映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでもボクはやってない
2007年01月21日 (日) | 編集 |
ー電車の中では、結界を張るしかないねーby良守・『結界師』田辺イエロウ。

それぼく138.jpg


センター試験の日は、いつも寒っ!ですが、電車が止まる程の雪じゃなくて良かったですね。
お正月明け、やっと、観たい映画がずらり並びました。
さて『それでもボクはやってない』を観てきました。
初日、大手シネコンの中の小さな小屋掛け、客席はまばら...早く縮小されそうなので、観たい人は早目に観たほうがいいでしょう。

この間『Shall we ダンス?』のハリウッド版をTVでやっていましたが、ついつい観てしまいました。
映画でも観たのですが。この映画も大作ではないけど、愛すべき逸品として仕上がっています。リメイク作品で、これほどキャラクターやストーリーを、そっくりそのままに作られた作品ってあったでしょうか?
それだけ周防作品の完成度が高いという事ですよね。
こんな風にハリウッド映画を作らせた周防正行監督の11年目の映画!...やはりやはり気になります。

加瀬亮...彼も気になる俳優です。
映画によって、すごく感じが違う人で、しかも印象的です。
『ハチクロ』の時は”真山君”に扮装して少し挙動不審だったし、『硫黄島からの手紙』は極限状態で喋り方も表情もイってましたから。

この映画で、自然な素に近い”加瀬亮”を、初めて見た気がします。

加瀬亮の顔は、私、好きです。何ででしょうね。
眼が細くてハンサムじゃないのに、気になって何~か惹かれてしまうんです。

気になる監督と俳優が揃ったら、観たくなってしまいますよね。

映画ではよく眠れる?!ほうですが、裁判場面が多くて退屈なはずなのに、この映画は寝ませんでした。
静かにだんだん腹が立ってきて、最後には怒りの沸騰点にパーンと達してしまうんです。

取り調べから裁判の過程は、もうアンビリバボー!です。

留置場の先住民達(5人居ます)とのファースト・コンタクト。
今までお付き合いした事がない人達ばっかり。
何もかも戸惑う主人公、金子撤平(加瀬亮)テキパキと進む留置場スケジュール。
考えた事なかったけど、食後のお茶は”白湯”なんですねぇ。
『起床!』の掛け声に間髪入れず『おはようございますっ!』すごいっス。
皆さん、寝起きが良くてキビキビしてて。慣れてないのは、撤平だけ...歯磨きしながら、思わずベソをかいてしまいます。
あまりの頼りなさに...加瀬クン、結構リアルです。
普段は静かであろう加瀬亮の眼が、だんだん怒りで震え、声も裏返って、証言者や裁判官を睨みつけます。

最初の裁判官は、なかなか味のある人物でしたが、突然!途中で変わったりするから、たまりません。
いつもは、ほのぼの系の小日向文世裁判官が、非常ーに小憎らしげに演じています。
ほわ~という雰囲気は、まるで無しの、最初から”推定有罪”の結論ありき。
尾美としのり検察官とセットで、嫌らしい役をやっています。

第3回公判のあたりで、客席から『はぁ~』という男の人の深いため息が聞こえました。
まぁ、本当に、何回かの公判ごとに『はぁ~』とため息をつきたくなる映画だったし、最後のカタルシスもありません。
最初の頃は笑える所もあり、エンターティンメントと硬派の素材が、ぎりぎり溶け合って、決して退屈ではありません。

もたい139.jpg


楽しい映画とは言えないけれど、私はこの映画、好きです。


↓人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
事実は映画より奇なり
冤罪の恐ろしさは「実際のニュース」でもご存知の方が多いと思うが「事実は小説よりも奇なり」
http://mytown.asahi.com/toyama/news.php?k_id=17000000701200003
その後
http://www.asahi.com/national/update/0121/TKY200701200320.html
経過を見れば警察の「見込み捜査」と明らかな不法尋問が見えてくるのだが、コレには客観的な証拠も無い、警察は20世紀末に「警察制度改革」で代用監獄の廃止や調書の作成や尋問を録画する等の改革案が出されたがいつの間にか骨抜きにされ相変わらず、起訴=有罪に近い状態が代わらない、、、、(この後長くなったので削除)

恐ろしいのは「私には関係ない」「只の映画で作り事」ではない、女性であったとしても「気が付けば犯罪者として取り扱われ」迂闊に苦しさから自分は無実だと言い張ると「罪を認めず反省が無い」として厳しい判決が出る、と言うことだ、、、、

>チョッと前に「元北海道警察」の釧路方面本部長だった「原田宏二」さんや仙波敏郎巡査部長のシンポジウムにも行ったざんぶろんぞでした。
http://www.ombudsman.jp/fswiki/wiki.cgi/akarui

