映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら。いつかわかること/Grace is gone
2008年05月03日 (土) | 編集 |
ジョン・キューザックが、シャツのズボン中入れ、ウエスト太め(←びっくり)で うろたえる"お父さん"を目一杯演じています。突然の妻の死に驚き、幼い娘にどう伝えようと途方に暮れる父親役が、カッコ悪いけど素敵でした。

さよなら.jpg

シカゴのホームセンターで働くスタンレー(ジョン・キューザック)家族は12才のハイディ(シェラン・オキーフ)と8才のドーン(グレイシー・ベドナルジク)の娘たちの3人暮らし。母グレイスは、イラクへ陸軍の軍曹として単身赴任中。
ある日、妻が戦死した、という訃報が...。娘たちには告げる事が出来ず、衝動的にフロリダの遊園地に向かう...というロードムービー。


幼い子供がいる家庭でとりわけ母の死、しかもそれが戦死という観点からアプローチしているのは、珍しい...。

さよなら.jpg

あの~、予告編で、すべてがわかってしまうストーリーなんです。

でも観る人によっては(←全ての人にススメません)しみじみとなるでしょう。

家族3人でフロリダの遊園地に行くまで...退屈と思えるほど冗長に感じます...。

途中で立ち寄るスタンレーの実家には、32才の大学院受験中?というニートな弟が居たり。この人、ちょっと笑える。子供には『仕事、何してるの?』とストレートな質問をされたり。政治的スタンスも違う兄スタンレーとは大ゲンカしながらも、彼を気遣う。

夜中に彷徨う長女ハイディに『夜眠れない時、何かあったら自分に話してほしい』と言葉をかけたり、ショッピングセンターで、次女のドーンが玩具の家に入り込み、ふと家が恋しくなってしまう娘を抱きしめる父スタンレー。

...と、ささやかな事が起こるものの、長く長く感じる...。

でもね、この長さ...必要なんです。

ぎくしゃくしていた娘との関係もお互いの絆を深めるのに、そして大切な人を喪った衝撃から立ち直るのに、必要なインターバルなんだと、観た後、気付きました。

何で父は入隊し、除隊になったのか?何故、戦地に赴いたのは母のほうなのか?という父の複雑な想いが、次第に明かされていきます。

最近のジェットコースター的展開や、CGたっぷりの飽きさせない演出とかは皆無なので、多分、若い人には物足りないでしょう。

だけど、何か喪失感を体験した人など観る人によりますが、心に沁みいってくる静かな映画だと思います。

クリント・イーストウッドの音楽も、途中気にならなかったというか気付かなかったのですが、気持ちが揺れ出すあたりから、心に寄り添うように存在感を出してくるのです。印象的でした。

長女ハイディが遅刻が多くなって、担任の先生から出された宿題である作文の題が『母について』...それは母の不在を寂しがるハイディにとって、かつ、今となっては母は亡くなったのに、なんて酷な課題だろう!と私は思ったんですが、この作文が最後には見事に活きてきます。母と父の出会い、母への想い...切々と綴った作文は、天国の母に届いたことでしょう。すくっと立ったハイディ、いいコでした。

涙だけでなく、意外にも爽やかさを感じたのでした。


↓クリックしてもらうと嬉しい^^
人気ブログランキングへ
banner_03.gif


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
ふたりの娘がとても可愛かったですね♪♪
テーマが重いので、もっと暗い映画かと思っていたら、そうでもなかったので私は退屈せず楽しめましたよ(^o^)
お涙頂戴ではなくて、心に沁みいる映画でしたね。
2008/05/04(日) 11:10:15 | URL | フリーダ #NclheXno[ 編集]
>フリーダさん
うんうん、2人の娘は、可愛かったですね^^
12歳の長女はもうすぐ男親を離れる時期だから、遊園地でこうやって父の側にいるのは大切なひとときでした。次女は『トトロ』に出て来るメイみたいに無邪気でしたね。
お涙頂戴だけじゃあ無かったですよね。悲しいだけでなく、家族の心が繋がって再生していく様子が、私には新鮮でした。だから、泣いたわりには、何というか..."爽やか"だったんです...。
2008/05/04(日) 13:25:28 | URL | 管理人 #-[ 編集]
確かに冗長
と言ってしまえる程のスローテンポな映画ですが、
あたしは逆にそれが心地良く感じました。
内容が内容なだけに心地良いってのもどうかと思いますけど(;・∀・)
素敵な映画でしたね~。
2008/05/06(火) 19:08:40 | URL | miyu #-[ 編集]
>miyuさん
大切な大切な人の死を、受け止めるのに必要な"冗長さ"なのでしょうか...。
miyuさんがおっしゃるように"心地よい"というのも、非常にわかりますよ。
私も、内容が内容だけに"爽やか"と書いてしまって、アセっています。
最後の長女や家族の姿は、 涙だけでなく、再生や愛を強く感じましたもの。


