映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリームガール/Dream Girls
2007年02月18日 (日) | 編集 |
ドリームガール172.jpg


1962年のデトロイト。
最初の公開新人オーディションの場面から、歌とパフォーマンスの洪水です。
ぐーと引き込まれます!こうなれば、ただもう、何も考えずに音楽に身を浸せばいい...それで私は満足ってぇもんですが、意外や意外!ストーリーもしっかりと音楽業界の光と影を描いています。

有名なブロードウェイ・ミュージカルの映画化。かつ60~70代活躍したダイアナ・ロスとシュープリムスがモデルであり『モータウン・レコード』を設立したベリー・ゴーディJr.の手段を選ばない人物像など、実話を基にしてリアリティーがあり、よく練り上げられています。

それぞれが、この人しか居ない!と思わせるキャスティングです。

ジェイムス(エディー・マーフィー)は歌が上手く?!(←すごいよエディ!)ステージでは、相変わらず饒舌なパフォーマンスですが、演技はシリアスで驚かされます。
野心家で音楽業界を駆け上ることしか考えてないカーティスは、ジェイミー・フォックスがよく似合っていました。

そして10代の多感な時期に、夢と希望を抱いてデビューしたガールズ・グループの3人。
美しいディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)と愛嬌あるローレル(アニカ・ノニ・ローズ)そして圧倒的歌声を持つエフィー(ジェニファー・ハドソン)この3人しか居ないでしょう。

それぞれが、忘れ難い場面で、歌い上げてくれました。


↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ

↓重くなるんで、下に続く。読んでね。

当時のキング牧師の演説も折り込まれ、公民権運動が盛んだった頃でもあり、音楽も黒人と白人の垣根がまだまだ歴然としてあった時代。
たとえ、黒人のラジオ局のヒットチャートで人気が出ても、いち地方局でもありマイナーな存在。
全米で認知されているわけでもないから、白人の音楽サイドに平気で楽曲をパクられてしまう。
辣腕マネジャーのカーティスは、そこを打開しメジャーになるため、あらゆる金とコネを使い、汚い手を使ってでも、のし上がろうとします。

そして、白人受けするために、パンチの効いたソウルフルなエフィーの歌より、外見重視でポップでサラっとしたディーナをリードボーカルに据えることに...。

エフィーは、カーティスの決断に深く傷ついてしまう。
自分の歌声には、何より自信がある...そしてカーティスを愛してる。

なのに、カーティスは、ディーナを...
ハドソン173.jpg

エフィーは自分の気持ちをぶつけ、切々とカーティスに訴えます。
このエフィーの歌声は、心を鷲掴みにされ、哀しくて切ないです...。

エフィーが激情型の”アグレッシブ”なタイプなら、ディーナは”静”のタイプ。
スターになるため、夢を叶えるため、カーティスにあまり反抗もせず、従ってきました。
でも、彼のあまりにも手段を選ばないやり方に、だんだん嫌気がさしてきます...。

『お前の歌は浅くて深みが無い。だから、リードボーカルなんだ。勝手な事をするな。俺の言う事を聞いてればいいんだ!』

カーティスに、一番傷つく言葉を投げつけられたディーナ。
ビヨンセ174.jpg

そんなディーナが初めて『私はこうなの。こう思うの。自分の足で、自分の歌を探すわ』と決心して歌う『Listen』は、心にじわ~と沁み込んできます。

なんか、ビヨンセじゃないみたい。
最初は地味なのに、どんどん綺麗になって垢抜けていくディーナ。
髪型や眼が離れたメイクの仕方まで、ダイアナ・ロスを彷彿とさせます。
ビヨンセって、こんなに綺麗な人だったんですね。

夢を叶える為に、何かしら代償を払っていくのは、しょうがないかも知れません。
でも『ドリームズは、ホントは4人でした』と皆で繋ぐ手も、再起にかけるエフィーの歌声も、後味が良いものでした。(シカゴよりずっと好き)

