映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス/ゴールデン・エイジ ELIZABETH/THE GOLDEN AGE
2008年02月23日 (土) | 編集 |
好きな男の腕の中でも、国家の夢を見る。

エリザ4.jpg

フツー、女がオトコに暖炉の前でお願いする事ってラブ・アフェアじゃないだろうか?
それを『キスして』だけ(史実は知らないw)そして『死んでもいい』って...切ない...。国家と国民を第一に考えていたエリザベス1世の哀しい女心が、ちらっと垣間見える一瞬だ。

前作は、印象深かった。まだエリザベスが生身の若い女性で、ロバート卿(ジョセフ・ファインズ)との恋と裏切り、色んな試練を経て、最後の!心を鎧化して完全武装した白塗りのエリザベス女王の姿は、衝撃的だった!

今度は最初から、その完全武装した女王である。
それゆえに前作より話は起伏にとんでいないものの、逆境にあったイギリスをばりばり重戦車のように率いる女王は、より威厳があり迫力がある。私は、テンション上がりまくり。これは、ケイト・ブランシェットの映画だ。

しかも、この状況も(細かい解釈は違うだろうが)史実であり、エリザベスを取り巻くキャラも歴史上の人物とは、いやはや、歴史は面白い。
あらためて、この時期の小説や映画を、また見たい気になった。
スペインの無敵艦隊の話は、その昔"青池保子"のマンガで読んだなぁ~(笑)
エリザベス1世の母アン・ブリンの話は『1000日のアン』で映画になっている。
ヘンリ-8世、酷い男だった...。エリザベス、生まれた時から苛烈な人生である。
TVドラマでは、ヘレンミレンの『エリザベス1世』のDVDがレンタル店にあった。ちなみに、レスター伯ロバート・ダドリーはジェレミー・アイアンズが演じている。他にもたくさん。興味の尽きない時代である。

エリザ5.jpg メアリーは、女性的でもっと美しい人だと思っていた...(映画では...d001
しかし、宗教も相続も含め、エリザベスとはなんと因縁の女性だろうか...。

ベスも実在の人物だったのですね。
ベスを演じたアビー・コーニッシュは、誠実さと美しさがあり、魅力的。
鳥籠のような宮廷暮らしで、大海原を駆け抜ける一陣の風のようなローリー(クライブ・オーウェン)に惹かれたのも、わかるような気がする。



エリザ6.jpg最近、2次元において女子高生が日本刀を持ったり鉈を持ったり、はたまた最終兵器彼女などは何と戦闘しているのか?そういえば、今でもよくわからない。必然性のないシュチュエーションながら闘う女性が眼につく今日この頃(笑)
しかぁし!この女王の甲冑姿はカッコいいうえ、この姿であることの何という必然性!もう、惚れ惚れしてしまいました。

世界史に色んな女王はあれども、エリザベス1世は賢明であり『妻ならぬゆえ、主人は持たず。母ならぬゆえ、わが民の母なり』と、毅然として英国を守り抜いた。
英国の人々に、特別な感慨と敬愛される存在なのだろう。
何度も何度も、映画や小説にしても飽きない素材なのだろうと、思う。


この映画のケイト・ブランシェットの『エリザベス』はタフでエレガントでエキセレント!
もう、エリザベス女王というと、彼女しか考えられません。
ケイト・ブランシェットの『エリザベス』を観れただけでも、満足でした!


↓人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとしてもらうと嬉しい^^

人気ブログランキングへ
banner_03.gif






スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
見合い相手のお馬鹿王子が、イラストのモデルになっていなくて残念です(*´Д`*)
エリザベスのSキャラ全開の表情と、オドオドする王子のMっぷりがマンガっぽかったですから、、、(^o^)
2008/02/24(日) 10:05:35 | URL | フリーダ #NclheXno[ 編集]
熊か!熊なのか?クライブ
すると同類なんでしょうか~
どうもあまり好みでない俳優だったりしますが
同族ナントカですか?うーん
ケイトさんは素敵でした
2008/02/24(日) 14:29:47 | URL | くまんちゅう #TO.QWiMc[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>フリーダさん
あはは、キュートな馬鹿王子ですか?!マンガっぽかったです(^o^)
政略結婚は、エリザベス女王も大変だけど、あれじゃあ王子も大変ですね~。
もし、結婚したら、女王の言葉責めにまいっていたでしょうね、あの王子(笑)

>くまんちゅうさん
熊、熊なのです、濃ゆすぎてクライブは熊系(笑)
熊には2つのタイプがあって、セクシーワイルド系とテディベアみたいな可愛い系があるかと。
きっときっと、くまんちゅうさんはテディベア系の可愛いほうですよ!(笑)
ケイト、最高!アカデミー賞の『主演女優賞』はいったい誰が取るんでしょうね。
2008/02/24(日) 23:38:05 | URL | 管理人 #-[ 編集]
祝 アカデミー 主演女優賞 マリオン・コティヤール
マリオン・コティヤール、『エディット・ピアフ~愛の讃歌』

オスカー、ゲットッォォォォオオ!

