映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スルース/SLEUTH
2008年03月10日 (月) | 編集 |
悪くて色っぽいジュード・ロウが、見たかったんです...。

ロウ667.jpg

英国の香り、ぷんぷんです。
1972年にローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインが主演した『探偵スルース』のリメイク。
まるで、英国の舞台劇を観ているようです。(英国の舞台、観た事無いけど)
ワンシュチュエーションで、推理小説家(マイケル・ケイン)とその妻の愛人(ジュード・ロウ)2人の会話劇。
知的刺激と知的興奮が味わえる...妻そっちのけで(←妻、出てきやしません)
延々と続く『2人のゲーム』と称する言葉のバトル。

ごめんなさい!わたくし、このゲームに飽きてしまいました!(笑)

刑事が出て来る頃には、睡魔に襲われました...。
この青暗いおウチから出たい(場面転換してプリーズ)...ジュードの顔がよく見えないし...(涙)

ですから...この映画は、良質な演劇人にオススメです...。


ロウ669.jpg 私は、老推理小説家(マイケル・ケイン)の心の置き所がよくわからない。

妻を愛していたのか?

その愛人に復讐する気でいたのか?

それとも、本当は妻を疎んじていたのか?

あの青暗い家は、老人が住むのにはハイテク過ぎて、彼の索漠とした孤独な生活が浮かび上がっていました。
飛び込んで来た妻の愛人(ジュード・ロウ)は理由はどうあれ、彼の日々の無聊を慰めるには面白い存在でした。
後半の彼の申し出は、どこまで本当なんでしょうか?
嘘を嘘と見抜けない私は、よくわかりませんでした。
二転三転する会話劇なんです...。
最後の最後は、臨界点に達して偶然ああなったのか?最初からああいうつもりだったのか?
ああっ、今もって、わかりません...。


『ホリディ』の幼い娘を愛する善き父親でいい人でいい男で...なんていうジュード・ロウも素敵ですが、ジュード・ロウの演技の真骨頂はこちらにあるかと思います。
デビュー作の『オスカー・ワイルド』で、彼を堕落させる魔性のゲイをやっていましたが、その時の演技を彷彿とさせます。ジュード・ロウ!壊れてゆきます(笑)但し、今回はご老体のマイケル・ケイン相手で会話のみ、なんで萌えませんっ!(笑)

来年は『ハムレット』等のシェイクスピア劇にも挑戦するそうです。
英国の俳優は、こうやって演技を磨いてゆくのでしょう...と思わせるような作品です。

この映画のジュード・ロウは、男から見ても、可愛い男で悪くて下品で魅力的、でも愚か。

ジュード・ロウを見るために、この映画を観ました。

私も、たいがい愚かです...ほっほっほっ。


↓最近、落ちているので、クリックしてもらうと嬉しい!
人気ブログランキングへ
banner_03.gif


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
きゃ、
あんさん!
このゲームに飽きちゃいやん!(笑)
この二転三転がまた面白いんですよね~♪
コメントいただいたところにわたしの解釈は述べてみましたー♪
ジュードはめっちゃカッコ良かったです☆
マイケルケインは昔(オリジナルで)ジュードがやってた同じ役を
してるけど、不思議と顔似てるんですよ~
(いやほんとに 笑)
マイケルさんも昔は美しかったんですよね~。
なんて思い馳せながら観てましたv-8
2008/03/11(火) 00:41:45 | URL | mig #-[ 編集]
No title
クリックしていきますねー♪
2008/03/11(火) 00:42:22 | URL | mig #-[ 編集]
>migさん
えへへ、こらえ性が無くて...ジュードの顔がよく見えなかったし...(笑)
睡眠をしっかりとって、頭も体も起きてなきゃダメですね、この映画。
二転三転でしたね。
migさんの解釈を読むと、そのまんま受け取ればいいんですね。
もしかして推理作家が、本当は妻にうんざりしてて、妻の愛人の事を『こいつ意外と可愛い奴じゃん』(笑)と心を動かされたのかと思って。
裏の裏読みしてエロく考え過ぎてました(汗)
まぁ、推理作家だけに、トリックの立て方もお手のもの、というワケですね。
こんな風に後からあ~だこ~だと話せるのが、この映画の面白い所だと気付きました!
マイケルさん、若かりし頃はジュードみたいに美しかったんですか、ホントに?!(笑)クリック、ありがとぉさんデス!
2008/03/11(火) 09:50:10 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメトラどうもでした
飽きちゃイカンですね(笑
あの部屋の内装は結構雰囲気好きでした
ケネス監督のセンスいいな~とか思いました
ジュードの壊れっぷりは可笑しかったです
ケインさんは何を考えてるかなと、次はどんな手かなと
注目しながら見てましたです
2008/03/11(火) 21:07:05 | URL | くまんちゅう #TO.QWiMc[ 編集]
>くまんちゅうさん
飽きちゃあいけませんよね~、あはは...(汗)
あの部屋は、目を引きましたね。
ジュードの壊れっぷりは、あらあら...て感じで。
ケインさんのほうは、何を考えているのかわかりませんでしたね。
さすが、推理作家です。2人の演技力あっての作品でした。
2008/03/11(火) 23:06:51 | URL | 管理人 #-[ 編集]
No title
またブログ巡り中に立ち寄りました。
応援ポチッ!
2008/03/13(木) 20:29:58 | URL | サトシ #-[ 編集]
>サトシさん
応援ポチッ!ありがとうございます。
私もポチっとしときました。
2008/03/13(木) 22:06:23 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんにちは♪
こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

