映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最速のインディアン
2007年02月12日 (月) | 編集 |
なんて、チャーミングなじい様なんでしょう!
世界最速168.jpg


アメリカ、ユタ州のボンヌヴィル塩平原で、赤い子クジラのようなバイク”インディアン”がビューンと疾走し、スピードメーターの針が信じられない数値を指した時、一斉に歓声が涌いた。

ひゅー、やったぜ!!

マシンもライダーも、まるで博物館行きのような骨董品?!
最初は馬鹿にしたり呆れたりのレース・スタッフ達も、バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)の並々ならぬ情熱と彼の人柄に、魅了されていく。

まさか?!ウソだろ?!と思いながら、彼の夢の到達点を見てみたい、応援したい!
1人の酔狂な老人の夢に、巻き込まれてみたい。
そんなことがあるなら、この眼で見てみたい、と彼等も観ている私も思った。

そして”インディアン”は、走った!素晴らしい速さで!


このバート・マンロー、故郷では、はた迷惑なバイク狂のじいちゃん。
早朝からバイクを噴かし放題、轟音バリバリ、庭はぼうぼう、庭でトイレを済ませる...などなど。

60歳を過ぎ、心臓発作も起き、前立腺も悪い、ドクターストップがかかったのを、これ幸いとばかりに、アメリカへ旅立つ。
最後のチャンスとして、ライダー達が最速記録を競うレースに参加するために。
普通の年寄りなら諦めるだろうが、彼は違う。とにかく行動する。自分の夢のためにひた走る。
夢見るだけでなく、実際に行動する。そのあまりのポジティブさに、感動。

彼は、出逢う人を和ませ、幸せな気分にさせる。
行く先々で出逢う人々は、率直で自然体のバートにまいり、何かと助けてくれたりする。
モーテルのフロント係、ファンキーなおカマちゃん、ティナ(彼...いや彼女もチャーミング)
中古車店のアミーゴおやじ、インディアンやベトナム休暇兵、はたまた砂漠の未亡人とはベッドを共にしてしまうのだ。『帰りには、また寄ってね』なんて言わせて...。

そんな何とも愛すべきキャラを、アンソニー・ホプキンスが楽しそうに演じています。
観ているこちらも、楽しくなります。
観終わった後には、ほわ~とした幸福感に包まれました。


バート・マンローに魅了された1人、ロジャー・ドナルドソン監督。

バイクの事より彼自身の人格にびっくりした、と。
彼のドキュメンタリーを撮ってから、34年もかけて映画化にこぎつけているんですね。
彼もまた、夢に向かってひた走る酔狂者なのでしょうか。


バート・マンロー、1899年、ニュージーランド生まれ。

1962年、63歳でレースに初出場。
公式記録にならなかったが、この年に出した最高時速は331キロ。

1967年、68歳の時305.89キロを出し、世界最速記録を樹立(未だ破られていない)

彼はインタビューで
『何かに努力しないなら、植物にでもなればよかったんだよ。何かに努力したり、集中したりするから、人生は有意義なんだ』と答えている。


↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
好々爺に書かれてる
なんか凄く優しそうに描かれてますね。
そんな感じだったけど。
インディアンが何たるかも知らずに見まして、とっても面白かったです。
ちょっと、もてすぎかなとも感じましたが、ああいう人のいい爺さん役も似合うところが凄い焼役者さんです。
2007/02/14(水) 12:14:14 | URL | sakurai #8zie0QSw[ 編集]
>sakuraiさん
凄~く優しく描いてしまいました(笑)
実は、この後”レクター博士”の顔を描きたい!とムラムラ思ってしまって...ふっふっ。
同一人物とは思えない目つきなんですよ。
やっぱり、凄い役者さんですね。
2007/02/14(水) 12:58:26 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
出演 アンソニー・ホプキンス アンソニー・ホプキンスが童心あふれる65歳を演じている。もともと童顔(だからこそ「羊たちの沈黙」が怖い)だから表情に甘さがある。その甘さが他人をやわらかい気持ちに誘う。ついつい親切にしたい、というよりも、むしろ、甘やかしたいと
2007/02/14(水) 11:18:03 | 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)
なんにも知らんでみたんで、えらいおもろかった。
2007/02/14(水) 12:11:32 | 迷宮映画館
「世界最速のインディアン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド、ポール・ロドリゲス、アーロン・マーフィー、アニー・ホイットル、他 *監督:ロジャー・ドナルドソン 感想・評価・批評 等、レビューを
2007/02/15(木) 14:55:06 | 映画レビュー トラックバックセンター
惚れた。信じた。追いかけた。 ■監督・脚本 ロジャー・ドナルドソン■キャスト アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド、ポール・ロドリゲス、アーロン・マーフィー、アニー・ホワイト□オフィシャルサイト  『世界最速のインディアン』 ニュージーランド南部
2007/02/20(火) 23:36:10 | 京の昼寝~♪
原題:The World's Fastest Indianバイクに乗らなくなって何年か経つけど、心地良い振動と、文字通りに一体となって風を切り裂いていく、あの素晴らしい感覚が、心臓の高鳴りと共に甦る・・ バイクでは随分と危険な目にも会い、常にスリルと恐怖さえも同居してたように思
2007/02/21(水) 01:29:58 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
2007/02/03劇場公開日のナイトショウで鑑賞。オートバイの世界記録を作ろうとするジイさんのお話・・って事は、予告編見て知ってます。
2007/02/28(水) 01:21:37 | ひらりん的映画ブログ
この映画も実話だそうです。ニュージーランドの最南端の町インバカーギルに住む63歳のバート・マンローさんと言う男性が、長年、夢に見続けていたアメリカ・ユタ州のボンヌヴィルに有るスピードレースのメッカ「塩平原」
2007/03/01(木) 12:08:17 | Cinema Chips
2005年 ニュージーランド・アメリカ 2007年2月公開 評価:★★★★★ 監
2007/08/14(火) 20:28:47 | 銀の森のゴブリン
この映画、タイトルちょっと変なんですが、 結構評判いいらしく気になってたので観てみました。 DVDで鑑賞。 1960年代、 ニュージーランド南部の小さな町、インバカーギル。 小さな家に独り、年金で暮らしているバートは 早朝からバイクの爆音を轟かせるバイク好?...
2008/04/22(火) 01:45:38 | 映画、言いたい放題!
「世界最速のインディアン」のDVDを観ました~♪ この映画も、公開中に観に行きたくて観に行けなかった映画です。 主人公のバード・マンローって実在の人物なんですね。インディアンってバイクメーカーがあったのは知ってたけど、バートの名前は知らんかったです...
2008/11/09(日) 09:14:35 | 観たよ~ん~
『世界最速のインディアン』を観ました愛車“インディアン・スカウト”を40年以上もかけて改良を続け、63歳にしてニュージーランドからはるばるアメリカへ渡り、世界最速記録を打ち立てた伝説のライダー、バート・マンローの感動の実話を映画化したヒューマンドラマです>>...
2008/11/09(日) 22:31:27 | おきらく楽天 映画生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。