映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウィーニー・トッド 、フリーク街の悪魔の理髪師/SWEENEY TODD
2008年01月19日 (土) | 編集 |
トッド614.jpg

『ボラット』のサシャ・バロン・コーエンの"詰め物"なんか、嫌ですね~。
ミートパイも、しばらく食べたくないっ(笑)

試写会で観たものの、放置していたので相変わらずupが遅い管理人です...。
熟成するのを待ってる"放置愛"の管理人です...。(←あ、ただの言い訳です)

トッド25.jpg

実を言うと、関係者を手にかけるのはともかく、最初は逡巡していたのにかかわらず無差別に人を殺し始めた時には、正直、引きました。
まぁ、殺人鬼の話なんですよね、と分かってはいるんですが。
ダークな色調に統一し、その中でのより赤い血は残酷さを薄め、様式美があるのですが、首筋にカミソリをあてられて血が噴き出す様は、びびりの私には少々辛かったです。

あと、ミュージカル部分...この手のメロディラインは、いささか苦手。
『オペラ座の怪人』も"おお、なんてゴージャスな映画だ"と思いつつも、あの手の音楽が繰り返し唄われた時は、少し眠かった不届き者の私です。

ミュージカルは好きなんですが、もっとビートが効いてノリのいい楽曲のほうが好きなんで、朗々と唄われた日にゃ...ちょいと退屈してしまい。
ジョニー・デップは好きなんですが、こんな事言うの、私くらいかもね...。
ほほ、この辺、流して読んでね。

役者は、皆、粒揃いでしたね。
ダークな役がハマっているジョニー・デップも魔女顔のヘレナ・ボナム=カーターも、あと嫌らしく妄執愛のアラン・リックマンも。
『ボラット』のサシャ・バロン・コーエンも、長たらしい顔と体がインパクトあって、存在感ありました。この人、使えますね~。
あと感心したのは、少年トビー!彼は、良かったです。
娘ジュアンナとアンソニー役の若い2人も、花を添えてくれました。

ラストは"あの人があの人だった?!"なんて思わなかったし、ラベット夫人(ヘレナ・ボナム=カーター)の愛も報われず...。
スウィーニー・トッドは、ベンジャミンだった頃に奥さんを奪われてからというもの、誰も愛さなかったんでしょうね。

純粋な愛、妄執愛、屈折愛、色んな愛の形が綴られていて、ぞっとする殺人鬼の秘められた哀しい愛の物語を、独特の映像美で見せてくれて、個人的に引く所はあるものの、楽しませてもらいました。

↓人気ブログランキングに参加しています!クリック、よろしく!
人気ブログランキングへ
banner_03.gif

只今、ブログの不具合により、TBが受信出来ません。すみません!
もし、TBを送ってもいいと思って下さる方、コメント欄に文無しで結構ですので、該当記事のURLを貼付けて下されば、嬉しいです。
どうぞ、よろしくお願いします。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
きゃー、きょわい!
血の色だけ真っ赤っかは、見事に映画の再現ですね(^^)

あんさん、こんにちは。
>朗々と唄われた日にゃ...ちょいと退屈してしまい。
船乗りの歌はとくに・・・・(^^;
歌が続く限り、目が上げられないと、連続落とし穴はほとんど見てませんでした~~(><)

スネイプ味は、どんな味でしょうね?薬臭いのかな?(笑)

2008/01/20(日) 10:09:28 | URL | たいむ #-[ 編集]
こんにちは
>ラストは"あの人があの人だった?!"なんて思わなかったし
そうですか、、、私も妻も途中で判ってしまいましたぁ(^o^)
ラストのトビー少年の行動も予想していました、、、(≧◯≦)ゞ
娘やその彼氏によるもうひとオチあれば、衝撃だったのだろうけどなぁ、、
2008/01/20(日) 11:14:03 | URL | フリーダ #Eoe3D1o2[ 編集]
早速のトラバどうもです
これ良かったです結構お気に入り。
ジョニーが歌うのは上手くて凄いですけど、予告で見てたから知ってましたけど、リックマン氏やボラット氏(違)が歌ってるのは驚きでした、なにげに上手いし!
この映画のためにボラット見てて良かったと思いましたね、全ては無駄じゃないんだ。
あの人があの人なのは予想つきました。

