映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスベガスをぶっつぶせ
2008年06月14日 (土) | 編集 |
あ...皆様、お久です�G���������͂��Ă�������...ごめんなさいっ!
さて初日に観たんです...絵は早くupしてたんですが、大分たって忘れてしまったので(あー)次行きたいしサクサクと終わりたいと思います。では。
ベガス762.jpg

最近、観てた映画と毛色が違い、これはこれで面白かったデス。

私は数学もギャンブルも苦手だし、ブラックジャックのルールもよく知らないんですが、テンポよくラスベガスの魅力、いや魔力を見せてくれて、楽しめました。

ただ、最後に、私的には釈然としないキモチも微妙~に残り、AAAの成績はつけたくない...あはは、ただの凡人のやっかみですね。
最初から最後まで、ぽか~んと口開けて聞いていた奨学金審査担当の教授と一緒のただのギャラリーですから。

ベガス759.jpg『MITの学生が、ラスベガスで大金を稼いだ』という話は、小耳に挟んだ事があり...その時、それだけの記事だと痛快感があったけど、実際、映画で観てみると、ついつい教訓めいた事も言いたくなっちゃう...。地道に生きよとか、何が大事で何が大切で...とか。あ~いけない、いけない。所詮、非日常的な金を搾り取るシステムの背徳的な世界の話に、野暮な感想だったかな。

この原作主人公のモデル、ジェフ・マー(中国系か?)は『世の中には、生活費を稼ぐために好きでもない仕事に就いている人が多いと思う。僕はブラックジャックのおかげで一生そういう仕事をしなくてすむ。自分がやりたいと思うことをするだけのお金はあったから、ウォーター・ポロのコーチをした後、スポーツ関連の会社を立ち上げた。お金のために、自分が純粋に楽しいと思えないような仕事をする必要はないんだ。それがブラックジャックにもらった最大の贈り物だ』と、言っている。
ほ~~、言ってくれるね。

アメリカってパワーゲームの世界だし、勝つのも力のあるのも好きなんだなー、とつくづく思い知る。うん、かなり、音楽も、2転3転するストーリー展開も楽しんだけれど、でもでも最後にはコツンとカチ当たるのが、この映画。結局、感動はしないけど、色んな意味で興味深かったデス。

主人公ベン役のジム・スタージェスは、英国人なのね。アメリカンよりかえって、デキる学生に見えて良かったかな。微妙にダサい学生から、少しずつ洗練されてカッコよくなっていくトコも楽しかった。

本当にMITにこのタイプの美人が居るのか?疑問だけど、ジル役のケイト・ボスワースは、普段のノーメイクの学生っぽい姿も素敵だった。この人『ブルークラッシュ』では、薄い胸でヤンキー(アメリカ人に言っていいものかどうかw)っぽいネーちゃんだったのに、わっ随分セレブな美女になったのね~、という感じ。

