映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガチ☆ボーイ
2008年03月07日 (金) | 編集 |
ガチ664.jpg


男の子(心だけ男の子でもOK!)の気持ちを持ち続け "プロレス"をコアに愛する人間なら、温度差も高く観られる映画だと思います。

ただ、私は『今、プロレスラーは誰が好きか?』と聞かれたら『アントキの猪木』というくらい無知ですし、少女マンガを食べて育ってきて、いい年しても手離せない..."少女趣味"の血中濃度が高い人間なんで、この映画をフツーに平熱で観てしまいました。

前半のテンポや会話は、正直、少々タルく感じました。

今、おっ!と思える邦画は、会話のセンスやリズムがいいのが多くて感心させらるわけで。

ベタに頑張る五十嵐くんの学生生活を語るには、このテンポなのだろう...と分かっているけど、宮川大輔とか芸達者も揃っているので、もう少し笑わせて欲しかったかなぁ...。五十嵐が"高次脳機能障害"ゆえにサムいギャグでも笑える場面と、めっちゃ笑える場面の落差もあったらなぁ~とか、最後のリングシーンが良かっただけに欲張ってしまいました。

でも、前半の少しゆるい展開も、最後の試合シーンには(しかも長い)吹っ飛びます。マリリン仮面の五十嵐くんを演じる佐藤隆太もレッド・タイフーンの奥寺くん演じる向井理も、細~い。服、着てる分にはスラっとしてカッコいいかもしれませんが、リングに立つと防具となるべき筋肉が無いっ!(涙)
Noスタント、NoCGだったそうで、あれは痛かったでしょうね!

なんで障害になって大変な時に『学生プロレス』かというと『アタマはどんなに忘れても、カラダは昨日のボクを忘れないー』というテーマはすんなり受け入れられるし、さすが人気劇団の舞台が原作だけにこなれているなぁと思います。

それに、以前TVドラマで観た俳優さん達が上手くなっているなぁ~、と感慨深かったです。
『のだめ』に出ていた向井君は下手だったけど、あれから格段の相違だし。

佐田役の川岡大次郎は、昔『ビーチボーイズ』で広末の同級生だった...。
クセ者の役者になったのね~。

地味な髪の色のサエコは魅力的だった。
なんか、生足が色っぽかった...(ダルと付き合ってる頃よね)

仲 里依紗、この間『ちーちゃんは悠久の彼方』も観たけど、地味で自然な演技も出来るんだな~と感心した。

それに『木更津キャッツアイ』(好き!つい最近、また観た)の佐藤隆太くん!
いつも主人公のいい友達みたいなポジションだし『レミーのおいしいレストラン』のリングイニの声は、スゴ~く、ぼーとして下手だった...。(あ、リングイニのキャラに合ってるといえば合ってるけど)

マリリン仮面の五十嵐は、佐藤隆太くんにぴったりです。

愚直に突き進み、最後に感動を呼んでくれる、どストレートなボーイズ・ムービーです。


↓元気ですかぁ~!!!クリック、よろしく!
人気ブログランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
すみません、オススメしたけどイマイチだったようですねw( ̄▽ ̄;)w
私も「心だけ男の子」なので、、、、
女性の場合は、泣いてしまう人とそうでもない人とが、いるみたいですね。
やはり"少女趣味"のあんさんには、「東京少女」の方がオススメですね(^o^)
2008/03/08(土) 11:53:53 | URL | フリーダ #NclheXno[ 編集]
大次郎
あんさん、こんにちは。
大次郎君、すっかり2枚目半が板に付きましたよね。
「サマー・タイムマシン・ブルース」や「UDON」、ドラマにしてもフジ色が強かったけれど、スーパーサブの道を突き進んでいけそうでちょっと嬉しいです。

映画はほんと、クライマックスが良かっただけに、ちょっと勿体無いところがありましたが、概ね良かったとおもいます(^^)

そして、シーラカンズが素敵♪(笑)
2008/03/08(土) 14:38:51 | URL | たいむ #-[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>フリーダ さん
いえ、こちらこそ、お気を遣わせてすみません。
『ペネロピ』というバリバリ、ガールズムービーの後の『ガチ☆ボーイ』ですから、特にそう感じたんです...。
自分では普段観ないタイプの映画なので、かえって観て良かったですよ!
監督は、佐藤隆太と同い年なんでしょ?いや~、この監督の作品、チェック出来てよかったです。きっと、頭角をあらわしてくる人だと思いますから。
もちろん、プロレスファンなら文句無しに楽しめる映画ですが、最後の試合に至るシーンは『ロッキー』に通じる熱さがありました。
あの長い試合の佐藤隆太くんは、五十嵐くんとかぶりました。
佐藤隆太くん、主役、頑張りましたね~、しみじみ。

