映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・オブ・ライズ/Body of lies
2008年12月28日 (日) | 編集 |
地球864.jpg
この映画のレオナルド・ディカプリオは髪も目もダークで髭だらけなんですが...『綺麗な人は綺麗に』の管理人のモットーで控えめにしました、悪しからず。

"曲がり角"って失礼な事を書きましたが、レオナルド・ディカプリオは『ブラッド・ダイヤモンド』といい、いや~きっちり骨太い役にシフトしてきたと思います。
最初に見たのは『ギルバート・グレイプ』知的障害者の弟を演じて、おぉ!いい性格俳優になるだろう!と思ったら、顔が綺麗なためアイドル俳優のほうへ。『タイタニック』がピークの美しさ。『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』は、ギリでキュートで好きだったなぁ。

彼の持つちょっと脆弱なところが、中東の現地を理解しCIA局員にしては優しすぎるフェリスという役にはまっている、と思います。最後の看護士の彼女を見つめているレオナルド・ディカプリオの目を見ていたら、つくづく男っぽくなったなと感慨深いです。

フェリスと対照的な上司、ホフマン役のラッセル・クロウも、体重増量と低音の迫力で、酷薄なCIA幹部を上手く演じています。この映画の監督リドリー・スコットの『グラディエーター』私、好きでした!闘技場で、思わず指揮を取り盾で円陣を組むところや『My name is...』と名乗りを上げる場面など、ぞくっとシビれました。ラッセル・クロウ、好きな俳優さんです。ただ、早く減量してくださいね(笑)

ヨルダン総合情報部の局長のハニ役のマーク・ストロングも、妙に印象的でした。



地球865.jpgあまり考えこまずにエンタメ作品として観たら...テンポもいいし、迫力もある...なにしろ、この私が寝ないで鑑賞できました。
このような硬派なテーマなのに、興味深く見せてくれました。


ホント、中東情勢って、日本人には分かり難いし、よく知らないですよね。

私も恥ずかしながら『ペルセポリス』(←イラン女性が描いた)というマンガで、初めてシーア派とスンニ派の成り立ちを知ったし、それまでの生活が180度変わり批判される作者の家庭や取り巻くイスラム世界の複雑さをかいま見て、驚きました。元々、色んな考えや対立があり紛争の多い地域なんですね...。

『イスラム法に基づかない政治を行う為政者は、背徳者』というイスラム過激派の中でも、批判したり転向したりと一枚岩では無いし、それぞれの自己主張の強さ、苛烈な風土と宗教...正解が無いカオスの世界fです。

なのに、全く価値観が違うアメリカが、中東で活動する困難さ。
徒労感ばかり感じ、ずぶずぶと前進も後退もできない。
最初に『すべてフィクッションであるが、すべてありえる話である』と、テロップで流れるものの...実際、CIAもテロ首謀者を捕まえる為、手段を選ばず汚い手を使ってるかも知れない...。もはや『ホワイトナイト』ではいられない、まさしく『ダークナイト』のアメリカであります...。
CIAの上層部のホフマンに見られるようなアメリカの傲慢さは確かに嫌だけど、私は全面的に批判する気にもなれないです。だって、アメリカ側に正解は無いけど、イスラム過激派のテロ組織にはもっと無いですから。この問題は、非常に複雑です...。それに、無差別テロはどうしてもどうしても理解できないから。

これ、アメリカでヒットしない理由がわかる気がします。
この先テロ対策はずーと続けられるだろうし、結論が出ない難しい問題だらけで...暗鬱とした気持ちになりますものね...。

よく考えると、年末年始に観る映画としてはカタルシスが無く暗いです...。
まっ、よく考えずに、男臭くなったレオ様を観るっていう手もありますが...。



↓さっ、あといくつレビューをup出来るかな。クリックしてもらうと嬉しいです^^
banner_03.gif
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ピシッ!
私の愛のムチが効いたようですねv-391
感心感心(笑)
旦那様もお休みでチェックが厳しいんでしょうか?
ご機嫌を損ねない程度にがんばってくださいねe-281

