映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア世界選手権2008
2008年03月25日 (火) | 編集 |
男子フィギュア...復活!花の3人組おめでとう!これは、これで納得!

スケ687.jpg

女子のほうがマスコミに取りあげられる事が多いし、真央ちゃんも高橋君も応援しているのですが...実は、男子フィギュアから眼が離せない管理人です、たはは。
以前のエントリー、男子フリー『世界フィギュア2007』にも取りあげているように、上位陣に"絵になる男"が多いんですね。
もう、似てなくても、いいんですっ。描いてて楽しいから(^^)

ブライアン・ジュベールは、いつもながらの丁寧な滑り(その髪型のように真面目)で、演技が終わった後、優勝を確信したのか、珍しく顔を真っ赤にしてのガッツポーズ!

しかし、ジェフリー・バトルは、今回頑張りましたね!
ここ何回か、スゴく調子の悪いバトル選手を見ていたので、びっくりしましたね。
SPも1位でしたから、25歳という年齢もあり、今回は期するものがあったんでしょうね。見てて、執念を感じましたよ。

この2人の対決は、見応えありました!

また、上位陣がジャンプをボロボロ失敗しているので、4 回転ジャンプの数を減らしたり、無くしたり、戦略を変えたりと、メダル争いの裏側も苛烈でしたね。

ジョニー・ウィアーも怪我に泣かされた選手であり、ずっと調子悪かったですよね。
この人、随分、男っぽくなって、密かにがっかり(笑)あはは、ごめん...。
ずっとずっと、少年のままでいてほしかった...。
ほら、ラファエロの描く聖母の横で浮かんでいる天使のような顔してるでしょう。
しぐさやリアクションは、下手な女の子より可憐で可愛い^^まるで乙女です。
ですが!演技は男前!でした。スゴく良かったですよ。
ずっと調子が悪かっただけに嬉しかったです。

この3人は、怪我や病気に泣いてきたうえでの"復活!"ですから、見ていて見事!でした。

高橋選手も4位で悔しがっていましたが、ここまで男子が頑張れるなんて、今の日本フィギュア選手は凄いですね~、しみじみ。



スケート.jpg

真央ちゃん、優勝おめでとう!!あの転倒から!?驚きました!

最初のジャンプの転び方を見た時、本当に今までにない転び方で肝を冷やしました。
あっ、今回は駄目かな...と正直思いました。
が、その後立ち直り、見事なジャンプで挽回。ショパン『幻想即興曲』の雨垂れのようにしたたれ落ちるピアノの音に合わせての鮮やかなステップ...う~ん、魅せてくれました。
SP2位の貯金もあり、優勝しましたねー!
君が代のアカペラもいいなぁ~!と思いました。
新鮮でしたね、テンポが早かったけど^^

安藤選手の途中棄権は、見てはならないものを見た!っと思いました。

選手の途中棄権...私の記憶ではトーニャーなんたらという人ぐらい...。
こちとら観客も見てて辛い、でも安藤選手がもっと辛かった...と思います。
選手にとって、痛恨の出来事ですよね。
怪我が多い体質?!を克服して男子3人組のように『復活!』してほしいものです。

中野選手は最後に出て、よくテンション下げずに、頑張って元気に滑ってくれました。
蛍光色のオレンジに近い赤の衣装で、自分のスケートをした中野選手は、完全に会場の心を掴みました。このスケーティングは、ノリの良かったイエーテボリ(スウェーデン)の観客に合ってましたね(^^)
テクニカルなど思ったより点が伸びないのは、3回転半のジャンプが2回転半に取られて減点などなど、今の採点方式も細か過ぎるし、中野選手の演技構成がそれに対応してるわけではないから...でしょうか。う~ん、難しい!素人目には、かなり良いのですが...。
私の中では、メダルをあげていますからっ!

日本の選手の皆さん、お疲れ様でした。楽しませていただきました。


↓クリックしてもらえると嬉しい^^
人気ブログランキングへ
banner_03.gif



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。