...『納棺師』というか、俳優としての本木雅弘さんの矜持や誇りも感じられて好きです。
『ん?』(笑)まさか、あそこで『ん?』が来るとは思わなくて。化粧はどちらで?って(笑)あ~そうくるんだ、と思いました。冒頭であのくだりは上手いですよね!

そうそう、この監督さん堅実に作る方だと思います。

>ものすごく真面目な場面での、面白さって、ありますからね。
ありますよね!困った事に(笑)

2009/03/02(月) 23:36:36 | URL | 管理人 #-[ 編集]
正におくりびと効果
あんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

なんかアカデミー賞で受賞した途端、上映館数が3倍くらいに膨れ上がったとニュースで見ました。自分の地域でも早速再上映されてリピートしてきましたが、やっぱりこっちもご年配の方が多かったですね。若い世代の方が観ても感動できるのに・・と思う20代の意見だったりw

でも日本アカデミー賞で久石譲は確かポニョで音楽賞を受賞してたよーな?個人的には本作で受賞して欲しかったですね~♪自分も音楽でかなり癒されましたし。
2009/03/03(火) 19:37:57 | URL | メビウス #mQop/nM.[ 編集]
>メビウスさん
こんばんは♪ こちらこそ、コメントとTBをありがとうございます!
おぉ!メビウスさん、リピートされたのですか!
アカデミー賞効果ですよね。凱旋上映館、増えましたもの。
最初、銀幕にど~んと『米国アカデミー賞、外国語映画賞、受賞』と出ますからね。
そうそう、若い人にも仕事の事とか生と死についてとか、見ても面白いと思いますよ~。いや~メビウスさん20代!いいっすね(笑)

久石譲さんは、ひっぱりだこですね。
『ポニョ』は呪文のように耳に残ったんでしょうか(笑)
チェロは人間の声の音域に近いそうで、そのせいか癒されますよね^^
2009/03/03(火) 21:15:54 | URL | 管理人 #-[ 編集]
見ましたか。
この季節にチャリでは厳しい距離なので×
あんレビューは助かります。

大分前にこの漫画は読んでました。庄内弁のセリフだったので地元の作家か描いてるのかと思っていたのですが誰かまで詳しく知りませんでした。
その前後に映画になるとかの話が聞こえてるうちに我が町でロケしてたんです。
まさかオスカーまで取るとは思ってなかったので驚き桃の木でした。おかげでいつ止めようかと考えてた銭湯の経営を続ける羽目になったと鶴乃湯の女性主人が言ってました。この騒ぎが収まったころに一風呂浸かってきます。


2009/03/04(水) 00:07:09 | URL | ジバゴ #Nk1opOJ6[ 編集]
スッゴク混んでいるんだって!!
ニュースになってます(;^_^A アセアセ・・・
もうすぐDVD出るんだよねぇ~
行こうと思ってたけど、あの混雑みたら萎えてきちゃった。
あんさん、偉い!!( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!
2009/03/04(水) 17:56:50 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
同じ!
またお邪魔します~

うちのダーも20代で2回喪主やってます。
20歳そこそこで母親、27歳で父親を亡くしてます。

私はその義父が亡くなってから出会ったのでどちらも知りません・・・
正直「ラッキー」とか思っちゃいました v-435

女性が喪主になるのはダーさんが亡くなった時くらいかな ( ̄ー ̄;)ゞ
でも息子がいると喪主は息子だし・・・

“死”は誰にでも公平にいつか必ず訪れるもの。
考え出したら叫びたくなるほど怖いです v-404
仕方ないんだ、みんな同じなんだ、と思いながらなるべく考えないようにしてます(;´Д`)
天国があるのならそちらに行けますように・・・ v-282
2009/03/04(水) 18:38:13 | URL | ロク #z6GZigPw[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>ジバゴさん
見ましたよ~!ジバゴさんのコメントで、風景も気をつけてしっかり見ました。これ、風景もいいですよ~!それから、建物も!
マンガ化されてたんですね。確か、原作の方も脚本家も富山あたりかと。
お~、我が町でロケされてたのが、本当にまさかオスカーまで獲るなんてビックリですよね。
え~!あの鶴乃湯の。しかも女主人(映画と同じだ~)
そんな~やめるつもりだったのですか?なのに、この映画のせいで鶴乃湯を続ける...そういう裏話があったのですね。