レオはこういう硬派な作品が好みなんでしょうね。
眉間にシワ寄せてるイメージが定着して来ました。
かっこいいし似合うからいいけどラブものも観たいです。
期待の次作「レボリューショナリー・ロード」はどんな感じかなe-420

あのシーンは思わず「痛っ」って言いそうになりました(>_<)
演技とわかっててもああいうのはやっぱり苦手です・・・

そうそう、彼女を遠くから見守って微笑むお顔はキュンと萌えましたe-446
今年何人目のプチ惚れでしょう(笑)

追記
興味ないので忘れてたけどラッセル・クロウもさすがに上手いですね。
体重なかなか戻らないってどこかに書いてあったけどもう戻ったかな(`∀´)
2008/12/29(月) 02:09:41 | URL | ロク #z6GZigPw[ 編集]
うんうん
ピークはやっぱり「タイタニック」だろうね~。
あの頃は本当に綺麗な顔してたもんね。
もうちょい前の少年っぽさ全開の頃も可愛かったけどね。
骨太路線にシフトして、この映画は結構ハマってきてましたね。
観る方が慣れてきたせいもあるかもしれませんが、
なかなか男っぷりが上がってきたので嬉しいです。
お話としては確かにお正月向けって感じじゃないけど、
結構面白く観れましたね。
女性でも退屈せずに観れたしね~( ´艸`)
2008/12/29(月) 09:10:42 | URL | miyu #-[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>ロクさん
あぁ、もう、ロクさんの愛のムチはピシッピシッと効きました(笑)
そうなんですよ...『亭主、元気で留守がいい』これ、名言だなぁ~とつくづく思っておりまする。

レオは、こういう硬派な作品を選ぶようになりましたね。
私『アビエイター』や『ディパーデッド』のレオは、あまり好きじゃなかったので『ブラッドダイヤモンド』や今度の作品のレオは『あっ、いいなぁ~!』と嬉しかったです。ホントに男っぽくハマりましたね。
次の「レボリューショナリー・ロード」は楽しみですよん♪
レオとケイトって、長年の夫婦の感じですね(笑)

拷問シーンは『あっ、どこまでやられるのか』はらはらしました。
ホラーじゃなく、こういう映画で見るとリアルに痛そうで!
演技でも、レオは大変だったでしょうね...。
彼女を見守るお顔にはキュンときましたよv-9
あはは、ロクさん、何人目のプチ惚れなんですかー。

ラッセル・クロウ、興味ないんですかぁ~(笑)
私、割と好き、声もv-238
体重なかなか戻らないんですか?それ、やだなぁ(笑)

>miyuさん
『タイタニック』のレオは、本当に美しかったですね。
ケイトが脱ごうが脱ぐまいが、あたくしレオばかり見てました(笑)
うんうん、どっちかというと、私もそれ以前の少年っぽい頃が好きです。

>なかなか男っぷりが上がってきたので嬉しいです。
この映画は結構ハマって、大人の男の良さが出てましたね。

お正月向けじゃないけど、飽きずに面白く観られましたね。
この題材でも、監督の手腕というか、女性でも十分観れますよね^^

2008/12/29(月) 20:45:03 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは
これ,やっぱりアメリカじゃヒットしなかったの?
自国の悪口言ってるような作品だから仕方ないかな~
よくぞ!思い切ってここまで見せてくれたなぁ。
あっぱれです。
CIAも何でもアリならテロリストと変わらないよね。
けっこう好きなラッセルが見事!カッコ悪く太ってました。
早く元に戻してね~~
中年過ぎてのダイエットはキツイかも。
レオはこの作品の中では花マル級のカッコよさでしたね。
2008/12/30(火) 00:14:32 | URL | なな #-[ 編集]
お邪魔しま~す♪
いまだ大掃除中です(爆)
ワールド~は入って、なぜ、地球~はTBが入らないん
でしょうか・・・ごめんね(T^T)

