映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻影師アイゼンハイム/The Illusionist
2008年05月29日 (木) | 編集 |
レディース アーンド ジェントルマン!
見事な髭の競演です!あなたは、どのヒゲがお好き?

幻758.jpg

『幻影師アイゼンハイム』まるで"大正時代の奇術師"のような古めかしい題名です。
これは、ただの手品師の映画か(相変わらず予備知識無しw)と思いましたが、かな~りロマンティックな物語なのです。
従って、トップ画も、凄~くロマンティックな2人にしよう!と思ってたはずなのに、あ~ら不思議!ムサい"髭男勢揃い"になってしまいました(笑)
あ、昔、私は熊男のような"髭"がいたく好きな頃がありまして、なんとなくふらふら惹き付けられてしまい(笑)"紳士たる者、立派な髭をたくわえる"時代だったのでしょうね。


19世紀末ウィーン、ハプスブルク帝国も終末に近い時代の雰囲気が興味深く、映像もシックで綺麗です。全編通してこの色調で、全てが幻影を観てるかのようでした。

『アフタースクール』(101分)といい、気持ちヨく騙し騙される映画が続いているんですが、これも予備知識無しで観たほうがいいので、あらすじは省略。
どちらも2時間超えせず、余韻をそんなに引きずらずに、人によっては物足りなさを感じるほど、さっと幕を下ろす潔さ!

『幻影師アイゼンハイム』(109分)のほうが展開は読めてしまうかもしれませんが、謎解きより映像の持つ雰囲気やロマンスに重点がある作品だと思います。

一世を風靡したイリュージョニストのアイゼンハイム(エドワード・ノートン)と公爵令嬢ソフィ(ジェシカ・ビール)との、身分違いの恋。実は2人は幼なじみ。
どちらかというと、小さい頃から、ソフィの方が奇術オタクのアイゼンハイムに惹かれていて、積極的だったりする(笑)

『すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君』
う~ん、死ぬまでに言われてみたい。う~ん、きっと言われないままに絶対死んでる。

黒髪で黒髭のエドワード・ノートンは、最初、如何にも怪しげな山師風なのです。少年(アーロン・ジョンソン)の頃は、あんなに美少年だったのにぃ(涙)
だんだん、2人の恋模様が映し出されるにつれ、かつ、ノートンの演技力で、ハンサムに見えてきましたが...。

ジェシカ・ビールは、この時代の落ち着いた雰囲気を身にまとい地味なのですが、さすがに、ラブシーンの時は若さが溢れ出し、綺麗。何も着てない時のほうが魅惑的です。

皇太子殿下レオポルド役のルーファス・シーウェルは、カナつぼまなこと尖った鼻梁の高貴さと傲慢さが入り混じった顔で、ぴったり!
定型通りに陰険な皇太子を演じてくれてます。

幻757.jpg警部ウール(ポール・ジアマッティ)は、アイゼンハイムを逮捕したり皇太子の手足となり動く役回りなのに、だんだんアイゼンハイムに傾斜していく...。

この物語の狂言回しでもあり、一番印象的なのも彼でした。

アイゼンハイムの一世一代(←死語w)のイリュージョンを見届けたのは、警部ウール。

警部ウールが、幻影師アイゼンハイムの"一番の観客!"でした。


皆さん、警部と一緒に、彼のイリュージョンに騙されてください。

予告で、うすうす分かり切ったラストだろうが...
『ミスト』のように、あっと驚くラストで非凡な作品にならなくともいいから...
どうしてもどうしても、私達の観たい結末というのがあります。

その後のコトを想像するに...ふと胸がいっぱいになるそんな結末です。


謎解きばかりでなく、それがこの映画の最大の魅力。
インディーズ系の館から口コミで拡大、異例のロングヒットを記録した、というのもよく分かります。

映画全部が、煙に巻かれてしまったロマンスのイリュージョンで、ありました。

オトナの愛の寓話でした
�n�[�g

↓クリックしてもらうと嬉しいな^^
人気ブログランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
あんさま、TB有難うございました~♪

