映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEX AND THE CITYとベガスの恋
2008年09月12日 (金) | 編集 |
ユキチャンだって馬である。

SATC797.jpg

"ユキチャン"とは、この間、武豊が騎乗し優勝した美しい白毛馬(牝、3才)なのであ~る。白い馬は希少種で体が弱いので、優勝するのは珍しいそうである。
ウチの白いわんこは睫毛も白いので、当然ユキチャンも白睫毛で、多分眼も蒼い?(佐目という)かも知れぬが、イラストはふるふる黒睫毛、つぶらなうるうる黒目に仕上げてあるんで、悪しからず。

サラ・ジェシカ・パーカーも目だけ見ていると、アイスブルーの潤んだ瞳だし、充分美しい。が、如何せん、顔が長すぎる(笑) 似顔絵的においしいけれど。

「SEX AND THE CITY」は前宣伝が大々的で、つい観てしまったが、あら~、身も蓋もなくあからさまで(汗)
下ネタもエロも嫌いじゃない私だが、ん~、これはなんだか違う...。
ファッションなんかは、見てて楽しいけどね。
リアルにTVドラマを観ていたり、レンタルしてファンになったりした人にはたまらないのかも知れないけど、そうじゃない人には全然たまらなくない。どうしようー。
ばらばらに散ったウェディングブーケも、女体盛りになった寿司も...ブーケや寿司が可哀そう...(苦笑)
テンポも悪くて、TVドラマの延長といったところ。映画にしなくとも良かったのにと思うのは、ファンじゃないゆえの冷やかさか?! SATCファンの方、すみませんっ!
ん~、オンナたちの友情は良いな、と思ったよ。


SATC798.jpgSATC799.jpg


「ベガスの恋に勝つルール」のほうが、期待してなかったぶん思いのほか楽しめた。
こっちも下ネタ多いけど、可愛いから許せる(笑)

キャメロン・ディアスは酔っぱらっても怒っていても驚いた顔も、チャーミング。ラブコメが、よく似合う。キュート、キュート、キュートなキャメロンだった。

相手役のアシュトン・カッチャー、背が高くてカッコよかったけど、今すこし、オーラ無しかな。おまけに、ジャパンプレミアで、ママン、いや16才年上妻デミー・ムーアが愛想を振りまいていたので、私テンションが下がったワ。
年下夫が可愛いのは分かるけど、デミーの戦略、間違っとる(笑)

アシュトンはふとした時に"若さ"がのぞき、キャメロンはふとした時に"衰え"が目立つのだった(どきどき)

ベガスという享楽的な場所とキャメロンのハイテンション演技がマッチして、軽く楽しめたラブコメだった。


「グーグー」といい「SATC」といい「幸せの1ぺージ」といい、サービスデーの料金で観ても何だかもったいなく感じる 今日この頃である...。
明日はいい映画に当たりますように!


↓良かったらクリックしてね^^
人気ブログランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。