よかったぴー

でも、おフランス映画なのに当選するとは意外だった。

ジャパンでもエディット・ピアフが注目されると期待されますかも

昨年のジェニファー・ハドソンに続いて好きな女優さんが受賞できて目出度いです。

これでやっと届いたDVDをゆっくりと観られます。
2008/02/25(月) 19:34:47 | URL | ジバゴ #Nk1opOJ6[ 編集]
>ジバゴさん
おぉ、主演女優賞はマリオン・コティヤールでしたね!
喋り方、歌い方、小さく見せていた体つき、全部、熱演でしたものね。
私もアメリカ産が強い、と思ったのですが、おフランスが取りましたね~。

DVD、着いて良かったですね!ある意味、タイムリーに届きましたね^^
2008/02/25(月) 20:43:23 | URL | 管理人 #-[ 編集]
追加しちゃいますが
>テディベア系の可愛いほうですよ!(笑)
有り得ないです!!(爆
やっぱり濃いい系ですかね~
しかもセクシーじゃないただのワイルドかも(自爆
濃ゆ荒れ状態(泣
2008/02/26(火) 20:44:34 | URL | くまんちゅう #TO.QWiMc[ 編集]
>くまんちゅうさん
そうですか?!有り得ないですかっ?!(爆)
もう、私の頭の中には『くまんちゅうさん=可愛いテディベア』がインプットされています。
セクシー抜きのただのワイルドですか?!う~んう~ん(悶絶)
2008/02/26(火) 21:45:29 | URL | 管理人 #-[ 編集]
そっくり!
あんさん、こんいちは。
今回も素晴らしいイラストですねー。
どれも特徴が出ていて、とくにメアリーに笑った(^^)←笑うトコ??

>『妻ならぬゆえ、主人は持たず。母ならぬゆえ、わが民の母なり』
カッコイイっすねー。
実際はたくさんの愛人をはべらしていたと聞けば、・・・ではあるけれど(笑)
2008/02/28(木) 17:05:44 | URL | たいむ #-[ 編集]
>たいむさん
こんばんは~!
あは、メアリー、笑った?まさに首切られるとこなんですが(・・;)
もう少し女性的で綺麗な人だと思っていたら、片桐はいりみたいなメアリーでしたね。

くっー!エリザベス女王、言ってる事もカッコいいです!
でも、愛人、いっぱい居たみたいですね。
暖炉の前で『キスだけ』なんて、嘘だろーと思いました(笑)
2008/02/28(木) 20:59:38 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『敵は、外にも中にも── そして私の心にも。』  コチラの「エリザベス ゴールデン・エイジ」は、2/16公開となった16世紀の英国を治めたヴァージン・クィーンことエリザベス女王1世の人生を描く歴史映画の10年ぶりの続編なんですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪ ...
2008/02/24(日) 01:55:52 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』   敵は、外にも中にも――   そして私の心にも。   ■アメリカ大陸から帰還したばかりの航海士ローリーとの出会い。新世界の心躍る冒険談を熱く語る彼に惹かれていくエリザベス。身分の違いを超え、彼女に尊敬以上の感情を
2008/02/24(日) 04:25:47 | 唐揚げ大好き!
ケイト・ブランシェットがクイーンエリザベス1世を演じる2作目
2008/02/24(日) 14:27:12 | Wilderlandwandar
敵は、外にも中にも──そして私の心にも。 原題 ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 上映時間 114分 製作国 イギリス/フランス 監督 シェカール・カプール 脚本 ウィリアム・ニコルソン/マイケル・ハースト 音楽 クレイグ・アームストロング/アル・ラーマン 出演 ケイト・?...
2008/02/24(日) 16:45:18 | to Heart
25歳でイングランド女王に即位したエリザベス1世(ケイト・ブランシェット) 父王ヘンリー8世の遺志を継ぎプロテスタントの女王として即位...
2008/02/25(月) 01:26:23 | 心のままに映画の風景
監督:シェカール・カプール 出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン 評価:75点 公式サイト (ネタバレあります) ケイト・ブランシェットの存在感や演技力ばかりが目に付いた...
2008/02/29(金) 23:55:28 | デコ親父はいつも減量中
JUGEMテーマ:映画 3月7日(金)◆737日目◆ 終業手前で雨が降った。 すぐにやんだけど、もうちょいと遅くに降ってくれれば…ねぇ。 終業後、日比谷「スカラ座」へ。 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を見る。 『エリザベス』の続編でスタッフと主要...
2008/03/09(日) 06:48:04 |           
【エリザベス:ゴールデン・エイジ 】2008年2月16日(土)公開 監督 :...
2008/03/10(月) 22:43:58 | MoonDreamWorks★Fc2
人気ブログランキングの順位は? 1587 英国(イングランド) 女王エリザベス 彼女は《ヴァージン・クイーン》 大英帝国にすべてを捧げ、 一生独身を通した女王。 敵は、外にも中にも── そして私の心にも。
2008/03/10(月) 23:45:59 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
英国と添い遂げた女性、エリザベス?世 ? 3月3日、MOVX京都にて鑑賞。前作の「エリザベス」は1998年に公開され、ケイト・ブランシェットはこの作品で一躍注目を浴び、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、他にも数々の賞にいたそうです。前作から10年あまり...
2008/03/30(日) 23:16:19 | 銅版画制作の日々
あらすじ1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に新世界か...
2009/03/04(水) 06:28:49 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観ました『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、再びケイト・ブランシェットを主演に迎え、エリザベス女王の“黄金時代”に焦点当てた歴史大作です>>『エリザベス:ゴールデン・エイジ』関連原題: ELIZABETH:THEGOLDENAGEジ...
2009/03/08(日) 22:30:28 | おきらく楽天 映画生活
敵は、外にも中にも──そして私の心にも。 【関連記事】 「エリザベス」
2009/07/17(金) 14:28:30 | Addict allcinema 映画レビュー
一作目よりもだいぶ間があいてしまいましたが、主演は変わらずケイト・ブランシェットさんです。相変わらずの存在感。 後半ではスペインの無敵艦隊との戦争が待っていますが、正直ストーリーとしてはぶつ切り感が否めない。恋愛部分としては、侍女ベスとローリー卿を自分...
2011/07/22(金) 14:48:45 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。