映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺たちフィギュアスケーター/BLADES OF GLORY
2007年12月30日 (日) | 編集 |
BL風に仕上げてみました。でへでへ。
『そして氷上でささやいて』というか、チャズだと『そして氷上で吠えないで』といったところでしょうか(笑)

俺たち533.jpg

初日(22日)に行ったので(その割に放置...)映画会社の宣伝マンが2人、フィギュアの衣装と金髪かつらを付けて、ロビーでサービス撮影してました。
どちらもウィル・フェレルの体型だったので(残念)生憎、写真は撮っていない(笑)が、この作品をプッシュする熱い気持ちは、伝わってきました。
これ、本当は即DVD化されるはずだった映画でしょう?
でも、年末に『全日本フィギュア』もあるし、最近の日本選手の層の厚さも加わって、フィギュア人気も高まっているから、タイムリーな作品です。

この映画を観ていると"フィギュア"という競技が如何に大変か、また、この映画の劇場公開に漕ぎ着けるまでの奮闘が、前説の宣伝マンの口調に表れていて、いやはや大変だなぁ~、と思ってしまいました。
まっ、映画を観たら、こんなしみじみとした感慨はぶっ飛んで、ただただバカ笑いしてるだけでしたけどね、たはは。
『チームアメリカ』や『ボラット』のような下ネタ系バカバカしさを面白がる人には、最適の映画です。
しかも、前述の2作品よりもお下劣ではなく、スポーツと芸術の混じった"フィギュア"という分野で、ひたすら努力し頂点を目指す姿勢に、うっかりカンドーまでしてしまいます。


俺たち25.jpgチャズ役のウィル・フェレルは、暑苦しくてウザいのですが、憎めないうえ惹かれてしまいます(笑)さすが野獣系プレイボーイ。

ジミー役のジョン・ヘダー...『バス男』を観た人なら、あのだらしない顎や締まりのない口元から垂れる脱力系トークを思い出してノレないでしょうが、パステル調の私服もルンルンに着こなしていて、そこそこ何とか可愛く見えます(笑)


袖が孔雀(オカマの意味もある)になっている華麗な衣装で繊細に踊るジミーと、ワイルドでセクシーで暴走気味なチャズ、この正反対のキャラでペアを組んで特訓につぐ特訓。

リフトも笑えるし『あしたのジョー』のクロスカウンター的フィニッシュも、痛そうで素敵(笑)

最後の滑りシーンでは、一瞬『カッコいい!!』とマジに思ってしまいましたよ~!

ジミーは、チャズに"キス"まで教えてもらっているので、どうせなら2人くっ付いてほしかったデス(笑)

日本スケート連盟の推薦はもらえなかったそうですが、当管理人(気ムラ屋あん)は推薦したい、と思います(笑)

笑い納めにも笑い始めにも、良い映画です。


↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気ブログランキングへ
banner_03.gif




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。