今は『たずねびと』でロケ地は大変でしょうね。
いいですねv-238鶴乃湯のお風呂にそのうち浸かれるなんて^^

>オリーブリーさん
すんごい混んでますよね~!当日や次の日はもう満席で駄目だから、ケータイから早目に予約するしかなくて(苦笑)
なのにDVDはもうすぐ出るんですよね~。迷いますね。

私が観に行った時、指定席なのに、もう爺ちゃんが坐っておりました(泣く)座席番号のアルファベットを間違えたみたいで。でも、よぼよぼされてて立ち上がれないのよ~(再び泣く)で、私は違う席へ(もっと泣く)
どう考えても、ふだん映画館に行かない層が来ていて、驚きですぞ~v-11

>ロクちゃん
えっ、同じだ~!なんという~偶然!
ウチのダーも、先に母、後に父、です。義父が亡くなったばかりの頃、知り合ったので、もう父親の闘病生活とお葬式の話ばっかりで...可哀想でした。あんまり可哀想なので"やや甘口"で接していたら(私、普段はめちゃ毒舌)結婚するハメになりました。

>正直「ラッキー」とか思っちゃいました
いやん、全く、一緒です...。私も正直...そう...思いました...。

私も、喪主の経験ありません。あ、息子がいたら、そっちが喪主だもんね。"死"は、いつか来ることを考えたら、もっとちゃんと生きなきゃ駄目だなぁ...と、この映画を観ながら思いました。
うんうん、天国行きたいですね...行けるでしょうかねぇ...。
2009/03/04(水) 23:47:20 | URL | 管理人 #-[ 編集]
お久しぶり♪
面白いイラストにコメントしそびれちゃったりして、
なんだか久々の書き込みです。

国内外での受賞効果で、劇場観賞は大変ですが、
やはり映画館で観るべき作品だと思いました~★
まあ、去年上映館も少なく、チケット取るのも大変だったくらいでしたが、
役者と、脚本と音楽とロケーション、それらを巧く使った演出!
その中でもチェロも、納棺の技術も、並々ならぬ努力で作品の質を上げたモックンは
やはり評価されるべきだな~と思いました♪
2009/03/05(木) 10:35:27 | URL | kira #klq26XPE[ 編集]
>kiraさん
どうも、、こんばんは~♪ お久です^^
受賞後の劇場観賞は混んで大変ですが、 去年もチケット取るのも大変だったのですか!そうなんですか!去年観たkiraさんはお目が高いデス。ホント、私は 劇場で観て良かった!と思いました。

脚本も実に上手く出来てましたが、 うん、モックンの完璧主義?!かと思えるくらいの努力は凄いですよね。チェロも自然な弾き方だったし、納棺の作法は素晴らしかったですv-218
2009/03/05(木) 23:24:43 | URL | 管理人 #-[ 編集]
込んでましたねー
前日にネットでチケット購入できる映画館で観ました。
アカデミー賞をとったから見ておくかなあと…私だけでなく多くの人が考えたのでしょうか。
笑って泣けて、いい映画でした。アラはありますが…。
はじめっから下ネタで笑いを取ろうというのも、どうかなと多少思いました。
2009/03/08(日) 23:14:49 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
おひさです~。
私も2月に仕事さぼって行ったのですが、じじばばばかりで正直最初焦りました。

でも、この映画を観て行く内に引き込まれました。
万人にうける良い作品じゃないでしょうか?