ケヴィン・スペイシーもローレンス・フィッシュバーン/コール・ウィルアムス(長っ)も、さすがに締めてくれました。

悪徳教授ミッキーは、ある意味、本望じゃないかしら。
金の欲に手を染め、それで裁かれる。あそこまで徹底してヒールだと、むしろクール。そして。同情もしない。

それにしても、ゴツい男の指輪なんて、やっぱナックルダスターというかメリケンサックの代用だったんですねー。再認識しました。


  ↓この友達2人、雰囲気出てたね�ɂ��ɂ� ロボコン、優勝おめでとう!
ベガス764.jpg

数学出来る男の子って、いいなぁ~。
なにはともあれ、優秀な頭脳は自らの未来を切り拓くのだ。

...と凡な管理人は、つぶやいて終わるのだった。


↓遅々のレビューです(・・;)良かったらクリックしてね(^^)
人気ブログランキングへ
banner_03.gif

あんまりやる気が出ないので、次は趣味を先行。
『ブルーブルーブルー』と『ダイブ!!』ね。じゃあ�o�C�o�C
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
ふたりの友達のイラストが可愛くて良いですね(^o^)
ホントに良い奴らでした。
背の高い方が、極楽とんぼの加藤に見えたのは、私だけだろうなぁ、、、
2008/06/15(日) 11:12:53 | URL | フリーダ #NclheXno[ 編集]
No title
ギャンブルと数学の組み合わせっていえば確率論ですね。
それは面白そうです
ケビン・スペーシーは最近dvdでビヨンド・ザ・シーを見たばかり
ボビー・ダーリンそっくりに歌が超うま過ぎる役者でビックリだった。
2008/06/15(日) 19:51:00 | URL | ジバゴ #Nk1opOJ6[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>フリーダさん
ありがとうございます(^^)
実際、この2人の友達、可愛かったですね。寒い中も、ベンをずっと待ってて(笑)
『極楽とんぼの加藤』ですか?!あ~、ちょいと見えませんでした、あはは。

>ジバゴさん
そ、そうなんですって。確率と統計の理論なんですって!
なんでも、株よりカジノのBJのカードカウンティングのほうが、金を稼ぐには、ギャンブル性がはるかに低いそうです。(私にはよく判りませんでしたがw)

『ビヨンド・ザ・シー』...ケイト・ボスワースが、サンドラ・ディー役で出てるんですね。
ケビン・スペイシー、歌もうまいんですか。ホントにホントに芸達者なんですね。私は観てないんですが、観たくなりました。
2008/06/15(日) 21:38:43 | URL | 管理人 #-[ 編集]
更新だ~
「やっと出て来たな!待たせんじゃねえよ!!」   
・・・Mあんさん、こんな感じでいいですか?(笑)
お元気そうでよかったですv-392

毛ヴィンおっちゃんそっくり~(≧∀≦)/
テカッってますね♪
相変わらずいい味出してましたね。

ゲームのルールや数学はチンプンカンプンでしたが
十分楽しめましたよ。
ジム君も可愛かったし スーツがビシッと決まってましたv-238
そうそうご本人の顔をどこかで見ましたがあんなかっこよくなかったですv-403
ケイトとの恋愛あれこれは作り話でしょうかね(笑)

昨日13年前の映画『アウトブレイク』を観たんですが
D・ホフマンも毛ヴィンも若かった~v-353
ドナルド・サザーランドなんてシワがなくて誰だかわからないくらいでした!
2008/06/15(日) 21:43:16 | URL | ロク #z6GZigPw[ 編集]
>ロクさん
>「やっと出て来たな!待たせんじゃねえよ!!」 
きゃっ、すてき!Sロクさん(笑)

>毛ヴィンおっちゃん
毛ヴィン?!すごっ!
言葉の使い方、先鋭的ですね。今日のロクさん、ちょー素敵です。
もはや、私の脳内メモリーには『毛ヴィン・スペイシー』として認証されました。

私もチンプンカンプンでしたが、テンポよく楽しめました。
で、最後にはやっかみ心が湧いたのも確かです、たはは。

そうそう、ジム君!私も資料集めで他のも見たんですけど、少し太って無精髭で、カッコよくなかったです。この映画の彼、髪型も何気にハネさせ、顔もシェイプし、かなり手が入ってますぜ。
ケイトとの恋愛話は、どうだったんでしょうか。
原作主人公のマー君、カッコ悪かったですが...。

13年前の映画『アウトブレイク』だと、皆、若かったでしょうね。
誰だかわかんないくらいにね...(笑)

2008/06/15(日) 22:13:01 | URL | 管理人 #-[ 編集]
No title
久しぶりの更新、うれしいです!

