映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトル・チルドレン
2007年09月09日 (日) | 編集 |
夏の終わりにオトナの映画を観た...。オトナになれない大人達の物語。

リトル429.jpg

ちょっと前に観たけど”塩漬け”になっていて、やっとupです。
ツタヤで『がんばれベアーズ!』が空くのを待っていたら、9月になってしまいました...。
何故『がんばれベアーズ!』かというと、どうしても見て確認したい子役がいたからです。

この映画は上映館が少ないせいか、あまり話題になってなかったような気がしますが、私の中ではスマッシュヒットでした。
結構、深刻そうなのに、どことなく滑稽な部分があり、苦笑、失笑、冷笑...と思わず笑える...。
そうそう、英国映画では無くアメリカ映画なんですが『クィーン』や『あるスキャンダルの覚え書き』と似たテイストと肌触りがあり、この辺が好きな人にはお薦めです。どちらかというと女性向きかな。

まず、キャスティングが素晴らしい!
本当にこの役はこの人!というほど、ぴたりとハマっています。

サラはケイト・ウインスレットじゃなきゃあダメ(強気ですw)
あのぽったりとした躯で ”昼下がりの情事”に走る...。それも、サラから、すんごく積極的に。
そばかすの多いざらついた肌と太目の身体が、妙に主婦っぽくて、生々しいなと(笑)
郊外に幽閉された主婦の枯渇感と退屈から逃れるように、ぷちんと非日常に突っ走るリアリティに溢れている...。そして、彼女が持つナチョラルな存在感と優しさ。
真夜中の公園で、元性犯罪者のロニーと鉢合わせして、たじろぎ慌てふためくも、ロニーのあまりにも胸を衝かれる泣き方に、彼女は思わず声をかける『あの、大丈夫?』と。
サラ演じるケイトの、まぁるい優しい感じがよく出ている。

ブラッド(パトリック・ウィルソン)は『プロム・キング』なんて呼ばれるほど、最初『どこが?』って、私にはハンサムに見えなかったけど、この男(ひと)は表情と話し方がチャーミング。
だから、見ているうちに、好感を抱いてしまう。汗をかいた裸も綺麗。
『オペラ座の怪人』の恋敵のラウルの役?この人だった?全然っ、印象に無い(笑)
それより『ハード・キャンディ』のほうが上手い。こちらもたくさん汗(冷や汗w)をかいていたけど、汗が似合うし、ちょいとHな役でもイヤらしく見えないタイプの男(ひと)である。
そして、見た目より”子供っぽい”男を無責任に無自覚に演じていて、やはり彼も役にハマっている。

彼の妻キャシー(ジェニファー・コネリー)は、クールで知的な美女すぎて、ブラッドの空虚な潜在意識を圧迫する...。もちろん、彼女はバリバリ前を見るオトナの女性であり、モラトリアム(司法試験の勉強中)のブラッドの気持ちなんぞ考えちゃあいない。

ラリーも警官を辞めざるを得なかった...どうしようもない大きな”子供”。

ロニー!(ジャッキー・アール・ヘイリー)この人には、誰もがびっくりするだろう!
元性犯罪者の役を『地?』と思えるほど、ぞっと気持ち悪く演じている...。↓ほら、こういう感じ。

リトル2430.jpg

彼は、なんと『がんばれベアーズ!』に出ていた不良少年ケリーをやっていた!
タバコを吸い、バイクを乗り回し、いい女は速攻口説く。
リトルリーグは12歳までだから、15歳でやった彼はあの頃も小柄だった。
でも、眼は美しくハンサムと言えるだろう。
彼は13年ぶりに奇跡のカムバック。その間は色んな仕事をして生計を立て、苦労したそうである。


観客は、ロニーがデートの後に取る行為にフリーズし、最後の場面で獣が哭くような声に胸をつかまれ驚かされる、と思います。凄いです!本当に演技をしているようには、見えません。
ぜひ、観て下さぁい!