2008/05/06(火) 19:43:43 | URL | 管理人 #-[ 編集]
No title
おはようございます。

大泣きするっていうより・・・なんだかずっと涙が流れていました。
お父さんが頑張る映画に弱いのです。

スタンレーは自分の中で妻の死を受け止められなかったんでしょうね、ずっと。
子供達に話した時、やっとそれを受け止められたのかも。

しかしですねーいい話だとは思いましたが、ジョン・キューザックがあまりにもおっさんになっていて(たるんだ顔、たるんだ体、そしてあの歩き方!)わたしゃたまげました。
おっさん好きのワタシもちょっとひいた・・・(汗)。
あれはあの役のためだったと思いたい・・・。
2008/05/07(水) 10:05:01 | URL | dim #UWLA9odg[ 編集]
>dimさん
そうですね。ずっと、すぅーと涙が出てました。

あの遊園地までの長さは、スタンレーが受け止められなかったんでしょうね。
妻の死を悼み認めていく過程において、必要な長さなんでしょうね。
妻の声の留守電に何度も電話して話しかける姿は、予告編で分かっていたはずなのに...切なくて、泣けました。

私もね、冒頭からジョン・キューザックを見て『げっ!』となりました。
まっこと!ホントのおっさんになってましたv-13
『おっさん』に"ホント"も"ウソ"もあるんかい!と思われるでしょが、あるんですね、これが(笑)
あ、でも、今回の映画の為に増量したみたいですよ。
デ・ニーロ・アプローチってヤツですか。良かった良かった(笑)
2008/05/07(水) 22:04:06 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今回は、「さよなら。いつかわかること」 ホームセンターで働くスタンレーは、二人の女の子の父親。母親は陸軍軍曹として、イラクに赴任中...
2008/05/04(日) 01:06:10 | Coffee and Cigarettes
JUGEMテーマ:映画 ジョン・キューザック主演のこの作品、 昨年アメリカで公開された際の評判も高く 音楽がクリント・イーストウッドということもあり 公開前から関心を持っていました。 イラク戦争に出兵しているのはジョン・キューザック演じるスタンリーの?...
2008/05/04(日) 09:56:35 | ハピネス道
  ☆公式サイト☆大切な家族を戦争で失った一家が時間をかけてその死を受け入れ、乗り越えていく様をじっくりと追う感動のドラマ。本作で主演と製作を担当し、心にしみる名演をみせるのは『“アイデンティティー”』などの実力派、ジョン・キューザック。スタンレー(ジ...
2008/05/04(日) 10:30:05 | きららのきらきら生活
ジョン・キューザック出演映画にハズレなし{/atten/}ほとんど{/m_0205/} とこれまでずっと思ってたんだけど、 今回も。  例に漏れず。 面白いっていうんじゃなく、ちょっと心にしみるような作品。 わたしはアメリカで高評価されてるほど 良かった!って感じたわけで?...
2008/05/04(日) 10:37:30 | 我想一個人映画美的女人blog
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Grace is Gone) ----この映画、クリント・イーストウッドが音楽を担当しているんだって? 「うん。ただ、最初にサンダンス映画祭で公開されていたとき...
2008/05/04(日) 10:42:00 | ラムの大通り
平凡な一家に、ある日突然やって来た「戦後」。 ジェームス・C・ストラウス監督のデビュー作「さよなら。いつかわかること」は、愛する者と...
2008/05/05(月) 00:28:21 | ノラネコの呑んで観るシネマ
 『笑うとき 目覚めるとき 眠るとき 海を眺めるとき 必ずママを思い出します イラクから突然届いた母の戦死。悲嘆に暮れる父親が、娘に真実を告げる時を迎える』  コチラの「さよなら。いつかわかること」は、サンダンス映画祭で観客賞&脚本賞を受賞し、4/26公開...
2008/05/06(火) 19:08:35 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
みなさま、GWはいかがお過ごしでした{/rabi_smile/}? dim子は四日の日に友人と三人で北鎌倉へ出かけたのですが、いやはやすごい人でびっくらこきました。 見渡す限り人人人{/body_stand/}{/body_stand/}{/body_stand/}{/body_stand/}{/body_stand/}{/body_stand/}{/bo...
2008/05/07(水) 17:45:50 | オバサンは熱しやすく涙もろい
シカゴのホームセンターで働くスタンレー(ジョン・キューザック)は、 12歳の長女・ハイディと8歳の次女・ドーンとともに、 陸軍の軍曹としてイラクに赴任中の妻・グレイスの帰りを待ちながら 暮らしている。 母親を恋しがる子供たちとうまく接することができず、 ぎこ?...
2008/05/09(金) 20:49:53 | happy♪ happy♪♪
原題:GRACEISGONE監督・脚本:ジェームズ・C・ストラウス音楽:クリント・イーストウッド出演:ジョン・キューザック、シェラン・オキーフ、グレイシー・ベドナルジク、アレッサンドロ・ニヴォラ鑑賞劇場 : シネ・アミューズ ウエスト公式サイトはこちら。<Sto...
2008/05/09(金) 21:31:16 | NiceOne!!