少し前におもしろいという評判の翻訳小説(やはり天才的な頭脳の持ち主がポーカーで
その記憶力を駆使して稼ぐ・・みたいな)を読みましたが挫折。
数学からきし弱いし、今まで開いた札を全部覚えてる・・とか
そういう古田みたいな事が出来るってオーバーthe理解。
でもこの映画はちょっと見たいかも。
(余談です。やっとこよしながふみのここだけの話が順番来ました。
苦節4ヵ月半・・・。
私の漫画知識が乏しいせいもあり読むのに結構時間かかってます。
対談集にしては奥が深いっていうか、だから他の人も読むのに時間掛かったのかな。
・・・よしながさんって賢い人なんだなあって思いました。)
2008/06/16(月) 09:50:12 | URL | De-Mur #UTTqB9Tc[ 編集]
>De-Murさん
う、うれしい?あぉ~ん、こちらこそ嬉しいです^^

その手の翻訳小説、字で読むと、なおさら私には"オーバーthe理解"ですよ。この映画は、映像と音楽でぱっぱっとテンポよく見せてくれるので、わかんなくても(笑)面白かったです。

やっと『あのひととここだけのおしゃべり』きたんですね!良かったですね!
そうそう、意外と中身みっちりでしょ。下に註釈もついてるし。
私は白泉社系のほうが好きだったので、くらもちふさこ~紡木たくラインの話は興味深かったです。『キャプテン翼』や『スラダン』や『テニスの王子様』とか、腐的変換するきゃないですが『ドカベンはやっぱりどう考えても美形血中度が少なすぎる』(P.18)とか、笑えますよねー。
私はP.90全部の『マンガ欲、やめられない』です(笑)
私はブログもすぐ放置しちゃうんですが...それでも、ぼちぼちやってるは...P.166の『やっぱり、自分が愛するものについて話し合えるって、人間を幸せにすると思うんですよ』かな...。

2008/06/16(月) 21:02:43 | URL | 管理人 #-[ 編集]
お久しぃ~
ご無沙汰~~♪
お元気でしたっ?
テンプレもチェンジですね!

で、今回またイラストが(o_ _)ノ彡☆ばんばん !!
ツボです~ケビン…♪
そっか…落花生(爆)
友人2人も、くりそつ(あっ、古い?)
丁度WOWOWでヒューさまの日本未公開「アメリカン・ドリーム」って観た後で、おデブでない方がその映画ではじけてましたぁ~o(^-^)o

ツッコミながらも展開も良くて楽しめました~♪
2008/06/17(火) 21:56:44 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
>オリーブリーさん
お鼻の調子は、いかがですか?
あのテの薬って、ぼーっと眠くなりませんか?

えへへ、テンプレ、梅雨仕様です。

うん、ケヴィンって輪郭が綺麗にピーナッツなんですよ(笑)
いつのまにか、あんな額になっちゃったんでしょうかね。
『アメリカン・ドリーム』の頃は、まだ毛があったはず(笑)

ロボコンをやっている2人の友人、良かったですねー。

飽きさせない展開も良かった、楽しめましたよ。
今もって、全然、カードカウンティングがわかりませんが(苦笑)
2008/06/17(火) 22:20:42 | URL | 管理人 #-[ 編集]
はじめまして
わ~、ケヴィピーナッツ(^^)
実際より若く描いてありますね~。
ケヴィさま一筋でロンドンの彼の舞台を観に行ったりしてますが
気さくでとってもいい役者さんです。
この作品でも若者に負けないキャラが光ってましたね。

勝手ながらこちらからTBさせて頂きました。
拙ブログのほうは今TB欄を閉じているんです。
2008/06/18(水) 00:40:59 | URL | amore #OEZKBdis[ 編集]
>amoreさん
ケヴィピーナッツにしちゃいましたが、あっ、キューピー顔でもありますね(笑)

まぁ!ケヴィさま一筋でロンドンの彼の舞台を観に行ったりしてらっしゃる方なんですね!うちのブログにようこそ!
ケヴィさま、芸達者な方ですよね。
これも、彼がずっと前から原作から練って作り上げたものでしょう。脇役まで、しっかりキャスティング。
ケヴィンの狡猾な教授ぶりとコワモテのローレンスと、学生達の対比が面白かったですね。

TB、ありがとうございました。
2008/06/18(水) 08:29:13 | URL | 管理人 #-[ 編集]
悪の道に
お邪魔します~♪
最後にあの純情な友達二人を、悪の道に引き込んでしまって・・・(^_^;)
アレでエエのか??(笑)
2008/06/18(水) 22:41:42 | URL | はっち #OTYWUAPw[ 編集]
>はっちさん
あ~そうですね、結局、純情な2人も引き込みましたね(汗)
あの2人は、溺れる事なく、ロボコンに必要な部品を買う!なんて思いたいですね...。