最後の”お別れコンサート”まで、眼が離せませんでした。
観て、いや聴けて良かった!映画です。

↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
携帯より第三弾 (アカペラの歌UPしました 2/8 20:00)ジェニファー・ホリデーという歌手をご存知だろうか。ミュージカル『ドリームガールズ(初演)』のエフィ役で、見事トニー賞の主演女優賞に輝いた人。この『DREAMGIRLS』は音楽がやはり素晴ら
2007/02/19(月) 19:08:50 | 世界の中心で、愛をうたう
こんばんは! 試写会初体験の咲太郎です。昨日は『DREAMGIRLS ドリームガールズ』を観て来ました。 開演15分くらい前に到着したのでほとんどの席が既に埋まっている状態。席を立っている人が多く、場所取りのために荷物を置いたままなのかそれとも、
2007/02/19(月) 19:09:50 | 世界の中心で、愛をうたう
さて、久々に歌いたい衝動に駆られ歌ってみました。ミュージカル『DREAMGIRLS』のショウ・ストップ・ナンバー!エフィのソロAND I AM TELLING YOU I’M NOT GOINGかつて4thコンサート『THE STORY GOE
2007/02/19(月) 19:10:42 | 世界の中心で、愛をうたう
土曜は『 ドリームガールス 』を観た{/kirakira/}感想は・・・素晴らしい{/hakushu/}!!一晩経っても、思い出すとまだどこか興奮覚めやらぬチックな自分。こんなにパワフルでソウルフルで圧倒的ボリュームの歌が満載{/star/}でしかも成功するまでのテンポの良いストーリー
2007/02/20(火) 08:53:06 | My Style
栄光と挫折を凝縮させた出色のミュージカル♪
2007/02/21(水) 10:56:51 | Akira's VOICE
才能もあり情熱もあるでもそれだけでは──夢はつかめない輝くために失う何かがあるしかし夢だけは──永遠に生き続ける
2007/02/21(水) 20:37:53 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
『ドリームガールズ』?夢は永遠に生き続ける?やっぱりアメリカのミュージカル映画ってゴージャスやねぇ。特にこの映画は歌手を夢見る3人組がドリームスとしてデビューから解散までの設定なので必然的に音楽盛り沢山。映画というより舞台を観ている様な感覚に
2007/02/23(金) 06:56:13 | 唐揚げ大好き!
トニー賞で6部門を受賞した伝説のブロードウェイミュージカルを映画化した「ドリームガールズ」(DreamGirls)を観ました。60年代に人気だったヴォーカルグループ、スプリームス(シュープリームス)が基になってい
2007/02/24(土) 09:18:43 | 映画大好き!/Favorite Movies おすすめ映画・DVD
2/25に発表になるアカデミー賞で、最多8部門でノミネート中!予め、サントラ先に購入して映画観る前に聴いておくという"予習"をたまにやるんだけど、これは大正解{/good/}まずは音楽を楽しむってことが大前提!! ドリームガールズ サントラ{/fuki_osusume/}最初
2007/02/24(土) 14:14:17 | 我想一個人映画美的女人blog
 SOU子ちゃんがTOHOシネマの試写会が当たったということで、二人で行って参りました『Dream Girls』です。公開は今月17日から。  公式サイト  今年の初映画になりました。…今年はMovie Yearになるでしょうか?...
2007/02/24(土) 17:58:30 | ほえほえ―お道楽さま的日常雑感―
いいいい、いいぞお♪
2007/02/25(日) 09:28:54 | 迷宮映画館
夢は永遠に生き続ける  ■監督・脚本 ビル・コンドン■キャスト ビヨンセ・ノウルズ、ジェイミー・フォックス、エディー・マーフィ、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ、ダニー・グローバー、ジョン・リスゴー □オフィシャルサイト  『ドリーム
2007/02/25(日) 17:32:19 | 京の昼寝~♪
2007/02/17の劇場公開初日のナイトショウ(0:30~)で鑑賞。ブロードウェイミュージカルの映画化。ひらりん、結構ミュージカル好きなので期待大。オスカーも6部門に8ノミネートされてるしーーー。
2007/02/28(水) 01:21:13 | ひらりん的映画ブログ
アカデミー賞でいくつもノミネートされ、助演女優賞・音響賞の2冠となったので、さっそく観てみました。ドリームガールズ★★★☆☆ミュージカル嫌いにとってはこれでも高評価です。トニー賞で6部門を受賞したブロードウェイミュージカルの映画化。女性3人のコーラスグル
2007/02/28(水) 07:37:38 | O塚政晴と愉快な仲間達