仲良し3人組にみえるわ~、髭のせい?(笑)みーんな特徴がよくでてて、色付きの文字似てるっっ!!
特にエドワード・ノートンの優しそうな目元が・・・v-238
ワタシはもうすっかり、19世紀のウィーン一の信者になってましたよ~(笑)
もう一度、観に行きたいです(照)
2008/05/30(金) 00:45:59 | URL | kira #klq26XPE[ 編集]
>kiraさん
こちらこそ、TBとコメント、ありがとうございます!
髭つながりの仲良し3人組?あはは、仲良くない3人組でしたね(笑)

エドワード・ノートン、本当に優しそうな眼で。
後になるほど素敵に見えてきましたv-10

19世紀末のウィーンの街並もセピアがかった色調も、良い雰囲気でした。
もう一度、行きたい?なんか、大切な人と行きたいですねv-238
2008/05/30(金) 12:05:05 | URL | 管理人 #-[ 編集]
No title
こんにちは。

そうそう、大人の寓話。
ダマすとかダマされるとかではなく、
そういう雰囲気を楽しむ映画だと思います。
特に冒頭のシーン、
子供の頃がよかったです。
2008/05/30(金) 12:14:31 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
>えいさん
子供の頃、もう少し観ていたかった気がしますね。
冒頭からのあの語り口、大人の寓話、ですね。

雰囲気を楽しみ、切ないロマンスを感じ...そっと小箱に入れときたくなる作品でした。
2008/05/30(金) 12:33:58 | URL | かんりにん #-[ 編集]
コメトラどうもでした
似てる似てる!警部が特に雰囲気出てますよ
ノートンさんの眼差しはそのままですね
なかなか良いラストでした、たまにはこういうラストも見ないといけません。
駄目なのは邦題でしょうか・・・
2008/05/31(土) 03:22:31 | URL | くまんちゅう #TO.QWiMc[ 編集]
No title
3人共、良く似ていますねぇ、お見事です(^o^)
細かいトリックもあったりして気付いていない人もいるかもしれませんね。
ちなみに妻は、最後にどうやってペンダントを取り戻していたのか判っていませんでした。(通行人でウール警部にぶつかっていたんですけどね)
2008/05/31(土) 10:29:18 | URL | フリーダ #NclheXno[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>くまんちゅうさん
似てますか、似てますか?きゃん♪警部さん、印象的でした。
ノートンさん、特にソフィを見る眼は、優しかったですね。

全くです!たまには、こういうラストも観ないといけませんデス!
警部さんと一緒に、笑い出したくなりましたよv-218
邦題、古~い感じですよね...v-13

>フリーダさん
えっ、3人とも似てますか?わ~いv-221

そ、そんなに細やかなトリックが張り巡らされてた、とは!
きゃあい~ん!寄木細工のペンダントは、そうやって戻ってたんですね?
フリーダさん、この映画も2回観たんですか?!(汗)


2008/05/31(土) 23:02:33 | URL | 管理人 #-[ 編集]
No title
こんにちは
おとなの寓話という表現、的確ですね~
映像の色合いも効果的でしたよね。
それよりも何よりも・・・冒頭のイラストに
やっぱり注目してしまいました。
ミンナ額ガ・・・(以下自粛)(ぉぃ)
2008/06/01(日) 22:11:39 | URL | にゃんこ #2sQQXnjA[ 編集]
>にゃんこさん
オトナの心を優しくしてくれる寓話でしたね。たまには、いいもんですね。
映像も、重厚でシックでした。

あはは、髭より額ですか?!ホントですねー。
そういえば、ノートン君でさえ、見事なM字額で(涙)髪は、オールバックにしないでほしいですね~、ろまんちっくな話なんですから(笑)
2008/06/01(日) 23:35:11 | URL | 管理人 #-[ 編集]
傑作かも…
ギャッハハハーーー!!
“髭三兄弟”だ!!
ジアマッティ、そっくりですよぉ~
あのおどおどした目元(笑)

