映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『どろろ』ついに映画化!
2007年01月28日 (日) | 編集 |
映画『どろろ』は、子供向けなのか?大人向けなのか?

妻夫木145.jpg


幸か不幸か、私は『どろろ』のマンガもアニメも見ているんですね。

この映画、原作を全然知らない人にも充分面白いじゃないか、と最初は思ったのですが、途中少し退屈で長過ぎ...でも原作全巻を消化するとなると、しょうがないか...難儀な映画だなぁ~。
手塚治虫のマンガを映画化するのは、かくも大変な仕事ですねぇ。

魔物や妖怪は『学校の怪談』戦隊ヒーロー物に出て来るような可愛らしくて笑えるクリーチャーで、思わず”子供向け”だったのか?!と思ったくらいです。
だけど、残酷な場面もあるので、一体どの層をターゲットにした映画なんでしょうか?


どろろ147.jpg

柴崎コウは、黙ってると美女だと思うんです。
だから『オレンジデイズ』の時は、凄く可愛く見えました。
そして『メゾン・ド・ヒミコ』の時のように”性格の悪いブス”にも?!見えちゃう演技派です。
この人のぶっきらぼうでボソッと喋る感じが、好きです(声、がらっぱちだし)
だもんで”どろろ”の役は、終始、テンション上げてキンキンに叫んでいるので、観ているこちらには耳障りで辛かったです...。

土屋アンナ...あらら、妙~な役で出てたのね。
蛾の奥方はもっと妖艶な大人の女性がやると思ったのですが、まぁ眼が妖しいからいいかぁ。

杉本哲太は、妖怪妻を愛し、骨抜きにされた魚の腐ったような目の男”鯖目”にピッタリでした。

この”妖怪小僧”のくだりは、もっと描き込んで欲しかったです。
子供の霊が集まった妖怪小僧は『ボクニ、ヤサシクシテクレタカラ...』と助けてくれるんですね。
村人達の描き方も通り一遍だし、浅い感じで物足りなかったです。

中井貴一原田芳雄などのベテラン俳優は、安心して観れました。
原田芳雄扮する医師が『この赤子、何か語りかけて来る...』と赤子を慈しんで育ててあげるところが好きでした。体の部分も子供の屍体からかき集めて、作ってやって...呪術まじりの凄い医術でしたが。
フランケンシュタインを作った博士か...『シザーハンズ』の博士か...といったところです。
”両手が剣”の少年時代の子役も、可愛かったです。

『他の亡くなった子供のおかげで、生かされている。だから、強く生きろ!』というのが、この映画のメッセージなんでしょうね。

どろろは、どんな環境にあっても元気な悪童だし、百鬼丸も48体の妖怪と闘っていかなくちゃいけない...闘っていくたびに、生身の人間の体になっていき、弱くなっていくというのに...。

↓まだまだ、下に続きます。読んでね。
人気blogランキングへ
banner_03



どろろ2148.jpg

多宝丸役の瑛太も、悪くなかったです。
百鬼丸(妻夫木聡)が兄だと分かり、母が『自分が捨てた息子だ...』と揺れるのを横で見ていて、かすかに嫉妬の情を表す少年っぽさが、ありました。


妻夫木2146.JPG

アクション監督は『少林サッカー』『HERO』チン・シウトン
凄いですね~。だけど、それ以前の問題のような...。
柴崎コウは『私、体がカタイの』と言っていたし、妻夫木聡はアクション畑の人じゃないし、ロングショットでのアクションは観ていて少々辛い...。
着物が着膨れしていて、両手刀で空中扇風機になった妻夫木クンは回されている感じがありありで、可哀想でした。
妻夫木クンは、可愛いし優しそうだし”百鬼丸”の野性味に似合わない!と思っていたのですが、アップに耐えうる演技で健闘していただけに...。
広大なニュージーランドの景色に、悲しいけど、小柄な妻夫木クンのアクションは映えないです。
格闘シーンも人数が少ないし、貧弱でした。

でも、まあ、中井貴一”醍醐景光”のイメージに合っていたし、最後のシーンは良かったですね。

息子達の未来を考えたのか?この国を、魔物ではなく、自分のDNAを残した者に支配させたいという単なる自己保存なのか?いやいや自分を犠牲にしてまで、魔物を自分の中に呼び込んで殺したかったのか?景光の中に少しでも人間らしさが残っていた、と思いたいです...(納得いかないのは、あまりにも簡単に、妻を切り捨てるところですよ。うん)

