映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い鳥
2008年12月05日 (金) | 編集 |
青852.jpg

本郷奏多クンは、輪郭もパーツも曖昧なんで、意外と描き難い。
自分でも似てるか?似てないか?ようわからん似顔絵になりました。


青851.jpg

自殺未遂があった2年1組。その男子"野口君"は転校し、一応、事件は沈静化する。
今ではやっと落ち着いたかのように見えるクラスに、心労のため休職している担任の代わりにやってきた村内先生(阿部寛)
彼は国語教師なのに吃音があった。『上手く喋れませんが、本気で語ります』と言い、最初に野口君の机と椅子をクラスに運び込む。
それは... "罰を与えられている”と虐めていた子たちの神経を苛立たせる...。


生徒たちは、実に演技が自然で良かったデス!
奏多クンも華奢なんで、中2には見えますが、よく見ると顔が大人びていますね(1990年11/15だから撮影時は17歳かな?)これは、フツーの生徒役で、フツーに見えました(何を書いてる?!)あ、私服の時はさすがに可愛く、目も綺麗。
繊細な表情が、役に合っていました。

ゆったりとしたペースで日常の学校生活が、淡々と描かれています。
エンタメ性は低いのですが、思春期のぴーんと張りつめた切なさや難しさ...いろんな事を考えさせてくれるし、最後はじわ~と静かな感動も湧いてきます...。



青853.jpgウチも、小学、中学...死ぬほど"虐め"に関して色んなエピソードがあったなぁ~。

2人の息子は、全く違うタイプで。

上は大人しく気に病む子だったし、
下は不良とつるむタイプだったし...。

上の子は、結局、中学は私立に逃げこませたなぁ...。下の子はそのまま公立中学、周りに親が謝ってばっかりで...(汗)中学って、一番息苦しい時代ですよね...はぁ~。

現実の公立中学を知っている人なら...この2年1組は、ましでマトモだと思うだろう。
クラスのコ達は、均一化してまとまっているし。普通は、個性やタイプやハンディ持つコまで、もっとバラエティに富む。不良がいない。みんな、いい子に見える。虐めだと気づかずイジメていたコも、先生が来てから『アイツが生きていてよかった!』と気づく力を持っている。保護者からの苦情も伝聞の形をとり、上司の先生の苦言もある程度に留まっている。


では、綺麗にまとめすぎか?と言われたら、それは違う。

自ら吃音に悩み、学校の虐めや不登校を題材にしてきた重松清の原作である。

そして、監督は...これを観る中学生のために、必要以上のエグい描写は抑え傷つかないように優しく配慮し、撮っている。

原作者と監督が一番中学生に観てほしいと願って作られた物語なのだ、と思う。

文庫本を手にしつつ現れ、文庫本を読みながら学校を去る村内先生を見て、気づいた。まるで『風の又三郎』みたいだって(先生が読んでいたのは"宮沢賢治"じゃなく"石川啄木"でしたが)


そう、これは、中学生に贈る心の童話なのだ。もちろん、かっての中学生にも。


未読。連作短編集なんですね。
この映画の題材になった"自殺未遂した友人への自責の念に苛まれる男の子"だけでなく、いろんなコの話があるそうで、読んで観たくなりました。
文庫本はまだ発売されてないので、図書館にリクエストを出そうかな...。

臨時教師なんで学校から学校へ渡り歩く村内先生こそが "青い鳥"そのもので、みんなに"幸せ"というか"救い"をくれてるのかも知れません。

映画の描き方では寡黙すぎて...国語の教科書持って暴れた井上君(太賀)にも"本気の言葉"をかけてあげてほしい、と実は思いました。また、最初は何だか挙動不審に見え、まだ分かりにくかった村内先生。

小説のほうが、より彼の人柄を補足してくれるでしょうね。

『先生にできるのは、みんなのそばにいること』そして『間に合ってよかった』って言われると、涙が出て来ますね...。


↓クリックしてもらうと励みになります^^
banner_03.gif

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
>『先生にできるのは、みんなのそばにいること』
そして『間に合ってよかった』

原作読みました。
この二つの言葉は珠玉です。

そういえば、ぼくの知人も、
映画の中で先生が読んでいるのは宮沢賢治と勘違い。
実は石川啄木(二回観て確認)でした。
でも原作は草野心平がよく出てきます。

あれっ、間違って『デス・レース』TB
してしまってますね。
すみませんでした。
お手数ですが、削除お願いします。
2008/12/10(水) 22:27:49 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
>えいさん
>『先生にできるのは、みんなのそばにいること』
>そして『間に合ってよかった』
原作、読まれましたか。より、感慨深いものがあるでしょうね。

う~ん、えいさんの知人の方も?そうそう、イメージとして、村内先生の文庫本..."宮沢賢治"が似合うんですよ。
が "石川啄木"でしたね。で、原作は"草野心平"でしたか。

『きみの友だち』も良かったのですか?
これらの映画、どうも地味な宣伝と上映館が少なくて勿体ないですよね。 ただの"本郷奏多"ファンでもいいから、多くの中高生に観てほしいな、と思います。

『デスレース』も観てないんですが、観ればよかったかなぁ(笑)
TB、消しましたデス。

2008/12/11(木) 13:43:42 | URL | 管理人 #-[ 編集]
「間に合ってよかった」
で泣けちゃって、本の正体が見えませんでした。
宮沢賢治かなーと予想していましたが、啄木だったんですか。
おかげでスッキリしました!