あれ~あんさん、ノートンダメなんですかぁ?
イケメンではないかもだけど、私は好きですよん♪

そうだ~これは正真正銘、愛の物語でしたね。
おとなの寓話か~上手い!!
座布団ど~ぞ(*^ー^)/■■

ネタバレできないけど、語りたいですよねぇーー。
私は旦那さんと行ったので、帰り道ずーっと語ってました(笑)
2008/06/02(月) 15:09:09 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
>オリーブリーさん
立派な髭三兄弟ですよねぇ(笑)ジアマッティは、自分でも似てるかどうか、分からないんですよ~、よく知らない人だから(笑)

ノートン君、いや嫌いじゃないんですよー。『ファイトクラブ』や『レッドドラゴン』の時とか、かなりポイント高いですが、何か久しぶりに見て変わったな~って(笑)

わお~!座布団だぁー!!ありがとー(笑)

きゃあ!それよりオリーブリーさんちの旦那さんもヨイですねぇv-238
このコメント欄の中で、一番羨ましいですわv-10ごちそう様v-237
ウチの旦那なんか、好きなのは『死霊のはらわた』みたいなのだし、絶対こんなのを一緒に観てくれないワ(涙)
2008/06/03(火) 00:05:34 | URL | 管理人 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/06(金) 19:46:04 | | #[ 編集]
オシャレ★
あんさん、こんにちは。

>オトナの愛の寓話
う~ん!
おしゃれな一言!!
その辺の下手なキャッチコピーよりも断然いいわ。

絵もお上手だし。
今回のキレキレ、ルーファス、最高!!
GOOD JOB!!
でも、スワロの大好きなP・ジアマッティが
「きゃー、すごい」ってオネエ系なのが玉に瑕だわ~(笑)
2008/06/08(日) 11:15:20 | URL | swallow tail #BkkPsjC.[ 編集]
お元気ですか?
こちらでは上映がなさそうで残念です。DVD待ちです。
ノートンは怪しい魅力がありますよねv-354
「ハルク」が楽しみです~v-398

ところでここのところお出ましされてませんがお忙しいのでしょうか?
風邪などではないかと気になっています。
また楽しいイラストをお待ちしてますv-411
2008/06/14(土) 01:40:41 | URL | ロク #z6GZigPw[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>鍵コメさん
いろいろと、ありがとうございます。
せっかくのお話なんですが、当ブログはあまりにも不定期の更新ですので、辞退させて頂きたい、と思います。申し訳ありません。

>swallow tailさん
こんばんは!ありがとうございます(^^)
ルーファス、キレキレにしてしまいましたv-11
そうですか、スワロさん、P.ジアマッティがお好きだったのですかぁ。
バリバリお髭の男っぽい方に『オネエ系』言葉を喋らせてしまいましたv-13
なんでだろ...。ごめんしゃい...。

>ロクさん
DVD待ちですか?!コレと『ペネロピ』は、きっとロクさんの胸をきゅんv-238とさせると思いますよ。

ノートン、気になる俳優さんですよね。『ハルク』は、しかっしビックリです。
どんな仕上がりになるんでしょうか、楽しみです。

あ、ロクさま、ご心配いただき、すみません。
スランプとぜろぜろ(あー喘息なんです)と、まっ、いろいろと...。
優しいお言葉、ありがとう...デス...。
『早く更新しろよー、このカメ』でも、かまいませんよ。あたしMですから(笑)
2008/06/15(日) 21:12:52 | URL | 管理人 #-[ 編集]
似てます!!
いつも思うのですが本当にお上手ですね!!
3人ともいい感じ~。 
2008/06/20(金) 13:14:18 | URL | rose_chocolat #ZBcm6ONk[ 編集]
>rose_chocolat さん
ありがとうございます!嬉しいです^^
3人、いい感じ~ですか?ルーファスさまも?(笑)
最近、何故か "3人セット"が多いんです。
2008/06/20(金) 21:23:17 | URL | 管理人 #-[ 編集]
お邪魔しま~す♪
やっと観ることができて、やっと感想がアップ
できたので、やって来ました~♪

