映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南極料理人
2009年09月03日 (木) | 編集 |
西村くん、どうしよう~、楽すいぅ~~。

南極022.jpg

最初の夕食や朝食の場面で「どんだけメインのおかずがあるんかいっ!」とか「うわ~堺雅人の料理人としての手つきも眼付きもいいやないの!」とか、思った主婦は沢山いるんじゃなかろうか?!あとから出て来る食材の贅沢さに完全にまいったけど、いや、この食材じゃなくとも西村君(堺雅人)が作る食事にカンペキ負けてるわ、私。
「いただきます」「ごちそう様」「上手い!」なんて言葉は、ウチも無い(汗)けど、私、心こめてなくて、やっつけ仕事だったわ...反省 ...。

原作は、南極観測隊で料理を担当していた西村淳の『面白南極料理人』

西村(堺雅人)はドームふじ基地に南極観測隊の料理人としてやってきた。
それぞれのプロフェッショナル、8人の男たちだけで過ごす究極の単身赴任。
知られざる南極での生活や仕事。
これから約1年半、14,000km、彼方の家族を思う生活が始まる...。(映画チラシより)


ホント"知られざる"事ばかり!!
料理は、まず食材を解凍することから始まるし。
南極生活のトリビア的エピソードをここで語るのは無粋だし、映画を観てもらうほうが早いし楽しい。BGMに聴き慣れたクラシックが流れるけど、あんな緊張感がない「ワルキューレ」なんて初めて ����[ 脱力したっ!そ~いう脱力したゆるゆるムービーです。

楽しい時も楽しくない時も憮然としている時も意気消沈している時も、全部「笑顔」ですませてしまう堺雅人(笑)...『アフタースクール』『クライマーズハイ』でも描いたけど、今回、一番可愛かった!お母さぁんって感じ(笑)

『舞妓Haaaan!!!』や『ごくせん』の教頭を見慣れてるんで、フツーの髪型すぎて、最初、誰だか分からなかった生瀬さんは、相変わらず上手い...にこりともしないのに、この人のセリフで一番笑ってしまった。
ラーメンで出来ているタイチョー役のきたろうや、今回は飄々としたドクター役の豊原功補などなど、脇もひとクセある人ばかりで濃いわ~。


兄やん役の高良健吾クンは『蛇にピアス』で似顔絵を描いて、あれから随分時間がたっているというのに、ついピアスの痕跡とか舌とかじぃ~と見ちゃうわね(笑)あの時の舌やピアスはよく出来てたわね。いや~、それにしても、短髪でメガネかけると大学院生に見えなくもないわ~(笑)

この映画、劇場で観るべきか?DVDでも良いか?どうおススメすべきか迷ってしまう...まっ、どっちでもよいけど~(笑)私は...ほわほわした感じが、観て良かった �A�b�v���[�h�t�@�C��
多分『かもめ食堂』の肌触りが好きな人は、この『南極料理人』も好きだと思う。



南極023.jpg「うまい」って言われなくとも、にこにこ(そういう顔だけどw)せっせと料理している西村君(堺雅人)には癒されました。私が、男の南極隊員でも惚れてしまうわ~。

夏の疲れをほぐすには、いい映画です。

ただ、ほんとにグッタリ体まで疲れている時は、寝てしまうかも知れないので要注意です(笑)

前半は、結構、くすくす笑えるのですが、後半「笑い」は少々となっており、絶妙の間なのか?退屈の間なのか?のラインを彷徨いますので。


しかし「犬」や「食べ物」の映画は、なんつ~か他愛ないストーリーでも、ついつい魅入ってしまいますよね。

南極というある意味不自由な極限状態の生活から、日本に帰還し、すぐにいつもの日常生活に紛れてしまい、その大変さを忘れてしまうけど...何気ない日々のありがたさや幸せって大事だよね...。それでもって「おいしい」ものを作って、人に食べさせている人って...エライな、と思う。「食」って大切。しみじみ。


南極024.jpg何よりも「おいしい」って元気になれる~!

そのまん丸エビフライ!食べてみたいぞよ!

あ~~!お腹がすいたーー!


↓残った夏の疲れは、おいしいものを食べて吹き飛ばそう~!あ、クリックしてね~!
banner_03.gif

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。