>ジュード・ロウの演技の真骨頂はこちらにあるかと思います

そうですね。同感です。
何をやっても素敵な彼ですが、やっぱりこういう邪悪な感じが
更に魅力的です。
やはり「悪」は美しくないとダメなんですねぇ・・・・
ボジーのジュードも最高でしたもんね(^^)
2008/03/23(日) 12:31:53 | URL | non #FXbBe/Mw[ 編集]
>nonさん
こちらこそ、ありがとうございます!

ビストロ・スマップに来てた素のジュード・ロウは、素朴そうでいい人っぽかったんですが、やっぱり綺麗な人はこのような "邪悪”を演じると、ぞくっとするほど魅力的ですね(笑)
"悪"は美しくないと、映えませんね。額が見えない髪型も良かったし^^
2008/03/23(日) 22:59:48 | URL | 管理人 #-[ 編集]
やっと・・・
あんさんの感想が読めます^^
あんさんは早い時期にこの映画を
鑑賞されてたんですね(*_*)
そっか、あんさんは飽きちゃったんですね(^^ゞ
私は途中ちょっと退屈なところもありましたが
結構楽しめました!
結構楽しめた割には彼らの心がいまいち
わからなかった私です(笑)

ホリデイのジュードが好きですが、あんさんが言われるように
ジュードの演技の真骨頂はこっちにあるんでしょうね^^

2008/04/07(月) 22:31:07 | URL | ひろちゃん★ #0FtB7ubA[ 編集]
>ひろちゃんさん
ひろちゃんさんは、楽しまれました?
私はこらえ性が無くて、つい飽きちゃいました...ジュード、ごめんなさい!