いや~~ん、あんさん、髭トリオの3人のイラスト
素敵だわ~~♪
ルーファスちょっとホラーチックだけど(笑)

>『幻影師アイゼンハイム』まるで"大正時代の
奇術師"のような古めかしい題名です

(^^)//゛゛゛パチパチ
ですよね~~大正時代の奇術師ってあんさん
上手い事言いますね~~私も座布団1枚あげます
(笑)

私もあのキャッチコピー『すべてを~』いいなあって
思いました(*^o^*)
あんさんも今まで言われたことないんですか?(笑)
勿論、私もないですが(笑)死ぬまでに言われたい
ですよね~~(笑)

大人の寓話・・・本当にそんな感じでした^^
トリックにはだまされなかった私ですが、
幻想的な物語で好きな作品です(^.^)
2008/06/22(日) 20:17:11 | URL | ひろちゃん★ #0FtB7ubA[ 編集]
>ひろちゃんさん
私もたくさんレビューがたまっていて、ふぎゃあー(いつも言ってますね)
髭トリオ、素敵ですか!髭っていいですよね、感触が(笑)
ルーファスさまは、も、かなりホラーチックでキテますキテますv-11

大正時代の奇術師?!座布団、ありがとうございます!

>『すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君』
言われたコトありませんねー。
そういう生物ではありませんので、あたし(汗)
『死ぬまでに言われたら』その場で即死しちゃいますね(笑)

ひろちゃんさんはトリックに騙されなかったのですね。
騙されても騙されなくとも、幻想的でロマンチックなお話でした。
私も好きな作品ですv-238



2008/06/22(日) 21:53:42 | URL | 管理人 #-[ 編集]
NoTitle
お邪魔します~♪
皇太子が、仲代達矢に見えて仕方なかったです(^_^;)

どっちかというとボケェ~って映画観るタイプなんですけど、そんなボクでもオチがヨメてしまった。もう少し、凝ったオチがほしかったかなぁ・・・
2008/07/07(月) 06:44:57 | URL | はっち #OTYWUAPw[ 編集]
>はっちさん
皇太子と仲代達矢!あはは、眼をひんむいたトコが似てるかも。眼の大きい人って、狂喜を孕むと怖いですね。

あ~、そうですよね。
ソフィーは生きてる!というオチは、それとなく分かりますもんね。あとは、どういう風に騙すのかとか、2人のロマンスを楽しむきゃあない!ですよね。
2008/07/07(月) 23:09:54 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんにちは
3人のイラスト,そっくりで笑っちゃいましたよ~
それぞれのセリフも・・・

今日はTBがうまく入らないのでコメントのみで失礼します。

私も,これ大好きでした。
オチは早いうちから読めたのですが
それでも、これしかオチは考えられないし
「ショーシャンク~」ほどではないけど
爽やかさに加えて,痛快な後味でしたね。
全体の,上品で幻想的なところもすごく好みです。
2008/08/03(日) 13:47:39 | URL | なな #-[ 編集]
>ななさん
3人のイラスト、似てますか^^
セリフは、そう言ったかどうか(笑)
オチは判らなくとも判っても、いい作品でしたね。

>爽やかさに加えて,痛快な後味でしたね
警部ウールのポール・ジアマッティの存在感が大きかったですね。
最後、私も警部と一緒になって笑いました(心の中で)
うんうん、上品で幻想的でロマンチックでしたよv-238
TB、入らなくてすみません!
2008/08/04(月) 16:22:17 | URL | 管理人 #-[ 編集]
今頃ですが・・・
今さらコメントでどうしようか~やめようか~ でも書きたい~
ということでお邪魔します(笑)
この時の自分のコメント読んでみるとまだ全然ノートンに興味ないのがわかりますv-398

今週末にセルDVD発売なんですが(もちろん予約済み)
驚くことにレンタルの方が2週間も早く出てましたv-412
劇場で観れてないから我慢出来ず借りちゃいましたよ~
待って待って、やっと観れましたv-353