大人の入り口に立っている全ての子供たちに、
何かを忘れて大人になってしまった全てのむかし子供だった大人に
観て欲しい作品でした。

あ、本郷奏多くん、似てますよv-221
2008/12/20(土) 01:12:47 | URL | kira #klq26XPE[ 編集]
>kiraさん
最後、泣かれたんですね...。なんか、身に覚えがあったり、身に詰まされたりする人には、特に感じてしまいますよね。
そう、啄木だったんです。
村内先生、何度でも噛み締めて読んでいるんでしょうね。

大人の入り口に立っている全ての子供たち、難しい年頃ですよね。
ホント、そんな子供たちと昔の子供たちに、観てほしいですね。

本郷奏多くん、似てますか。
なるべくフツーの中2に見せようとしているけど...やっぱ可愛いですね^^
2008/12/22(月) 00:00:44 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
公式サイト。重松清原作、中西健二監督、阿部寛、本郷奏多、伊藤歩、井上肇。いじめ自殺未遂事件で世間を賑わした中学校に代理で赴任した謎の臨時教師村内(阿部寛)。単に吃音がひどいということでなく、全体的風体に不気味なものがあり、ある面ホラー的雰囲気すら醸し出し...
2008/12/06(土) 09:15:07 | 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
 11月30日午後6時30分新宿武蔵野館にて・・。 「す、すべて忘れて、い、い、一からやり直すなんて、ひ、卑怯だ・・!」 阿部寛演ずる村内先生の、この言葉がずーんと私のからだを突き刺しました・・・。 いじめにより自殺未遂事件があった東ケ丘中学2年1組・?...
2008/12/06(土) 13:48:36 | まっちゃん(ひきばっち)の映画がいっぱい!!
僕の仕事は不定休なので、どうかすると週休1日になることがあります。残りの休みは別の週に廻すわけですが、週に1回の休日となると、なんとなくその日は忙しくなってしまいます。 で、今日は9:30頃に起きてシャワーを浴びて、コーヒーを沸かし(時間がないの..
2008/12/06(土) 23:08:30 | 健康への長い道
オープニングの「鋼の心」とエンディングの「さなぎ」の主題歌を歌っているのが、今年デビューしたばかりのまきちゃんぐ(岡山県)~心に沁みる素晴らしさ~ とある中学校でのいじめ自殺未遂事件、当人は転校し、クラスの全員は反省文を書き、事件は収束したかの...
2008/12/07(日) 01:36:21 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
映画「青い鳥」を観てきました!! この映画は、映画館で何度か予告編を観てるうちに、すごく観たい度が高まってきたんですよ。 予告編の『すべての中学生とかつて中学生だったすべての大人に贈る物語」という言葉に惹かれて、前売り券を買っちゃいました。 その前売...
2008/12/08(月) 00:25:24 | Thanksgiving Day
今日は有楽町のよみうりホールで試写会「青い鳥」をこれから観ます。このホールはアクセスもいいし、喫煙所も館内にあるし、好きな試写会場です。あー、これで日曜当直の明け&代休の連休も終わりかぁ!映画のことは、面白かったら後ほどアップします。【追記】映画上映の...
2008/12/09(火) 00:36:24 | 流れ流れて八丈島
昨日は、よみうりホールの「青い鳥」の試写会に行ってきました。普通の上映会だと思ったら、舞台挨拶有り!でした。 ゲストは若手イケメン俳優の本郷奏多さんと、メジャーリーガー岩村明憲選手でした。本郷奏多さんのハニかむこと、ハニかむこと。インタビューされても考...
2008/12/09(火) 19:14:31 | まぁず、なにやってんだか
----『青い鳥』って、メーテルリンクだよね。 幸せはすぐ近くにあったという……。 このプレスの表紙に載っている、 雨に打ち捨てられた机と椅子じゃ それとはあまりにもイメージが違うけど……。 「じゃあ、そこから説明しよう。 この映画は 『きみの友だち』も評判を呼?...
2008/12/10(水) 09:35:12 | ラムの大通り
監督:中西健二 出演:阿部寛、本郷秦多、伊藤歩 重松清さんの原作の感想はこちら → 「青い鳥」 原作では村内先生が出会う8つの学校の8篇の連作短編でしたが、その中の一つ表題作を映画化。 「いじめが原因で自殺未遂をした野口のいたクラス、東ケ丘中学2
2008/12/10(水) 16:11:02 | 日々のつぶやき
▼動機 今となっては思い出せないが本郷奏多だったような気も ▼感想 観に行ってよかった。 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ いじめによる自殺未遂などなかったかのような、平穏な新学期を迎えた中学校。そこへ新たに赴任してきた極度のきつ音であ?...
2008/12/11(木) 07:28:36 | 新!やさぐれ日記
製作年度 2008年 上映時間 105分 原作 重松清 脚本 飯田健三郎/長谷川康夫 監督 中西健二 音楽 まきちゃんぐ 出演 阿部寛/本郷奏多/伊藤歩/井上肇/太賀 重松清の同名短編を阿部寛主演で映画化したヒューマン・ドラマ。いじめ問題が深刻化した中学校に現われた吃音...
2008/12/20(土) 01:17:47 | to Heart
静かで、そして胸に堪える映画でした
2009/08/24(月) 09:15:44 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク
「青い鳥」(2008)を観ました。監督:中西健二原作:重松清出演:阿部寛、本郷奏多、伊藤歩、太賀、鈴木達也<内容>いじめで自殺未遂事件が起こった東ヶ丘中学2年1組。自殺を図った野口の転校後、クラスに臨時の担任として村内が赴任してきた。極度の吃音の村内に生徒たち...
2009/12/05(土) 17:00:13 | paseri部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。