映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻影師アイゼンハイム/The Illusionist
2008年05月29日 (木) | 編集 |
レディース アーンド ジェントルマン!
見事な髭の競演です!あなたは、どのヒゲがお好き?

幻758.jpg

『幻影師アイゼンハイム』まるで"大正時代の奇術師"のような古めかしい題名です。
これは、ただの手品師の映画か(相変わらず予備知識無しw)と思いましたが、かな~りロマンティックな物語なのです。
従って、トップ画も、凄~くロマンティックな2人にしよう!と思ってたはずなのに、あ~ら不思議!ムサい"髭男勢揃い"になってしまいました(笑)
あ、昔、私は熊男のような"髭"がいたく好きな頃がありまして、なんとなくふらふら惹き付けられてしまい(笑)"紳士たる者、立派な髭をたくわえる"時代だったのでしょうね。


19世紀末ウィーン、ハプスブルク帝国も終末に近い時代の雰囲気が興味深く、映像もシックで綺麗です。全編通してこの色調で、全てが幻影を観てるかのようでした。

『アフタースクール』(101分)といい、気持ちヨく騙し騙される映画が続いているんですが、これも予備知識無しで観たほうがいいので、あらすじは省略。
どちらも2時間超えせず、余韻をそんなに引きずらずに、人によっては物足りなさを感じるほど、さっと幕を下ろす潔さ!

『幻影師アイゼンハイム』(109分)のほうが展開は読めてしまうかもしれませんが、謎解きより映像の持つ雰囲気やロマンスに重点がある作品だと思います。

一世を風靡したイリュージョニストのアイゼンハイム(エドワード・ノートン)と公爵令嬢ソフィ(ジェシカ・ビール)との、身分違いの恋。実は2人は幼なじみ。
どちらかというと、小さい頃から、ソフィの方が奇術オタクのアイゼンハイムに惹かれていて、積極的だったりする(笑)

『すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君』
う~ん、死ぬまでに言われてみたい。う~ん、きっと言われないままに絶対死んでる。

黒髪で黒髭のエドワード・ノートンは、最初、如何にも怪しげな山師風なのです。少年(アーロン・ジョンソン)の頃は、あんなに美少年だったのにぃ(涙)
だんだん、2人の恋模様が映し出されるにつれ、かつ、ノートンの演技力で、ハンサムに見えてきましたが...。

ジェシカ・ビールは、この時代の落ち着いた雰囲気を身にまとい地味なのですが、さすがに、ラブシーンの時は若さが溢れ出し、綺麗。何も着てない時のほうが魅惑的です。

皇太子殿下レオポルド役のルーファス・シーウェルは、カナつぼまなこと尖った鼻梁の高貴さと傲慢さが入り混じった顔で、ぴったり!
定型通りに陰険な皇太子を演じてくれてます。

幻757.jpg警部ウール(ポール・ジアマッティ)は、アイゼンハイムを逮捕したり皇太子の手足となり動く役回りなのに、だんだんアイゼンハイムに傾斜していく...。

この物語の狂言回しでもあり、一番印象的なのも彼でした。

アイゼンハイムの一世一代(←死語w)のイリュージョンを見届けたのは、警部ウール。

警部ウールが、幻影師アイゼンハイムの"一番の観客!"でした。


皆さん、警部と一緒に、彼のイリュージョンに騙されてください。

予告で、うすうす分かり切ったラストだろうが...
『ミスト』のように、あっと驚くラストで非凡な作品にならなくともいいから...
どうしてもどうしても、私達の観たい結末というのがあります。

その後のコトを想像するに...ふと胸がいっぱいになるそんな結末です。


謎解きばかりでなく、それがこの映画の最大の魅力。
インディーズ系の館から口コミで拡大、異例のロングヒットを記録した、というのもよく分かります。

映画全部が、煙に巻かれてしまったロマンスのイリュージョンで、ありました。

オトナの愛の寓話でした
�n�[�g

↓クリックしてもらうと嬉しいな^^
人気ブログランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。