映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人のセックスを笑うな
2008年01月22日 (火) | 編集 |
人のセックスを笑うな...それより、みるめ君の服、早く脱がすな...。

人の617.jpg

この小説、好きだったので、この2人の配役、ぴったり!と喜んでいた...。

原作を読んだ人なら分かると思うが、インパクトのある題名ほどはセクシー系でもエロ系でもなく(ん、ラブシーン、1行くらいづつは素っ気なくアルよ)題名に惹かれて映画を観に行く男の人は肩すかしをくらう、と思う。この小説、女の人が書いたんだなぁ~とつくづく思わせる。気持ちが、まあるく癒される。2編とも主人公は男なんだけど、リアル男はこんなに優しい事思ってないだろう...。だけど、わかってても、読むと嬉しい...。

39才の美術講師に恋した19才の男の子の恋の話だ。
彼は『オレは昔、かっこよくなりたい、筋肉をつけたい、としきりに考えていたが、今はゆがみたかった』で、眉もぼさぼさにしてみたり服も無造作だったり。
そういう磯貝みるめ君を、素朴にいとも自然に演じてみせるのが、松山ケンイチ。

みるめ君は、ユリのことも目じりのシワもかわいい、と思っているし、ユリはユリで見た目も39才、髪はぼさぼさ、化粧も口紅くらい、とおよそセクシータイプでなく、下着もキャミというよりランニング、パンツも股上深いおばさんパンツ。でも、学生には人気があって、お喋りも雰囲気も吸引力があって、何となく魅力的。
永作博美の演じるユリは、まさにぴったり。

音楽は、自転車とバイクの時に元気の良い行進曲のようなピアノが流れるのみなので、本当に2人の恋をドキュメンタリーで見ているような気持ちになる。は、恥ずかしい...。
一番、私が恥ずかしい気分になったのは、みるめ君が絵のモデルになって一枚一枚脱がされていくところ...。ま、見せてるのはデカいトランクス姿だけなんで、それ、正しくないよ、と密かにツッコむ。絵を描く現場は、磁場が働いているからモデルを脱がす事なんて、案外簡単だ。でも、潔くフルヌードだよね、芸術のためだし(笑)
松山ケンイチは、スイッチをつけたり消したりするところが、恥ずかしかったようで。

でもちょっと待って、最初は着衣のモデルが続くんじゃないかしら?
その前に、飲み会の後で2人でぐるぐる散歩しながら『私、君のこと好きなんだよ。知ってた?』って場面が好きだったけど、無し?
あ、好きかも...ていう気持ちになり、だんだんと2人の距離感が無くなっていき、そうなるまでのインターバルは長くしてほしい。なんで、こんなに短い?!なんで、すぐ全部脱がす?
この行間は、大事に見せてほしかったな。好きになるまでそうなるまでの、ドキドキ感や揺れも、もっと2人の表情のアップも見たかったし、音楽も少し入れてほしかった。

それでも前半はどきどきするものの、後半は冗漫で退屈。
さすがに、身じろぎする観客が多かった。
ユリが学校辞めたりインド旅行に行ったり、恋がやがてフェイドアウトして、やけに未練がましいみるめ君のウロウロする姿と、延々と映し出される屋上と青い空。
『屋上と青い空』がこの映画の残像として、眼に焼き付くはめに(泣く)

あの原作で、何故こんなに長い(137分)のか?判らない...。

それに、みるめ君はユリを思いながらも『無理に解消しようとしないで、じっと抱きかかえて過ごしていこう』と思うのに、映画ではどこかもうストーカーめいていたぞ...。

松山ケンイチは、いつもぴったりのキャラを演じてくれるが、作品のほうが今一歩的映画が多くて、なんでだろう。
この映画も勿体ない...。あと、もう少し。
雰囲気は好きだし、猪熊さんのあがた森魚はじめ、配役もキマっているというのに。

松山ケンイチファンなら、彼の"素"が観れて、おススメする。
それ以外の人は...どうだろうか?ん~、はっきり言って、退屈だろな...。
私は松山ケンイチファンじゃないので、映画より小説のほうが好き...。
うっ、また、どっかから石が飛んでくるかも...(^^;


山崎ナオコーラ『人のセックスを笑うな』
あぁ、言葉って、こういう風に使うんだ...。
ありふれた言葉なのに詩のようにリズムが良くて、会話のセンスも良くて、こうしてほしい気持ちを満足させてくれる。読んでいて心地よい。
そして優しくくるんでくれる。
2編ともストーリーはあるようなないような...なのに、涙が出た。いや、泣く話じゃ無いんだけど。

