映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか眠りにつく前に
2008年02月28日 (木) | 編集 |
今回、ハリス(パトリック・ウィルソン)似てませんっ!!

いつか645.jpg


観るつもりはなかったのですが、時間的にちょうど良かったので、つい鑑賞。

今、まさに人生の終わりを迎えようとする老いた母アン(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)と、それを見守るもう若くない娘たち。
母の意識が混濁する中で、時折思い出される名前と記憶。
若き日の母の切ない恋が、浮かびあがってくる...。
母の過去に触れ、自分の人生をも考えはじめる娘たち。
そして、死の床にある母を見舞った老婦人は、昔の親友ライラ(メリル・ストリープ)だった。

若い日のライラを、メリル・ストリープの実の娘メイミー・ガマーが演じ、老母アン(ヴァネッサ・レッドグレイブ)の長女役をヴァネッサの実の娘ナターシャ・リチャードソンが演じ、文字通り母娘の映画です。

アン(クレア・デインズ)にもライラ(メイミー・ガマー)にもバディ(ヒュー・ダンシー)にも恋される男ハリスを、パトリック・ウィルソンが演じています。う~ん、この配役、スゴくモテる...というのは少し"ミステイク"なような...あまりにも髪の毛が無さすぎて(笑)
でも、このパトリック・ウィルソンは『ハードキャンディ』『リトル・チルドレン』にも出てましたけど、見た目より演技していくうちに、好感を持ってしまうし、案外セクシーです。重くはないけど演技力があるんでしょうね。

若き日のアンはクレア・デインズが演じ、劇中、一番タフで強い女性を演じていました。
若いほっそりした体なんで、角度によっては美人に見える時もあるんですが、バディを叱りつけてる時なんか、めっちゃ怖い顔でありました。
つい、似顔絵的には、ヒラリー・スワンクとかサンドラ・ブロックとか獰猛な女優さんのカテゴリーに入れてしまいましたぞ(笑)

ライラの弟バディ(ヒュー・ダンシー)は原作にない役だったそうで、この時代背景や良家の出なのでおそらくキリスト教保守派、とても『男が好き』ってカミングアウト出来なかった...というより彼は自分の感情のありかもはっきりしない、どっちつかずの未分化のセクシャルティなんで、見ていてイライラしました。
これじゃあアン(クレア・デインズ)ならずとも『腹、すえんかい!いったい誰が好きなのか?うじうじすんじゃないっ!』って、言いたくなりますよね。
彼の人生が、一番"ミステイク"で哀れでした...。

思い通りにいかない愛や夢や、少し不幸な現実生活...ところどころ、リアルに胸にちくっときました。

死の床についた母と、若き日の恋が交互にカットバックされ、ゆったりとした話の運びなので、若い男性にはちとかったるく物足りないかも...。全ての人向きではないけど、結婚式前の"マリッジブルー"もよく表現されているので、結婚式直前の女性にも観てほしい。あと、過ぎし日の恋を振り返る年頃の人にも。そういう人が見ると、地味だけどしみじみとした物語であります。

最後に涙が少し滲んできたと思ったら、隣の隣のおばさんがかなりの勢いで泣いていて、驚きました。そんなに泣く映画か?!と、ちょっと引いたのですが、きっと過去に大恋愛をされてきたご婦人に違いない!と推察いたしました。カンニングの竹山似のおばさんでしたが。

『あなたが最期に呼ぶのは、誰の名前ですか?』と逆質問する映画は、まっこと罪つくりです。
私なんか、忘却の海に重しを付けて沈めた記憶...いや~思い返しても、さみしいもんです...。
もっともっと、恋をすればよかった...今?お、お、お、遅いよ...。
皆さんっ!唇が紅いうちに髪の毛があるうちに、2次元ばかりでなく、リアルに真剣な恋をしてくださいね。

映画の中で、過ちは"ミステイク"で、スゴく愛したや夢中になったは"クレージー"や"クラッシュ"とか言っていたけど...。

う~ん、そうだなぁ~ "ミステイク"や"クレージー"や"クラッシュ"も何も無い人生は、淋しいかも...。

人生の幕をおろす頃には "ミステイク"も人生を豊かにするのだ...きっと。


↓真剣な恋は何個してきただろーか?いや、してないかも~って人も、クリックよろしく!
人気ブログランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。