めちゃめちゃ泣けるというほどではないですが、人の死がテーマなので、妙に心に残りました。
最後気が付けば、涙が1滴ほほを伝いました。

日本を代表するいい作品でしたね~。
モックンのお風呂でいそいそごしごし体を洗うところが笑えてよかった(笑)
2009/03/09(月) 23:11:27 | URL | とら次郎 #mQop/nM.[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>ボーさん
混んでました、ふぅ~(笑)
そうそう、この映画はチケット予約に限りますねv-221
私も『アカデミー、獲ったから...』です(汗)
多くの日本人もミーハーですが、私もたいがいミーハーです(苦笑)

>はじめっから下ネタで笑いを取ろうというのも、どうかなと多少思いました。
そういえば、最初から...でしたね。
3/3のTV『キミハ・ブレイク』を観ていたら、あそこは『山奥で生まれたオカマさんがこんなに美しく生まれたのに、何故死ななければならなかったのか?という哀しさと、でも人はあそこでで笑ってしまう残酷さと、現実にはよくある事として描きたかった』と、監督さんが言っておりました。
確かに、最初から下ネタでした。で、私は反応しちまって~(汗)

>とら次郎さん
おひさです!
うはは、ホントに劇場内は"敬老の日"状態でしたね~(汗)
うんうん、次第に引き込まれてしまいましたよ~。
私は苦手な題材だったのですが...観た後、この内容はお年寄りだけでなく若い人にも観てほしいし、万人受けすると思いました。
"人の死"がテーマで"音楽"と共に、妙に心に残りましたね。
最後には、思わず泣いてしまいますよね。
とら次郎さん、1滴? 私は、1滴よりは...出ましたぞ(笑)

>日本を代表するいい作品でしたね~。
いい映画でした。ちょっと、これは世界中に観てほしい気がします^^

"匂い"も落ちないんでしょうね...。
モックン、ごしごし体を洗ってましたね。
いやはや、あの脚本の展開やエピソードは上手いですよね。
2009/03/10(火) 08:52:47 | URL | 管理人 #-[ 編集]
アカデミー賞効果すごい
こんにちは、お久しぶりですv-120

アカデミー賞効果すごくて、
母親や友人も報道見てから
いそいそと映画館に足を運んでいました!

エロ映画出身って本当以外でしたー、
でもそういったシーンは無いに等しかったですねぇ、

浄化される、そうでしたね、
もう一回観たいなーと思いつつ
なかなか行けません(混んでそうだし)。



2009/03/10(火) 15:13:47 | URL | ヤマト #QjtTlS4.[ 編集]
>ヤマトさん
ヤマトさん、お久しぶりです^^
アカデミー賞効果、凄いですね~。
報道されてから、混んでますね~。私もですが~(汗)

>エロ映画出身って本当以外でしたー
そうですか~。私はすんなり『そっか~』と思っちゃいました~(笑)
あの頃、映画界は斜陽でピンク映画を撮りながら食いつないでる監督さんも多かったみたいです。

この映画で流した涙は、色んなものを洗い流してくれた気がします(私でもw)

もう一回観たいなーと思いますよね~。でも混んでそうだし。
じじばば様に席をブッキングされそうだし~な~(笑)
2009/03/11(水) 00:07:47 | URL | 管理人 #-[ 編集]
おー!
凄く特徴を捉えた素敵なイラストですね!
あんさん的にはエロが足らんとお感じになったようですね^^
私は反対にあのシーンは死と生を対称に捉えたもの凄くエロな映像に感じたんですよ。
生というものへの執着って感じですかね。
遅くなりましたが、コメント&TB頂き有り難うございました。