さてこの作品ですが・・・・

画像のレオ、きれい過ぎない?(笑)
ラッセルはソックリですが(笑)...『綺麗な人は綺麗に』
書いたんですねえ^^

中東情勢って、私たち日本人にはわかりにくい
ですよねσ(^◇^;)そして、神道の日本では
宗教のこともわかりにくいしσ(^◇^;)

あんさんが眠らずに観たのだから(笑)やはり、面白い
作品なんだと思います^^
私も、体調不良、朝一(眠い・笑)にもかかわらず睡魔は
きませんでしたもん^^

年末締めに観る映画ではないかもですが、でも、私は
面白く観れましたし、好きな作品ですよん♪
2008/12/30(火) 00:40:54 | URL | ひろちゃん #0FtB7ubA[ 編集]
>アメリカ側に正解は無いけど、イスラム過激派のテロ組織にはもっと無いですから。

そうなんですよね。
終わった後、この手の映画に残るもやもやした気持ちは…

レオ君、眉間のしわがドンドン深くなった気がするけど(自分を棚に上げました~(*^^*)
演技は骨太でしたね♪
2008/12/30(火) 01:56:13 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
こんばんは。
TBありがとうございます。
イラスト素敵です。
ラッセル・クロウ、すっごく似てます!
いや~、レオはクール!!!
童顔が演技の上手さの邪魔をしてたのに、「ブラッド・・・」以降貫禄が出て、ぐんぐん良くなってきましたね。
次回作、楽しみですね。
2008/12/30(火) 01:59:00 | URL | ryoko #-[ 編集]
「飼い犬のためにめったに映画館に行かない女」
になってしまった私ですが、これは娘に留守番させて行きましたよ!
リドリー・スコットとラッセル・クロウ二大好物ですからね。

まず、ヒットしなさそうな内容を映画化した監督に脱帽。
そしてハニさんですよねえ、今回一番ぐっとくるのは。
レオは、もっともっと汚くてもいい気がするのに
どうしてもどうしても心底汚くなれないんだなあ、
俳優で言うとレッドフォードやポール・ニューマンタイプで
美形でも汚くなれるブラピとは違うんだなあ・・・と
アビエイターに続いて思いました。
私はロミジュリのレオが一番似合っていた役だと思います。

こんなストーリーでも眠くなることもなくあっという間で
やはり、リドリー・スコットは只者ではないと認識しました。

(↑ティンカーベルに先生がいたってロビーの説明書きで
初めて知りました。そしてボールペンをつい買っちゃった)
2008/12/30(火) 18:42:57 | URL | De-Mur #UTTqB9Tc[ 編集]
レオ♪
まとめコメントです(^^)
レオもイイ役者になってきましたよね~。どっかで賞を取らせてあげたいけれど、なんか縁遠そうで(^^;

小難しい中東作品でしたが、エンタメ性もあって観やすかったですね。・・そう思うのは日本人だからなのかもしれないけれど。
ウケナイから作らない・・というアメリカではないのが救いですね。
2008/12/30(火) 19:01:57 | URL | たいむ #-[ 編集]
>ななさん
アメリカがヒットしなかったみたいですね。
色々な切り口がありますが、お~よくアメリカが作った、ですね。
9・11以来、もはやアメリカもなりふりかまわなくなった、といいますが、こういうダーティな手も使っているのかも知れませんね。

ラッセルのあの太り方は『見事!』と言うしかないです(苦笑)
私もラッセル好きだから、早く痩せてほしいです。
うんうん、中年すぎてから20ンキロも痩せるなんて、至難の業(笑)
このまま?!だと熊みたいな役しか来ないですからね~。

レオには『花マル』上げたいですよんv-238
2008/12/31(水) 01:06:11 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>ひろちゃんさん
大掃除、やり出したら止まりませんよね。お掃除ロボッット、欲しいですぅ(笑)
TB、お世話かけてすみません。『地球...』はまた送信させてくださいませ。