ただ「オン〇ズマ〇」にはちょっと「胡散臭い」人も、、、、
2007/01/22(月) 12:48:19 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
>女性であったとしても
いや~脅かさないで下さいよ。色んな所に行かれているんですね。
ずっと、問題意識ゼロで来ましたので、この映画を観てゾっとしました。
ホントに警察も検察官も、酷いもんだなと思いました。がっくり。
大岡裁きを期待してたらダメですね。自分でしっかりしてないと...。
自己防衛、民間防衛、大事ですね。
2007/01/22(月) 23:21:52 | URL | 管理人 #-[ 編集]
状況と考察
まあ感想としては
是非とも「男性専用車両」の新設をお願いしたいものです、もっとも何処かのN〇Kの職員のように男が好きな男の人もいたりするので万全の処置では無いのでしょうが、、、
幾つか知っておいて損しないのは、、、、
警察調書にサインしたら無実であってもほぼ確実に(99,9%)有罪にされてしまうと言う事、もし貴方や貴方の家族が逮捕されたら、少しでも早く弁護士を付ける事、しかし映画のように「やって居なくてもやったと認めたほうが有利、、」などと言う弁護士も居るのは「事実」ですが、、、
(警察も検察も弁護士もろくな奴がいないのもまた事実だ、、裁判官さえも、、、)

役所広司の様な弁護士はいねえだろうなあ、、、

しかし今年は既に「この一本」という映画が早くも出てしまった、邦画も捨てたもんじゃないないなあ、、、

2007/01/23(火) 03:36:13 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
警察調書は迂闊にサインしてはいけない...『そうですね』と迂闊に同意してはいけない...等を知っただけでも、為になりました。
いざという時に、傍聴に来てくれたり、親身になってくれる友人が居るか?という事も問われますね....。

この映画、裁判の事だし面白くないだろうと、正直期待してなかったので、嬉しい驚きです。
緻密な取材と作る側のこれを撮りたいという熱意が、映画を面白くするのだ!と、感心しました。
安易に、マンガの実写化するのも考えものですね...。
2007/01/23(火) 20:41:38 | URL | 管理人 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/24(水) 10:25:21 | | #[ 編集]
夏は涼しく、冬は温かい...裁判所の空調は、完璧なんですね?!
今だって”裁判傍聴ブログ”が結構あるのに、この映画を観たあとは、もっと裁判オタクが増えそうですね。こんなに興味深い世界だとは...。
さしあたってNHKの受信料不払いの裁判なんか、興味があります。
2007/01/24(水) 17:51:43 | URL | 管理人 #-[ 編集]
初動捜査
警察って初動捜査のミスは絶対に認めないって行っていいですから、コレもうやむやに成ってゆくのでしょうねえ、、
http://www.asahi.com/national/update/0123/TKY200701230311.html
それから裁判官ってもしかしたら一般人と「常識が違う」のではって思います。
2007/01/24(水) 20:49:51 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
う~ん、この事件も、釈然としませんね。
民事で違う判決が出ても、頑として応じないんですね。
警察も裁判官も、これほど信じられないとは、ショックです。
この映画を観て良かったかも...少なくとも心構えは出来たと思います...。
2007/01/24(水) 22:47:53 | URL | 管理人 #-[ 編集]
なんていうか、、
愕然とするのは、、
日本の警察は腐ってると言う事
日本の検察も同様に腐ってると言う事
最も恐ろしいのは裁判所が腐り果ててると言う事

まあオチにはこのアタリを、、
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=2648

http://www.lookpage.co.jp/topics/no030331/

2007/01/25(木) 00:10:29 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
>ざんぶろんぞサン
あはは、オチ、笑わせてもらいました。
刑務所見学、結構整然とした所で”沢山、寝られそうです”ね。
『刑務所の中』あぁ観たいです。オリの中って、妙~な笑いがありますよね。
花輪和一って”ガロ”に描いていた和物のエロマンガ家ですよね、確か。
現在、観たのにupしてない映画レビューがたまっているので(正確には絵を描いてない)落ち着いたら”ガメラ”とコレを借りて、観たいです。
2007/01/25(木) 13:21:10 | URL | 管理人 #-[ 編集]
こんばんは♪
 こんばんは♪
 ご訪問ありがとうございました。

