映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『幸せのちから』で元気をもらう
2007年02月06日 (火) | 編集 |
このエントリーの”題”は ”走って走って、幸せの女神をつかまえろ!”だ。

幸せのちから157.jpg


全財産21ドルのホームレスから億万長者へ...という実話を基にした映画。

きわめてシンプルなストーリーで結末も分かっているのに、クリス(ウィル・スミス)の孤軍奮闘ぶりと息子クリストファー(ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス)の健気さと可愛さで見せてくれる。

クリスは走って走って走りまくり、どんな時も押しと努力とユーモアのある喋りを忘れない。
綱渡りの毎日で見ていられない、いや、目が離せない。
彼は、運が良かったのではない。むしろ運が悪かった(しょっちゅう、骨密度スキャナーを盗まれている)
しかし、彼は手をこまねいてチャンスをもらったワケではなく、まさに”欲しいものは、自分でつかみ取れ”とばかり、凄く努力している。
証券会社の面接に酷い格好(駐車違反の罰金を払わないため、ペンキ塗りの途中で拘留)で駆けつけるわ、盗られた機器を走って取り戻し何とか完売するわ、月の明かりで研修用資料を勉強するわ...彼の頑張りが”幸せ”の運を引き寄せたと言える。

そう、最後には”幸せの女神”をつかまえるのだ。だけど、女房は、逃がしてしまうんだよね。

彼の手八丁口八丁ぶりと男の魅力(←ヒモでもイケるのに?!)で、何故、彼の女房を説得させて味方に出来なかったのか?は、不思議。
彼の5才の息子のためにも、2人で乗り切っていった方がラクなのに...。

それまで、真剣にやってこなくて、お気楽な夫だったのだろうね。奥さんに甘えてた?

”骨密度スキャナ”という医療機器を買い取りセールスしていくやり方で、録な収入も無く、女房を16時間働かせていた...。
多少、奥さんもクリスも素直じゃなくて、息子第一に考えればもう少し取るべき道はあったと思う。だって、あんな可愛い5歳の息子を、母親として置いていける?

まっ、奥さんは、ほとほと愛想が尽きたんだろうけど...。
大きな声で言えないけど...夫を嫌いになり始めたら、理屈抜きで生理的に嫌になるのよね...。


で、それからが、彼は初めて真剣に!人生に向かい合ったのかも知れない。
彼の息子が居たから!!

幸せのちから159.jpg




ウィルの実の息子であるジェイデン・C・S・スミス君は、キュートで、演技が本当にナチョラル。


お父さんと、いつも通り、お喋りしている気分なのかしら?





映画の全編に流れるBGMも、心地良かった。
”明日に架ける橋”が流れる時、クリストファー君を見ていたら、涙がじんわり涌いてくる...。

”叩けよ、さらば開かれん”は ”ガンガン叩けよ!さらば開かれん”なのである。

アメリカ映画はネタ枯れと言われているが『プラダを着た悪魔』など原作本がある作品は、いかにもアメリカ的で面白い。リメイクばかりでなく、こういう映画をもっとやればいいのにね。
単純ながら、ギュっと脚本をまとめて、俳優で見せてくれる。

やる気が出る映画であり、私は好き。ウィル・スミス親子にやられたかな。

↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
予告編
結構あちこちで評価の高い作品です、ただ今月はいけるかどうか微妙です、、
「トイレ」のシーンを原作者とウィルスミスが共に其の現場で語るのをテレビで見て「あっ面白そう」って感じでした。
ネットの予告編を見てもいい感じです、全体は見てから書くことにします。
2007/02/08(木) 10:43:17 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
この映画は、『マリーアントワネット』程じゃなくても、案外、賛否が別れているみたいです。
これだけストーリーと結末が分かっているのに、飽きさせず見せて、後味も良かったので、私は好きなのですが、人の意見も様々で面白いですね。
ウィル・スミスが好きかどうかも、ポイントのような気がします。
私は、ウィル・スミスのあんな表情は、初めて見ました。
息子が一緒だっただけに、格好悪いパパの役をいつになく真剣に演じていて、ビックリしました。
2007/02/08(木) 21:41:41 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ウィル・スミスについて
注目したのは「メン イン ブラック」と其の続編や「ワイルドワイルドウエスト」で良くも悪くも【よく喋る黒人】だなあ、と見ていました、、で今回の「幸せのちから」ですが、、「ああっウィルスミスみたいな黒人だ、黒人は同じように見えるからなあ」なんて思っていました、ところがテレビの特番で見ると、、なんと本人!です。

役者って化けるもんですねえ、、、、、
2007/02/08(木) 22:09:55 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
今度の映画で、ウィル・スミスはかなり太って役作りをしたみたいですよ。
下着姿だと、なんとオッパイがあり、下腹もポコンと出ていました。
『メン イン ブラック』の時の、カッコつけ伊達男と別人のウィル・スミスでした。
よく喋るのは同じですが(笑)
2007/02/08(木) 23:34:14 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 貧しさは時として、いや往々にして人から品格を奪う悪魔だ!夢を見失なはずに、鈍することもなく挑戦するアメリカンドリームの体現。21世紀 続 「クレイマー・クレイマー」と言ったら大げさだろうか?  久々にかわいい子をみた。 主演ウィル・スミスの本当の子で、本編
2007/02/11(日) 23:02:38 | 街 の 百 姓 恋 紅
★★★  妻に愛想をつかされた黒人男性が、幼い息子と二人で貧困を乗り越えてたくましく生きてゆく姿を描いたお話である。そして実在の証券王クリス・ガートナーのサクセス・ストーリーでもあるのだ。 主演のウィル・スミスがアカデミー主演男優賞にノミネートされている
2007/02/12(月) 10:38:27 | ケントのたそがれ劇場
 『この手は、離さない── 全財産21ドルから立ち上がった 父子の、実話に基づいた感動作。』  コチラの「幸せのちから」は、1/27公開になったウィル・スミス親子共演の実話をモトにしたハート・ウォーミングなサクセス・ストーリー映画なのですが、早速観てきちゃい...
2007/10/06(土) 00:03:45 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
原題:The Pursuit of Happyness アメリカ独立宣言の「幸福の追求」は、"The pursuit of happiness"、この映画では託児所の"Happyness"・・実話を実の親子で共演する涙と感動のストーリー・・ 1981年のサンフランシスコ、クリス・ガードナー(ウィル・
2008/04/20(日) 18:21:08 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。