映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセスと魔法のキス
2010年03月07日 (日) | 編集 |
呪いをかけられて魔法のキスで呪いが解ける、というお伽話は、好きだなぁ~。

魔法のキス048.jpg

いや~、予告からGフォースとかプリキュア(17人もいるんだ~w)とかコナンとかとか、バンバン見せられ、すっかり心は ”春休みの子供” になってしまった管理人です。

グリム童話「かえるの王子さま」を換骨奪胎したE・D・ベイカーによる児童小説「カエルになったお姫様」を、「リトル・マーメイド」「アラジン」のジョン・マスカー&ロン・クレメンツが映画化した長編アニメ。1920年代の米ニューオーリンズを舞台に、魔女の策略でカエルの姿に変えられてしまったナビーン王子と彼にキスしたことでカエルになってしまったウェイトレスの少女ティアナが、自らの身体を取り戻すために大冒険を繰り広げる。声の出演にアニカ・ノニ・ローズ、オプラ・ウィンフリー、ジョン・グッドマン、テレンス・ハワード。まんま eiga.comより

ニューオリンズが舞台だけあってジャズやゴスペル流れるミュージカルアニメ...えぇ!ミュージカルだったの?!なら字幕だったら良かったぁ...と、相変わらずのうっかり管理人です...ちと残念。大人の方は字幕版をお勧めします。

蛙たちが逃げ込む螢飛び交う川辺の情景は、TDLのアトラクション『カリブの海賊』の川落ち前の導入部分を彷彿とさせ、マークトウェイン号のような蒸気船も出てきて、まさしくディズニー物ですよね。

魔法のキス049.jpg




←このドレス、スゴい好き









蛙の王子様にキスしたばっかりに、自分も蛙になってしまった女の子。

”魔法のキスで呪いを解く”という法則は、最近ひねってあり『ペネロピ』などは「えぇ!呪いの解き方は、コレだったの?!」と見事!高難度の納得ひねり技で、しかも呪いをかけた魔女が屋敷から退散...というオチまでつけて、なかなかのお伽話でした。

このお話も『ペネロピ』まではいかないけど、キスから始まりキスで終わる...ちょいとひねってます。この手のお伽話は、いつ見てもいい。
分かりきっても、こうであってほしいラブストーリーです。

絵的にいうと......
人物キャラの場合、3Dはちょっと不気味になるから、手描きはほっとしますよね。
今回は、ディズニー初の黒人プリンセス。ヒロインのお父さんは黒人らしさを出しつつ、いい感じの存在感だったし、群舞シーンの燕尾服の黒人男性も...そうそう頭の形もこんな風で小さくて、よく特徴をとらえて、魅力的にデフォルメされてます。新たな素材のせいか、とてもよくデザインされているので、観てて楽しかったです。


動物はちょっと可愛くなかったかなー。「蛇」のデザインが一番好きだなぁ。「螢」はもう可愛く無さすぎで毛虫みたいで、かえって笑えたけど。「ワニ」にいたってはピーターパンの時から同じキャラクターデザイン(使い回し?!)で古臭く感じた。「蛙」は足が長くてカッコいいんだけど、愛らしくはない。日本人が感じる萌えが『蛙』になくてあんまり魅力的なキャラに見えなかった。ハッピーエンドのラブストーリーは十分大人にもイケるのだけれど「蛙」や「ワニ」の動物部分は、目新しくない上、割合長くて~テンポが緩やか。この辺は日本の小さいお友だちにはいいけど、大きなお友だちにはどうかなぁ~。まっ、日本の大きなお友だちは、ケロロやコナンやハルヒやプリキュアを観るから、いいか (^▽^;)

人間が出て来る場面の方が、面白かったです。怪しい魔術師やママオーディや表情豊かなティアナの女友達......それぞれ個性的なキャラでした。そして、音楽の部分も楽しめました。しっかりと地に足を着けた堅実なヒロインのティアナと、放蕩息子で勘当された享楽的なナビーン王子。全く違う2人がだんだん惹かれ合っていき、自分を見つめ直す。ママ・オーディの「本当に自分にとって必要なものは何か」という言葉。
ウェイトレスの少女ティアナの夢は、亡き父の願いを胸に、自分のレストランを持つ事。でもでも、夢がかなう時、愛する人と一緒の方が幸せ...と気づく。
最後にキスしてパァー*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆と魔法が解けるところは、やっぱ感動しますよん:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


母娘で観てもいいファミリーアニメであり、ガールズムービーでもいい。まぁデートムービーの場合は、途中で多少ダレても何観ても楽しいんだから......これもいいですよね。あ、DVDでもイイかな......あらら、なんていい加減なレビューなんでしょ(;^_^A

人間のキャラクターデザインとミュジカルシーンのトコは好き。
うん、安心して観られる王道ロマンティックディズニーアニメです。


↓クリックしてもらうと励みになります。
banner_03.gif

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。