映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAW5
2008年11月29日 (土) | 編集 |
『1408号室』でウォーミングアップして『SAW5』に挑む!ぶるるっ。

saw845.jpg

お金払って頑張って観る...。劇場だと逃げずに観るハメになる...せっかく観たのに、目をつぶった...勿体ない...たいがい、私も馬鹿である...。
ぐるぐるSAWシリーズ、ジグソウのゲームから抜け出せない管理人であ~る(汗)
ちなみに、管理人のSAW歴...『1』『2』はレンタルで『3』『4』『5』は劇場鑑賞。

さて『SAW5』おや、今回はストーリーらしきものがある(←も~期待してないw)
多少は、捜査もやっているらしい(笑)


ジグソウことジョン・クレイマー(ドビン・ベル)と弟子のアマンダは死んだ。
ホフマン刑事やFBI捜査官ストラムは何とか助かるが、連続殺人事件は終わらない。
新しいゲームを仕掛けているのは、誰なのか?ジグゾウの後継者がいるのか?
ストラムFBI捜査官は、上司から捜査から外れ休養をとるように命令される。
しかし、彼は、無断で内部捜査を続けるのだが...。



saw844.jpg『3』は最初から引きちぎられ血まみれで痛そうだったが。
『4』は脳外科手術をリアル見学してる気分。
『5』は少しスプラッター度は抑え気味。
瞬発的に"血"を見せている洗練ぶり(ホ、ホントか?!)皆さ~ん、ちょっとだけ安心してください。
これはジグソウが死んで、後継者がヤっているためか?!
何だか、機械じかけも、やわい気がするぞ(なぁんて言ってる私は、ホラー毒に侵されつつある?)
『2』『3』『4』はいかにも"続く"だが、今度の『5』のラストは一応まとまって着地点はまだキマってる、と思う。血まみれ度も低く(その分ドキドキ感は少なめ)分かりやすく観やすいほうであった。『怖くないから良かった、ほっ』って、ビビリ屋あん的ヘタレ評価であり、ホラーファンから『お前舐めてんのかっ』と言われそうだが...。


saw842.jpgそれにしても、最初の『SAW』は良かった!
命の大切さも生きる事の有難さも、なるほど伝わった。
犯人の意外さも!伏線の見事さも。


その後のシリーズは、ジグソウの『命を大事にしない奴は許さない』というポリシーも揺らぎ、瀕死のためか八つ当たり気味に、周囲の小悪党を制裁し、事件にかかわった刑事を軒並み毒牙にかけている。こちらも惰性で観ている気もしないではない...。


saw843.jpg『SAW』を別格の作品として(コレで終わっても良かった?!)
後の『2』『3』『4』『5』はこのSAWシリーズのパズルのピースであり、単体では評価しにくい...。
このシリーズに付き合ってしまった変態で酔狂な観客は、ジグゾウが『ゲームオーバー!』と言ってくれるのを待ちましょう。


ジグソウのパズルのピースは、ひとつ残った...。だから、まだまだ続くんだろうな...。

過去レビュー『SAW4』は、こちら。


↓クリックしてもらうと嬉しい^^
banner_03.gif

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。