2009/03/11(水) 18:56:02 | URL | 赴任生活 #-[ 編集]
>赴任生活さん
ありがとうございます^^
あ~『おくりびと』はエロスは感じましたが、今までの滝田作品にはあんまり感じないんですね...。というのは、知らなかったけど、結構、滝田作品を観てた事に我ながらびっくり。滝田監督が撮ってきた映画...私の好きな原作ばかりで。なのに、がっかりした事が多くて。エロを撮ってきた方にしては『あれ?』っていうほど、情念や原作愛を感じない。ん?私、なんか、全然、監督を褒めてない~(汗)きちっと沢山仕事をさばいていくマジメな職業的監督さんだなぁ~と(ここでフォロー)いうのが、私の実感です。

今回の『おくりびと』は、本木さんの15年温めてきた想いといい脚本家のウエイトが大きいと思います。それに滝田監督のきちんとした仕事が、上手~く融合してたなぁ~と。

話は違いますが、モモタロスってカッコいいですねぇ。
あのフォルム、しげしげと眺めさせてもらいました^^
2009/03/11(水) 21:04:52 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは~♪
お久しぶりですー☆
「おくりびと」アカデミー効果すごいですよね♪そんなワタシも牡アカデミーにノミネートされたからってことで1月に観にいったばかりでした。泣けたし笑えたし、すっごくいい作品だったなー。エンドロール、すばらしかったし!

うちのママごんも昨日劇場鑑賞したみたいで「後ろのババァの笑いがうるさかったよー」と文句をいいつつ映画には満足していたみたいでした。じぶんもババァのクセに~。笑
なにはともあれ、いろんな人が劇場に足をはこぶのっていいことだなぁ~って思いました☆そいでは~
2009/03/11(水) 22:58:24 | URL | きらら #-[ 編集]
>きららさん
こちらこそ、お久しぶりですー☆って、私、みんなに言ってる~(笑)
ホント「おくりびと」アカデミー効果すごいですね!
笑えて泣けた、すっごくいい作品でしたよー。
エンドロール!感心しました!
ここまでピシっとキめられると、もうノックアウト!

