映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか眠りにつく前に
2008年02月28日 (木) | 編集 |
今回、ハリス(パトリック・ウィルソン)似てませんっ!!

いつか645.jpg


観るつもりはなかったのですが、時間的にちょうど良かったので、つい鑑賞。

今、まさに人生の終わりを迎えようとする老いた母アン(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)と、それを見守るもう若くない娘たち。
母の意識が混濁する中で、時折思い出される名前と記憶。
若き日の母の切ない恋が、浮かびあがってくる...。
母の過去に触れ、自分の人生をも考えはじめる娘たち。
そして、死の床にある母を見舞った老婦人は、昔の親友ライラ(メリル・ストリープ)だった。

若い日のライラを、メリル・ストリープの実の娘メイミー・ガマーが演じ、老母アン(ヴァネッサ・レッドグレイブ)の長女役をヴァネッサの実の娘ナターシャ・リチャードソンが演じ、文字通り母娘の映画です。

アン(クレア・デインズ)にもライラ(メイミー・ガマー)にもバディ(ヒュー・ダンシー)にも恋される男ハリスを、パトリック・ウィルソンが演じています。う~ん、この配役、スゴくモテる...というのは少し"ミステイク"なような...あまりにも髪の毛が無さすぎて(笑)
でも、このパトリック・ウィルソンは『ハードキャンディ』『リトル・チルドレン』にも出てましたけど、見た目より演技していくうちに、好感を持ってしまうし、案外セクシーです。重くはないけど演技力があるんでしょうね。

若き日のアンはクレア・デインズが演じ、劇中、一番タフで強い女性を演じていました。
若いほっそりした体なんで、角度によっては美人に見える時もあるんですが、バディを叱りつけてる時なんか、めっちゃ怖い顔でありました。
つい、似顔絵的には、ヒラリー・スワンクとかサンドラ・ブロックとか獰猛な女優さんのカテゴリーに入れてしまいましたぞ(笑)

ライラの弟バディ(ヒュー・ダンシー)は原作にない役だったそうで、この時代背景や良家の出なのでおそらくキリスト教保守派、とても『男が好き』ってカミングアウト出来なかった...というより彼は自分の感情のありかもはっきりしない、どっちつかずの未分化のセクシャルティなんで、見ていてイライラしました。
これじゃあアン(クレア・デインズ)ならずとも『腹、すえんかい!いったい誰が好きなのか?うじうじすんじゃないっ!』って、言いたくなりますよね。
彼の人生が、一番"ミステイク"で哀れでした...。

思い通りにいかない愛や夢や、少し不幸な現実生活...ところどころ、リアルに胸にちくっときました。

死の床についた母と、若き日の恋が交互にカットバックされ、ゆったりとした話の運びなので、若い男性にはちとかったるく物足りないかも...。全ての人向きではないけど、結婚式前の"マリッジブルー"もよく表現されているので、結婚式直前の女性にも観てほしい。あと、過ぎし日の恋を振り返る年頃の人にも。そういう人が見ると、地味だけどしみじみとした物語であります。

最後に涙が少し滲んできたと思ったら、隣の隣のおばさんがかなりの勢いで泣いていて、驚きました。そんなに泣く映画か?!と、ちょっと引いたのですが、きっと過去に大恋愛をされてきたご婦人に違いない!と推察いたしました。カンニングの竹山似のおばさんでしたが。

『あなたが最期に呼ぶのは、誰の名前ですか?』と逆質問する映画は、まっこと罪つくりです。
私なんか、忘却の海に重しを付けて沈めた記憶...いや~思い返しても、さみしいもんです...。
もっともっと、恋をすればよかった...今?お、お、お、遅いよ...。
皆さんっ!唇が紅いうちに髪の毛があるうちに、2次元ばかりでなく、リアルに真剣な恋をしてくださいね。

映画の中で、過ちは"ミステイク"で、スゴく愛したや夢中になったは"クレージー"や"クラッシュ"とか言っていたけど...。

う~ん、そうだなぁ~ "ミステイク"や"クレージー"や"クラッシュ"も何も無い人生は、淋しいかも...。

人生の幕をおろす頃には "ミステイク"も人生を豊かにするのだ...きっと。


↓真剣な恋は何個してきただろーか?いや、してないかも~って人も、クリックよろしく!
人気ブログランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
見ました! よかったですよ、私的には。
最初の舟のシーンは絵画のようで、また導入部としても良く出来ていたと思います。
ハリスはすごかったですね(笑)、あんなにモテルにしては確かにちょっと。
私らくらいのおばさんは多分あんな恋も知らないで年くってしまった事への後悔で
竹山おばさんも泣いたのかも。
2008/02/29(金) 17:06:55 | URL | バルおばさん #-[ 編集]
>バルおばさんさん
ロケーション良かったですね!ホント、絵画のようで。
ハリスはモテモテでした。P.ウィルソンも、いい役をゲットしましたね(笑)
えへへ、私、この人好きなんです、ホントに髪の毛が無いのが、残念。