画像のレオ、綺麗すぎかな~(笑)こういう人は、綺麗に描きたいのですよ~。
え~と『ラッセルはそっくり』という声があって、私はビックリしておるのです。あちゃ~ラッセルを酷く描いてしまった!似てないなぁ~、と我ながら思ってたのですが(苦笑)
ラッセル、今度の役、損な役回りでしたね~。
しかも、体重も戻らない(笑)

中東情勢って、日本人には分かり難いですよね。
中東ものがホント、多くなりましたね。

えへへ、この私が寝ずに観たので、エンタメ作品として十分見せてくれました。3人のキャラがそれぞれ対照的で際立っていて、面白かったですね。
レオもハニも、良かったですよv-238

>オリーブリーさん
ラッセルを通しての"アメリカ"はホント嫌になってしまうけど、よく考えると、もやもや感はありますよね。
ラッセルと対照的なレオも、また"アメリカ"の一面で...。
アメリカのジレンマが、伝わってきますね。

ハニさんが、一番印象的でした。

レオ君、眉間のシワくっきりですよ。描いてて、私もそう思いました。
ホント、骨太な俳優さんになりましたね~。

>ryokoさん
こちらこそ、TBとコメント、ありがとうございます!

ラッセル・クロウ、似てますか?
『クマみたいなおっさんに描きすぎですよ』というツッコミが欲しかったんですが、似てますか?あれぇ~?(笑)
レオはね、綺麗に描きたいのですよんv-254
そうですよね!顔が、演技の上手さの邪魔をしてきましたよね。
『ブラッド...』からのレオの貫禄や男っぽさは、目を見張るものがあります。

次回作はとても良いらしいので、すごく楽しみです^^

>De-Murさん
可愛い甘えん坊の、もう大人の飼い犬くんに翻弄されているDe-Murさんは微笑ましい~!と思っていましたが...おぉ!やっと、映画館に行かれましたか(笑)

>リドリー・スコットとラッセル・クロウ二大好物ですからね。
この映画のラッセル、特に憎たらしいせいか... "ラッセル・クロウ好き好き血中濃度"が低い人が多いので、嬉しいですよっ^^

ヒットしなさそうなのに映画化して、女性も惹き付けるエンタメ作品に仕上げているので、これは監督の手腕なんでしょうね。

"ハニ"さんは美味しい役だし、顔もエキゾチックで印象的な伊達男でしたね。

>レオは、もっともっと汚くてもいい気がするのに
>どうしてもどうしても心底汚くなれないんだなあ、
あ~!うんうん、そうですね。確かに。
彼は、とことん汚れたりできないタイプですよね。
脆さや線の細さが、ありますもの。
『アビエイター』のレオは、あまり好きじゃなかったなぁ...。

ロミジュリ..."ロミ"のレオは似合っていたけど "ジュリ"はジュリはぁ~~。今でも、あたくし納得できんです(笑)

ティンカーベル、生まれたばかりの新人だから、先生はいましたね^^
あ~、ボールペン、いいですね~。
ティンカーベル・グッズ、私も欲しくなっちゃいましたよ~。

>たいむさん
レオも、いい役者になってきました。
ほんと、何故か本人は賞を意識してる風なのに、賞に縁が無いですねぇ。
難しい中東物なのに、ちゃんとエンタメ作品に仕上がっていて、私にも観やすかったです。
アメリカでウケなくても、こういう視点で作る事が出来るのが"アメリカ"なんでしょうね。
2009/01/01(木) 00:29:59 | URL | 管理人 #-[ 編集]
賛成~
>彼の持つちょっと脆弱なところが、中東の現地を理解しCIA局員にしては優しすぎるフェリスという役にはまっている、と思います。
ですよね。この優しすぎるところが魅力であり、弱点なんですが、ここがラストにつながっていくんですね。
フェリス1人いなくても、作戦は続いていくんですよ。

