映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリー・アントワネット
2007年01月24日 (水) | 編集 |
ーメイン・ディッシュが出て来ない?!ー

マリ-140.jpg


ソフィア・コッポラ『マリー・アントワネット』を鑑賞。
いいも悪いもソフィア・コッポラの映画。

最初のオープニングの音楽とタイトル...ポップでガーリー、う~んホントに歴史映画ではなく、青春映画なのね。
驚きと期待でワクワクしながら、観ました。
フェルゼンに出逢った時の”フォーリンラブ”の歌も、いかにもティーンズの叫びらしくてドキドキして素敵。
スモーキーピンクのドレスもスウィーツも靴も、素敵。
プチトリアノンの庭やお茶会の様子など、女性ならうっとりしてしまいます。

が、が、物足りん!!ピンクのお菓子はもういいから、メインディッシュはまだー?

カンヌでブーイングされたのも、分かる気がします。
フランス人には撮れない映画であり、撮りたくない映画。

すごく新しいアプローチと視点で『マリー・アントワネット』を撮ったのだから、最後の断頭台まで描けばいいのに...。もったいない、と思います。

もちろんソフィア・コッポラの映画に、一晩で真っ白になったマリーアントワネットの髪の色も断頭台の血の色も、似合わないのもよ~く分かっています。

だけどもう一歩、残酷な人生を生きる人間の、本質的な心情にも踏み込めたら、内容も贅を尽くした観るべきものになったのに...。

ソフィア・コッポラの映画って...あれも好きこれも好き、好みの色、好みの服、好みの音楽、なのになのに、いっつも幸せな気持ちにさせてくれません。不安な気持ちに、なってしまいます。
『ヴァージン・スーサイズ』『ロスト・イン・トランスレーション』もそう。
夕暮れの街に独りで放り出されて、なす術も無く立ち尽くしている少女になったみたい。

ソフィア・コッポラのハートは、何かに抑圧された寂しい思春期の少女と同じなんでしょうか?

今度もまた、こんなに好きな色や物に囲まれているのに、物足りなくて取り残された気分です。



↓人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
カンヌでブーイング
>一晩で真っ白になったマリーアントワネットの髪の色も断頭台の血の色も、似合わないのもよ~く分かっています。

その「話」は歴史的事実ではなくて漫画「ベルサイユのバラ」の脚色された逸話です、一夜にして頭髪の色素「メラノサイト」が全て消えることはありません、そのネタは日本人しか知らない話でもあります、只「マリーアントワネット」は日本ではその漫画のおかげで知名度が高いので意外に良い営業をするかもしれません。

ああっでもソフィアコッポラなんだよなあ、、、、
2007/01/25(木) 00:25:11 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
そ、そうなんですか?!
マンガとタカラヅカで何度も上演された『ベルばら』が、頭に”刷り込み”されていたのでしょうか?!あな、おそろしや。失礼しました(笑)
世界史を選択した女子なんて、この辺りの歴史が異常に詳しかったですね。
確かに、この映画は日本では興行成績いいでしょうね。
おすぎが褒めちぎっていましたが、あの人は乙女だからでしょうか...。
2007/01/25(木) 13:08:34 | URL | 管理人 #-[ 編集]
ちなみに、、
実は宝塚に「ベルサイユのバラ」の歌劇を見に行った事があるのはナイショの話です、、、、、
アノ頃は彼女居たのになあ(泣)

「ラセーヌの星」なんてのもありましたなあ、、(遠い眼)エトワール ド ラセーヌ チャララチャラチャララ~ゆけーゆけー流れ星 ゆけーゆけ~流れ星 け~んとけ~んとのひば~なが~かがやくあかつき~のほしになる~、、、(きりが無いなあ)
2007/01/26(金) 15:31:06 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
ええっ!!宝塚歌劇を見に行ったことが...?!
そ、それは、彼女の趣味ですか?それともざんぶろんぞサンの趣味だったのですか?
い~なぁ。私も、1回は行ってみたいです。男役の人の”出待ち”とか、やってみたいです。
2007/01/26(金) 23:56:26 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんにちは
この間とってもガーリーなアントワネットの世界?というお店をここメルボルンで見つけました。