イラストは相変わらず上手いですね!雰囲気でてる!ボラット味はいやですね、スネイプ味もくどそうだし、あ、ワームテイル味も忘れずに。
下ネタがうつるのは嫌かもしれんけど、バカがうつるって、元々バーカーだからいいんじゃない?
・・・・お後が宜しいようで
2008/01/20(日) 12:59:36 | URL | くまんちゅう #TO.QWiMc[ 編集]
たしかにオペラ座は退屈だった。
まあ無料期間で借りたDVDだからいいのだが。
でもデップはシザーハンズ以外はツマランと思う。
2008/01/20(日) 13:21:24 | URL | ジバゴ #Nk1opOJ6[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>たいむさん
はい、血の色だけは新鮮に仕上げております、ふっふっふ。
朗々と唄われた日にゃ...なんてジョニデファンから石が飛んできそうで...きょわい(^^;
船乗りの歌は、子守唄に聞こえたりして...たはは。

えっと、スネイプ味はですね...。
そう正露丸臭くて超ビターでほろ苦い、いや苦々しい味です、きっと(笑)

>フリーダさん
えっ『あの人があの人だった』って、妻様とフリーダ様も判ってらしたとは!(≧◯≦)ゞ
トビー少年の行動も?!きゃお~ん。
私は、ハリウッド映画のカモネギ観客ですな...とほほ。
もう、ひとオチですか。う~ん、そりゃあスゴいですね~。

>くまんちゅうさん
リックマンやボラット氏までもが、歌が上手い!って驚きでしたね。
はは『ボラット』を観てて良かったですね、色んな事、無駄じゃないんですね(笑)
スネイプ味、くどくてくどくて後味が酷そうですね(笑)
ワームテイル味!あ~、そうでした!
ネズミの味がするんでしょうか?食ったら、ロンが怒るかも。
『あの人があの人』が判らなかった私こそ『あんた、バーカ?』って言われそうであります、ぐすん!

>ジバゴさん
おっ、同意見でしたか。
『オペラ座...』は日本では人気があったみたいです。
私の意見は、少数派だと思っていました。

『ギルバートグレイプ』や『ショコラ』は好き!でしたね~。
デップはやっぱり好きかな~。
きゃあ、シャープな斬り捨て方!それ、もっと、少数派かも~デス(笑)

2008/01/20(日) 16:13:57 | URL | 管理人 #-[ 編集]
そうですよね
本来であれば、ザッパザッパと喉を切り裂いているワケで、
憎むべき無差別殺人鬼なんですよね。
けど、歌にあわせてやられちゃうとど~もね。
いや、ジョニーだからかな?(´▽`*)アハハ
2008/01/20(日) 17:26:28 | URL | miyu #-[ 編集]
石?!!
ほらほら~投げちゃうぞおぉ~(爆)
アレぐらいでもダメだったですか?
プロのように上手いとまた困るとティムが言ってたけど、セリフの様な歌のような…そんな歌い方が好きでしたぁ(^^)/(←ファンの意見ですから~無視してね~爆)

サシャはイッパイ歌声披露してくれて、ティムもその上手さに驚いたとか~高音の伸びが凄かったですよね♪
同じく、彼の味は遠慮しとくけど…これ以上下ネタがうつるととんでもないので(爆)

私も“あの人があの人”気付かなかった~でもトッドよりは早く気付いたよ♪(笑)
トビーはこれからどうなるんだろう?
舞台では大人なんだよね~子役にした意図は?