>ラッセル・クロウ、好きな俳優さんです。ただ、早く減量してくださいね(笑)
こっちも、賛成です。上手くて本来セクシーな俳優さんなのに、減量に手間取っているみたいで、どこかで不細工な姿をさらしているのを見てしまいました。ファンのために、頑張ってダイエットして~。
2009/01/04(日) 16:19:23 | URL | ももママ #-[ 編集]
>ももママさん
>この優しすぎるところが魅力であり、弱点なんですが、ここがラストにつながっていくんですね。
ホントですね、全く。
フェリスが最後にCIAを離脱していくところは私的にはホっとしたんですが、大きい意味では代わりのコマはいくらでもいるし対テロ作戦は続いていくんですよね。
ラストのその後も、気になる映画です...。

そうそう、ラッセル・クロウ、声も低くてセクシーだし動きも綺麗な上手い俳優さんなのに、今度の役以来、ぶっ太いまんまみたいですね(泣く)
私もそういう写真をどっかで見たけど、もう見たくないですよ~e-263

あっ、コメント、ありがとうございました^^
2009/01/04(日) 22:24:44 | URL | 管理人 #-[ 編集]
痛そうでした
あんさんのイラスト、絶好調ですね。
でもって、ひとコマ漫画(?)に爆笑!!
メタボオヤジ??うぷ。

やっぱ、レオ君って上手いですよね。
あれ、もう、見てるだけで痛そうで。。。。(^^ゞ

アメリカでヒットしなかったのは残念ですが
けっこう、エンタメな作りで見ごたえありました。

でも、帰ってみればTVのニュースの現実は
もっともっと、ひどいもので・・・。
あんなふうに救出されることもないんでしょうね。
2009/01/09(金) 10:39:57 | URL | mariyon #WoFAeCUU[ 編集]
>mariyonさん
はい!ひとコママンガのつもりで描いてますんで、そう言ってもらえると嬉しいデス~(笑)

うんうん、レオ君って上手いですよ。
あれ、見てるだけで痛そうでした...。
レオ君、演技といえども、凄いストレスになって、その後、寝込んだそうです。

アメリカでヒットしないせいか前宣伝も地味でしたが、エンタメ作品に仕上がっていて見応えありましたね!