『虫歯と優しさ』で
『......どうしてこんなに可愛い人と、僕はもう付き合えないって、思うんだろう』
ありがたい科白だった。そう、私は可愛いのだった。

ここのところも好き。ただ、ずるい科白だし、こんな優しい事を言う男っているのかな、と思うけど、別れる時はこういうふうに言ってほしいものだ...。



人の2619.jpg松山ケンイチは、ある雑誌のインタビューでこの映画の"磯貝みるめ"について、こう答えている。以下、抜粋。
『演じていて気づいたのは、みるめは強い人間だということです。まぁ、ものを知らないから、無知だから強いんだとは思いますけど、諦めたり、自分の気持ちに嘘をついてまで逃げようとしないんです。簡単だと思うんです、好きな人から逃げることなんて。他の人と恋愛ゴッコをしたりして、どんどん忘れていくわけじゃないですか。それをしないんですよね。うらやましいと思うし、すごく純粋で奇麗で強い人間だと思います』

中高生から大学入って...人を好きになったりなられたりの多感な時期、自分も傷つきたくないはずなのに『好きな人から逃げない』って、う~ん、何気にスゴいことだと思う。


↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気ブログランキングへ
banner_03.gif


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こっちじゃ
この映画観たいんだけどね・・・
こっちじゃやってないはず・・・
文化レベル低いわ(・・;)

永作っていくつになっても可愛い~♪
2008/01/22(火) 23:05:06 | URL | はっち #OTYWUAPw[ 編集]
>はっちさん
思ったより、上映館少なそうですね。
めぼしいブロガーさんも観てないですし、何か人気ないのかも...。
私だって試写会で、自腹じゃないんです...へへ。
永作さん、可愛いっ!ですよ。着物で舞台挨拶に来てました。
この日は色っぽかったです。うらやましいでしょ(笑)
2008/01/22(火) 23:32:28 | URL | 管理人 #-[ 編集]
この本読んでみたいんですがこの題名・・電車の中でカバーなしで読むのは少し・・・映画のほうも題名で少し損しないでしょうか。もちろん原作者の意図を尊重する必要ありですけど。
ところでヒース・レジャーが亡くなったと聞いてとてもびっくりしてます。
2008/01/23(水) 13:35:05 | URL | De-Mur #UTTqB9Tc[ 編集]
>De-Murさん
そうですね。ちょっと恥ずかしい題名で(笑)
英訳だとセックスはマイロマンス(←英単語じゃなくて失礼w)になっているようで『人の恋を笑うな』って感じの内容なんですが、チケット買う時、恥ずかしいですね。

そうなんですよ、びっくりして。冥福を祈ってエントリーを立てました。
ブロック山では、あの『キネ文』さんトコのコメント欄が荒れたのを、思い出します...。いろいろ思い出すと、かなしい...。
2008/01/24(木) 00:09:49 | URL | 管理人 #-[ 編集]
TBありがとうございましたm(__)m
原作はかなり昔に読んでいたのですが、上映が近いので再度読み直してみました。 個人的な意見としては原作が薄いので、逆に映画に期待ができるような気がします(笑) 上映館数が限定されているようなので、久々渋谷でこの映画を観ることにします^^
2008/01/24(木) 22:33:01 | URL | cyaz #ID9gmbWk[ 編集]
>crazさん
上映館が、すごく少ないんですね。
キャスティングは、この規模の映画にしては豪華でした。
ここ何日か寒いですが、いってらっしゃいませ^^
2008/01/24(木) 23:29:41 | URL | 管理人 #-[ 編集]
No title
こんにちは☆

恋に悩む男の子。
萌えポイントです。

ヤマトは、みるめがケイタイ壊しちゃうシーンとか好きです。
非常に萌えポイントなのです。

素敵な恋愛映画を観たのは久しぶりでした。
あと猪熊さんみたいな旦那様もいいなと新境地開拓でした。
2008/01/30(水) 09:20:08 | URL | ヤマト #QjtTlS4.[ 編集]
>ヤマトさん
この松山ケンイチ、今まで見た中で一番、可愛かったですね。

ケータイ、壊しちゃうくらい、もんもんとしてましたね...。
あ~、恋する女の子の季節のヤマトさんに、ぐっとくる映画だったでしょうね。
猪熊さん!良かった(笑)本でも映画でもいい旦那だな~、と思いました。
信玄餅、食べたい~!!(笑)
2008/01/30(水) 22:43:48 | URL | 管理人 #-[ 編集]
はじめまして!
日曜日に渋谷で見てきました。
全体的にゆるくてくすぐったい感じです。
久しぶりの恋愛映画で、こういう映画は好きなんですが、
ちょっと長く感じました。