いやあ、噂どおりのステキなエド様 e-51e-51
優しい目、大好きな声、器用そうな手つき、颯爽と歩く姿、どれも最高でした。
彼のことだからしっかり自分のものにしての演技ですよね。
妖しくも知的でセクシーでかっこよくてe-420引き込まれてしまいます。
・・・はい、褒め過ぎです(笑)

ジェシカ・ビールがうらやましい~!!
お芝居でも夢でもいいからあのおヒゲを撫でながら添い寝してみたいv-346(妄想モード)
他2名のおヒゲは遠慮しときます(;・∀・)

ジアマッティはズルそうなイヤな奴のようで 含みのあるいい警部がハマってました。
ラストの彼の興奮がこちらにまで乗り移って一緒にニヤリv-389

そしてハッピーなラストでほんわか~(≧∀≦)/
後味のいい映画は大好きです。
あ、ルーファス皇太子はハメられてちょっと可哀想でしたねv-391
2008/11/20(木) 02:14:12 | URL | ロク #z6GZigPw[ 編集]
>ロクさん
うん、確かに、前のここのコメント欄を見ると、ノートンにあまり気がない感じですね。
おぉ!DVD予約済みなのに、その前にレンタルでも観た!
ロクさんの『ノートン愛』がひしひしと伝わってきます。
『とにかく手に入れたいもの、それはノートンのDVD』ですねv-238
いいでしょう~、このノートンも!!ジェシカ・ビールになりたいっ?
『すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君』と、ノートンに耳元で優しくささやいてほしいですよね、ふふ。
他のヒゲ2人はいいんですか、あはは。

P.ジアマッティの警部は良かったですね!
私もラストの彼の笑いに一緒になって笑いたい気分で、爽快感を感じました。

あのラストは、やはり私達が観てみたいラストでしたね!v-238よかった~、ふう~。

ルーファス皇太子は可哀想でしたが、彼もこの役にぴったりでしたね^^
2008/11/22(土) 00:58:09 | URL | 管理人 #-[ 編集]
昔の記事にコメとTB、失礼いたします~

ヒゲ男勢揃い(笑
言われていれば、みんなヒゲでしたね~!
あんさんはヒゲ男って描きづらくないですか?
私は苦手~(^^;

結末、私はまったく予想出来なかったです
エンディング、私は警部ウールと
同じ表情になりました(笑
2008/12/10(水) 21:48:22 | URL | まる #-[ 編集]
>まるさん
いえいえ昔の記事だろうが何だろうが、こちらこそありがとうございます^^

そうなんですよ~。似顔絵、描こうとするだんになって、この映画"ヒゲ男"ばっかりで、ぎょっとしてしまいました。
"ヒゲ"は好きですが、描くのは嫌です(笑)
顎からビッシリとここまで生やしたヒゲは、顔の輪郭が無くなるし描きづらいですよん(汗)

