映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOY A
2008年11月23日 (日) | 編集 |
イラストを描いていると、涙が出てきました...。

boy836.jpg
ネタバレしてますので、これから観る方は読まないほうがよろしいかと。

"証人保護システム"というのがあるのを知ったのは(25歳で逝った)ブラッド・レンフローの『依頼人』でした。イギリスでは、未熟な年代に犯した罪なら、加害者側にも同じような保護システムがあるのだ、と知りました。

主人公ジャックを演じるのは、『大いなる陰謀』で"成績優秀なのに意義を見出せず、学業を怠りがちだったアロハの学生"をやっていたアンドリュー・ガーフィールド。
眉毛が濃くて少しアクの強い顔ですが、この作品の彼は良いです!

ジャック少年の頃の回想シーンで知ったのは、彼の寂しい家庭環境と教室にも馴染めず、サボったらサボったで先輩たちに虐められる日々。そんな彼の前にふっと表れた少年『Boy B』は、彼の唯一の友達となる。この少年Bは彼を虐めていた先輩の弟。
彼は彼で、兄に性的虐待を受けていて、その傷を埋めるかのように粗暴。一緒にサボったり、万引きしたり。そして、ジャックが『悪魔の少年』と言われる事件が起きる...。



主人公ジャック(アンドリュー・ガーフィールド)のセンシティブな表情に、引き込まれます。

傷つく気持ちや、正体がバレるんじゃないかと怯える気持ち。
仲間から『友情』をもらえる気持ち。
人に『愛してる』と言って『愛してる』と言ってもらえる気持ち。

今までの彼の人生で、初めての気持ちが、たくさん詰まった情景が出てきます。


出所後、新しい人生を歩き始めたジャックをサポートする保護司テリー役のピーター・ミュランも、慈愛溢れるいい顔をしています。
それを破ったのは、まさか『コイツ』?誰がバラしたのか?すぐ分かりますが、その感情の揺れ具合もよく分かるように描かれています。


boy837.jpg
コレを観た後、キツいです、辛いです。
楽しい映画が観たい人にはススめません。
どうしたらいいんだろう...。
正直、どうしていいか分からない...。
何故って...私は、日本で起きた少年Aたちの事件にゾっとしてましたから。

ただ、この映画の彼は...事件に関して、止めずに見ていて、多分言われて手を貸した状況かな...という意味での罪はあるが、主犯ではないし巻き込まれ型の犯罪の犯し方だし...。
この場合だと、刑期を終えた彼は赦されてもいいんじゃないか...などと思ったり。


ただ、そういう甘い感傷を許さないかのように、映画の中では詳しく事件を見せてくれないんです。事件も彼の友達である『Boy B』も、リアルに描かれているわけでなく、時々過去の事件として挿入されていて、とにかく出所した彼の事をさぁどうする?と私たちに問題提起してるワケなんですから。

この重い題材を退屈するかしないかの所で引きつけて、淡々と見せてくれた脚本にも驚き、アンドリュー・ガーフィールドの繊細な演技にも胸が締め付けられました。

ジャックの恥ずかしそうな表情、うつむき加減の顔を思い出すと、切なくて悲しくなってしまいます。つかぬ間の短い青春でしたね...。



↓クリックしてもらうと励みになります^^
banner_03.gif

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。