私も好きになる過程をもうちょっと丁寧に描いてほしかったなぁ。
でも、キャストはなんだかいとおしく感じて良かったです。

ずっとブログを拝見していました。
TBありがとうございました。

2008/03/04(火) 00:51:47 | URL | miyo #Z3orHX/M[ 編集]
>miyoさん
こちらこそ、はじめまして!
あ、ホントに、ゆるくてくすぐったい感じでしたね。
『好き』になるまでの過程を丁寧に描かれていて、後半もう少し短かったら『恋愛映画の金字塔』(←監督が言った)になったのに、少し勿体ないですよね。
キャスティングはぴったりでしたね!
特に、主役の2人!ずっと脱がせあってくすぐりあっていて欲しいですよ(笑)
ありがとうございました^^
2008/03/04(火) 09:36:21 | URL | 管理人 #-[ 編集]
No title
こんにちは、マツケンが美男子過ぎるけど、相変わらず上手なイラストですね。
この小説は読んでいないのですが、映画とはだいぶ違うのでしょうか?
知っていながら知らないそぶりの猪熊さんがいい感じでしたね。
2008/03/23(日) 18:24:40 | URL | ケント #-[ 編集]
>ケントさん
マツケン、美男子すぎますか?!
恋愛映画に出てる男優は、3割増で美男子に見えてしまう管理人です(笑)

小説のほうはリズムがよくて、短い!そして、脱がすまで"間"があります(笑)
堂本クンのほうがえんちゃんの存在より、大きいです。
映画では、蒼井優ちゃんの集客力と演技力のせいか、出番が多くてびっくりしました。
猪熊さんは、どちらのほうでも、いい感じでしたよ^^

2008/03/23(日) 23:27:43 | URL | 管理人 #-[ 編集]
永作、うま!
そうですねえ。
それぞれのファンなら、見に行ってもそれなりの充足感はありそうですが、それ以外の人が見たら、「ふぁああ~」状態の映画かと。
丁寧さと冗長さの境目が難しいところでしたね。
本、機会があったら読んでみようと思っています。
別の映画見に行った時、うちの小学生が、上映している映画の一覧をでかい声でよんでて、この題名もでっかい声でよんでました。ちょっと恥ずかしかった・・・。
2008/05/07(水) 08:22:44 | URL | sakurai #8zie0QSw[ 編集]
>sakuraiさん
そう、そう、それぞれのファンだと、満足する(ピン)ポイントを見つけてるんでしょうか...。
永作さんは『ふぁにぃ~ふぇいす』で、映画は「ふぁああ~」状態でした。
あ、自分でも何を言ってるんでしょう(汗)

オタクの小学生!そりゃ恥ずかしいですな!
まっ、でも、きっと国語の成績、良いでしょう(笑)
あぁ、せめて『恋の罠』が『淫乱書生』じゃなくて良かったですね~v-13
2008/05/07(水) 21:42:21 | URL | 管理人 #-[ 編集]
山崎
こんにちは。
山崎ナオコーラは、言葉が嫉妬しちゃうぐらいうまいですよ。
美人じゃないところも、得点(笑)
2008/11/20(木) 02:35:37 | URL | kimion20002000 #fOhGkyB.[ 編集]
> kimion20002000 さん
山崎ナオコーラは、コレを読んだ時にいたく感心しましたよ。
ありふれた言葉なのに!上手いですよね!
あ~、いいなぁ~、こんな風の文、書いてみたい~、と思いました。

