映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠のこどもたち
2009年01月09日 (金) | 編集 |
ドアは静かに締めましょう...。

丑年874.jpg
ネタバレしてるかな...。

ちょっと前に『ティンカーベル』を観たけど、アレは綺麗な映像に気を使い、小さい女の子向きに毒気を抜いて作られたディズニー製アニメだったけど...。コレもまた『ピーターパン』から"ウエンディ"にスピンオフした物語なのかも知れない。
しかし、こちらは毒気も怖さも哀しさもある...なにしろ『ティンカーベル』では"ネバーランド"は綺麗で楽しそうな妖精の国だったが『永遠のこどもたち』では"ネバーランド"は生と死の狭間の世界である。

あの『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロが、プロデューサー。
そして、ギレルモが認めた才能、J.A.バヨナが監督。
クリーチャーを含めグロテスクさも、或る意味、華麗だったダークファンタジー『パンズ・ラビリンス』よりは、かなり地味め。しかし、日常と非日常で揺れる不思議さや、中年女性の肉親に寄せる濃密な愛情、ラストの悲劇的なのか?ハッピーエンドなのか?わからないところは『パンズ・ラビリンス』と相通じるところがある。

海辺の孤児院で幸せに育ったラウラ(ベレン・ルエダ)
30年後、ラウラはその屋敷を買い取り、夫カルロス(フェルナンド・カヨ)7歳の息子シモン(ロジェ・プリンセブ)と共に、障害を持つ子供達のホームを作ろうとする。
ある日、屋敷に訪ねてきた老女は "息子シモンは養子で、彼もまた病気を持っている"という事を知っていて、不気味に思ったラウラは追い返す。息子シモンの事は気がかりで、ホームが開園すれば、シモンにも友達が出来るだろうとラウラは考えたが、シモンは空想上との友達遊びが酷くなる...。古ぼけた屋敷に潜む何者かの痕跡、気配、音を、ラウラもまた感じ始める。数日後、入園希望者のパーティの最中に、シモンは忽然と消えてしまう...。


ホラーというほど凄く怖いわけでなく、サスペンスとミステリーが入り混じり、少しずつ不思議な事が重なり、じわじわと疑問や恐怖を感じます...。まぁ、血がしたたる残虐シーンがないホラーの常で "音"にはいささかビクっと驚かされますが。


丑年875.jpgこのラウラ役のベレン・ルエダ、年取ってもいず若くもない微妙な年齢で、意志の強そうなくっきりとした顔立ちが、よく見ると美しい。子供を失い錯乱しつつある儚さと、子を想うあまり生と死の境目さえ立ち向かう強さを、併せ持っている女優さんである。

霊媒師に頼ろうとするラウラに『迷って困ってる者につけ込む』と夫カルロスは諌める。
霊媒師の役は、存在感あるジェラルディン・チャップリン。
彼女の眉と目は独特で、父君に面差しがよく似ている。


孤児院でいったい何があったのか?だんだん明かされていくミステリー。

霊媒師はラウラに言う『非情に凄惨な出来事にあった魂は、優しく心を込めて慰撫されないと癒す事ができないのだ』『見えないものを信じなさい。信じれば必ず見えるわ』と。

理性的で現実主義の夫カルロスや警察関係のピラール(マベル・リベラ)からすれば、ラウラは壊れかけていく母親の姿にしか見えないだろうし、全く別のストーリーになるだろう。
そんなカルロスも、最後には屋敷で、ある痕跡を見つけるのだ...。

結末の解釈は、あなたの血中濃度が情か理かどちらが勝るか、で決まるでしょう。

母親ラウラにとっては、幸せなラストなのでしょうね...。

まぁ、なんというか...生まれてからヒト桁ぐらいまでの子どもは、母親に取って自分の血や肉と一体化してますからね...。
ましてや、パーティの日にちょっとした諍いでシモンに手を上げてしまったラウラ、まさにシモンを見失ってしまった!というところでしょう。捜して捜して、追い求めずにはいられない...。その切ない心情と恐怖が重なり合って、じわじわ心にくるのです...。


『ダルマさんがころんだ』に似た『1、2、3、壁を叩け』のゲーム。
次のヒントを隠しておき探し当てる『宝探しごっこ』など。日本の昔からあった童遊びを思い出し懐かしく、なぜか温かく感じるラストだったけれど、やっぱり切なく哀しいホラーですね...。

怖いだけでなく、母の一途な想いをきらきらと結晶にさせた作品だと思います。


↓クリックしてもらうと嬉しい^^
banner_03.gif
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
壁紙を破る幼い幾つもの手・・・からして好みでした~。