あれから、あちこちのブログを見ていたら『姿を見せない妻は男なんだ、実は男同士の三角関係なんだ』という説もあり、ほぉ~と思いました。
ジュードの雑誌のインタビューを見たら『あれは、性的にも上位にいて相手を征服しようとする男の意地の張り合いなんだ』と言ってました。
結構、あとでいろいろ考えたりするストーリーでしたね。
2008/04/07(月) 22:50:30 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
1972年のオリジナル『探偵スルース』がスタイリッシュに蘇った! 夫VS妻の愛人{/atten/} ひとりの女をめぐり、男の嫉妬、羞恥心さらけだしバトル。 勝者はどっちだ?! 去年の秋、トロント映画祭で観てきたこの作品。 基となってるお芝居の方も過去に観たし、マイケル?...
2008/03/11(火) 00:43:25 | 我想一個人映画美的女人blog
  ☆公式サイト☆1972年の傑作ミステリー映画『探偵<スルース>』を、イギリスの名匠ケネス・ブラナーがリメーク。豪華な屋敷を舞台に、初老の推理小説家と彼の妻の若き浮気相手による心理戦が繰り広げられる。ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(...
2008/03/11(火) 06:17:38 | きららのきらきら生活
ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイクの元に、彼の妻の愛人ティンドルがやって来る。「奥さんとの離婚に合意してほしい...
2008/03/16(日) 19:59:49 | Cinematheque
監督:ケネス・ブラナー CAST:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ ロンドン郊外に住む有名な推理小説家、ワイク(マイケル・ケイン...
2008/03/22(土) 21:05:46 | Sweet*Days**
  男の嫉妬は   世界を滅ぼす。   ■ロンドン郊外にあるベストセラー推理作家アンドリュー・ワイクの邸宅に、招かれたのか、押しかけたのか、マイロ・ティンドルと名乗る若い男が現れた。彼らの関係は”夫VS妻の浮気相手”。作家が、若い男に持ちかける。「妻が
2008/03/23(日) 00:48:42 | 唐揚げ大好き!
原題:SLEUTH監督・製作:ケネス・ブラナー脚本:ハロルド・ピンター出演:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ鑑賞劇場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<Story>ロンドン郊外にあるベストセラー推理小説作家ワイク(マイケル・ケイン)の邸宅に、ティン...
2008/03/23(日) 14:47:24 | NiceOne!!
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」にて1本。 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」・「こわれゆく世界の中で」と、 何気にジュード・ロウ出演作の3レンチャンになっちゃいました。 でもでも、この「ミニ・ジュード・ロウ特集」も、ネタ切れなので今回...
2008/03/27(木) 03:03:57 | ひらりん的映画ブログ
ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家アンドリュー・ワイク(マイケル・ケイン)の元に、 若い俳優マイロ・ティンドル(ジュー...
2008/03/31(月) 17:42:51 | 心のままに映画の風景
男の嫉妬は 世界を滅ぼす。 上映時間 89分 原作戯曲 アンソニー・シェイファー 脚本 ハロルド・ピンター 監督 ケネス・ブラナー 音楽 パトリック・ドイル 出演 マイケル・ケイン/ジュード・ロウ 1972年に舞台から映画として好評を博したミステリー『探偵スルース』のリ...
2008/04/02(水) 01:19:12 | to Heart
  男の嫉妬は世界を滅ぼす 監督:ケネス・ブラナー 出演:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ 「ロンドンに住む初老の推理作家アンドリュー・ワイクの邸宅にマイロ・ティンドルという若い男がやってきた。監視システムが張り巡らされた家に上がるティンドルは
2008/04/03(木) 14:49:44 | 日々のつぶやき
 『男の嫉妬は 世界を滅ぼす。』  コチラの「スルース」は、アンソニー・シェイファーの舞台劇を1972年に映画化した「探偵<スルース>」のリメイクで、3/8公開となったPG-12指定のサスペンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  オリジナルは未見なのですが、オ...
2008/04/13(日) 19:38:25 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
「スルース」それは知性と理性が勝敗を決める究極のゲーム、__お気をつけあれ!そのひと言には100通りの意味がある・・・ジュードの妖しさVSマイケル・ケインの怪しさの危うい対決! ロンドン郊外にあるベストセラー推理小説作家アンドリュー・ワイク(マイケル・...
2008/04/15(火) 17:21:49 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
4月18日、東京。 新国立美術館を後に、銀座へ。 合間に「シネスイッチ銀座」にて 映画「スルース」を観る。 この映画は「探偵スルース」という1972年の 作品のリメイク版だそう。 密室心理劇であり、舞台っぽい感じで 脚本がおもしろいというので?...
2008/04/25(金) 16:46:57 | 月影の舞
v 男の嫉妬は 世界を滅ぼす。 ? 4月15日、京都シネマにて鑑賞。元々舞台劇らしい。72年に故ローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインによって映画化された「探偵《スルース》」。このとき、アカデミー賞4候補に上がった傑作ミステリーである。設定はそのままで、ま...
2008/04/28(月) 00:29:54 | 銅版画制作の日々
36.スルース■原題:Sleuth■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:89分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:4月6日、シネスイッチ銀座(銀座)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:ケネス・ブラナー□脚本:ハロルド・ピンター□原作:アンソニー・シ...
2008/05/09(金) 22:55:25 | KINTYRE’SDIARY
 こういう会話劇は難しい。。字幕を追うだけでは間に合いません。だけど、大して意味のある台詞はなかったようにも思えます(汗)  名の売れた犯罪小説の作家(マイケル・ケイン)と、その妻と愛人関係にある男(ジュード・ロウ)。作家は男を邸宅に呼びつけ、ある企...
2008/06/15(日) 06:14:49 | 明け方シネマ
あらすじロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(マイケル・ケイン)の元に、彼の妻の愛人ティンドル(ジュード・ロウ)がやって来る。「奥さんとの離婚に合意してほしい」と言うティンドルに、ワイクはあることを提案する・・・。感想スルーするには勿体...
2009/04/01(水) 06:52:04 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
男の嫉妬は、世界を滅ぼす。
2009/06/17(水) 00:35:48 | Addict allcinema 映画レビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。