日記の順番が前後しますが、5/6は演劇を見て、それから映画を3本観に行った1本目が・・『さよなら。いつかわかること』(公式HP)でした。あまり話題になってなさそうだけどいい映画なので、ちょっと久しぶりにHPをリンクしました。ストーリーや解説はYahoo!のコ...
2008/05/12(月) 01:28:56 | kaoritalyたる所以
  笑うとき 目覚めるとき 眠るとき 海をながめるとき 必ずママを思い出します ? 「グレイスが消える」、これが原題です。 ? 6月13日、京都シネマにて鑑賞。イラク戦争で揺れるアメリカの異色作品です。グレイスとは、主人公スタンレーの妻の名前です。 アメ...
2008/06/22(日) 21:54:05 | 銅版画制作の日々
監督:ジェームズ・C・ストラウス 音楽:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・キューザック、シェラン・オキーフ、グレイシー・ベドナルジク 「スタンレーはホームセンターで働き、妻グレイシーがイラクに出征しているため二人の娘ハイディとドーンの世話をしてい
2008/06/24(火) 10:22:08 | 日々のつぶやき
人気ブログランキングの順位は? 突然の訃報 言い出せない真実 妻の声で録音された留守番電話 笑うとき 目覚めるとき 眠るとき 海を眺めるとき 必ずママを思い出します。 イラクから突然届いた母の戦死。 悲嘆に暮れる父親が、娘に真実を告げる時...
2008/06/24(火) 23:59:01 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
46.さよなら。いつかわかること■原題:GraceIsGone■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:85分■字幕:関美冬■鑑賞日:5月4日、シネマスクエアとうきゅう(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ジェームズ・C・ストラウス□製作...
2008/07/02(水) 06:45:35 | KINTYRE’SDIARY
シカゴのホームセンターで働くスタンレー(ジョン・キューザック)のもとに、ある日、イラクに 出征中の妻グレイスの戦死の報が伝えられる。気持ちの整理がつかないスタンレーは、2人の娘、 12歳の長女ハイディ(シェラン・オキーフ)と8歳の次女ドーン(グレイシー・ベドナ?...
2008/11/15(土) 16:49:54 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Grace is Gone(2007/アメリカ)【DVD】 監督/脚本: ジェームズ・C・ストラウス 出演:ジョン・キューザック/アレッサンドロ・ニヴォラ/シェラン・オキーフ/グレイシー・ベドナーチク 笑うとき 目覚めるとき  眠るとき 海を眺めるとき 必ずママを思い出します...
2008/11/16(日) 20:53:02 | 小部屋日記
二人の女の子の父親を、父親らしい体格=貫禄で演じたジョン・キューザック。 母親はイラク戦争へ。  ちいさな二人の娘とは、母親を...
2008/11/25(火) 09:25:14 | 映画館で観ましょ♪
大切な家族を戦争で失った一家が時間をかけてその死を受け入れ、乗り越えていく様をじっくりと追う感動のドラマ。最初はぎくしゃくしていた父と2人の娘の関係が、旅を通して少しずつほぐれていくまでをじっくりとみせる。本作で主演と製作を担当し、心にしみる名演をみせ?...
2008/12/05(金) 03:58:04 | サーカスな日々
名作とは言わないが、なかなかぐっとくる、現代ならではの話。 オープニングで、シカゴのホームセンターで働くスタンレーの妻から留守電メッセージが残る。 「しばらくは電話できないけど心配しないで。こっちは暑いわ」 ?!? 物語の進行とともに、彼女が女性兵士で?...
2008/12/14(日) 05:16:28 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
脚本をも担当したジェームズ・C・ストラウスは、主人公のスタンレー・フィリップスを誕生させるにあたって、ひとりの俳優を念頭においていたとのことだ。ジョン・キューザックだ。彼はその期待に十分に応えた。見事な演技だ。ジョン・キューザックの素晴らしさは折り紙付?...
2009/06/06(土) 12:43:12 | MESCALINE DRIVE
原題:Grace is Gone 7月第3月曜日、今年は7月20日の今日は海の日、海の日に関係はないけど昨日は素晴らしい夕焼けとともに、通り雨のおかげで素晴らしい虹が現れた・・・ この映画での泣かせどころも夕焼けの海岸、いつか分かることを言い出すのに随分時間はか...
2009/07/20(月) 19:42:02 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
笑う時 目覚める時 眠る時 海を眺める時・・・
2009/08/14(金) 10:07:47 | 悠雅的生活
タイトルが良いので観たいと思った作品です。 ホームセンターで働くスタンレーは、 12歳のハイディと8歳のドーンとともに 妻の帰りを待ちわびながら暮らしていた。 彼の妻はイラクに単身赴任している陸軍軍曹なのだ。 だがある日、彼の元に妻の訃報が届く。 娘た?...
2009/10/18(日) 14:07:41 | 映画、言いたい放題!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。