>ドアは静かに締めましょう
多分、ヒントにはなるかもですがセーフだと思いますよ^^

ウチは、よく出かけた先でよく迷子になる子で、
もう、、ラウラの心情は痛いほど解りました。
お花見に行った広い公園で、潮干狩りの海で、デパートで、
よその親も皆で捜して4時間後に、、ということもありました(・_・;)
なので、ものすごくラウラに感情移入してしまって、
好みの分かれるラストも嫌いじゃありませんでした。。。
2009/01/10(土) 12:22:26 | URL | kira #klq26XPE[ 編集]
こんばんは!
そろそろ、あけましておめでとうございます。でもない頃ですね。
うん、やっぱりイラストは楽しいですねー。
新年ですし(?)、リンクさせていただきま~す。

結末の解釈ですよねえ…私はどうもねえ…です。
2009/01/10(土) 19:13:01 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>kiraさん
オープニングから、私も好きでした。
セーフですか?セーフですか...ふぅ~良かったぁ(笑)
でも、よく読むとネタバレしてるんだろうな~(汗)

kiraさんトコのお子さんも、よく迷子になられたんですか?
肝を冷やしますよね~(・_・;)
ウチも多動児でよく迷子になりました。
ホントに、ラウラの心情がわかりますよね。
夫カルロスをそっちのけにして、子ども捜しばかりに気を取られる...というのも苦笑しました。あたしも、夫より子どもが大事かも。あはは(汗)
ラストも、自分では納得できたのでありました...。

>ボーさん
遅ればせながら、明けましておめでとうございます!
コメントもありがとうございます!
イラストと文でなんとか持たせております、えへへ。
リンク、お年玉みたいで嬉しいです!ありがとうございます^^

>結末の解釈ですよねえ…私はどうもねえ…です。
そうですね。あのラストは、人によっては色々受け止め方はありますよね~。

2009/01/11(日) 00:00:24 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは!
遅れましたが、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いしますね♪

正月早々切ないお話でしたが、見せ方がうまかったですね。
私はどうも血中濃度は理のようです(笑)
見てるときは恐かったですが、夢にでてこなくてよかったです。
ノーカントリーのハビエルは出てきましたが・・^^;
今年もいい映画にいっぱい出会いたいですね。
2009/01/12(月) 18:36:34 | URL | アイマック #mQop/nM.[ 編集]
やっと見て来ました
今回も切ないラストでしたね~
血中濃度ですか?どっちでしょう
子供達にとってはハッピーエンドだったんでしょうか
貝殻とか小物も効いてましたし
凄く怖いわけじゃないけど不気味な雰囲気良かったです
2009/01/12(月) 20:50:57 | URL | くまんちゅう #TO.QWiMc[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>アイマックさん
あけましておめでとうございます!
こちらこそ、今年もよろしくお願いします^^

見せ方や伏線が、上手かったですね。
"理"の方なんですね。
じゃあ、なおさら、夫のほうが可哀想になりますよね。
古びた家だと、夢に出~て~き~た~か~も~(笑)

『ノーカントリー』のハビエルが夢に?!ソレ嫌ですよね~。
まさか、初夢じゃありませんよね(汗)

今年も、お互いいい映画に出逢いたいものですね^^

>くまんちゅうさん
うん、ホントに、今度も切ないラストでした。
くまんちゅうさんの血中濃度はですね。
情や理より『鷹の爪』がたっぷり入ってますから(笑)

貝殻とか残ったドアノブとか、隠し扉とか、小物の扱いも効いていましたね。
そんなに怖いわけではないけど、不気味で不思議な雰囲気でしたね。
2009/01/12(月) 23:04:18 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ホラー苦手ですが、私にはこれはホラーとは言えなかったです。
(ジェイソンとかエルム街とかあー言うのは苦手)
ハラハラさせられ、辛く切ないラストでも、納得できてしまう見せ方は上手いですよね~好きです、こんな映画♪
私も子供たちとラウラには幸せなんだろうなぁ~と感じました。

一番の衝撃は、ベニグナ婆さんの衝撃的なシーンでした!
2009/01/12(月) 23:45:06 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
>オリーブリーさん
ホラー苦手な人でも、それほど怖くない微ホラー映画ですよね。
女性にとっても、引き込まれて感情移入しやすいストーリーだし...。
それに、この作品はホラーというジャンルじゃ括れないような...。