しかし、このイラスト…♪
壁に飾って眺めていたいかも(^^)/
2008/01/20(日) 19:05:57 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
ジョニデファン様、コメありがとうございます!
>miyuさん
映像のトーンと歌で、だいぶ残虐度が薄められていましたものね。
あぁ、歌ってそういう効果があるんですね。
ジョニーだから、もうokです(^^)アンソニー君も見れたし♪

>オリーブリーさん
きゃー、きょわい (≧◯≦)ごめんして!すぐ眠くなる私を許して(^^;

サシャは驚きでしたね。真面目に演技してたし。
へ~、歌も高音の伸びがスゴいとは!コメディアンで鍛えてるからでしょうか。
お下劣ボラット味は、嫌っですよね~。
良かった~、オリーブリーさんも判らなかったんですね。
これからの映画は、練りに練って、オチを沢山仕込んでないといけませんね。って、私、脚本家じゃないですけど(笑)
トビー役って、元々、大人だったんですか。
ラベット夫人が好き、という渋好みだから、もう少し大きくても良かったですね。

2008/01/20(日) 20:33:06 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんわ
あんさん、こんばんわ。

この映画の血ってピンクのインキを塗ったって感じでかなりフェイクぽかったと思うんですが。
それでもダメでしたか...。

それにしても、ボラット味のミートパイなんて絶対食べたくない!(笑)
2008/01/21(月) 00:48:22 | URL | moviepad #JalddpaA[ 編集]
>moviepadさん
ダークな色調に深紅の血は、美しい、とさえ思いましたよ。
ただ、スプラッターが苦手なのは生理的なもので...はは。

ボラット味も嫌ですよね~。
大体、あの人達って煮ても焼いても喰えない人達ですからね。
2008/01/21(月) 18:14:47 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんはー。
あんさん、こんばんはー!
そうそう、トッドが無差別に人を殺し始めたのもあまり納得できませんでしたし、
あとミュージカルが基本的に苦手なのも一緒なので、あんさんの仰る事は凄く良く分かります。
とはいえ、ラストで魅せてくれる映画でしたよね~。

自分も”あの人”についてはかろうじて気づいたんですけど、
気づいたら気づいたで、またこれ悲しいシーンでした(泣)
2008/01/23(水) 00:04:14 | URL | Sur #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/23(水) 00:14:25 | | #[ 編集]
>Surさん
コメント、ありがとうございます!今、TBが受信出来なくてすみません。
私はトッドの事はよく知らなかったんですが、何度も映画や舞台化された有名な物語だったんですね。
私は理解度が足らなくて引いてしまって、で、ミュージカル部分は眠くなるし(汗)
ラストは、まとまってましたね、魅せてくれました。
"あの人"判ったら判ったで、悲しい愛の話でしたね。
う~ん、ラベット夫人が、一番やるせないかも...。
2008/01/23(水) 00:20:32 | URL | 管理人 #-[ 編集]
>鍵コメさん
しばらく映画に行けない...?お仕事が忙しそうですね。
こう寒いと映画館に行くのもおっくう...おウチが一番かも。
PCの前でビデオクリップ観たりですね。
お休みの日は、雪見酒になりそうですね~。
2008/01/23(水) 13:09:44 | URL | 管理人 #-[ 編集]
床屋が恐怖
あんさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

・・・自分はミートパイどころか床屋にすら行きたくなくなっちゃいました(^▽^;)
今週床屋に行こうと思ってたのに、あんな鮮やかなノド切りシーンを何回も見せられちゃうと髭剃りの時に嫌な先入観を持ってしまいます(汗)
自分が何時も行く床屋のマスターも映画好きだし、多分この映画観てると思うので、今週行ったらこの話題になるんだろうなー・・・と思うとちょっと恐怖・・(汗
2008/01/23(水) 23:23:05 | URL | メビウス #mQop/nM.[ 編集]
やっぱり・・・
ん!?やっぱりTB入れられないですねぇ・・・
TBってなんか微妙じゃ(^^ゞ

白黒映像がメインの映画でしたが、フルカラーの映画より、ずっと表現豊かだったのは流石でしたね~♪
2008/01/23(水) 23:25:04 | URL | はっち #OTYWUAPw[ 編集]
コメント、ありがとうございました!
>メビウスさん
床屋でのひげ剃りって気持ちいいんだ~と、メビウスさんところで知りました。
いや~、ちらっと恐怖ですね(笑)
素敵な映画好きの床屋のマスターと、話が弾みますね、ふふ。