やっぱり僕、ミュージカル映画好きだわ^^監督・脚本  ビル・コンドン出演  ジェイミー・フォックス  ビヨンセ・ノウルズ  エディ・マーフィー     ダニー・グローバー  ジェニファー・ハドゾン 他ミュージカル原作もの。監督さんは、「シカゴ」の脚本もや
2007/03/02(金) 23:32:56 | PLANET OF THE BLUE
魂を 抜けと言うのか ソウルから  まずは一言言っておきましょう。正直、期待はしてなかったのに、いたく感動してしまいました。ストーリーはいたくシンプルです。でも、もしアメリカ映画の真髄がエンターテイメントだとすれば、これこそ真のエンターテイメントではない
2007/03/03(土) 16:20:22 | 空想俳人日記
夢歌う 少女の明日は おおきな木  やっぱり買ってしまった、映画「ドリームガールズ」のサントラを。で、いつもの如くヘッドフォンでこそこそ聴くのでなく、スピーカー通して大音量で聴いてたものだから、「もう少しボリューム下げて」なんて言われちゃった。あはは。
2007/03/13(火) 21:01:56 | 空想俳人日記
魑魅魍魎うごめくショービジネス界。この映画の中では、誰もが自分の欲望に忠実に生きてました。家に52型のテレビがあって、大音量で見ても苦情のでることのない大邸宅に住んでるとかじゃなければ、絶対に映画館で見たほうがいいです。極上のエンターテイメント作品。映..
2007/03/15(木) 23:50:38 | 読書とジャンプ
ここまで歌いまくる映画とは思いませんでした。シュープリームスがモデルでジェイミー・フォックスが出ているので少しは内容が「Ray / レイ」とかぶるのかと思ったけど方向が全然違いました。元が舞台ということ
2007/03/17(土) 17:57:03 | クマの巣
原題:Dreamgirls「プライメッツ」から「ダイアナ・ロス&ザ・シュープリームス」、彼女達の足跡が、メリーゴーラウンドのようにハイテンションでソウルフルに解散まで持続する・・ エフィー・ホワイト(ジェニファー・ハドソン)、ディーナ・ジョーンズ(ビヨンセ・ノウ
2007/03/18(日) 01:53:30 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
(オフィシャルサイトDownloadより)仕事帰りにCINEPLEXで映画『ドリームガールズ』を観てきました。少し前からTVで『ドリームガールズ』のCMが流れてますよね。母がそのCMをみる度に、「これ良さそうだよ。観に行こう[:ぴかぴか:]」と言うので、早速行ってきました。私の映
2007/04/03(火) 19:29:41 | HAPPYに 行こう♪ -映画・音楽-
監督 ビル・コンドン 製作総指揮 パトリシア・ウィッチャー 原作 トム・アイン 脚本 ビル・コンドン 音楽 ヘンリー・クリーガー 出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ、ダ...
2007/04/15(日) 01:51:13 | 渋谷でママ気mama徒然日記
「ドリームガールズ」を観た。1962年デトロイト。エフィー、ローレル、ディーナのコーラストリオは、歌で成功しようと毎夜オーディションなどに出場していた。そんな彼女たちを、カーティスという男が目を付けた。
2007/07/25(水) 00:38:53 | 雑記のーと Ver.2
 『夢は永遠に生き続ける』 コチラの「ドリームガールズ」は、2/17公開になったダイアナ・ロスとシュプリームスの実話を元にした大ヒットミュージカルの映画化で、既にご覧になられた方も多いようですが、観て来ちゃいましたぁ~♪ アカデミー賞最多ノミネート(6部...
2007/10/02(火) 23:11:19 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション ¥2,925 Amazon.co.jp (DVDレンタル@2007/11/09) 原題 DREAMGIRLS製作年度?2006年製作国 アメリカ上映時間?130分監督 ビル・コンドン 出演 ジェイミー・フォックス(カーティス・テイラーJr
2007/11/13(火) 17:12:27 | ミーガと映画と… -Have a good movie-
ドリームガールズは先月にWOWOWでし先週の木曜に鑑賞したけど スター目指すグループの人間模様に歌が合わさって良い感じだったね キャストもアカデミー受賞してるし設定が少し時代が古いのが良く感じたし スウィーニードットは復讐だから反対とは言わないが歌で...
2008/04/06(日) 20:35:07 | 別館ヒガシ日記
夢は永遠に行き続ける 【関連記事】 ドリームガールズ 壁紙1 壁紙2 壁紙3
2009/09/11(金) 16:08:41 | Addict allcinema おすすめ映画レビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。