 イラスト、とてもイイですねー。
 思わずこちらにTBさせていただきました。
 よろしくお願いします◎

 この映画、すごく見ごたえありましたよね。
 自分の身に置き換えて、
 いろいろと考えてしまいました。

 加瀬さん、私もこのところ気になる俳優さんです^^
 
2007/01/30(火) 21:28:40 | URL | miyukichi #ubwH2qN2[ 編集]
>miyukichiさん
わお!ご訪問ありがとうございます!こちらこそ、よろしくお願いします!
『死神の精度』のおばあちゃんの話、私も泣きました。カットに来るコ達もおばあちゃんも可愛くて。ここのトコは、誰かに話したくてたまらなかったんです。
『となり町戦争』は気になっていたのですが、レビューを読ませて頂いた結果、買わずに借ります。参考になります(笑)
この映画、思いがけず、良かったです。加瀬亮、一気に注目株ですね。
2007/01/30(火) 22:10:16 | URL | 管理人 #-[ 編集]
TBありがとうございました
エ、絵お上手ですね。
どろろのところで感じ入ってしまいました。
手塚の大ファンで、人生の中で最大の悲しい出来事は手塚の死んだ日だったのですが、ああいうの書ける人、うらやましい。
て本編とは関係ないところに食いついてしまいました。ほんと、加瀬君よかったです。コレでメジャーになってしまってちょっと悔しい。おばさんのものでいて欲しかった(?)。
2007/01/30(火) 22:24:35 | URL | sakurai #8zie0QSw[ 編集]
>sakuraiさん
私は、手塚治虫の亡くなった日は覚えていないので、本当に大ファンだったのでしょうね。
手塚キャラは丸くて可愛いので、描いてて”快感”なんですよ。

加瀬クンだったらいいかぁ、と書いてあったのはsakuraiさんのエントリーぐらいだったので、私も思わず食いついていましました(笑)
あの情けなさと、頼りなさと、ひょろひょろ裏返る声と...もう~いいですね。
かあいそうで(←可哀想+可愛い)涙が出ますね(笑)
女の人にしか、分からない魅力かも知れませんね。
2007/01/30(火) 23:07:05 | URL | 管理人 #-[ 編集]
あんさんこんにちわ、書き込み&リンクありがとうございました。
こちらもイラストに文章に楽しいブログですね。うちからもリンクさせていただきました。よろしくお願いいたします~。

この映画の主人公、失念していまいしたが、そういえばハチクロの真山くんだったのですね。ハチクロのときはあれだけやっても捕まらなかったのに(笑)
結界も使えればいいですねえ、ホント。

映画は、裁判に対して本当に男女問わずに恐ろしさを感じる映画だったかと。
「痴漢冤罪裁判」に限った話じゃないですからねえ。
2007/02/06(火) 23:48:49 | URL | でんでん #m1022s2E[ 編集]
>でんでんサン
わっ、相互リンクしてもらえるなんて思ってもみなかったので、嬉しいです。ありがとうございます!
『結界師』の正守と良守の男振りの違いや『あおい坂』は甲子園行かなくても、あれが到達点だとか...すごく読みが深いと思いました。マンガを愛してないと、言えない感想です。

ハチクロの真山君は、怪しかったですね~(笑)

今の日本の裁判って、男女問わず、起訴されたら...怖いんですね。
この映画、観てて良かった...。
2007/02/07(水) 21:26:41 | URL | 管理人 #-[ 編集]
日本人の謎
判官贔屓、事勿れ、日和見・・・司法制度も、まことに日本人らしさに溢れているのでした。
未だ判決は出ていないのに推定有罪なマスコミ報道をされてるホリエモン。彼の逮捕時に快哉を叫んだ正義感に溢れる心優しき人たちは、この映画をどう見るんでしょう。
・・・なんてことを書くと、怒られるので書きません(笑)。


せっかくTB頂いていたのに、遅くなりましてすみません。しばしオツトメでクサイ飯を食っておりまして(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
2007/02/08(木) 10:02:12 | URL | にら #lcbXb0/Q[ 編集]
ざんぶろんぞ
「でんでん」さんって「糞ボルト」さんのところでよく見かける「でんでん」さんですか!
ああ吃驚たまげた!
「BF」祭りご苦労様です。もうなにがなにやら、、(笑)
2007/02/08(木) 10:46:16 | URL | ざんぶろんぞ #8RgP1mkg[ 編集]
コメント、ありがとうございます
>にらさん
あっ、ようこそ!妹のいないにら様(笑)
『それでもボクはやってない』の長文レビュー、知らなくて今日読ませて頂きました。2度おいしいって感じです。
おツトメ、ご苦労さんでござんす。