>はっちさん
TB、駄目ですか!そうですか...(><)
禁止設定を解除したんですが、駄目みたいです...が~ん。
TBをもらえないの、淋しいんですよ~、ブログ移転しようか、考え中です。
色調は、ティム・バートン監督の美意識が感じられましたね♪
2008/01/24(木) 00:17:45 | URL | 管理人 #-[ 編集]
報われない愛
監督はこのテーマがお好きですね。
ヘレナの役は、ナイトメアのあの女の子(名前が出てこない)とおんなじですね。
わたしも、無差別殺人鬼を容認するようなバートンの作り方に「びょーき」と、思いました。
ジョニーの歌を聞きに言ったようなものです。

ミートパイ・・・まずそうでした、はい。
2008/01/24(木) 16:27:07 | URL | mariyon #WoFAeCUU[ 編集]
>mariyonさん
そっかあ~、報われない愛ですか!
『ナイトメア』のサリーは、いじらしくて可愛かったですね。

ティム・バートンは、結核のような青白い顔、隈の出来た眼、病的な人間がお気に入りで。
私はスプラッターが苦手なもんで、げんなりした部分もあるんですが、よそ様のブログを読んで、このスウィーニー・トッドの物語は何度も上演されて愛されているみたい?で、少し考えを変えました(笑)
このこだわりは、ティム・バートンの世界の美意識炸裂なんでしょうね~。
まぁ、観る人を選ぶ映画でもありますね...。
あのミートパイ...食べたくないですよね~。
2008/01/24(木) 20:10:16 | URL | 管理人 #-[ 編集]
今朝も・・・
今朝もTB入れてみましたが、ダメでした(^^ゞ

ボクも他の人のBlogからTBが入らない、
他の人のBlogに入れられないという状態に
陥っていて、Blog移転を検討中です。

2008/01/25(金) 07:59:20 | URL | はっち #OTYWUAPw[ 編集]
キャラ~
あんさん、こんにちは^^
いつもTB貼り逃げですみません。
あのナイフで首ではないですが、“切れる”と言うことに関しての感触はわかっているので、かなり冷たい痛さがありました。 時折、あのメイク(二人とも)には笑ってしまう部分もありましたが(笑)
もう少し厚みのあるストーリーがほしかったですね! あまりにジョニデのキャラに頼りすぎではないでしょうか^^
2008/01/25(金) 12:40:13 | URL | cyaz #ID9gmbWk[ 編集]
コメント、ありがとうございます!
>はっちさん
そうですか~、ダメでしたか(泣く)何ででしょうね。
えっ、はっちさんトコも、そうなんですか?!
映画ブログでTBが不具合なのは、打撃ですよね...。
Blogの移転、考えますよね。それにしてもスパムTB、多すぎます~(泣く)

>cyazさん
こちらこそ、いつもTB貼り逃げですみません(汗)
"冷たい痛さ" そ、そうですね!ホントに(^^;
あの眼の隈のメイク、好きです(笑)似顔絵も似せやすいし♪
そうですね...この映画の内容、意見が割れますよね
ジョニデとティム・バートンのファンには、ちょっとくらい怖くとも、嬉しい映画だった...と思います...。

2008/01/25(金) 23:11:48 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは
私も最後まであの人の正体に気付きませんでしたよ
だから、余計哀しくなりました
私は楽曲もすごく気に入って
ダークな統一感が素晴らしいと思いました
デップ出演作はは「ギルバート・グレイプ」「スリーピーホロウ」が好きですね
首を掻っ切るシーンはかなり視覚に訴えてきて痛かったです
2008/01/30(水) 22:09:50 | URL | 咲太郎 #7ScjOPVQ[ 編集]
>咲太郎さん
わっ、咲太郎さんも『あの人』の正体に気付かなかったんですか?!
判らないと、より結末は残酷ですよね...。
デップ出演作は...それ、いいですね~。
私は『シザーハンズ』『ギルバード・グレイプ』『ショコラ』が好きです。
でも、今は人気過ぎて、デップさんが遠くに行ってしまったような...。

