映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

譜めくりの女/La tourneuse de pages
2008年04月26日 (土) | 編集 |
最近、女同士モノって多くありませんか?"男同士"は日夜追求している腐った管理人ですが(笑)"女同士"は、何故か、動揺してしまいます...。

フ736.jpg
カトリーヌ・フロって、顔も体もフォルムが面白い!また、似顔絵に挑戦したいと思います。

人気ピアニストのアリアーヌ(カトリーヌ・フロ)に、近づく美しいメラニー(デボラ・フランソワ)彼女は、少女の頃に無神経なアリアーヌの為にピアニストの夢を諦め、アリアーヌに復讐するため、家庭に入り込む...。最初は息子の子守りから...そのうち"譜めくり"の才能を見出され、アリアーヌの側に居て大事な演奏会に挑む。

『あるスキャンダルの覚え書き』も、寂しいオールドミスが美しい同僚に横恋慕する話でした。あれは英国らしい皮肉の効いた会話とジュディ・デンチとケイト・ブランシェットの演技のバトルでした。私としては『あるスキャンダルーー』のほうがエグくて好みです(笑)

あれほどではないのですが、こちらは分別もあり家庭も才能もあるピアニストが、若い女性に心を奪われてしまう...正確に言うと、メラニーは復讐心のために誘惑するのですから"女同士の愛"とは少し違うかも知れません。まっ、音楽もひっくるめて観ると、小さな佳品と言えるでしょう。
アリアーヌ演じるカトリーヌ・フロも、なかなか魅力的な中年女性です。
交通事故に合って以来の心の不安定さ、演奏前のぴりぴりとした緊張感を "譜めくりの女"メラニーに、丸ごと精神的依存していきます...。

メラニー役のデボラ・フランソワは、顔はう~ん美しいというか...体のほうが魅力的。普段は、野暮な格好をしているのですが、部屋でくつろぐプライベートタイムの露出姿やプールでちらっと見せるビキニにはドキっとしてしまいます。スラリとしているのに、ぷりぷりして美味しそうな躯です。目の前の若く美しい生き物(女にしろ男にしろ)に眼を奪われてしまうのは、人間の常。そして、メラニーに惹かれていくアリアーヌの心の動きは、はらはらしてスリリングでした。

フ735.jpg
メラニーは、演技力でというより冷たい青い眼とホラーちっくな佇まいで、存在感を出しています。サイコパスがかってる行動であわや最後は!?と思うのですが、あっさりと上品に仕上がっています。
薄味のフランス料理といったところか?!


アリアーヌ(カトリーヌ・フロ)の感情を揺れに揺れさせ、とりこにし、息子にも夫にも打撃を与えて、メラニーは去っていきます。

一番、哀しい女は、メラニーですね...。

心に冷たいナイフを隠し持つメラニー。
あんなに優しい両親だったのに、少女の頃から情の強いコだった...。
この女(ひと)この先、誰かを愛する事ができるんでしょうか?

意外とあっけないラストです。
喰い足らない恨みもちょっとはあるのですが、音楽も合わせて鑑賞すべき映画なのでしょう。上品にまとめられた一つのピアノ曲を味わっている感じでしたから����


↓クリックしてもらうと、嬉しい^^
人気ブログランキングへ
banner_03.gif


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
ぷりぷりして美味しそうな躯、、、う~ん女性でもそう感じるのですねぇ(^o^)
もっと隠された謎があるのではないかと期待していたので、あれれって感じで物足りなさを感じましたが、ブログを書く為に思い返してみて、改めてこの映画の良さを感じました。
確かに薄味のフランス料理かも、、、でも時間が経っても忘れられない味になるかもしれませんよ。
2008/04/27(日) 00:04:46 | URL | フリーダ #NclheXno[ 編集]
>フリーダさん
えぇ、すらっとスタイルがいいのに、ふっくら柔らかそうで、はは、おいしそ~でした。同性でもドキっと見とれてしまいます。男性だとなおさらでしょうね。"チェロの脚"の餌食になりそうですねv-9
そうそう、隠された謎!ありそうでしたね!が、あっさりエンディングだし。
でも同じ物で復讐するという念の入れようでしたね。
85分という中に、音楽や愛憎がきゅうと詰まっていてクセになるというか...そうですね、忘れられない味になるかも知れませんね...。
2008/04/27(日) 19:20:46 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ご訪問&TBありがとうございます
サイコっぽかったですよね。メラニーが明らかに「悪巧み」な顔をしている時に流れる音楽が、神経質っぽかったような。トリスタン(?)には、腱鞘炎どころか、もっと酷いことするのかと思ってしまいました。
いずれにせよ、10年越しに復讐するなんて、粘着系の嫌な奴です。
2008/04/28(月) 23:58:58 | URL | バラサ☆バラサ #z8Ev11P6[ 編集]
>バラサ☆バラサさん
サイコっぽかったですよね。
監督さんは、一時京都に住んでいて『リング』のような間のある日本的な怖さを目指したそうです。
息子と居るメラニーは、何かやるかと怖かったです。
あ、私は"腱鞘炎"でも可哀想だと思いました...。
2008/04/29(火) 00:11:53 | URL | 管理人 #-[ 編集]
No title
こんにちは。TBありがとうございます。
「あるスキャンダル・・」は、恐ろしかったですね、懲りないというか、なんというか。