そういえば、美人ではなかったですね(笑)
2008/11/22(土) 01:04:39 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「人のセックスを笑うな」★★★☆ 松山ケンイチ、永作博美主演 井口奈己監督、2008年、137分 昨年、芥川賞候補となった原作は、 タイトルに引かれて読んだ、 その時も新しい才能を見つけた気がして 嬉しかった。 この感じで分かったようで分からない、 ...
2008/02/13(水) 19:45:17 | soramove
人気ブログランキングの順位は? 恋におちる。世界がかわる。 19歳のボクと39歳のユリのいかれた冬の物語。 恋におちたふたりの いかれた冬の物語。
2008/02/17(日) 12:15:40 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
上映劇場: シネセゾン渋谷 オープニング土日動員/興収: 2418人/403万円
2008/02/17(日) 22:08:32 | 映画コンサルタント日記
タイトル先行と松山ケンイチ、蒼井優などのキャストで来場者が増えたような気もしましたが、「人のセックスを笑うな」鑑賞。渋谷では予約できるため休日の昼間や平日の夜間は満員で観られないほど。急遽、地方のシネコン・シネプレックスで上映。(c)2008「人のセックスを...
2008/02/18(月) 13:02:54 | たーくん\'sシネマカフェ
満 足 度:★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:井口奈己 キャスト:永作博美       松山ケンイチ       蒼井優       忍成修吾       市川実和子、他 ■ストーリー■   美術学校に通う みるめ(松山...
2008/02/23(土) 19:17:33 | ★試写会中毒★
恋に落ちる。世界が変わる。 19歳のボクと39歳のユリのいかれた冬の物語。
2008/03/03(月) 22:22:23 | STAND & FIGHT
せつなさ100%の恋愛映画・・・19歳の男の子みるめと39才の女性ユリ。 息子と同い年の松山ケンイチくん・・・わたしの中では“L”で...
2008/03/10(月) 00:15:38 | 映画館で観ましょ♪
★★★☆  この妙なタイトルのせいか、今最も旬な松山ケンイチ主演のせいか、3ヵ月近いロングランにも拘わらず、ここシネセゾン渋谷は連日超満員。 もうそろそろ大丈夫だろうと考えたものの、1ヵ月前に入場出来ず悔しい思いをしたので、用心のため会社を休んで平日の昼に
2008/03/23(日) 18:22:51 | ケントのたそがれ劇場
映画「人のセックスを笑うな」の原作は、山崎ナオコーラの第41回文芸賞受賞作品、これがデビュー作だというから凄い。僕の手持ちの本は、2004年11月30日初版発行とありますから、今から4年前?田中康夫の「思わず嫉妬したくなる程の才能」はオーバーとしても、その片鱗は
2008/03/25(火) 23:47:38 | とんとん・にっき
映画「人のセックスを笑うな」を観た。 原作は、文藝賞を受賞した時に読んだけど、 タイトルにインパクトがあったのだけに、 内容を期待したら、あまりに普通の恋愛小で 印象が薄い。 映画も、小説のゆるさというか、 世界観をそのまま引き継いでいる。 ...
2008/04/10(木) 15:35:04 | 月影の舞
「ばーーか!」の言い方が真に迫ってる・・・。
2008/05/07(水) 08:18:33 | 迷宮映画館
「人のセックスを笑うな」 「ワルボロ」 
2008/08/13(水) 16:46:02 | Akira\'s VOICE
山崎ナオコーラの同名小説を『犬猫』の井口奈己監督が映画化したほろ苦い青春映画。20歳年上の女性に恋をした、純情な青年の喜怒哀楽を優しく映し出す。純朴な青年にふんする松山ケンイチが、永作博美ふんする年上の女性との愛をリアルに演じ切る。『フラガール』の蒼井優...
2008/11/16(日) 05:26:21 | サーカスな日々
どちらかと言えば、題名どおりの、あるいは題名から連想する、過激なセクスィーコメディを観たかったかな~ダイエットコーラ好きなナオコーラさんの原作~ 美大学生みるめ(松山ケンイチ)が非常勤講師で人妻のユリ(永作博美)に恋をする。彼に思いを寄せる同級...
2008/11/24(月) 19:06:27 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
公開時は特に気にならなかったのだけど、TUTAYAでいつも全部レンタル中だったので、どんだけおもしろいんだろうと手に取ってみた。 「地方の美大に通うみるめ。ある朝仲間のえんちゃんと堂本の運転する軽トラで靴擦れした不思議な女性を拾う。数日後、校内でその女性ユ...
2009/01/12(月) 03:03:56 | ・*・ etoile ・*・
あらすじ美術学校に通う19歳の磯貝みるめは、新任のリトグラフの講師ユリに絵のモデルを頼まれる。アトリエに連れて行かれ、されるがままに服を脱がされ以来、20歳年上のユリに、すっかり骨抜きにされて2人で過ごす濃密な時間にのめり込むが・・・。感想芥川賞候補の...
2009/01/19(月) 07:04:33 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
「人のセックスを笑うな」のDVDを観ました~♪ うーん、評判のイイ映画だったので、かなり期待してたんですが、ボクにはダメでしたねぇ・・・ 永作博美、松山ケンイチ、蒼井優、みんな自然な演技でその辺は文句の無いのですが、何が言いたいのか良く解らなかった(^_...
2009/03/06(金) 22:49:57 | 観たよ~ん~
19歳のボクと39歳のユリのいかれた冬の物語。
2009/06/24(水) 23:33:07 | Addict allcinema 映画レビュー
▼状況 弟のライブラリより ▼動機 地元ロケあり? ▼感想 そのまんま「人のロマンスを笑うな」でよくない? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 美術学校に通う19歳のみるめ(松山ケンイチ)は、39歳のリトグラフの非常勤講師ユリ(永作博美)と恋?...
2009/08/29(土) 17:01:53 | 新!やさぐれ日記
 『恋におちる。世界がかわる。 19歳のボクと39歳のユリのいかれた冬の物語。』  コチラの「人のセックスを笑うな」は、山崎ナオコーラのデビュー同名小説を映画化したロマンティック・コメディです。主演は、永作博美、39歳にして19歳の大学生を翻弄してしまう魔性の?...
2010/04/30(金) 21:39:35 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。