リアルな色と表現じゃないのに、首を掻き切るシーン、痛そう!でしたよ。
2008/01/30(水) 22:53:25 | URL | 管理人 #-[ 編集]
No title
こんにちは、ホーギーです。
ミュージカル映画があまり得意でないので、
本作は劇場で観なかったのですが、
やはり気になっていたので、これからレンタルして
観ようと思っています。
この映画でもジョニーの実力、魅力とも
満載の素晴らしさを観ることができそうですね。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それから、ジョニープロフィールの記事をTBさせて頂きます。
2008/06/15(日) 17:55:18 | URL | ホーギー #-[ 編集]
>ホーギーさん
TBとコメント、ありがとうございました。
ジョニー・デップって、ミドルネームがあるんですね、知らんかった...。

結構、ミュージカルばりばりで、ピューと血を吹くスプラッター映画でもありました。
好き嫌いはありますが、一見に値する作品なんで、レンタル、楽しみですね。
2008/06/15(日) 21:21:12 | URL | 管理人 #-[ 編集]
No title
こんばんは、ホーギーです。
早速のTBとお返事ありがとうございました。
そうなんです。ミドルネームは、私も今回調べて
始めて知ったのです。
それから、この映画のレンタル、おかげさまで
楽しみになりました。
どうもありがとうございました。
それにしても、ホントに特徴を捉えた絵は
素晴らしいですね。もしかして、プロ方ですか?
2008/06/16(月) 21:36:59 | URL | ホーギー #-[ 編集]
>ホーギーさん
ミドルネームがあるとは、カッコイイですね。
ジョニー・デップはファンが多いから、ホーギーさんのエントリー、訪問者が多いでしょうね。
レンタル、楽しみですね。

いやいや、プロではありません(汗)
2008/06/16(月) 23:15:40 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ ヘレナ・ポナム=カーター 製作: アメリカ公式HP 久々に映画館で鑑賞 ジョニデがアカデミー主演男優賞にノミネート されてます。美術賞、衣装デザイン賞にもノミネート。 「ティム・バ...
2008/02/14(木) 11:54:50 | Cold in Summer
シカゴ オペラ座の怪人 プロデューサーズ レント ドリームガールズ ヘアスプレー 最近ブロードウェイ・ミュージカルの名作の映画化が相次ぎ 既にクローズしてしまって観られない作品が陽の目を見るのは ミュージカル好きにとってはこの上ない幸せ ...
2008/02/19(火) 23:38:55 | 炸熱~歌キチ、愛をうたう~
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ローラ・ミシェル・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、エドワード・サンダース、ジェイミー・キャンベル・バウアー、ジェイン・ワイズナー、サシャ・バロン・コーエン、ティモシー・スポール、アラン・リックマン 評...
2008/02/22(金) 23:28:08 | デコ親父はいつも減量中
 『いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。』  ●ティム・バートン×ジョニー・デップ作品● ・「シザーハンズ」 ・「エド・ウッド」 ・「スリーピー・ホロウ」 ・「コープス・ブライド」 ・「チャーリーとチョコレート工場」  コチラの「スウィーニー...
2008/02/25(月) 06:42:23 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
JUGEMテーマ:映画 1月19日(土)◆690日目◆ 映画の紹介感想だけを書く。 実写映画では『チャーリーとチョコレート工場』以来の2年4ヶ月ぶりの作品。 主演のジョニー・デップはアニメ映画『コープス・ブライド』を含め6度目のティム・バートン作品出演。 他、『...
2008/03/09(日) 06:46:33 |           
プロフィール 【本   名】 ジョン・クリストファー・デップ二世          (John Christopher Depp II) 【生年月日】 1963年 6月 9日 ...
2008/06/15(日) 17:55:01 | <映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅
あらすじ19世紀のイギリス。無実の罪で投獄されその首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、かつて自分を陥れた男への復しゅうに燃えていた・・・。感想ハサミ男からカ...
2009/02/28(土) 22:35:36 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。
2009/07/24(金) 15:13:51 | Addict allcinema 映画レビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。