TVのニュースの現実は 酷いです...。
アメリカの政権の谷間のせいか、ますます酷くなってますね...。
レオが救出されたのは、映画だから...主役だから...でしょうか...。
2009/01/10(土) 10:55:11 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『どっちの嘘が、世界を救うのか。』  コチラの「ワールド・オブ・ライズ」は、12/20公開となるPG-12指定のアクション・サスペンス超大作なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪アメリカでの興行成績はイマイチぱっとしない感じだったようなので、あまり期待し...
2008/12/29(月) 09:11:12 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
信念で動く人間たちのドラマ。  
2008/12/29(月) 10:53:15 | Akira\'s VOICE
レオナルド・ディカプリ オとラッセル・クロウが共演と言う事で話題になっていますが、もし違う俳優でも、CIA絡みの話しだし
2008/12/29(月) 15:16:35 | Wilderlandwandar
レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウ共演&『ブラックホーク・ダウン』や『エイリアン』を監督したリドリー・スコット作品なので、アメリカでの興業成績は芳しくなかったけど、観てきました~! 頭脳戦を展開するストーリーを主軸に描かれてるから、全体的にはお?...
2008/12/29(月) 17:20:00 | honu☆のつぶやき ~映画に恋して~
最近、全世界的にアメリカの不人気が高まっているように思います。 具体的には本作で
2008/12/29(月) 22:23:26 | はらやんの映画徒然草
危険な現場で任務を遂行するCIAの工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)と、 安全なアメリカから指示をするエド・ホフマン...
2008/12/30(火) 00:01:53 | 心のままに映画の風景
いやー,まいった。いかにも密度の濃い,見事な作品だ。リドリー・スコットらしい,ずっしりとした重い手ごたえを感じる作品。対テロという使い古されたテーマだけど,実際に現地で繰り広げられる緊迫感あふれる情報戦が息詰まるほどにスリリング。 「フィクションだけど?...
2008/12/30(火) 00:15:53 | 虎猫の気まぐれシネマ日記
BODYOFLIESどっちの嘘が、世界を救うのか。メディア映画上映時間128分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/12/20ジャンルサスペンス/アクション映倫PG-12【解説】「ブラックホーク・ダウン」のリドリー・スコット監督、「ディパーテッド」のレオナル...
2008/12/30(火) 00:31:05 | CinemaCollection
今の世の中グーグルアースやストリートビューを使えば、私達のような一般人でも 世界中の場所をかなり詳細に見ることが出来ます。 フィクションである映画の中で個人を特定するくらいの精度ってことは 本物の諜報活動をやっているCIAのような組織は、どの程度まで情報?...
2008/12/30(火) 01:58:41 | 映画の話でコーヒーブレイク
ワールド・オブ・ライズ  “BODY OF LISE” 12/20@TOHOシネマズ西新井 ノーチェックの作品だったのだけど 20kg太るのはどう? ってナゼ云われたのかが気になってたので観に行った 世界を救うだなんてのは口先だけで その口も安全で平和なとこ
2008/12/30(火) 18:18:41 | いとし・こいし
もはや「レオさま」ってアイドル的な呼び方は失礼かな?・・ってくらいに深みを身につけ始めたディカプリオだと思うのは贔屓目?チンピラ風から脱皮して、誠実で頭のキレル役どころが似合ってきたように思う。それに
2008/12/30(火) 19:03:00 | たいむのひとりごと
Body of Lies (2008年) 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング 欧州各地で起きた爆弾テロの首謀者を捕らえるべく策を企てるCIA局員を描くサスペンス・アクション 命がけで前線で活動する者、後方からただ指示?...
2008/12/31(水) 00:17:21 | Movies 1-800
「ワールド・オブ・ライズ」を観てきました~♪ テロリスト組織のボスを追うCIA局員のフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、上司であるホフマン(ラッセル・クロウ)からイラクからヨルダンに行き、ヨルダン情報局のハニ(マーク・ストロング)と協力するように言?...
2009/01/01(木) 14:46:07 | 観たよ~ん~
(原題:Body of Lies) 「オダジョーがなぜかディカプリオとラッセルに…」 -----ん?それって、どういうこと? 「いや、今日は『悲夢』という キム・ギドク監督の作品を喋る予定だったんだけど、 場所を間違えてしまって…。 あわてて渋谷から銀座線で京橋に向ったもの...
2009/01/01(木) 21:25:23 | ラムの大通り
『ワールド・オブ・ライズ』を観ましたCIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマです>>『ワールド・オブ・ライズ』関連原題: BODYOFLIESジャンル: サスペンス/アクション上映時間: 128分製作国: 20...
2009/01/01(木) 22:24:54 | おきらく楽天 映画生活
ワールド・オブ・ライズ’08:米 ◆原題:BODY OF LIES◆監督: リドリー・スコット「アメリカン・ギャングスター」「グラディエーター」◆出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ ◆STORY◆ロジャー・フェリ?...
2009/01/02(金) 00:10:37 | C’est joli~ここちいい毎日を~