後味は、案外いいんです。
サラは、最後には”一番大事なもの、失ってはいけないもの”に気付くのです...。
映画の中の人達は、みんな”大人”として歩き出すことでしょう。

最初は笑って観ていたけど、自分の事に置き換えたら...これは怖い映画だわ...。
いくら年取っても”大人”になったとは限らない...。まんま自分?!(汗)
何かに不満でも『自分で何か変わろうとしている?』と聞かれたら『NO...』
一歩も前に出ていない...。
もし未来を変えたかったら、自分の意志で変えること、前に進むこと...なのね。

むむ、とにかく、お薦めです!!

↓人気ブログランキングに参加しています。ぽちっとよろしく!
人気blogランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
、、、、
、、、時間って、、残酷、、
2007/09/10(月) 21:47:14 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
エロかった
おじゃまします~♪
>あのぽったりとした躯で ”昼下がりの情事”に走る...
ぽってりした身体が、かなりエロかったです。

大好きなジェニファーが、エエ役だったけど登場時間が短めで不満足でした。

ジェッキー・アル・ヘイリーが、不気味さ満開だった。凄い演技だったわ(^_^;)ロリコンというより、マザコンなんですよね?この人・・・
2007/09/10(月) 22:41:36 | URL | はっち #OTYWUAPw[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
ホント、時は残酷です...。
この映画では、彼が一番のサプライズでした。

>はっちサン
あの身体、妙にエロかったですね~(笑)
もし、あれがジェニファーだったら、スタイリッシュな感じであまりエロくなかったでしょうね。
ジェニファーってスタイルいいわぁ!とあらためて思いました。
ジャッキー!凄い演技でしたね!(^_^;)
私は『えっ!』とフリーズしたまんまでした。
マザコンで...やっぱ子供しか愛せない役柄だった、と思います...。
2007/09/11(火) 08:32:24 | URL | 管理人 #-[ 編集]
お上手!!
あ、あんさん!!

イラストも感想もとってもお上手です(^^)/
その通り!!
一字一句、私、同感でございます(爆)

特にイラスト…
(o_ _)ノ彡☆ばんばん
笑わせて頂きましたあ~~♪♪
2007/09/13(木) 18:14:54 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 編集]
>オリーブリーさん
あ、ありがとうございます!
この映画、オリーブリーさんトコの映画レビューを見て『観たい!』って思ってたんです。こちらこそ、ありがとうございます。
”夫のあんな行動?!いや~でした~!!”
私、この映画好きでした。イラスト、笑ってもらえて嬉しい。
きっと、ジャッキーが凄い!せいです。
2007/09/16(日) 23:01:15 | URL | 管理人 #-[ 編集]
NoTitle
私、見る映画が1年遅れてる・・・。
待望のTSUTAYA半額でこれ、借りてきて見終わった後、あんさんの感想が見たいなと思って。

最初、あの醒めたナレーションが意表をつかれた!
で、最後後味悪いのかなあと思ってたらそうでもなく。
最初の公園でのママ友との付き合いにげんなりしてるあたり、すっごい共感しまくりかと思いきやそうもならず。不思議な映画ですね。それにある程度年食ってないとちっともおもしろいと思えない、という点において希少価値のある映画だなと思いました。

(イースタンプロミスのコメでURLをお尋ねになられてましたよね?私、読み専門でブログしてないんです・・
それに犬も3歳なんです・・・2歳近くまで一人ぼっちの経験がない育ちなんで)
2008/07/20(日) 22:26:53 | URL | De-Mur #UTTqB9Tc[ 編集]
>De-Murさん
私も、映画は初日に観るのに、レビューupは1~2週間遅れています...(汗)
1年遅い?それ、いっそ、清々しいですよー。

