映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラブラバンバン
2008年04月03日 (木) | 編集 |
『ブラバン』じゃなく『ブラブラバンバン』ほらっ、このタイトルだけで音的にも性的にもふるふる解放されている気分になりませんか(笑)
ただ、エロ目的で観ないでほしい。リアル・エロシーンは、ありませんからっ。


原作より、意外と真面目に作られた高校生の部活『ブラバン』物語です。
終始、ボレロの音が鳴り響いておりました。


ブラ696.jpg


3/15(土)初日に観たんですが、遅遅のupです。今週末は、まだやっているんでしょうか?ごめんなさい。まっ、興味がある方だけ、お読みくださいね。

あまり、評判になってなかったような......あ、私は好きでした^^
こういうマイナーな邦画ってマンガに似ているトコがあって、私の偏愛の対象なんです...てか、原作は『ヤングサンデー』連載だった柏木ハルコの『ブラブラバンバン』です。人気マンガだったか?どうか?は分かりませんが『L』とか『鬼太郎』とか『テニプリ』とかと違って『原作キャラと違う!』とツッコむコアなファンはいない、と思われます(笑)


主人公の白波瀬 歩(しらはせ あゆむ)クンなんか、こうですよー。
似てなくて、良かったー!(笑)
    ↓
ブラ699.jpgブラ712.jpg
福本 有希。1990・5/12生。
リスのような小動物系の男の子。
小柄な男子って、それだけで可笑しさとペーソスが感じられ、女子に振り回される役がよく似合っています。
ストリートダンサー出身だそうで、どうりで背筋がピーンと伸びてます。



イケメンと言われる村雨クン。
実は、体育会系なんですね~。
   ↓
ブラ704.jpgブラ706.jpg岡田将生。
1989 ・8/15生。
『天然コケッコー』では、印象的でしたね。グリコのCMと違って、ローテンション(笑)
女子の後ろをとぼとぼ付いて歩く、なんか使われているような役で。
髪型も福本クンと似てて、最初、区別がつかず。大小で見分けてましたよ(笑)
ヘアメイクさん、減点。



吹奏楽部作りに奔走する八田クン。
一番原作キャラに似ていた...。
まっ、似てても、嬉しくないですねー(笑)
    ↓
ブラ697.jpgブラ708.jpg足立 理。1987・12/22生。
『マイ★ボス マイ★ヒーロー』や『テニスの王子様』の外ハネヘアの菊丸クン役。
髪があるのと無いのじゃ、えらい違いです。ロンゲは、男子の七難隠す(笑)




この映画、実は女の子のほうが元気で可愛いし、人材豊富です。
原作より綺麗な安良城 紅(あらしお べに)や、サエコの次にピザーラのCMをやっている近野成美。『フラガール』『うた魂♪ 』に出演の徳永えり。
『めざましテレビ』の南 明奈...などなど。

でも、管理人の趣味により割愛(笑)

↓では、下に続く......

↓クリックしてもらうと嬉しい^^
人気ブログランキングへ
banner_03.gif



ブラ702.jpg芹生 百合子(安良城 紅)は音楽の興がノってくると、エロ暴走してしまう特異体質の持ち主。そして、他人とコミュニケーションを取りにくい無口な性格の女子。
周囲の迷惑になるからと、本当は大好きなのに、一度は諦めたブラスバンド部。

八田と白波瀬は、そんな彼女を説得し入部させる。

彼女のエロい吸引力に、ふらふらと不純な動機で入部する男子たちだが、いつしかブラスバンドの魅力に目覚めていく...。



芹生役の安良城 紅はセリフ少なめ(笑)その音楽性を活かして良かった、と思います。

一番好きな最後の演奏会のシーンは、まさにエロかっこいい!でした。
アカペラ付きの指揮、素敵でした。
映画はそれから後日談...という形で淡々と終わるのですが、この演奏会のシーンで最高潮に達して終わってもいいくらいでした。

あと、白波瀬クンが勢いよくマジックテープをばりっと剥がすように脱がされる所や、土手で芹生に呼びかけるように皆で演奏してるシーンが、好きでした。


原作マンガ(1~5巻)は青年誌なので、バストトップは見せているわキワドい場面もあるわ...ですが、じゃあ『エロ主体』か?と言われれば違う。音楽性を扱ったマンガでもない(笑)
柏木ハルコさんのエロ描写は、耽美的でもなければ扇情的でもなく笑ってしまうから、やはり『ギャグ主体』でしょう。
何かこぉ~、力まかせに寝技に持っていって笑わかしてくれるような...ぎりぎりキワもの的なエネルギーがあるマンガだと思います。

この原作だと、映画監督によっては『アメリカンパイ』的映画も出来たんじゃないでしょうか?!しかし、この映画は、原作より随分品良く、音楽性重視でまとめられていました。


メイキングDVDも観たんですが、そこには延々と楽器を練習している役者の姿がありました。その音楽を聴いているうちに、この映画を大切にまとめたかったんだろうな、と理解出来ました。ただ、エネルギーがそこにいき過ぎた。観客からしたら、楽器は出来て当たり前ですから。そこから、演技を見せストーリーを紡ぎ出してほしい、といったところでした。
エロもギャグも、パンチが足らなかったかな...。もうひとスパイス、欲しかった気がします。

それでも音楽は素敵でした。音楽やっている人ってずるい!と思いました(笑)

全編通しての『ボレロ』

宇崎竜童先生率いる美ヶ丘高校の美しくて力強い『ダフニスとクロエ』

最後に、芹生の指揮でたった8人で演奏する『ダッタン人の踊り』
このシーンは、磯田音楽監督が実際に吹奏楽コンクールの審査員をやった時に、たった7人の吹奏楽部が一生懸命に『音楽を作ろう』としていたのに、感銘を受けた経験が反映されているのでしょう。


