映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編
2008年01月03日 (木) | 編集 |
『この映画がすごい!2007描きたいアレコレ・やや甘口版、番外編』

まだまだ、続きます...。


・なぜか、涙がぼろぼろ。泣いてしまった映画

この映画.jpg 『ミリキタニの猫』何気に観たドキュメンタリー映画。
9・11が合間に挟まり、作っている監督でさえも(多分)予期せぬ方向に事態は動いていく。このミリキタニ氏の個人的事情が分かるにつれ、涙が止まらなくなって...。
もはや、ドキュメンタリー映画とは言えぬ、鮮やかにキメてみせた着地点。彼の絵にも映画にも出て来る猫、超ラブリーなアクセントとして活きている。

明日3309.jpg『明日、君がいない』
いろんな事情を抱えたオーストラリアの高校生たちの、ストーリー。
あんまり痛くて、泣いてしまいました。
一番深刻そうな悩みを抱えていたメロディ役をやっていたコは『ディセンバーボーイズ』にも出ていたテレサ・パルマ。印象的でした。
カットバック形式だったので『えっ?えっ?』といううちに終わったので、もう一度確かめつつ観たいです。



・輝くバカ大賞!
この映画.jpg『俺たちフィギュアスケーター』
すみません!去年観たので、もう入れてしまいましたぁ。
上手いこと、ある程度の品を落とさず(ホントか?!)作ってあります。オトコ同士のフィギュアペア、素敵すぎ!です。初笑いにもピッタリですよ~~!ぎゃははは。

この映画.jpg『ボラット』
最初はくっくっと笑っていたのですが、ある水準以下のお下品さ!です。
しかも体を張った下ネタも汚い(涙)耽美派のあたしには許せない(笑)
じゃあ何故入れるんだ?と聞かれたら...日常身にまとっている道徳心を吹っ飛ばし、倫理観とゆーものから、ちっとは解放されたからかな...。
それに、サシャ・バロン・コーエンは『スウィーニー・トッド』にも出演していて、その間延びした顔と体が、妙~に存在感がある。タイムリーということで、エントリー。この人、やっぱ、ただ者じゃないんですね~。




・うっ、不覚にも寝てしまったっ!映画
この映画.jpg
『めがね』
『かもめ食堂』より遥かにロハスすぎて、私はぐーすか寝てしまい、あっという間に夢の中つーか、彼岸の世界?!を漂うはめに。眼が醒めると、睡眠学習のせいかお腹がすいて、困りましたわ。ぐふふ。



この映画.jpg『onceダブリンの街角で』
観たんですよ~これ。でも、寝たんですよ~これ(涙)
何度も聴かされるテーマソングと、彼女がどんどん変わって自分は取り残された~♪というおセンチな歌の2つは好きでした。眠気を誘うくらいの心地よい音楽つーうわけで。きっと、私が寝てる間に、2人はキスの一つでもしたかも...あっもしかしてHもなんて...思ったのですが、なんせ、ほとんど眠っていたのでレビューすら書けませぬっ(涙)


『天然コケッコー』も一瞬、寝たかな...。


次は、キャラ編です。

↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気ブログランキングへ
banner_03.gif



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。