あの醒めたナレーション!シニカルで笑えました。
この映画、バッド・エンディングもあり!と思うんですが、意外や意外、後味は悪くなかったですね。

あっ、他のブログで、いともあっさりのレビューや、そう面白くもなかった、とか読んで、私もDe-Murさんのように、そう思いました。このあたりを経験した人じゃないと面白い、とは思えないんでしょうね。
私には、どストライクの映画でした...。

あ、そうなんですね。読み専門なのですね^^
犬も3才...えっ?どひゃあー!それ、驚きです(笑)
ひとりぼっちの経験が無いっ!可愛いワンちゃんなんでしょうねv-238
2008/07/21(月) 23:47:17 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
リトル・チルドレン(2006 アメリカ) 原題   LITTLE CHILDREN  監督   トッド・フィールド   原作   トム・ペロッタ 『Little Children』 脚色   トッド・フィールド トム・ペロッタ     撮影   アントニオ・カルヴァッシュ          
2007/09/10(月) 20:20:00 | 映画のメモ帳+α
「リトル・チルドレン」を観てきました~♪閑静な住宅地に住むサラ(ケイト・ウィンスレット)は、娘を遊ばせる公園での主婦付き合いに飽き飽きしていた。ある日、司法試験合格を目指すブラッド(パトリック・ウィルソン)が息子を連れて公園にやってくる。お互いに興味を抱
2007/09/10(月) 22:33:47 | 観たよ~ん~
 『今の自分を愛せたら、 未来はきっと変えられる 心の中で、大人と子供が揺れている。幸せ探しの物語』 コチラの「リトル・チルドレン」は、トム・ペロッタのベストセラー小説を自ら脚色した脚本を「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督が映画化した7...
2007/09/10(月) 23:09:35 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
予告編をさんざん劇場で観せられたので、「観とかなきゃ...」の一本になりました。今年はケイト・ウィンスレットよく登場しますねぇ。
2007/09/10(月) 23:52:45 | 映像と音は言葉にできないけれど
ボストン郊外の町。3歳の娘を連れて公園に来ているサラ(ケイト・ウィンスレット)だが、そこにいる主婦たちとは、なじめずにいる。そこへ息子とともに公園にやってきたブラッド(パトリック・ウィルソン)。彼は司法試験
2007/09/11(火) 00:12:59 | 或る日の出来事
郊外に暮らすサラは、夫との生活にも育児にも疲れ、退屈な毎日を送っていた。ある日サラは娘を公園で遊ばせている時、場違いな雰囲気を持った子連れの男ブラッドと出会う。彼との出会いに今まで感じたことの無い刺激を覚えたサラは、子守のついでを装って彼と毎日のように.
2007/09/11(火) 06:45:44 | 5125年映画の旅
英国のバラと呼ばれている(らしい)ケイト・ウィンスレットがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた作品です。実はキサラギ よりも先に見ていたのですが、レビューは後になってしまいました。あらすじは・・・アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街
2007/09/11(火) 23:30:00 | bibouroku
(原題:Little Children)※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。----この映画、ジャッキー・アール・ヘイリーがカムバックを遂げた作品だよね。確か、各映画賞で助演男優賞にノミネ
2007/09/11(火) 23:55:59 | ラムの大通り
アメリカのボストン郊外にある閑静な住宅街ウッドワード・コートに住む人々の物語です。
2007/09/12(水) 07:23:41 | 水曜日のシネマ日記
昨年の話題作で最も親近感の湧くドラマがLittle Children(リトル・チルドレン)でした。 この映画は子供が産まれてから観てよかった。 独身時代だとまた違った印象をもったであろう家族をベースにした作品でした。以前から言っているように「タイタニック」はキャリアの
2007/09/12(水) 12:22:31 | 表参道 high&low
映画「リトル・チルドレン」これはキャスティングが非常に魅力的な作品ですね。主演のケイト・ウィンスレットは言わずもがな、ジェニファー・コネリーの寂しげな目線もいいし、なんたって変態男を演じたジャッキー・アール・ヘイリーの演技が光る。この人に今....