>ざんぶろんぞサン
ええっ”でんでん”さんとお知り合いなんですか?!
”糞ボルト”ちょっと見さして頂きました。
皆さん、色んなトコで色んな楽しみをされているのですね~。
2007/02/08(木) 21:15:06 | URL | 管理人 #-[ 編集]
>kabumasuさん
きゃあ!すみません!”さん”づけするのを忘れて、消したら消えなくて、もう一回押したら、2つともコメントを消してしまいました。ごめんなさい!
こちらこそ、はじめまして!TB、ありがとうございます!
ホント、人ごとじゃないですね。今年の映画の中で、ふいを衝かれた作品です。
2007/02/15(木) 21:56:02 | URL | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「それでもボクはやってない」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司、もたいまさこ、山本耕史、他 *脚本・監督:周防正行 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お
2007/01/23(火) 11:39:28 | 映画レビュー トラックバックセンター
シンプルな作りなのに,素晴らしく奥深い見応え。
2007/01/23(火) 17:07:17 | Akira's VOICE
「それでもボクはやってない」ネタバレ、完全、ご注意あれ。昨年観た映画で、一番観たのが加瀬亮です。(途中、映画レビュー書いてませんが。)昔は嫌いだったのに、昨年ですっかりトリコです。そんな加瀬亮は早速、逮捕。「ハチミツとクローバー」の真山のイメージからスト
2007/01/24(水) 23:47:07 | 永遠の自分探し  って迷子やん!!
これが、裁判。
2007/01/29(月) 20:15:31 | ひるめし。
すごいリアルに作りこまれた映画やとは思うけど、やっぱり邦画バブルの中ではその魅力はだいぶ、、、。
2007/01/29(月) 23:24:58 | 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
 映画 「それでもボクはやってない」    (周防正行:監督) の試写会に行ってきました {/onpu/}     (C)2006フジテレビジョン アルタミラピクチャーズ 東宝 「Shall we ダンス?」以来、 11年ぶりの周防監督作品です。  就職活動中の金子徹平(加瀬 亮)
2007/01/30(火) 21:26:26 | miyukichin’mu*me*mo*
裁判員制度を一番導入したいのはきっと裁判官なんじゃないかと・・・・。
2007/01/30(火) 22:19:41 | 迷宮映画館
それでも、それでもボクはやっていない。控訴します!!刑事事件で起訴されたら有罪率99.9%、冤罪事件にかぎっても97%が有罪になるという実態・・ 仕事もせずブラブラしていた金子徹平(加瀬亮)、ようやく面接にこぎつけて会社に向かうが途中で履歴書を忘れたこと
2007/02/02(金) 00:56:02 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
あなたの「冤罪被害者」度をチェック。1.電車の扉に上着の裾を挟みがちだ。2.猥褻な雑誌やビデオ、DVDの類を自宅に所持している。3.バイト先の未亡人から盗んだ私物を自宅に所持している。4.上司の命令とは
2007/02/08(木) 11:47:53 | ねこのひたい~絵日記室
 会社の友人(ブロガーではない)にかなり勧められ、それでもボクはやってないを見てきました。
2007/02/10(土) 10:23:06 | よしなしごと
は~~~~~っ。裁判が進み、冤罪で法廷に立つ主人公が不利な状況になる度に巻き起こる観客のため息が劇場に充満する。観客は映画を観ていると言うよりは、主人公の支援者になって裁判に立ち会っている傍聴人のような気分で椅子に座っている。そして何度も落胆し、思わずた
2007/02/10(土) 20:34:13 | 古今東西座
明日裁かれるのはあなたかもしれない・・・ ■監督・脚本 周防正行  ■キャスト 加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、山本耕史、光石研、尾美としのり、田口浩正、高橋長英、本田博太郎、竹中直人     □オフィシャルサイト  『それでもボクはやってない』 就職活
2007/02/14(水) 08:39:04 | 京の昼寝~♪
13日朝からまとめて3本見て来た映画のあと2本は「バブルへGO!!タイム マシン
2007/02/15(木) 16:25:19 | 株で儲けて温泉だ
昨日見て来た映画の一つが「Shall We ダンス?」以来11年ぶり になるとか
2007/02/15(木) 16:27:50 | 株で儲けて温泉だ
2007年 日本 2007年1月公開 評価:★★★★★ 監督:周防正行 脚本:
2007/04/19(木) 21:07:18 | 銀の森のゴブリン
「Shall We ダンス?」の周防正行監督が、11年ぶりに作った映画。「Shall We ダンス?」はかなり好きな映画なので本当は映画館で観たかったのですがDVDで鑑賞となりました。(T^T)フリーターの金子徹平は大事な就職の面接を控えた日の朝、満員電車から駅のホー
2007/09/11(火) 21:51:31 | 映画、言いたい放題!
 『これが、裁判。』 コチラの「それでもボクはやってない」は、来年1/20公開になる周防正行監督の最新作なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ~♪今回の試写会は、約1ヶ月程の先取り&周防監督のティーチ・イン付きで、とても楽しかったです。 社交ダンスのブ...
2007/10/18(木) 00:05:05 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。