この最後は、マンガとかなり違うんです。
『デスノート』と一緒で、ラストは映画の方がまとまりがあるかも。
マンガの方は、実に寂しいんです。
百鬼丸には虚無感が漂い、作者も早く終わらそうと細かいコマ割で、あっさりとした別れを描いています。
どろろに別れを告げ、どろろが号泣して『あにき...』と叫んでいるのに、振り返らずに去って行くんです...。

映画のほうが、幸せな終わり方かも知れません。
少なくとも、百鬼丸とどろろは別れないし、いいコになった弟は待っていてくれる...何だか、妻夫木聡と柴崎コウの仲の良さも、頭によぎってしまいます...。

この映画、子供向けか?大人向けか?...子供向けでしょう。
人間の欲望や魔物の怨念を描いた心理描写映画か?アクション重視の娯楽大作か?...上手く出来ていないアクション娯楽映画です。

とはいっても、手塚治虫ファンは『どろろ』を観たくなりますよね。
もう少し大人の鑑賞に耐えうる映画だったら、本当に本当にファンとして嬉しかったのになぁと思います。

それでも、映画はイマイチでも、”どろろ”を思い出し、ノスタルジーを感じさせてくれました。

私の手元にあるマンガ本を読み返したし、アニメのほうも無性~に観たくなりましたよ。

↓人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
banner_03

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どろろ の歌
ホゲホゲ タラタラ ホゲタラポン
ホゲホゲ タラタラ ホゲタラピン
ポケポケ ざむらい ヘーラヘラ
トロトロ ざむらい ヘーラヘラ
ヘロヘロ ざむらい ヘーラヘラ
メロメロ ざむらい ヘーラヘラ
赤い夕日に 照り映えて
燃えるよろいに 燃える馬
天下めざして つきすすむ
とぼけちゃいけねえ 知ってるぜ
おまえら みんな ホゲタラだ
ホゲホゲ タラタラ ホゲタラポン
(ビデオを見ながら書き写しました、違っていたらごめんなさい)

http://www.youtube.com/watch?v=07cyiNcvMYY&mode=related&search=

http://www.youtube.com/watch?v=k4aVDBoRze0&NR

アー疲れた、、、でもコレを「柴崎コウ」が歌ってくれたら、見に行ったかな、、、
「FAKE」も結構いってるけどね、、
http://www.youtube.com/watch?v=u5e2e2d-x_o

どうも漫画原作の実写映画化にはアタリがないなあ、、、
2007/01/29(月) 21:34:28 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
うわ~ありがとう!ざんぶろんぞサン。
アニメの方は,すっかり忘れてました。こんな感じでしたか。
劇画タッチで、百鬼丸がマッチョですね(笑)
柴崎コウは、ずっと怒鳴ったり絶叫してましたので、歌は歌って欲しくありません(笑)
あれじゃ嫁の貰い手が無いでしょうね...あっ居たか、妻夫木クンが...彼、優しいから、苦労するでしょうね...。
実写化、難しいんですね~。
2007/01/29(月) 21:52:44 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんわ☆
コメントありがとうございました♪
確かに後半ダレましたね(^-^;
僕が観た時は親子連れや子供たちでいっぱいで、魔物のシーンは子供の「怖い~」という声が聞こえてきたりしてました(^-^)
2007/01/31(水) 00:04:21 | URL | りんたろう #-[ 編集]
>りんたろうサン
私の時は、男女別の中学生グループが多くて、それと中高年夫婦という2極化してました。真ん中層の女の子達は『マリー・アントワネット』に流れていたのでしょうか?
マンガ原作では、ばんもん(板塀)に張り付けられている”九尾の狐”は見事でしたね。20億円の制作費は、どこに使ったのでしょうね。
2007/01/31(水) 20:54:43 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ざんぶろんぞ
リメイクといえば「ゲゲゲの鬼太郎」のウエンツ君の実写版も公開されるのですが、東映が五回目のアニメ化を行うようです。

http://www.toei-anim.co.jp/tv/kitaro/

また「怪奇大作戦」もテレビドラマ化、四月より三回放映決定、
http://www3.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2007/01/007.pdf

ウルトラマンマックスの中の人が「ノム」役です、ココリコの田中とか、、まあ監督や演出家などのスタッフが「呪怨」とか「リング」のグループなのでいけるとは思いますが、、
2007/02/08(木) 10:54:02 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
うわーこの、5度目アニメの鬼太郎、えらくまた可愛いですね(可愛すぎ)
ウエンツに合わせたのでしょうか?!まるで整形した鬼太郎です...。

『怪奇大作戦』面白そうですねぇ。
ほんと、清水崇や中田秀夫だから怖~くなりそうです。
TVドラマはあまり観ないのですが、追っかけてみようかな。
2007/02/08(木) 21:29:35 | URL | 管理人 #-[ 編集]
TBありがとうございました
私も柴咲コウのきゃんきゃん声が気になっちゃいました