ブラ707.jpg高校生活の放課後、いろんな部活の音が聴こえていました。

グラウンドから聞こえる野球部の声や、

どっかの校舎から漏れ響いてくるブラスバンドのそれぞれの音...。

それらを、ふと懐かしく思い出しました。


高校時代に一生懸命打ち込んだ部活経験がある人って幸せだな、と思わせてくれた映画でした。なんといっても、気持ちヨカったです(笑)


あ、そうそう、高校の時、私もまがりなりに体感温度が低い部活やってました、新聞部(笑)
それも"校内裏話"とか"イラスト"とか、お気楽なトコを担当してました。
いやはや、今更ながら、やってる事が変わらないですねー、たはは。


↓クリックしてもらうと嬉しい^^
人気ブログランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
No title
あれだけのスタイルを出し惜しみせず、もっと大胆にエロに弾けて欲しかったなぁ(^o^)
なんとも中途半端で、物足りなかったです。
そういえば、なぜかトラックバックがされないみたいです、、、
2008/04/05(土) 09:50:38 | URL | フリーダ #NclheXno[ 編集]
No title
おう、おもしろそうやんか。
と思ってググッたらこっちでは上映予定無しみたい。
残念。
2008/04/05(土) 15:35:15 | URL | ジバゴ #Nk1opOJ6[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
『エロ暴走』がウリなのに『エロ』が無いのは失望しますよね(笑)
映画の作り手は、だんだん音楽のほうに持っていこう...としたみたいですが、原作が原作ですから!やっぱ『エロ』ありきですね(笑)
つまり、主人公はある程度脱がないと、インパクト無いですからねー。
中途半端でしたね...。音楽は好きでした...。

えっ、また、TB受信してませんか?すみませんです!

>ジバゴさん
そうそう、音楽好きのジバゴさんにはいいかも...あっ、やってないんですね。
私のレビューは好意的なほうで、ほとんど評価はイマイチ、みたいです。

あっ、北海道の高校生の『合唱部』部活ムービー『うた魂♪』のほうが、おススメですよ^^



2008/04/06(日) 21:07:23 | URL | 管理人 #-[ 編集]
No title
少数派な好意的なレビュー者です♪
内容はちょっとアレでしたが、不愉快にならずに観られたのが良かったです。
ふにふにした徳永えりがいい感じでした。

あと、ついでで失礼しますが、
あをによしの記事の多部さんのイラストが、あまりにそっくりで笑いましたw
2008/04/07(月) 23:58:24 | URL | あるきりおん #zQLvkSFw[ 編集]
>あるきリおんさん
ホント、少数派ですね~♪ ゴリが安良城紅に『フルチンになれ!』とアドバイスしたほうが良かったですかね(笑)
あまりに酷いレビューもあって、そこにはTBしませんでした(涙)
菊丸君はですね、子供は『似てねー』と言ってました(笑)というか『テニプリ』の映画自体がツッコミどころ満載ですから(笑)
徳永えり、いいですね^^コツコツいい仕事してます。

多部さん?あはっ『Myイラスト』をほめられて嬉しいです^^
2008/04/08(火) 00:27:47 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
映画 『 ブラブラバンバン 』 [試写会鑑賞] 2007年:日本【2008年3月15日公開】[ 上映劇場 ] 監督:草野陽花 脚本:森田剛行 草野陽花 原作:柏木ハルコ 【キャスト】 安良城紅 福本有希 岡田将生 足立理 近野成美 徳永えり 若葉竜也 南明奈 ...
2008/04/03(木) 22:10:38 | やっぱり邦画好き…
  まあはっきり言って限りなく「カネ返せ」に近い映画なんだけど・・・・(あ、試写で観たので返さなくっていいですが(^0_0^))   のっけから主人公の女の子が吹くホルン、ひと目で「あんなアンブシャーは無ぇ!!」ってシーンではじまってしまうから、とにかくひき?...
2008/04/04(金) 00:00:32 | 読んだ!観た!喰った!
 かねてからちょっとエロいと評判の「ブラブラバンバン」を観に道玄坂を上がった。 この映画は基本的には高校のブラスバンド部を描いた作品。  スイングガールズっぽい映画かな、と思いきや違った。これは、ストーリー性云々よりも音楽映画に近いかも。  しょっぱな?...
2008/04/04(金) 01:02:03 | ★黄金郷(エルドラド)を求めて★ ça va?
終わり良ければ全て良し goo映画(77点:投稿時) そんなに大した映画ではないのだけれど、クライマックス・シーンとラスト・シーンがツボにはまった。良かったというのとは少し違う。好きなシーンだ。それぞれに★を1個ずつつけてあげたくなるくらい。テレビ放映された?...
2008/04/04(金) 08:14:08 | おっさんノングラータ
岡田将生 に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…
2008/04/04(金) 15:57:07 | 人気のキーワードからまとめてサーチ!
■動機 イオンシネマ太田店の無料チケットを使いに ■感想 今後出てくるかも知れない人がチラホラ・・・ ■満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ■あらすじ 中学卒業の夜、白波瀬(福本有希)は「ボレロ」の曲をホルンで演奏する女性(安良城紅)と出会う。彼がトラ?...
2008/04/05(土) 10:07:55 | 新!やさぐれ日記
高校生・白波瀬(しらはせ)が出会ったのは、音楽に特別な“何か”を感じた瞬間、理性の支配から解放されてしまうエッチ的特異体質の芹生(せりゅう)百合子。 一度はつぶれたブラスバンド部を仲間と共に復活させ、ブラバンの甲子園“普門館”を目指すのだが…。 人気青...
2008/07/13(日) 23:55:28 | 象のロケット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。