映画やマンガを中心に、好きなものだけチョイス。下手甘イラスト付きレビューです。『笑いと元気』が合い言葉。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターダスト
2007年10月29日 (月) | 編集 |
恋をしてる時は、誰でも輝いているのさ。

スターダスト484.jpg

フツーに、単純に、面白かった。
原作は、コミック出身の人気ライター、ニール・ゲイマン。
あ~、なるほどね。シンプルながら、ストーリーも視覚的映像も、こなれている。
日本でいうとライトノベル・ファンタジーの人気作家みたいな感じなのかな。

『もののけ姫』の英訳を担当したというから、宮崎アニメを意識的にインスパイアしたにせよ、無意識的にインスプレーションの欠片が入り込んだにせよ、うん、匂いは感じる、感じる。

空飛ぶ海賊船の船長シェイクスピア(ロバート・デ・ニーロ)も、どことなく『天空の城ラピュタ』のドーラおばさんを彷彿とさせ案外イイ人だし、海賊の船乗りたちも気のいい奴等だし。

流れ星が落っこちるとこは『ハウル』を少し思い出させる。流れ星が ”お姫様”なんて素敵。
だけど、もう少し綺麗な女(ひと)じゃあないと、うっとり感情移入が出来ないぞ(笑)
だいたい、お父さんがハニートラップ?!に引っかかるお姫様も、ちょいとヒドかった(涙)

主人公トリスタン(チャーリー・コックス)は朴訥で温かい雰囲気の青年で、応援したくなるタイプ。
次第に成長していき、カッコよくセクシーになっていくのが、見ていて楽しい。


スターダスト2485.jpg ←お互い陰謀の末、殺し合い、亡霊となった王子たち。

この中に『アナザー・カントリー』のルパート・エヴァレットが居たみたいだけど、分からなくて残念。


もはや亡霊と化した王子たちは悪さをするわけでもなく、お気楽なオーディエンスとなり『やんや、やんや』と事の成り行きを面白がっている。
と、このように、あまり毒が無く、ファミリー向けアニメと同じように楽しめるので、かなり小さい子供連れでも大丈夫。もしかして、アメリカではティーンから下がターゲットの映画なのかな。

甘い作りかも知れませんが、基本は”善”なるものを感じるので、割合、観ていて心地良いです。
こういう何も考えずに観るおとぎ話も疲れないので、よいもんです。楽しみました^^

何故かPCがフリーズしてばっかりで、何度か記事が吹っ飛ぶ(涙)だから、今日は短文にて失礼。ぐすん!

↓人気ブログランキングに参加しています。クリック、よろしく!
人気ブログランキングへ
banner_03.gif

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。