TBさせていただいたのでよかったらのぞいてみてくださいね。ガーリー&ピンクピンクな世界です☆
2007/06/11(月) 00:00:53 | URL | オレンジ #-[ 編集]
>オレンジさん
ほんとに、ガーリーなお店でプリティーですね。
ソフィア・コッポラの『マリーアントワネット』の世界です~。
見てるだけでも楽しいけれど、ここで買い物してみたいです♪
2007/06/11(月) 10:18:44 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
★★★☆☆公式サイトキルスティンダストン主演コッポラ監督の今一番の話題映画です。オーストリア・ハプスブルク家のマリア・テレジアとその夫、神聖ローマ皇帝フランツ1世の間の娘のマリーはフランスの革命に巻き込まれていくわけですが食料難に陥った国民にマリーが「パ
2007/01/24(水) 18:12:11 | Fly me to the moon...
オスカル(oscar)が見えた?
2007/01/26(金) 03:46:05 | ネタバレ映画館
原題:Marie-Antoinette「ベルばら」でも有名な彼女は、オーストリアはハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの末娘として生まれ、フランスはルイ15世の王太子と政略結婚する・・ 白馬を連ねてフランスへと向かい、後のルイ16世となる王太子と引き合わされたとき、
2007/01/27(土) 13:10:48 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
1月20日より公開の映画「マリー・アントワネット」の試写。監督はソフィア・コッポラ。出演はキルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフルほか。衣装はかつて2度のアカデミー賞受賞を誇るミレーナ・カノネロ。
2007/01/27(土) 22:21:19 | やまたくの音吐朗々Diary
映画界の巨匠、フランシス・フォード・コッポラ監督。その娘で、やはり映画監督のソフィア・コッポラ女史が監督した作品「マリー・アントワネット」を鑑賞。*****************************時は18世紀。プロイセンの脅威からフランスとの同盟
2007/01/28(日) 02:57:17 | ば○こう○ちの納得いかないコーナー
恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら・・・
2007/01/28(日) 14:52:39 | ひるめし。
≪ストーリー≫オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16世の元へ嫁ぐことになった。結婚生活に胸を膨らませていたが、待ち受けていたのは、上辺だけ取り繕ったベルサイユ宮殿の人々と、愛情のない夫婦生活。ルイは必要な事以外はマリーと口もきかず、同じ
2007/01/28(日) 19:54:38 | ナマケモノの穴
ソフィア・コッポラが、自分の好きな曲を集めたCDを編集するようだ。コッポラが監督した『ロスト・イン・トランスレーション』や『マリー・アントワネット』はそのサウンド・トラックも人気で、確かな音楽センスを持つことで知られている。イギリスのレコード会社「ディスカ
2007/01/29(月) 15:01:55 | マリーアントワネット マリブになろう!
淡白なドラマに眠気を誘われるも,主演女優の魅力と,本物の背景のおかげで最後まで楽しめる。
2007/01/30(火) 17:54:56 | Akira's VOICE
監督自身がマリー・アントワネットなんじゃない?ってほど豪華だった^^監督 ソフィア・コッポラ出演 キルスティン・ダンスト70年代後半から80年代にかけて流行った、ポップミュージックを織り交ぜて、マリー・アントワネットがフランス王太子に嫁ぐところから、市民に囚
2007/02/06(火) 02:09:59 | PLANET OF THE BLUE
与えられし 運命の中での 生命謳歌  あの訳の分からない国のおかしな街、それって東京のことなんだけど、たまたま旦那の仕事についてきたばかりに放り出され、行き場を失う若妻の話「ロスト・イン・トランスレーション」を描いたソフィア・コッポラ監督作品。今回の「マ
2007/02/06(火) 12:54:09 | 空想俳人日記
あらすじはこちらで。 マリー・アントワネット 公式サイト レビューの評価がどこも辛口というか最悪だったため覚悟して観に行ったせいか、音楽にもそこま
2007/02/12(月) 22:33:14 | 青いblog
監督:ソフィア・コッポラ出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフル、リップ・トーン、スティーブン・クーガン、ジュディ・デイヴィス、ジェイミー・ドーナン評価:70点公式サイト(ネ....
2007/03/07(水) 00:30:05 | デコ親父はいつも減量中
  まるでそこは映画「マリーアントワネット」の世界。ガーリーでピンク!ピンク!なワールドです。      「Madam Pompadour -マダムポンパドール」というこのお店、メルボルンのビクトリアマーケットの近くです。今までこんな素敵なお店があったなんて気づきません
2007/06/10(日) 23:58:27 | Fotografia, Photographie, Photos - 日常のいろんな風景
あらすじ14歳のオーストリア皇女(キルステン・ダンスト)は母マリア・テレジア(マリアンヌ・フェイスフル)の命令でフランス王太子(ジェイソン・シュワルツマン)に嫁ぐことになる。期待を胸に、馬車に乗り込んだ彼女だったが・・・感想プリンセスMの苦悩慣れないしき..
2007/09/22(土) 21:19:55 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
 『恋をした、朝まで遊んだ、 全世界に見つめられながら。 14歳で結婚、18歳で即位、豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な王妃の物語』 コチラの「マリー・アントワネット」は、1/20公開になった世界一有名な王妃マリー・アントワネットを描いたヒストリカル・ロマ....
2007/10/15(月) 23:51:43 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。
2009/05/25(月) 23:15:51 | Addict allcinema 映画レビュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。