私もあのラストは悪くない、とは思うのですが、でも、なんだか漫画の「どろろ」のダークサイトが随分薄められちゃった気がして、なんだか残念でした
2007/02/09(金) 02:07:46 | URL | can #9ygIODjo[ 編集]
>canさん
柴咲コウは、快活な悪童を演じなきゃいけないので仕方が無かったと思う反面、凄く痛々しかったですね。
明るい所で、あの着ぐるみ妖怪が出て来た時点で『どろろ』のダークな部分が吹き飛びましたね。ラテンのリズムも合わないし...。
でもでも、文句ばっかり言っても、観には行きたい手塚ファンです(笑)
2007/02/09(金) 09:29:04 | URL | 管理人 #-[ 編集]
原作ファンです
私はどろろが女であることが
早くも明かされてしまう展開が許せませんでした。
何もかもが中途半端で、どうせなら
原作を忠実に再現するか
もしくは原作とは全くかけ離れた物にして欲しかったです。
制作費20億はニュージーランドロケの宿泊費=人件費で消えたというのが専らの噂です。
2007/02/19(月) 19:27:46 | URL | 咲太郎 #x7IeRRHE[ 編集]
>咲太郎さん
そ~うですね。原作に忠実に...というのは無理だと分かっているのですが、どろろは最初から”大人の女”であることは、私もイヤでした。
制作費20億は、そんな事に消えたんですかぁ。もうちょい、違う風に作れた気がするんですが...。
2007/02/19(月) 21:17:24 | URL | 管理人 #-[ 編集]
高画質を目指した1本道ハイビジョン動画!
臨場感あふれるオリジナルムービーを御覧あれ!
2007/02/27(火) 22:54:37 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
柴崎コウがなんで\"どろろ\"役なんだよっ!!手塚治虫原作の漫画「どろろ」の実写映画版。原作発表後40年を経てVFXを駆使して、映像化不可能といわれた壮大なスケールのストーリーを世界のクリエーターが結集して映像化。ストーリーは簡単に言うと、生まれて
2007/01/29(月) 16:06:17 | シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー
「もう、これは『ごめんなさい』って感じ」----うん?どういう意味ニャの?「いやあ、せっかく早く見せてもらったのに、ぼくにはまったくダメで……」----確か、手塚治虫の原作だよね?オモシロそうなお話じゃニャい?「うん。この原作は子供の頃、確かテレビアニメにもなっ
2007/01/29(月) 21:34:47 | ラムの大通り
な、なにこれ…。これはマズイだろーなー、な衝撃作とあいなりました『どろろ』1月27日公開。それでも客は入るんだろーなー。どろろ話は面白いよやっぱ。原作知らんけどサ。でもとにかくね、映像表現が、、、モノ足りな、、か、、、、った。。いやー、出てくるあやかしたち
2007/01/30(火) 00:29:19 | APRIL FOOLS
エンターテイメントという響き、映画好きでは嫌いな方も多いと思います。でもこの作品についてはどうでしょう。急降下して墜落しするのか、急上昇して宇宙に行くのか、力強く世界へ羽ばたいた日本映画。
2007/01/30(火) 02:53:44 | 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
早く観たいと思っていた映画だったのですが、ややもの足りない感じがしました。 期待
2007/01/30(火) 07:23:21 | はらやんの映画徒然草
映画「どろろ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太、原田美枝子、土屋アンナ、劇団ひとり、杉本哲太、麻生久美子、他 *監督:塩田明彦 *原作:手塚治虫 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログから
2007/01/30(火) 12:29:12 | 映画レビュー トラックバックセンター
人生は ほげほげたらたら ほげたらぽん  手塚治虫原作というと、どうしても純粋に一本の映画として鑑賞できない悲しさよ。しかし、その中でも、いいじゃないか、の嬉しさよ。そんな悲喜こもごもの映画「どろろ」。そういった意味でも、自分でも整理するために、前半は手
2007/01/30(火) 16:03:13 | 空想俳人日記
☆「どろろ」監督:塩田明彦主演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、土屋アンナ、劇団ひとり、杉本哲太、麻生久美子、中井貴一賢帝歴3048年・・・大地の東の果てにあるその国では、数十年に及ぶ戦が続き、秩序を失った争いと荒廃だけがすべ
2007/01/31(水) 00:05:28 | りんたろうの☆きときと日記☆
ある戦乱の世─魔物に奪われし体の四十八箇所を取り戻す旅をする者がいたそして、その左腕に仕込まれた刀を盗もうと旅を追うもの運命をぶった斬れ二人でひとつ物語が、動き出す。