アレでイイんでしょうかね...はは。
2008/06/18(水) 23:00:49 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは^^
私もちょっと更新していなかったのですが、あんさんも
かなり更新されてなかったんですね(^^ゞ

この映画は私も面白く観る事ができました^^
何せ、かけごとが好きでラスベガスが大好き
(行ったことないですが・笑)なのでそれだけでも
楽しめちゃった映画でした。ちなみに数学も
好きです(でも、好きというだけで、できると
言うのとは違います・笑)

ベンのイラスト似てますね^^ケビン受けました(笑)
確かにピーナッツぽいお顔?頭?(爆)
主人公のダサい(けどいい友達)の二人のイラストも
サイコーです!

ケイトは初めてきれいかも?と思いました(笑)
ゴッツイ男の指輪ってあんな風な使い道が
あったとは知らなかったです(笑)

アイゼンハイムやっと鑑賞できたので
アップしたらまたお邪魔しま~す♪
2008/06/21(土) 02:44:40 | URL | ひろちゃん★ #-[ 編集]
>ひろちゃんさん
ひろちゃんさんも、ずっと更新されてなかったのですか。
私は、周期的にブログ放置病が起こるんです、ふぎゃあ(汗)

飽きない観せ方で面白かったですね^^
ほ~、ギャンブルも数学もラスベガスもお好きなんですか!
私もラスベガスは行ったことがない...今は、ギャンブルだけでなく、エンタティンメントの町でもあるんでしょ。行ってみたいですね。

ベン、似てます?ケビンさんは顔か頭か額か...どっからどこの部分か分からないんですが、ピーナッツです(笑)
ダサイ友達も、上手くいかされてましたね。
私も!初めてケイトって、綺麗なんだな~と思いました。
"ゴツイ男の指輪は飾りじゃないのよ"ってトコですね(笑)
アイゼンハイム、また、お越し下さい♪
私、すご~くレビュー溜まってるんですよ~、あわわ。
2008/06/21(土) 23:24:19 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは
あじさいのテンプレが素敵ですね~~

それに今回のイラスト,特にツボです。
ケヴィン・スペイシーのピーナッツ顔最高!
オタ友もそっくりですね。
で,ベンのモデルになったひとって,そ~んなこと言ってるんだ。
>「お金のために、自分が純粋に楽しいと思えないような仕事をする必要はないんだ。」って?
あっそ~~,軽くムカつくわ。天才は違うねぇ。
と,ひがみ根性はおいといて,確かに感動はしないけど
面白い作品でしたよ!
ところであんさんの楽しいブログを,拙宅にリンクさせていただきました。
今後もよろしくです!

2008/06/23(月) 01:09:40 | URL | なな #-[ 編集]
>ななさん
ありがとうございます、紫陽花の季節ですね~♪

ケヴィン・ピーナッツとオタ友"ツボ"ですか?嬉しゅうござりまする~。
そうそう、ベンの原作モデルの人は、ワーキングプアいや一般人も『うっ』と憤死しそうなコトを言ってます。
ハイテク頭脳で、ビックマネーを掴んだ人は違いますね(苦笑)
こういうトコが、飽きずに面白かったのに、頭もサイフもプアな私の心を『・・・』とさせるのでしょうか(笑)