まるさんが全く予想出来なかった結末なら、それはそれは驚かれたでしょうね。エンディングは、警部ウールと一緒に笑いたくなりましたよね!
2008/12/11(木) 13:17:23 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
blogお友達のきらりん{/kirakira/}がお誘いしてくれて行って来ました試写会{/hikari_blue/} 最初「幻影師アイゼンハイム」の試写なんだけど、、、ってメールもらった時 ん?聞いた事ないタイトル、邦画かな?って思ってた。 調べてみたらなんと{/ee_1/} 2006年 あちらで...
2008/05/30(金) 00:25:47 | 我想一個人映画美的女人blog
すべてを欺いても手に入れたいもの、 それは君。 原題 THE ILLUSIONIST 原作 スティーヴン・ミルハウザー 製作年度 2006年 製作国・地域 アメリカ/チェコ 監督 ニール・バーガー ピュリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの同名短編小説をエドワード・ノー?...
2008/05/30(金) 00:36:54 | to Heart
※カンの鋭い人は注意。 これは映画をご覧になってからお読みください。 あっ、チラシもお読みにならない方がいいです。 (原題:THE ILLUSIONIST) ----これってスティーヴン・キングが 「繰り返し何度も観たくなる!特別な1本!」と言っている映画だよね。 「う~ん。...
2008/05/30(金) 12:15:08 | ラムの大通り
【THE ILLUSIONIST】2008/05/24公開製作国:アメリカ/チェコ監督:ニール・バーガー出演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェル、エドワード・マーサン “すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。”
2008/05/30(金) 14:29:48 | 映画鑑賞★日記・・・
「The Illusionist」2006 USA/チェコ・リパブリック 天才イリュージニストと公爵令嬢の禁断の愛を描いたサスペンス・ラヴ・ドラマ。 幻影師アイゼンハイムに「ファイト・クラブ/1999」のエドワード・ノートン。 ソフィーに「エリザベスタウン」のジェシカ・ビール?...
2008/05/30(金) 22:16:09 | ヨーロッパ映画を観よう!
久しぶりのエドワード・ノートンです。しかもコスプレ時代もの~~~時は19世紀のウィーン『幻影師アイゼンハイム』観てきました。逮捕シーンから始まり、時がさかのぼる冒頭子ども時代に幻影師に魅了された少年彼の幻影に目を輝かせた幼馴染の少女ただ、彼女と彼とは身分が
2008/06/01(日) 22:08:47 | 黒猫のうたた寝
19世紀末、ハプスブルク帝国末期のウィーン。 魅惑的なイリュージョンで天才と評され人気を集める幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノー...
2008/06/02(月) 14:55:09 | 心のままに映画の風景
 『すべてを欺いても 手に入れたいもの、 それは君。』  コチラの「幻影師アイゼンハイム」は、19世紀のウィーンを舞台にエドワード・ノートンが奇術師を演じ低予算のインディペンデント映画ながらも本国アメリカでは好評を博した5/24公開のロマンティック・ミステリ...
2008/06/07(土) 20:03:17 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
The Illusionist(2006/アメリカ=チェコ)【劇場公開】 監督・脚本: ニール・バーカー 出演:エドワード・ノートン/ポール・ジアマッティ/ジェシカ・ビール/ルーファス・シーウェル/エドワード・マーサン/ジェイク・ウッド すべてを欺いても手に入れたいもの、 ?...
2008/06/07(土) 23:06:56 | 小部屋日記
原題:THE ILLUSIONIST 製作年度:2006年 製作国:アメリカ/チェコ 上映時間:109分 監督:ニール・バーガー 原作:スティーヴン・ミルハウザー ...
2008/06/08(日) 11:07:45 | スワロが映画を見た
「幻影師アイゼンハイム」、観てました。 19世紀のウィーンが舞台なのに出演者がアメリカ人ばかりの、幻想の入り交じったミステリー。 ...
2008/06/14(土) 11:08:02 | クマの巣
6月17日(火) 19:35~ チネ1 料金:0円(チネチッタTAKE5ポイント使用) パンフレット:600円 『幻影師アイゼンハイム』公式サイト マジシャンが復讐する映画だと一方的に思っていた。当たらずとも遠からずだけど、やっぱり全然違った。 予備知識はゼロで見たほう...
2008/06/19(木) 19:09:47 | ダイターンクラッシュ!!
原題:THEILLUSIONIST監督・脚本:ニール・バーガー原作:スティーヴン・ミルハウザー出演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェル試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>19世紀末ウィーン。ハ...
2008/06/20(金) 13:12:32 | NiceOne!!
THEILLUSIONISTすべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。映時間109分製作国アメリカ/チェコ公開情報劇場公開(デジタルサイト=デスペラード)初公開年月2008/05/24ジャンルサスペンス/ミステリー/ロマンス【解説】ピュリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウ...
2008/06/22(日) 20:07:53 | CinemaCollection
≪ストーリー≫ 19世紀末ウィーン。ハプスブルク帝国末期の芸術文化の都では、大掛かりな奇術=イリュージョンが一世を風靡していた。中でも絶大な人気を誇っていたのは、アイゼンハイムという名の幻影師。ある日彼は舞台の上で、幼なじみのソフィと再会する。今では、皇...
2008/06/23(月) 19:31:12 | ナマケモノの穴
「幻影師アイゼンハイム」を観てきました~♪ 19世紀のウィーン、君主制の末期のこの時代、一人のイリュージョニストが一世を風靡していた。彼の名はアイゼンハイム(エドワード・ノートン)。或る日、アイゼンハイムは、幼馴染のソフィ(ジェシカ・ビール)が皇太子(...
2008/07/06(日) 22:52:28 | 観たよ~ん~
日比谷のシネ・シャンテで「幻影師アイゼンハイム」を観てきました。実は同じシネ・シャンテで上映している「イースタン・プロミス」を観る予定でしたが、急転直下、「幻影師アイゼンハイム」を観ることにしました。「ローマの平日@裏話」のyuranoto さんの記事がそのき
2008/07/09(水) 10:07:11 | とんとん・にっき
監督:ニール・バーガー 出演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。 「19世紀のウィーン、幻影師アイゼンハイムのショーは人気があり観客で溢れていた。 ある日皇太子が観賞にきて、
2008/07/17(木) 14:46:55 | 日々のつぶやき
近所の小さな映画館。 2つの劇場のうち、1つは8月からず~っとポニョ。もう1つの劇場は『ジェイン・オースティンの読書会』『奇跡のシンフォニー』『ミラクル7号』『山桜』『築地魚河岸三代目』『アフタースクール』『再会の街で』『あの日の指輪を待つきみへ』『つぐない..
2008/09/23(火) 18:21:09 | 健康への長い道
今回は色気のある俳優さん・・・ アイゼンハイム役、エドワード・ノートン 描いてみました どうでしょう~ お口まわりに髭び...
2008/12/10(水) 21:28:26 | まるの映画
56.幻影師アイゼンハイム■原題:TheIllusionist■製作年・国:2006年、アメリカ・チェコ■上映時間:109分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:6月19日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:二ール・バーガー□原作:スティーヴ...
2008/12/11(木) 23:12:48 | KINTYRE’SDIARY
エドワード・ノートンとポール・ジアマッティの演技巧者が静かに火花を散らすところも見所だ。 「幻影師アイゼンハイム」を観た。 近頃、ウィーン市民を熱狂させるひとりの男がいる。 アイゼンハイムと名乗るその人物は奇術師だ。その腕前は芸術の域に達している。 以...
2008/12/14(日) 17:34:12 | MESCALINE DRIVE
この映画、去年にアメリカ版のDVDでみて気に入っていた作品。 2007-12-05に、「The Illusionist イリュージョニスト(日本未公開DVD)渋いマジシャンもの」としてアップしてたもの。 インディペンデント系で2006年に制作されており、それが日本でも無事公開されたことはこ...
2008/12/15(月) 22:45:06 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
レンタルで鑑賞―【story】19世紀末のウィーン。魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)の評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)は、婚約者のソフィ(ジェシカ・ビール)を連れて彼のショーを観?...
2008/12/18(木) 19:19:50 | ★YUKAの気ままな有閑日記★
2009年の1本目の作品は、 映画レビューブロガーさん達の昨年末のランク付け記事で、 結構評価の高かった作品から。
2009/01/06(火) 12:47:48 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
昨年公開されたエドワート・ノートン主演の作品。 舞台となっているのは19世紀末の
2009/01/09(金) 21:50:33 | はらやんの映画徒然草
幻影師 アイゼンハイム [DVD](2008/11/21)エドワード・ノートンポール・ジアマッティ商品詳細を見る 監督:ニール・バーガー  CAST:エドワー...
2009/02/06(金) 16:16:23 | Sweet*Days**
あらすじ19世紀末。幻影師アイゼンハイムは、皇太子と婚約した幼なじみソフィと再会した。ほどなく彼女は謎の死を遂げ・・・。感想このハンドパワー見破れるか?『プレステージ』...
2010/05/24(月) 20:19:10 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。