いつもラストは辛くて切なくて、解釈は観客に委ねられて...ん~、私もなんか納得です。ラウラは自ら望んでいたし、子どもたちも幸せなんだろうな、と思いました。

ベニグナ婆さん!あそこは心臓がキュッと!いきなりですもん!
衝撃的でしたv-13

2009/01/13(火) 23:33:04 | URL | 管理人 #-[ 編集]
あんさん、今年もよろしくお願いしますー。楽しいイラストも楽しみ!
で、、、いきなりトマスの顔にビビッてしまったー。ホラーというほどでもなかった?ワタシは怖かったよぅ。
でもあのラスト。。。ホロリとさせられちゃいました。ステキな作品でしたね♪
2009/01/14(水) 22:39:20 | URL | きらら #-[ 編集]
またまたお邪魔しま~す♪
あんさん、こんばんは^^
ホラー苦手な私もどうにか観れましたし、ラウラの
気持ちも痛いほどわかる私なのですが、私も
アイマックさんと同じで(笑)血中濃度理のようです(^^ゞ

パンズ~もそうだったのですが、どうもラストが・・・
映像は美しいですし、涙も出るラストなんですけどね。。。

まあ、体調もあったのかもしれませんが(^^ゞ
それにしても、あんさんのイラストのトマス怖い(ノ_・。)
2009/01/15(木) 21:52:08 | URL | ひろちゃん #0FtB7ubA[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>きららさん
こちらこそ、今年もよろしくお願いします!
トマスの顔、びびっちゃいました?
私は最近ホラーを観ているせいか耐性がついて、はいそれほどでも(汗)
きららさん、怖かったですか~~?
ベニグナ婆さんのところは、ちょっと心臓止まりましたよ~(笑)
ラスト、泣いちゃいましたよ...。うん、ステキな作品でした^^

>ひろちゃんさん
そうですよね。
ホラー苦手でも、何とか観れる映画ですよね。
あっ、ひろちゃんさん、血中濃度は"理"なのですね。
"ロバート・ダウニー"じゃないんですね?(笑)