>たいむさん
大次郎くん『伝説のドロップキックの佐田』目立ってましたね~。
あら~、いつの間にか、こうなっちゃったんですね(笑)
スーパーサブ!いいですね。楽しみです。
前半ちょっと勿体ないですが、よくまとまってましたね。
私は、監督にちょいと感心してしまいましたよ。

シーラカンズ、憎たらしくて、テカテカで、良かったです~(笑)
2008/03/08(土) 22:41:28 | URL | 管理人 #-[ 編集]
前半も許せる
最後の興奮のプロレスに,しょうもない前半も許せました!
熱かったですね~。
泣いてしまった。。

邪悪なキムタクに賛同!^^
2008/03/10(月) 17:35:31 | URL | AKIRA #snrLbVnQ[ 編集]
>AKIRAさん
前半のもたもた感を、払拭した最後のプロレスシーンでしたね!
ベタな熱さにやられてしまいました!

シーラカンズは、邪悪なキムタク(笑)といい邪悪な眼付きのもう一方といい(フジタ"Jr"ハヤトさん、ごめんなさい)、敵役としてはサイコーでした(笑)

2008/03/10(月) 20:40:24 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんにちは♪
私も佐藤クンの吹き替えだった『レミー』は下手だと思いましたぁ。
ヒール役のレスラーって、ほんと"邪悪なキムタク"って感じでしたよね。
『ボンビーメン』の里依紗チャンは可愛いのに、これではあまり可愛く映ってなかったですね。
2008/03/12(水) 14:19:55 | URL | なぎさ #-[ 編集]
>なぎささん
『レミー』の吹替版、佐藤くんだけ下手だった気がします(笑)
キャスティング・スタッフの頭脳的プレーで、リングイニのキャラだったのでワザとかしら?などど、思ったりもしました。
"邪悪なキムタク"...ん~、元々の キムタクも○○そうなんで "キムタクのバッタモン"が正しいかも知れません(笑)

そうそう里依紗ちゃん出てましたね。『ちーちゃんは...』の映画の時もかなり可愛かった(それでも林遣都のほうが綺麗だったけど)ですが、なんせ兄が佐藤隆太、父が泉谷しげるなんで、あんまり可愛いとマズかったの
では、ないでしょうか(・・;)
2008/03/13(木) 21:38:23 | URL | 管理人 #-[ 編集]
好きな作品です
試合シーンの熱さが良かったです。。
そして脇の役者が良かった。
泉谷さんのお父ちゃん、
サエコ、彼女の生足色っぽかったです。
川岡くん、すっかり味のある役者になりましたね。
私も「ビーチボーイズ」が印象的だったので・・・。