いやいや、竹山おばさん(笑)は "あんな恋も知らないで年くっちまった事"への後悔というより、きっと"華麗な恋の遍歴"で泣いた!と、私は思いたいです(爆)


2008/02/29(金) 17:55:42 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは!
あんさん、コメントありがとうございましたv-237
FC2さんのTB復帰したようで、貼り逃げてました。すいません(汗)

「ハードキャンディ」も「リトルチルドレン」も観てなくて
パトリック・ウィルソンお初だったのですが、
以前はここまでオデコ広めではなかったのかしら?
ぱっと見では、なんで彼がそんなにモテるのか分かんなかったけど
映画を観てるうちにジワジワと・・・もしかしてミステリアスないい男?なのか?と、思えてきました。

バディは原作にない役だったんですねー
あの曖昧模糊なセクシャリティ、言われてみればマイケル・カニンガムのオリジナルっぽいような・・・

私も竹山おばさん(笑)に負けないくらい、いっぱい泣きましたよー
2008/03/03(月) 20:46:13 | URL | kenko #Ngw0MIHM[ 編集]
>kenkoさん
いえ、貼り逃げ歓迎!です。TBもらうの、有難いですから。

母娘で観られて、とてもいいなぁ~と思いましたので、ついカキコしてしまいました。
パトリック・ウィルソンは『オペラ座の怪人』の頃が、まだふさふさかと(笑)
『リトル・チルドレン』も『ハードキャンディ』も、多少Hっぽくて、切羽詰まった状況でありながら笑えます。彼は、こういう役が実に上手いです。
バディは誰が好きだったのでしょうね?やっぱりハリスなのかしら...。
私はkenkoさんの所を読んで、マイケル・カニンガム原作の『めぐりあう時間たち』を観たくなりました。

あらっ、いっぱい泣かれたんですか!
竹山おばさん(笑)の大泣きのせいで、私は涙がすっ込んでしまいましたよ(・・;)
2008/03/03(月) 21:11:25 | URL | 管理人 #-[ 編集]
誰しもがそうそう劇的な人生を歩むわけではなくて、
またはたからみてハァ~?っておもうような
些細な出来事も本人にとっては
人生の分岐点になったりするし、
恋してるときはあばたもえくぼで
相手の欠点なんぞ見えない見えない、
どこがよかったんだ?ハリスもアンも(わわわわわわわわ)

と、むちゃくちゃ書きました。
レビューでは比較的真面目に書いたんですが
実はつっこみどころ満載の映画でした。(え)
オンナとして思うところ、母として思うところがあり
かなりハマったのですが、
肝心の主人公に魅力を感じなくて、
理解はすれど納得のいかんキャラで・・(泣)
2008/12/02(火) 18:44:51 | URL | Ageha #BNF5UjbU[ 編集]
>Agehaさん
人から見たらハァ~?って思う出来事も、本人にとっては
人生の分岐点になったりする事も、色々ありますよね。

『恋は盲目』といっても、このハリスとアンは、ねぇ......
ハリス役のパトリック・ウィルソンは好きな俳優さんですが、
モテモテ男を演じるだけのフェロモンは無いし。
アン役のクレア・デインズもあまり好きじゃないんで、この2人のキャスティングがもっと魅力的だったら、もっとストーリーにのめり込めたかなぁ...。

この映画、観ている人の"人生の経験値や恋の遍歴"でハマリ方が違うんだろうな、と思いました。
だから、納得のいかないキャラでつっこみどころ満載の映画でも、かなりハマったのは...きっとAgehaさんが恋多きオンナのひとだからなんでしょうね。
いや~素敵やわ~v-238と勝手にろまんちっくした管理人でありました、ふふ。