>「後ろのババァの笑いがうるさかったよー」と文句をいいつつ映画には満足していたみたいでした。じぶんもババァのクセに~。笑
きららさんのママごんさん、面白い~~(笑)
今度の劇場内のじじばば様達に関しては、みんなそれぞれ何かしらエピソードがあるみたいですよー(笑)
いろんな人が劇場に足を運ぶっていいことですよね!うん^^
2009/03/11(水) 23:41:45 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『人生最高の旅立ちのお手伝い致します。』  コチラの「おくりびと」は、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、さらにはアカデミー賞外国語映画賞の出品作品に決定するなど、にわかに話題となっている”納棺師”を題材とした9/13公開のヒューマン・ド...
2009/03/02(月) 07:09:39 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
「おくりびと」を観てきました~♪ 楽団のチョロ奏者、小林大悟(本木雅弘)は、突然楽団が解散したことから、チェロを棄て故郷の山形に帰る決心をした。新聞で見つけた求人募集の広告を読み面接に向かった。社長の佐々木(山崎努)に即採用された大悟、仕事内容を聞く...
2009/03/02(月) 07:30:45 | 観たよ~ん~
友人のおかげで試写会に行くことができました。前評判が良いし、テーマが変わっていて興味があったのでお誘いに喜んでいましたが、観て感激。お勧めできます。その後モントリール世界映画祭でグランプリを取ったと知ってますます作品の質の高さに納得です。
2009/03/02(月) 14:22:05 | ももママの心のblog
久々の試写会で鑑賞です。 試写会が当たらなくても、観たかった作品。 期待した以上によくて、今年の邦画ベスト1かも{/atten/} キャストは、みんな安心してみていられる実力派。 そして、それぞれの役にぴったりでした。 上手くても浮いてる場合もあるのに、全員がぴたり...
2009/03/02(月) 18:51:03 | ふぴことママのたわ言
記事アップ日【2008/12/08 21:21】 アカデミー賞受賞上げ とあるマイミクさんの勧めで見てきました。 通常ならもう公開は終わっていますが関東で ...
2009/03/02(月) 21:48:38 | 単館系
祝!第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞! モントリオール世界映画祭グランプリです。 劇場は、ご高齢の方、多かったです。その年代の...
2009/03/02(月) 22:26:47 | 映画通信みるみる
【監督】滝田洋二郎 【出演】本木雅弘/広末涼子/余貴美子/吉行和子/杉本哲太/笹野高史/山崎努 【公開日】2008/9.13 【製作】日本 ...
2009/03/03(火) 19:28:58 | シネマをぶった斬りっ!!
◆本木雅弘さん(のつもり) 本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。 第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅ればせながら劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
2009/03/04(水) 00:02:21 | yanajunのイラスト・まんが道
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★?...
2009/03/04(水) 08:25:19 | 京の昼寝~♪
いのち芽吹く物語。  
2009/03/04(水) 10:24:47 | Akira\'s VOICE
キレイになって、 逝ってらっしゃい。 製作年度 2008年 上映時間 130分 脚本 小山薫堂 監督 滝田洋二郎 音楽 久石譲 出演 本木雅弘/広末涼子/山崎努/余貴美子/吉行和子/笹野高史/杉本哲太/峰岸徹 一見近寄りがたい職業、納棺師に焦点を当て、重くなりがちなテーマを軽...
2009/03/05(木) 10:21:04 | to Heart
9月前半はこれといって観たい映画がなく、ちょっと間があきましたが、モントリオール映画祭グランプリの『おくりびと』を、神戸国際松竹にて。 Story 所属する東京のオーケストラが解散し、職を失ったチェロ奏者の大悟(本木雅弘)は演奏家を続けることを諦め、妻の美香...
2009/03/05(木) 21:23:11 | 健康への長い道
観に行ってしまったよ。アカデミー賞で外国語映画賞をとった日本映画。ミーハーだからさ~。
2009/03/08(日) 22:39:26 | 或る日の出来事
『おくりびと』 【製作年度】2008年 【製作国】日本 【監督】滝田洋二郎 【出演】本木雅弘/広末涼子/山崎努/余貴美子/吉行和...
2009/03/09(月) 23:12:21 | こわいものみたさ
滝田洋二郎監督の作品って初めて観ました。 山崎務さんは本当に素敵な俳優さんですね
2009/03/10(火) 15:09:51 | オヨメ千感ヤマト
最盛期が嘘だったかのように一時期はその消息がつかめなかった広末涼子だが、最近はドラマに映画にCMにと、活動の場を広く求めているようだ。女性は離婚後に仕事に走ると島田紳助が云っていたなあ。「おくりびと」を試写会で観た。
2009/03/12(木) 09:42:00 | MESCALINE DRIVE
『キレイになって、逝ってらっしゃい』
2009/03/16(月) 21:49:42 | きららのきらきら生活
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。一見近寄りがたい職業、納棺師...
2009/04/05(日) 15:20:41 | サーカスな日々
キレイになって、逝ってらっしゃい。
2009/06/06(土) 14:46:05 | Addict allcinema 映画レビュー
 チェロという楽器 ご存じですか? ラッキーなことに 娘の同級生で 幼年からチェロをならっているS君がいて 演奏風景を一度みたことがあります。 それまでヴィオラとヴァイオリンの差もよくわからない人間でした。クラシックはまだ 生でみたことないんですよね。...
2009/07/02(木) 15:13:48 | なりゆき散策日記
監督:滝田洋二郎(あれ? 俺とっちゃたよ) 出演:本木雅弘(いいだしっぺ)広末涼子 山崎努(いぶし銀) 出演:余貴美子 笹野高史 峰岸徹 吉行和子 杉本哲太   「安らかな旅立ちのお手伝い」をする納棺師のお仕事を始めた 一人の男。最初は戸惑うが、?...
2009/09/15(火) 14:28:12 | おそらく見聞録
TVで鑑賞―【story】楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざ?...
2009/10/06(火) 21:30:49 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。