2007/09/12(水) 22:48:20 | ♯Credo
タイトル通り大人になりきれない大人たちの群像劇。ケイト・ウィンスレットってブレないね~。惜しみなく脱いじゃうのもヨーロピアンって感じ?今回は身体締めたかなって。キレイだよね、ナチュラルにクラッシク{/hikari_blue/}母である前に女っていうのは難しそうだね。い
2007/09/13(木) 00:04:04 | naguCo.com
痛々しいほどリアルな人物描写が、ズキズキ来る。人物描写をどこまでも的確に、等身大に、ずるいところも、成長できていない部分も、欠けている部分も・・・。あからさま、とすら言えるほどのこの写実的な描き方は、ひたすら胸をエグる。ネタバレの感想です。
2007/09/13(木) 11:14:27 | レザボアCATs
アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街ウッドワード・コート。夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウィンスレット)は、典型的な主婦の集団と気が合わず違和感を拭えない。彼女たちが“プロム・キング”と名付けたブラッド
2007/09/13(木) 16:10:11 | 心のままに映画の風景
 標題の意味は主人公二人の子供たちにかけて、この大人たちもまだまだ子供だといいたいのでしょう。  しかしながら、男であろうが女であろうが誰だって(?)結婚して子供ができても、大なり小なりすてきな恋愛に
2007/09/14(金) 06:08:20 | シネクリシェ
【リトル・チルドレン 】 7月28日(土) 公開 監督・脚本・制作 : トッド・フィールド 出演 : ケイト・ウィンス
2007/09/15(土) 18:04:54 | MoonDreamWorks★Fc2
「リトル・チルドレン」 LITTLE CHILDREN/製作:2006年、アメリ
2007/09/18(火) 20:26:58 | 映画通の部屋
ビールと恋愛は、最初が一番美味しい。ただし、飲み干した旨さと、一緒に過ごした味わいは、何物にも変え難い。『Little Children』アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街ウッドワード・コート。成功したビジネ
2007/10/01(月) 08:17:15 | Prism Viewpoints
  ケイト・ウィンスレットが脱いだ!なんていうのはちょっと大げさなのかも・・・・・。 彼女がこういう役を演じるのは「えぇ~~!」って感じだった。私個人の印象は上品なイメージだったし・・・・。かなり濡れ場も多いです。結構かな?でも体当たりに演じているケイ...
2007/10/07(日) 23:33:39 | 銅版画制作の日々
監督:トッド・フィールド    出演:ケイト・ウィンスレット、パトリック・ウィルソン、ジェニファー・コネリー、ジャッキー・アール・ヘイリー 評価:83点 公式サイト (ネタバレあります) リトル・チルドレン=大人になりきれない大人達、の物語。 郊...
2007/11/29(木) 01:24:09 | デコ親父はいつも減量中
あらすじ郊外の住宅地で夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウィンスレット)は、その生活にうんざりしていた。ある日、彼女は主婦たちの憧れの的であるトッド(パトリック・ウィルソン)と話をする機会を得る。主夫である彼とサラは意気投合し、お互いの子どもを連れて会うよう...
2008/02/23(土) 14:08:09 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
原題:Little Children 公園デビューを無事果たしたプロム・クイーン、プロム・キングとのハグ&キスは空虚な思いの隙間を埋め、行き着くとこまで突き進むに十分な出来事?・・ 特に美人というわけではないサラ(ケイト・ウィンスレット)だけど、裕福な家庭に?...
2008/07/25(金) 01:33:51 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
『リトル・チルドレン』を観ましたトム・ペロッタの全米ベストセラー小説を「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督が映画化した悲喜劇メロドラマです>>『リトル・チルドレン』関連原題: LITTLECHILDRENジャンル: ドラマ/サスペンス/コメディ製作年・製...
2009/03/29(日) 00:26:16 | おきらく楽天 映画生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。