『パンズ』も、そうでしたか。
ギレルモ監督のラストは、解釈が分かれますよね。
うんうん、人によって違うから、ホント面白いですよね。

私のイラストのトマス、怖いですか~~?
ひろちゃんさんの体調を悪くしたら、ごめんなさいね~。


2009/01/17(土) 00:24:39 | URL | 管理人 #-[ 編集]
いやぁ~!
本当かなりビクっとしちゃいましたよ~。
でも、怖いだけでなく悲しいけど、
温かなお話でもあったんですよね。
あたしはちょっと好みじゃないのですが、
それでも引き込まれて観てしまいましたよ~。
2009/01/21(水) 20:29:28 | URL | miyu #-[ 編集]
>miyuさん
スゴ~く怖くはないんだけど、ところどころビクっとしますよね(汗)
ホラーだけではない、深い物語がありましたね。
この映画はラストで、やはり観客の好悪を左右しますね。
『パンズ・ラビリンス』より、もっと共感できない人も多いかも~と思います。母の愛って、美しくも恐ろしい~もんですね...。
2009/01/21(水) 22:20:00 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
原題:EI Orfanato ウノ、ドス、トレス、チョコラーテ・イングレス、いわゆる日本の"だるまさんがころんだ"と同じで、鬼ごっこ遊び~障害を持つ子供に対するイジメと母親の愛~ とあるスペインの海辺に建つ古い孤児院、仲良くだるまさんがころんだ遊びする子供
2009/01/10(土) 11:56:57 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
愛を信じたら、本物の光が見える。 原題 EL ORFANATO/THE ORPHANAGE 製作国・地域 スペイン/メキシコ 製作年度 2007年 上映時間 108分 監督 J・A・バヨナ 音楽 フェルナンド・ベラスケス 出演 ベレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ロジェール・プリンセプ/ジェラルディ?...
2009/01/10(土) 12:05:34 | to Heart
(原題:EI Orfanato) ----『永遠の子供』って ピーターパンなんかに使われる言葉だよね。 このポスターからは そんなイメージがまったく伝わらないけど…。 「実はもっとショッキングなのもあるんだけどね…。 原題は『孤児院』。 日本の配給や宣伝サイドはホラー色を払...
2009/01/10(土) 13:03:47 | ラムの大通り
死≠不幸 【Story】 孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホー...
2009/01/10(土) 17:49:45 | Memoirs_of_dai
んん…あんまりピンとこなかったなあ。 ギレルモ・デル・トロが製作にまわった映画で、彼の好みっぽいホラーミステリー調に、母の愛などもあ...
2009/01/10(土) 19:03:47 | 或る日の出来事
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督がプロデュースのミステリーサスペンス。 スペインで大ヒットを記録、 今年のアカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選ばれた作品{/kirakira/} 今年観られる映画ももうわずか。 20日公開作品は駆け込みでいっぱい。?...
2009/01/11(日) 00:33:24 | 我想一個人映画美的女人blog
    = 『永遠のこどもたち』  (2007) = 海辺に建つ、古い孤児院で育った少女ラウラ(べレン・ルエダ)。 30年後、その懐かしい館を、障害をもつ子供たちのためのホームにしたいと買い取り、医師である夫カルロスと、7歳の息子シモンとともに移り住む。 ...
2009/01/11(日) 01:16:44 | 今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で
El Orfanato(2007/スペイン=メキシコ)【劇場公開】 監督: J・A・バヨーナ 出演:ベレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ジェラルディン・チャップリン/ロジェール・プリンセプ/マベル・リベラ/モンセラット・カルージャ 『シックス・センス』以来の衝撃と感動 愛を...
2009/01/12(月) 18:28:56 | 小部屋日記
こちらも気になってたけど見そびれてた作品。単館公開だったけど、109で公開になったので10日の土曜日に鑑賞。昨年のベスト
2009/01/12(月) 20:45:59 | Wilderlandwandar
孤児院で育ち、里親に引き取られたラウラ(ベレン・ルエダ)は、 30年後、閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホ...
2009/01/12(月) 23:09:18 | 心のままに映画の風景
   ☆公式サイト☆『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロをプロデューサーに迎え製作されたスペイン発のホラー映画。短編映画やミュージックビデオ制作で活躍するJ・A・バヨーナが初の長編監督を務め、主演は『美しすぎる母』のベレン・ルエダ。孤児院で育った...
2009/01/14(水) 22:38:10 | きららのきらきら生活
ELORFANATOTHEORPHANAGE愛を信じたら、本物の光が見える。上映時間108分製作国スペイン/メキシコ公開情報劇場公開(シネカノン)初公開年月2008/12/20ジャンルホラー/ドラマ/ミステリー【解説】「パンズ・ラビリンス」「デビルズ・バックボーン」のギレルモ・デル・トロ...
2009/01/15(木) 21:44:49 | CinemaCollection
 愛を信じたら、本物の光が見える。 ギレルモ・デル・トロ監督、今回は製作者として、この作品に関わっている。スペイン国内でゴヤ賞の7部門を獲得した他、数々の賞に輝いたこの作品ということと、休日というのも重なって大勢のお客さんだった。そういえば、「パンズ・...
2009/01/17(土) 12:44:21 | 銅版画制作の日々
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・ドロをプロデューサーに迎えて 制作されたスペインのホラー映画。アカデミー賞外国語映画賞スペイン代表 作品やゴヤ賞7部門などなど、多くの賞を受賞した作品。孤児院で育ったラウラは、長い間閉鎖されていたその孤児院を買い取..
2009/01/18(日) 23:02:58 | だらだら無気力ブログ
 『愛を信じたら、本物の光が見える。』  コチラの「永遠のこどもたち」は、12/20公開になったスピリチュアル・ミステリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪2009年初となる映画館での鑑賞作品です。2006年の「ポビーとディンガン」、2007年の「リトル・ミス・サン?...
2009/01/21(水) 20:19:44 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
「永遠のこどもたち」★★★★☆ ベレン・ルエダ 、ジェラルディン・チャップリン 、マベル・リベラ 出演 J・A・バヨーナ監督、2008年、スペイン、メキシコ、108分 「何だ、この映画、 途中二度くらい恐怖で 声を出しそうになりながらも、 ラストで映画の...
2009/01/23(金) 21:35:01 | soramove
▼動機 「パンズ・ラビリンス」が面白かったから ▼感想 ホラー?ファンタジー?サスペンス? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホー?...
2009/04/09(木) 20:17:16 | 新!やさぐれ日記
原題:EL ORFANATO公開:2008/12/20製作国:スペイン/メキシコ上映時間:108分監督:J・A・バヨナ出演:ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン、マベル・リベラ、モンセラート・カルーヤ愛を信じたら、本物の光が...
2009/06/17(水) 12:58:28 | 映画鑑賞★日記・・・
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロをプロデューサーに迎え製作されたスペイン発のホラー映画。短編映画やミュージックビデオ制作で活躍するJ・A・バヨーナが初の長編監督を務め、主演は『美しすぎる母』のベレン・ルエダ。『クライムタイム』のジェラルディン...
2009/07/20(月) 15:14:27 | サーカスな日々
『永遠のこどもたち』  EL ORFANATO 【製作年度】2007年 【製作国】スペイン 【監督】J・A・バヨナ 【出演】ベレン・ルエダ/...
2009/08/30(日) 21:27:12 | こわいものみたさ
永遠のこどもたちThe Orphanage/El Orfanato/監督:J・A・バヨナ/2008年/スペイン・メキシコ 母親から見たピーターパンの物語。 以前「人形が印象的な映画を語りましょう - 2ちゃんねる人形板まとめ」という記事を書きました。その中で挙げられていて気になったの?...
2011/07/15(金) 14:44:56 | 映画感想 * FRAGILE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。