2008/04/13(日) 10:31:39 | URL | 咲太郎 #-[ 編集]
>咲太郎さん
最後の試合シーンは、熱かったですね!
脇も良かったですね。
泉谷しげるも味があるし、サエコも色っぽかったですね~。
川岡くん、こうなっちゃったんですね!
『ビーチボーイズ』!広末さんも変わっちゃいましたしね...。
2008/04/13(日) 21:16:37 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
明日になると今日のことをすっかり忘れてしまう「記憶傷害」の病気を持つ主人公。『タイヨウのうた』でも陽の光を浴びることの出来ない病気の少女が、賢明に生きようとする姿を見事に描いた小泉徳宏監督であるからに
2008/03/08(土) 17:49:16 | たいむのひとりごと
シネリーブル神戸にて3月1日より公開の『ガチ☆ボーイ』。 梅田ではシネリーブルではなく、TOHOシネマズで上映されていますが、小さい劇場で観たいので、僕は三宮へ。 Story 大学在学中の司法試験合格も間違いなしと言われた北海道学院大学法学部3年生・五十嵐(佐藤隆..
2008/03/09(日) 23:43:04 | 健康への長い道
CGやスタントは一切使わず、俳優自らが体当たりで演じ切っている。 舞台は北海道。 牛乳パック・中央バス 麻布-花畔(ばんなぐろ) スク...
2008/03/10(月) 00:18:17 | 映画館で観ましょ♪
人生にギブアップは無い!
2008/03/10(月) 14:41:07 | Akira\'s VOICE
JUGEMテーマ:映画 2008年3月1日 公開 だからほんとに、アノ時は記憶が無かったんですって・・・旧芸名・若人あきら 終始一貫してベタなんですけど、これがなかなか良いのです!!! もぉ何度も見せられた今作の予告により、あらすじは頭に入ってい...
2008/03/12(水) 14:13:31 | UkiUkiれいんぼーデイ
人気ブログランキングの順位は? 青春☆ガチンコグラフィティー。 アタマはどんなに忘れても カラダはちゃんと覚えてる これが僕の生きてる証
2008/03/13(木) 22:09:44 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
事故に遭ったあの日から、頭の調子がチトおかしい。積んでは崩れる今日の日は、賽の河原に積む石よ。辛い涙も嬉しい笑顔も、目覚めてみれば、サヨウナラ。頭にゃ何にも残りゃしないが、体が全部覚えてる。痣と痛みと技の軌道が、生きてる時間を体に刻む。満場の歓声、万雷...
2008/03/14(金) 01:31:16 | MESCALINE DRIVE
監督:小泉徳宏 出演:佐藤隆太、サエコ、泉谷しげる、仲里依紗、向井理、宮川大輔、川岡大次郎 「大学生の五十嵐良一は突然プロレス研究会に入部を希望した。 いつもメモを取る彼・・しかしガチンコではない学生プロレスの一番大事な段取りを覚えられない。
2008/03/15(土) 16:17:23 | 日々のつぶやき
「ガチ☆ボーイ」を観てきました~♪ 大学在学中に司法試験の1次試験に合格した五十嵐(佐藤隆太)。1年前に見たプロレス研究会の試合が忘れられずに、プロレス研究会に入会する。ポラロイドカメラを持ち歩き、全てをメモする五十嵐だったが、肝心なプロレスの段取り?...
2008/03/18(火) 06:54:00 | 観たよ~ん~
☆私の死んだ親父は、大のプロレスファンだった。 母親と結婚した新婚旅行の北海道で、母親をほったらかしにして、テレビのプロレス中継に夢中になり、いきなり夫婦ゲンカをしたそうだ^^; そんな話を思い出しながら、私は、MOVIX昭島での、『ガチ・ボーイ』公開...
2008/03/30(日) 19:39:53 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
最近、久しぶりに運動をするようになりました。 きっかけは単純、暖かくなって春もの
2008/04/05(土) 17:54:59 | はらやんの映画徒然草
またまた大泣きの感動の邦画に出会いました。 その作品は「ガチ☆ボーイ」。 この作品の製作チームも「ROBOT」です。 「踊る大走査線」「海猿」「ALWAYS3丁目の夕日」シリーズを 製作したチームです。 もうこれは製作チームを聞いただけで 見たくなる作品でした。 学?...
2008/04/09(水) 19:21:10 | 夢を伝える紳士bobby`s☆hiroのシネプラザ
次の記事も楽しみにしています。
2008/04/10(木) 17:44:02 | 砂時計
3月16日(日)に鑑賞。 「タイヨウのうた」の小泉徳宏監督の2作目ということで楽しみしていました。 「タイヨウのうた」は大好きな作品です。 YUIの魅力が最大限に活かされていました。 この映画で、初めて彼女を知り、今ではすっかりファンの一人です。 NE
2008/04/13(日) 10:32:50 | 炸熱~歌キチ、愛をうたう~
JUGEMテーマ:映画 (2から) 『パリ』を見終えた後、ついでなので『ガチ☆ボーイ』も見ることにした。 ほう、これは最近の邦画ではなかなかの出来。 「学生プロレス」+「記憶障害系ドラマ」がうまく融合している。 監督は『タイヨウのうた』の小泉徳宏。 ...
2008/04/24(木) 19:06:43 |           
監督、小泉徳宏。脚本、西田征史。2008年日本。青春映画。出演、佐藤隆太(五十嵐
2009/01/04(日) 20:43:10 | erabu
「ガチ☆ボーイ」★★★☆wowowにて 佐藤隆太、 サエコ 、仲里依紗 、宮川大輔 、泉谷しげる 、向井理 出演 小泉徳宏 監督、2007年、120分 「佐藤隆太のノー天気な笑った顔が 印象的なチラシが気になっていたが 劇場まで行かなくてもなと思っていた作?...
2009/01/12(月) 10:08:10 | soramove
「ガチ☆ボーイ」★★★☆wowowにて 佐藤隆太、 サエコ 、仲里依紗 、宮川大輔 、泉谷しげる 、向井理 出演 小泉徳宏 監督、2007年、120分 「佐藤隆太のノー天気な笑った顔が 印象的なチラシが気になっていたが 劇場まで行かなくてもなと思っていた作?...
2009/01/12(月) 11:22:40 | soramove
あらすじ大学生の五十嵐良一(佐藤隆太)は突然プロレス研究会に入部するが、何でもメモを取る割に学生プロレスで一番大事なこととされる“段取り”を覚えられずにいた。そんな中、商店街でのデビュー戦を迎えた良一は段取りを忘れたために本気でガチンコの試合をすることに...
2009/02/12(木) 01:28:47 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
ガチボーイはWOWOWでして水曜に鑑賞したけど 結論はプロレス&病を上手くミックスさせ良かったよ 内容は高次機能障害の五十嵐が大学の学生プロレスで 最後は病を公表して皆に受け入れられる展開だね みちのくプロレスが全面的に協力して試合も悪くなかった
2009/04/04(土) 15:16:51 | 別館ヒガシ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。