映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HACHI 約束の犬
2009年08月12日 (水) | 編集 |
わんこ祭りだ~!第2弾!

ボルト011.jpg
イラスト描いてて言うのもナンですが、パーカー教授はHACHIが跳びついて泥だらけになろうとも「ハッチィ~ �����̃n�[�g」 と目尻を下げてニコニコしてると思います �����`��


毎度おなじみ、忠犬ハチ公の話です。
以前、TVかレンタルで仲代達矢の『ハチ公物語』(1987)を観たのですが、ひたすら犬を見ていたので、作品の質とかよく覚えていません。日米、比較してどうなんでしょうね。この映画は、ちゃんとアメリカの物語になってました。

私は、秋田犬や柴犬などの日本犬は大好きです。なんつ~か、形が萌え~ �n�[�g
デッカイ秋田犬を見れて嬉しいのですが...こうやって映画の中でしみじみ見るに、日本犬は表情が乏しいですね、たはは。『ボルト』の撮影所の現場監督が「犬が虚構の世界を信じてるからこそ、主人を思う切実さにリアリティーが出るのだ」と言っておりましたが、このHACHI はパーカー・ウィルソン教授を切なく慕ってる感じはそれほど無いように、私には見え(笑)共演者の人間をものともせず、いかにも秋田犬の悠々とした風格がよく出てました(それ、褒めてるんかいっ)それはそれで、私から見れば、秋田犬のぶっきらぼうな可愛さがあるんですが。

洋画に出ている洋犬って、ほらっ、表情豊かで芸達者なのが多いでしょう。
だから、秋田犬のHACHIちゃんは、ちと大味な俳優に思えました(ごめんねハチ)
一番最後に、よろよろ俯き加減に歩いてた姿が、一番演技が上手かったデス
���傫
でも、HACHIに会えて良かったです。
『マーリー世界一オバカな犬が教えてくれたこと』でも感じたのですが、いい犬です!
お腹がキュっとシェイプされ、毛艶もぴかぴかふわふわ!
こりゃあ~よくお手入れされたとても綺麗な秋田犬です
�G���������͂��Ă������� HACHIをがしがし撫でて可愛がるパーカー教授(ギア)も、演技を超えて嬉しそう~でした。

リチャード・ギアも、ロマンスグレーで相変わらず素敵!�ڂ��n�[�g

夏休みのファミリー向けに吹替版しかなかったので、ガックリ!アニメなら、まだ納得できるけど...こういう洋画は字幕版もう少し増やしてほしかった...。ギアの甘い声じゃなく、ソフトバンクのお父さん犬の北大路欣也だったので、最初は違和感ありまくり�� だんだん慣れたけど、そのせいか、あんまり入り込めなかったような...。

落ち着いて安心して観れるよく知ってるストーリーのせいか、お年寄りも多かった気がします。教授が亡くなった後、HACHI が待ってる姿にあちこちで鼻をすする音が......。私は泣かなかったです。へっ?『ボルト』も...。えっ?号泣した人もいる?あれっ?どうしましょう!?あたし、人でなしかも~~?! �G���������͂��Ă������� 

まぁ、秋田犬を愛でる他は...趣味のいい妻、綺麗な娘、可愛い孫ボーイ(←ブックマークしましょw)や素敵な広い家、雰囲気のある街並みを、一緒に楽しみましょう...と、いったところですねぇ。私の好きな『ショコラ』や『ギルバート・グレイプ』のラッセ・ハルストレム監督なんですね。そういえば、どこか、ほわっとしてます ���t�t
実際のハチ公は、教授が亡くなった後も9年も駅で待っていて......それには色んな諸説ありますが、今回のHACHI目線の映像を見ていると、きっと幸せな記憶が刻まれていて待っていたかったのでしょうね。そんな雰囲気がよく出てて、映像の色彩も絵本みたいで "犬をめぐる寓話" という感じでした。

ボルト007.jpg
う~ん、サービスデーでもDVDでもいいけど、フジTV開局50周年記念映画なのですぐTVでやってくれそうなんで、それを待ってもよろしいかと(おい、こらっw)

わ~ん、ギア様、お許しを!jumee��faceA109

↓クリックしてもらうと励みになりますわん ♪
banner_03.gif

このレビュー、やや辛口だったので、ちょっぴりクスっと笑ってもらおうと↓オマケデス。
女より犬のほうがいい30の理由

ホント!犬って、ご主人に忠実ですね。
ウチも夫が帰宅すると、一番喜んでいるのは「わんこ」です jumee��faceA109
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。