2007/02/02(金) 20:17:21 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
2007年8本目の劇場鑑賞です。「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛を」の塩田明彦監督作品。手塚治虫の同名漫画を映画化した冒険活劇大作。失われた元の体を取り戻すため魔物との闘いを繰り返す百鬼丸とそんな百鬼丸をつけ回す盗人・どろろが繰り広げる旅の行方を壮大なス...
2007/02/04(日) 22:48:00 | しょうちゃんの映画ブログ
今週は、「幸せのちから」と「どろろ」どっちにしようかなぁ・・と迷ったっ。「幸せ~」はオスカー候補だし・・・「どろろ」はTBSでバンバン宣伝してるし・・・。結局、上映開始が10分早い「どろろ」に決定。
2007/02/05(月) 01:03:05 | ひらりん的映画ブログ
「どろろ」観てきました。いや、まさかと思いましたが本当に実写映画化なのですね!しかもどろろ役が柴咲コウとのこと…なんだか想像もできなくてですね、我が耳を疑いました。特に思い入れの強い作品でしたので期待もしつつ不安もありつつ、でしたが。映像には...
2007/02/07(水) 01:41:53 | ココット★ログ
手塚治虫原作の「どろろ」が,ついにスクリーンに登場した日本の,そして世界の漫画・アニメの歴史を作った人の作品というだけあって,ストーリーの斬新さはなかなか.でも,原作が「戦国時代」なのに対して,この映画では舞台が「神話的な世界」になっていて,それが原作と少し...
2007/02/07(水) 13:58:23 | オレメデア
みんながんばってたと思うオフィシャルサイト 妻夫木クンの百鬼丸は期待以上に良かった年齢設定からして、原作(14歳)より大分上、ということもあるけれど、私が頭の中で描いていた百鬼丸より随分クールでオトナ"少年"というより"青年"で、その分父親
2007/02/09(金) 02:08:17 | 奥様的部屋
「どろろ」★★★妻夫木聡、柴咲コウ主演塩田明彦監督見終えて素直に面白かった。CGで動く魔物たちの完全作り物感や、、主人公の背負った苦難な感じがあまりにサラリとしている部分など気にはなったが、一番心配していた、安っぽさはあまり感じ...
2007/02/12(月) 09:53:17 | soramove
★★★  なぜ今『どろろ』なんだろう。手塚治虫の原作といえ、もう40年前の少年マンガである。一体誰が観るのだろうか。そう考えながらも、結局何んとなく気になって観てしまった。 ロケ地は、あのロード・オブ・ザ・リングでお馴染みのニュージーランド。出演者の衣装
2007/02/12(月) 21:09:40 | ケントのたそがれ劇場
 予告編の感じから、往年の角川映画のような(悪い意味で)派手な作品になるかと思いきや、それほどのことはありませんでした。  『黄泉がえり』の
2007/02/13(火) 03:20:00 | シネクリシェ
以前、「手塚治虫先生と私」というタイトルで、私の過去についてお話ししましたが、今回は“其ノ弐”ということで、再び、偉大なる漫画の神様、手塚治虫先生について語りたいと思います。一昨日、私の大好きな『どろろ』の実写映画が公開されました。今日はその『どろろ』
2007/02/19(月) 19:28:56 | 世界の中心で、愛をうたう
昨日UPする予定が、疲れて寝てしまいました。という訳で、予告より一日遅れで書いております。でも、結局書き終わらず、2日遅れでようやくUP!!27日(土)初日に観ました 原作の漫画は私の宝物、大好きな作品です。さて、映画は?“ 思
2007/02/19(月) 19:29:35 | 世界の中心で、愛をうたう
失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め ■監督 塩田明彦■原作 手塚治虫 ■キャスト 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、原田芳雄、中村嘉葎雄、原田美枝子、瑛太、杉本哲太、土屋アンナ、劇団ひとり□オフィシャルサイト  『どろろ』 戦乱の世で天下統
2007/02/26(月) 12:54:47 | 京の昼寝~♪
「PG-12」だけあって いきなり首チョンパで血まみれ~~子供が怖がる様な場面多々有り。が、とっても手塚ちっくな話で面白かった一緒に観に行った旦那は 妻夫木君がこんなにカッコいいヤツとは知らなんだと、えらく褒めていた。 「どろろ」 ってタイトルやけど妻..
2007/03/03(土) 03:18:50 | HAPPYMANIA
どろろ(柴崎コウさん)が可愛らしかったー(*@∀@*)!!!数々の場面が大量にカ
2009/01/13(火) 10:57:16 | オヨメ千感ヤマト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。