今回の「譜めくり・・」は、そこまでいかなくとも、メラニーの沈んだ目が恐かった。「いつ、何をしでかすんだ?」と、最後までドキドキしていました。いい映画でした。
2008/04/29(火) 15:10:59 | URL | rock-c #-[ 編集]
>rock-cさん
『あるスキャンダル・・』は恐ろしかったですねv-12

『譜めくり』は、途中メラニーの思わせぶりな態度と眼が怖かった!です。
最後まで『な、何しでかすの』とドキドキもんでしたが...ホラーにも出来たのにしなかったのは、さすが"おフランス映画"だと思いました。
音楽を絡めた佳き映画でした。
2008/04/29(火) 23:19:57 | URL | 管理人 #-[ 編集]
No title
初めまして。

私のブログにコメント&トラバありがとうございました。
トラバは最近いたずら多くて、内容確認しての公開なので遅くなり失礼ました。

たくさん映画見ているんですね!!!評論読むより、あんさんのブログ見て鑑賞する作品決めたほうがいいかしらなんて思いました。
私は、集中力なくてDVDで見るのが苦手で、映画は映画館派なのです。

復讐されているのにオンナにはまっていく、、、ということのほうがなんか不気味な感じがしました。
2008/05/07(水) 06:59:03 | URL | Jasmine #-[ 編集]
>Jasmineさん
こちらこそ、ありがとうございます!スパム、多いですよね~!

はい、観てるんですが、公開日よりうんとupが遅いし、個人的趣味に走っているので参考にはならないかも...あはは。
DVDは私もこらえ性がなく、途中までしか観ないコトが多いですね。
映画館は、やはりドキドキしますよね。

ピアニストと譜めくり...通常でも、いろんな確執があるでしょうに、日頃は"影"の存在の"譜めくり"に復讐心を抱かれるなんて、ぞぞっ!っとしますもんね。なのに、同性のオンナにはまっていく...というのもね、デープです...ふぅ~。
2008/05/07(水) 21:28:03 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは
メラニー,とってもセクシーだし,それを強調するような服着てましたね~
彼女の性格(きっと氷のよう)とルックスがアンバランスでした
しかし,女同士もの,確かに多いですね。
別にレズっぽくなくても,「4分間のピアニスト」とか・・・
名女優の演技バトルって,見ごたえありますよ。
2008/11/01(土) 20:24:06 | URL | なな #-[ 編集]
>ななさん
メラニー、セクシーで体も綺麗でしたね~。
そうそう、彼女の性格って氷のようでした。でも体つきはホット!?
うむむ、困ったもんです(ナニがw)
あれじゃあ、男も女も惑わされてしまいますよね...。

『Lの世界』とか、最近、多いですね。
私は、男同士のほうが好きなんで(笑)こっち系はあんまり観てないんですが、たまに観るとドキドキしますね(笑)
最近は"レズ"と言わず"ビアン"と言うらしいですよv-254