「ワールド・オブ・ライズ」★★★☆ レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ主演 リドリー・スコット 監督、アメリカ、128分 ー硬派な映画ながら見応えアリ  過剰な演技ほどは伝わるものは少ないー リドリー・スコットにラッセル・クロウとくれば、...
2009/01/03(土) 20:19:39 | soramove
 新年一発目は、この作品です。 ぼくも、民衆も知っている。 子どもでも知っていることだーーー 危険を加えられた者に きっと仕返しをする、と。  W・H・オーデン 「もうひとつの時代」 12月28日、MOVX京都にて鑑賞。レオナルド・デカプリオとラッセル・ク...
2009/01/03(土) 23:12:17 | 銅版画制作の日々
題名ワールド・オブ・ライズ(BODY OF LIES) 監督リドリー・スコット 主演レオナルド・ディカプリオ(ロジャー・フェリス)、ラッセル・クロウ(エド・ホフマン)、マーク・ストロング(ハニ・サラーム)、ゴルシフテ・ファラハニ(アイシャ)、堤真一(石神哲哉)、真矢み
2009/01/04(日) 02:51:28 | Adminではないけれど [ブログ篇]
2008年最後の劇場鑑賞は12月22日。かつて最愛だったレオ君の映画でした―(アップ遅っ・汗)【story】ヨルダンを拠点に大規模なテロを実行する首謀者の手がかりを得たCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、組織に接触しようと試みる。そのため...
2009/01/04(日) 14:04:04 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
 レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この豪華な顔合わせ、期待するなって方が無理ですよね。でも事前宣伝何か地味じゃないですか?思ったほど、盛り...
2009/01/04(日) 15:23:10 | シネマ親父の“日々是妄言”
中東を舞台とした、騙し、騙される殺伐とした嘘を主題とした秀作。主演二人の演技が見たくて行ったが、果たしてガチンコ演技対決が見もの。アメリカではヒットしなかったためか、宣伝も地味。しかしフィクションとはいえ、現実にこういう事態が起こっているのだろうと考え...
2009/01/04(日) 16:21:07 | ももママの心のblog
だんだん年末のバタバタでなかなか当日更新が難しくなってきてますw。 今回はこの前の『プライド』の試写会の後に新宿ピカデリーにて鑑賞した『ワールド・オブ・ライズ』。 思っていたほどにはとっつきにくい印象はなかった作品でした。 ******************** 『...
2009/01/07(水) 12:52:19 | cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー
JUGEMテーマ:映画 「ちょっと太ってくれ」って、 監督から電話をもらって 映画の内容も聞かなかったけど引き受けたって すごい信頼関係です、ラッセル&リドリー。 そう、太ったのはもちろんラッセル。 でも、レオ君の骨太映画でした(笑)。 レオ君は、あい?...
2009/01/09(金) 10:40:47 | 茅kaya日記
今年1本目の劇場鑑賞作は、 映画鑑賞中にクルマの洗車まで出来ちゃう「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 もちろん洗車は有料です。
2009/01/14(水) 01:57:30 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009年1月5日、109シネマズ木場。 今年最初の鑑賞は昨年見逃した「ワールド・オブ・ライズ」 *** レオナルド・デカプリオ、ラッセル・クロウ。 中東を中心としたテロ組織に対し、 常に危ない橋を渡るCIAの現地工作員フェリス(レオナルド・デカプリオ?...
2009/01/23(金) 13:00:56 | ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
あらすじCIA工作員のロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は世界中の情報網の中枢に潜入し、現場を知らない上司にキレながらも、命を張って働く男。彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は平和な自宅や安全な本部から電話一本で命令...
2009/06/07(日) 08:11:50 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
どっちの嘘が、世界を救うのか。 【関連記事】 ワールド・オブ・ライズ壁紙1 壁紙2 壁紙3 壁紙4
2009/08/26(水) 08:49:32 | Addict allcinema 映画レビュー
今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}からお盆のお休みです…四日間だけですけどね。 今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は夜勤明けだったという事もあって…午後3時過ぎまで寝てました{/kaeru_night/}。すでに1日無駄使いです{/ase/}{/ase/} 夜は…海峡花火大会に行こう...
2009/08/28(金) 22:42:44 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
「ブレードランナー」「エイリアン」などの作品で知られる、英国出身の米映画監督リドリー・スコットが2008年にメガホンを執ったスパイ・サスペンス・ドラマ「ワールド・オブ・ライズ」(米、128分、ウィリアム・モナハン脚本、ワーナー映画配給)。この映画は米中...
2009/09/23(水) 00:29:08 | シネマ・ワンダーランド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。