リンク、ありがとうございました!
時々、放置ブログでありますが...どうぞ、よろしくお願い致します。
2008/06/23(月) 22:45:58 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『その戦略は、天才だけに許される。 圧倒的な数学力でMITの学生が人生を切り開く──実話の映画化。』  コチラの「ラスベガスをぶっつぶせ」は、数学の天才がブラックジャックを攻略する5/31公開の青春サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ベ...
2008/06/15(日) 08:55:38 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
原題:21 製作年度:2008年 製作国:アメリカ 上映時間:122分 監督:ロバート・ルケティック 原作:ベン・メズリック 脚本:ピーター・ス...
2008/06/16(月) 22:45:29 | スワロが映画を見た
マサチューセッツ工科大学(MIT)の優秀な学生ベン(ジム・スタージェス)は、 ハーバード大学医学部進学資格を得ながら、30万ドルの学...
2008/06/17(火) 15:45:02 | 心のままに映画の風景
ネタばれあり。 私のお気に入り度 ★★★★☆(92点) 世界中の秀才が集まるMITの優等生として、ボストンに暮すベン・キャンベル(ジム・スタージェス)。彼の天才的なカウンティング頭脳に目をつけたローザ教授(ケヴィン・スペイシー様)に引き抜かれて、ベ...
2008/06/18(水) 00:35:56 | amore spacey
「ラスベガスをぶっつぶせ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・スペイシー、アーロン・ヨー、ライザ・ラピラ、ジェイコブ・ピッツ、他 *監督:ロバート・ル...
2008/06/18(水) 12:08:58 | 映画レビュー トラックバックセンター
「ラスベガスをぶっつぶせ」を観てきました~♪ マサチューセッツ工科大の学生ベン(ジム・スタージェス)は、在学中にハーバード医科大に合格する。しかし、30万ドルもの高額な学費をどうして捻出するかが今の悩みだった。或る日、ベンの才能に目をつけたミッキー・ロ...
2008/06/18(水) 22:39:07 | 観たよ~ん~
21その戦略は、天才だけに許される。圧倒的な数学力でMITの学生が人生を切り開く──実話の映画化。上映時間122分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2008/05/31ジャンルサスペンス/ドラマ/青春【解説】ベン・メズリ...
2008/06/21(土) 02:35:17 | CinemaCollection
「ラスベガスをぶっつぶせ」、観ました。 サスペンス&青春ドラマな作品です。 まあ、至ってノーマルなサスペンス青春ものですが、多分...
2008/06/21(土) 14:49:26 | クマの巣
 「運」は存在しない。信じるのは「数式」だけ。 ? 5月末にロードショーが始まった「ラスベガスをぶっぶせ」を遅まきながら、7月8日、東宝シネマズ二条にて鑑賞してきました。11日で終了ということだったので、火曜日を逃すと、会員料金で観れないので、慌ててい?...
2008/07/14(月) 23:48:22 | 銅版画制作の日々
人気ブログランキングの順位は? ”運(ツキ)”は存在しない 信じるのは”数式”だけ とめられない、この快感。 その戦略は、天才だけに許される。 圧倒的な数学力でMITの学生が人生を切り開く ──実話の映画化。
2008/07/23(水) 21:23:53 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
ラスベガスをぶっつぶせ 21 監督 ロバート・ルケティック 出演 ジム・スタージェス ケイト・ボスワース     ローレンス・フィッシ...
2009/01/06(火) 23:40:57 | Blossom
昨日{/kaeru_rain/}{/hiyoko_cloud/}は予告通り昼過ぎまで寝ていました{/kaeru_night/}{/face_ase2/} で、起きて、 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を観始めたのですが、映画の終盤にきて… あ、今日(日曜日)って「たかじん」がある{/ee_3/}と気がついて映画を中?...
2009/01/17(土) 16:02:50 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
あらすじマサチューセッツ工科大学の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、ブラックジャックの必勝法を編み出した天才学生チームに誘われる。チームに参加した彼は仲間たちと日夜トレーニングを重ね卓越...
2009/07/28(火) 08:39:15 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
ラスベガスをぶっつぶせはWOWOWでして鑑賞したが 結論はブラックジャックで儲けも想像と違ってダメだ 内容はマサチューセッツ工科大学に通う成績優秀なベンが ハーバード大学医学部に合格するもが無く困ってると 教授からブラックジャックで儲ける事を進められ...
2009/09/16(水) 10:56:41 | 別館ヒガシ日記
圧倒的な数学力でMITの学生が人生を切り開く──実話の映画化。
2009/09/28(月) 11:25:15 | Addict allcinema おすすめ映画レビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。