『4分間のピアニスト』もそんな感じですか?
最後のピアノ演奏が迫力だそうですね。DVD、観てみようかな。
女優同士の演技バトルって、確かに見応えありますよね。

2008/11/01(土) 23:09:01 | URL | 管理人 #-[ 編集]
う~む、1か月音沙汰なし、どうしちゃったんでしょう。

映画のほうですが、なんだか上手く行き過ぎて真実味がなかった。。。
演技のほうは良かったんですけどね。
2009/10/28(水) 21:35:03 | URL | ボー #0M.lfYJ.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
いや~面白かったです。4つ★半 私はこういう映画はかなり好き! お話は非常にシンプルで、メラニーがアリアーヌに復讐するという話なのだ...
2008/04/26(土) 19:37:00 | ポコアポコヤ 映画倉庫
■ シネスイッチ銀座にて鑑賞譜めくりの女/LA TOURNEUSE DE PAGES 2006年/フランス/85分 監督: ドゥニ・デルクール 出演: カトリーヌ・フロ/...
2008/04/26(土) 19:38:13 | 映画三昧、活字中毒
※映画の核に触れる部分もあります。カンの鋭い人はご注意を。 ※ 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:La tourneuse de pages) ----『譜めくりの女』って変なタイトル。 しかも“女”っていうのもイヤな響き。 いったい、どう?...
2008/04/26(土) 21:35:30 | ラムの大通り
ケイト・ブランシェット電車男相棒傷だらけの天使福圓美里アニスパアルバトロスザナドゥ福士誠治カンフーハッスル砂時計太王四神記ルーキーズ宇宙戦争花衣夢衣七人の侍しゅごキャラ!宮崎羽衣ラスト・フレンズコーネリアスドルアーガいたずら黒うさぎ国際ニコニコ映画祭ご...
2008/04/27(日) 18:28:06 | 本日のキーワード
4月26日(土) 14:40~ CINEAMUSE WEST 料金:1500円(シネカノン会員更新) パンフレット:700円 『譜めくりの女』公式サイト 「うた魂♪」で、譜めくりを知り、見ることにした。 なんと復讐ストーリー。 ただ主人公の娘が陰湿で粘着体質っぽいので、カタルシスが...
2008/04/28(月) 23:48:26 | ダイターンクラッシュ!!
製作年 : 2006年 製作国 : フランス 主演;カトリーヌ・フロ 、 デボラ・フランソワ 少女メラニー。彼女はピアニストを目指して入試を受けに行った。 その時審査員だった有名ピアニストのマリアーヌの無神経な行動にがっかりし、 演奏が上手く行かず、入試に失敗。ピア?...
2008/05/04(日) 00:40:15 | Aspiring Bobby-dazzler Starlet
先日、ホテル西洋に食事に行ったとき、ル・テアトル銀座「ラフマニノフ愛の調べ」を上映中であることを知り、時間などを調べてみたけど、連休中はかなり混雑しているみたい。そこで他の映画館での上映作品を見ると、、、、スイッチ銀座で上映中の「譜めくりの女」というフ...
2008/05/06(火) 09:42:37 | 今日もミューズが微笑んで
41.譜めくりの女■原題:LaTourneuseDePages■製作年・国:2006年、フランス■上映時間:85分■鑑賞日:4月20日、シネ・アミューズ・イースト(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ドゥニ・デルクール□脚本協力:ジャック・ソティ□製作...
2008/06/01(日) 22:20:25 | KINTYRE’SDIARY
 『あなたがいないと、だめになる』  コチラの「譜めくりの女」は、夢を絶たれた少女がその原因を作った女性への執念深い復讐を描いた4/19公開のサスペンス映画なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  主演は、「地上5センチの恋心」のカトリーヌ・フロ、「ある子供?...
2008/06/05(木) 19:43:52 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
人気ブログランキングの順位は? あなたがいないと、だめになる
2008/06/30(月) 00:54:18 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
無表情でやる復讐 【Story】 かつてピアニストを目指す少女だったメラニー(デボラ・フランソワ)は、ピアノの実技試験中、審査員の人気ピ...
2008/08/06(水) 07:22:47 | Memoirs_of_dai
とても静かに進行する復讐劇。ヒステリックに相手を面罵するシーンも,流血の惨事もないのに,物語の底に一貫して流れる,復讐者の女性の秘められた怨念と,復讐への強靭な意志に,じんわりと鳥肌がたつ。いやー,怖い物語だ。でもこういう話,かなり好きだな…。 あらす?...
2008/11/01(土) 20:26:12 | 虎猫の気まぐれシネマ日記
楽器はピアノはおろか小学校時代に習った縦笛からして不得手な私。ピアニストの繊細な神経を理解も実感もで...
2009/02/21(土) 00:06:14 | MESCALINE DRIVE
少女時代にピアノの試験に落ちた「逆恨み」を、大人になってから晴らす。
2009/10/27(火) 22:55:05 | 或る日の出来事
ピアニストは“譜めくり”に全ての身を預ける。 果てしなく無防備なまでに。 そして“譜めくり”はそんなピアニストの心を操る。 それは過去の日の復讐の旋律・・。 『譜めくりの女』 La Tourneuse de Pages 2006年/フランス/85min 監督・脚本:ドゥニ・デル...
2010/04/03(土) 22:01:12 | シネマな時間に考察を。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。