2008/12/02(火) 21:36:28 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『すべての女性の人生が、 美しい一瞬を持っている。』  コチラの「いつか眠りにつく前に」は、スーザン・マイノットのベストセラー同名小説を豪華女優陣の競演で映画化した2/23となった感動作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  死の床に伏したアン(ヴァ...
2008/02/29(金) 13:12:25 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
「いつか眠りにつく前に」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、メリル・ストリープ、グレン・クローズ、トニ・コレット、メイミー・ガマー、アイリーン・アトキンス、パトリック・ウィルソン、ヒ...
2008/03/01(土) 07:21:22 | 映画レビュー トラックバックセンター
上映スクリーン数: 102 オープニング土日興収: 1660万円(BOX OFF
2008/03/01(土) 13:12:33 | 映画コンサルタント日記
原題:Evening いつか眠りにつく前に、人生に過ちなんてなかった、と開き直る気持ちはよく分かる・・後悔は先に立たず、人生は長いようで短い、夢と希望を繋ぐものは・・ イブニング、輝くように美しい、まるで絵に描いたような、いや、絵にも描けない美しさと?...
2008/03/01(土) 19:01:16 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
監督:ラホス・コルタイ  CAST:ヴァネッサ・レッドグレーブ、クレア・デインズ、トニー・コレット パトリック・ウィルソン 他 死...
2008/03/01(土) 23:02:20 | Sweet*Days**
病に倒れ、人生の最期を迎えようとしているアン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ) 死の床で長女のコンスタンス(ナターシャ・リチャードソン...
2008/03/02(日) 21:27:17 | 心のままに映画の風景
うちの母と一緒に観てまいりました。 観終わるなり母に言われた言葉・・・「あんたに
2008/03/03(月) 18:07:10 | C note
JUGEMテーマ:映画 (1から) 「シネマロサ」2階の劇場を出て、 今度は地下の劇場で『いつか眠りにつく前に』を見る。 病床の60代の母親アンが娘二人に「ハリス」という男性の名をうわごとのように口にする。娘のコリーとニーナは母からそんな男性の名前を?...
2008/03/09(日) 06:49:19 |           
【いつか眠りにつく前に 】2008年2月23日(土)公開 監督 : ラホス・コ...
2008/03/10(月) 20:40:06 | MoonDreamWorks★Fc2
□作品オフィシャルサイト 「いつか眠りにつく前に」□監督 ラホス・コルタイ □原作・脚本 スーザン・マイノット □脚本 マイケル・カニンガム □キャスト クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、メリル・ストリープ、トニ・コレット、パトリック・ウィル?...
2008/03/11(火) 12:30:23 | 京の昼寝~♪
 死の床にある母が語った物語は、娘たちが知らない40年前の愛の記憶 ? ? 2月26日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。キャストの顔ぶれは、凄い親子で共演という女優さんもいます。その一人がメリル・ストリープのお嬢さん、メイミー・ガマー。メリル演じるライラの若き...
2008/03/23(日) 00:42:24 | 銅版画制作の日々
原題:EVENING原作・脚本・製作総指揮 : スーザン・マイノット監督:ラホス・コルタイ出演:クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、メリル・ストリープ、グレン・クローズ、トニ・コレット、ナターシャ・リチャードソン、パトリック・ウィルソン、ヒュー・ダ...
2008/03/23(日) 06:35:44 | NiceOne!!
25.いつか眠りにつく前に■原題:Evening■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:117分■鑑賞日:3月1日、武蔵野館(新宿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ラホス・コルタイ□脚本・原作・製作総指揮:スーザン・マイノット□脚本・製作総指揮...
2008/04/06(日) 20:56:41 | KINTYRE’SDIARY
病に倒れ、人生の最期を迎えようとしていたアン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)。長女のコンスタンス (ナターシャ・リチャードソン)と次女のニナ(トニ・コレット)に見守られる彼女は、混濁する意識の中、 “ハリス”(パトリック・ウィルソン)という男性の名を何度も...
2008/10/15(水) 23:11:15 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク
いつか眠りにつく前に [DVD]スーザン・マイノット おすすめ平均 <ネタばれ>親から子へ伝える幸せとは何か死を前にして、人は何を想うのか?女優(の芸)を見せる映画Amazonで詳しく見る by G-Tools 劇場公開時に見そびれた作品でやっと鑑賞できたわけで。 内..
2008/12/02(火) 18:51:57 | ペパーミントの魔術師
あらすじ死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)を2人の娘たちが見守る中、熱にうなされたアンは娘たちの知らない男性の名前を何度も口にする。そんな中、アンの記憶は1950年代のある出来事へとさかのぼっていく。親友の結婚式のため、海辺の町を訪れ...
2009/02/19(木) 07:09:25 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
『いつか眠りにつく前に』を観ました人気作家スーザン・マイノットのベストセラー小説を、豪華アカデミー女優陣の競演で映画化した感動作です>>『いつか眠りにつく前に』関連原題: EVENINGジャンル: ドラマ上映時間: 117分製作国: 2007年・アメリカ/ドイツ監督:...
2009/11/11(水) 23:19:54 | おきらく楽天 映画生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。